上司と合わないせいで体調不良になった【体調不良が続くなら○○!】アイキャッチ

退職の悩み

上司と合わないせいで体調不良になった【体調不良が続くなら○○!】

 

・上司と合わないせいで体調不良になったらどうしたらいい?

・上司と合わないときにする対処法ってなんだろう...

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 上司と合わないせいで体調不良が起きる原因3点
  • 上司と合わないまま体調不良で仕事を続けるリスク3点
  • 【最善策】上司と合わないし体調不良が続くなら仕事辞めるのもアリ

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は『上司と合わないせいで体調不良になったときの対応』を解説します。

 

仕事をしていると、上司と合わないせいでストレスを溜め込み体調不良になる人が多いですよね。

 

上司との人間関係の構築はかなり大切であり、人間関係が悪化するのは仕事をする上で致命傷と言えます。

 

本記事の後半では、上司と合わないときにする対処法を解説してるので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、上司と合わないせいで体調不良になれば自分が損するので、損しないためにも事前に行動するのが大切というのが分かりますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

上司と合わないせいで体調不良が起きる原因3点

上司と合わないせいで体調不良が起きる原因3点画像

 

上司と合わないせいで体調不良が起きる原因は以下のとおり。

 

上司と合わないせいで体調不良が起きる原因3点

  1. お互い気まずい関係になる
  2. 嫌がらせをしてくる
  3. パワハラをされる

 

上から順番に解説していきます。

 

上司と合わないせいで体調不良が起きる原因①:お互い気まずい関係になる

 

上司と合わないと、お互い気まずい関係になるのでストレスが溜まり体調不良が起きてしまいます。

 

特に自分が部下だとして上司と気まずい関係になれば、会いたくないと考えるようになり仕事すら行きたくなくなりますね。

 

私自身も上司のことが嫌すぎて避けているうちにストレスが溜まって体調不良になっていました(苦笑)。

 

上司と合わないせいで体調不良が起きる原因②:嫌がらせをしてくる

 

上司と合わないと嫌がらせをしてきます。

 

自分と合わない人間に対して嫌がらせをする人間は一定数以上はいるので、その嫌がらせに耐えられなくなり体調不良になりますね。

 

嫌がらせの内容は色々ありますが、一人だけ仲間外れにしたり、わざと仕事を与えなくして精神的に攻撃する上司が多いです。

 

上司と合わないせいで体調不良が起きる原因③:パワハラをされる

 

上司と合わないことで相手がムカついてパワハラをしてくる人がいます。

 

嫌がらせと似ていますが、嫌がらせのような精神的な攻撃ではなくて、暴力で肉体的な攻撃するパターンに含まれます。

 

仕事をしていて日常的にパワハラを受けていると、徐々に仕事に行きたくないと閉鎖的に考えるようになり体調不良になってしまいますね。

 

上司という大人も完璧な人間ではないので、嫌がらせやパワハラをする人もいると認識しましょう。
ひかる

 

上司と合わないまま体調不良で仕事を続けるリスク3点

上司と合わないまま体調不良で仕事を続けるリスク3点画像

 

上司と合わないまま体調不良で仕事を続けるリスクは以下のとおり。

 

上司と合わないまま体調不良で仕事を続けるリスク3点

  1. うつ病が悪化する
  2. 自分にスキルが身に付かない
  3. 時間だけが過ぎて転職しにくくなる

 

上から順番に解説していきます。

 

上司と合わないまま体調不良で仕事を続けるリスク①:うつ病が悪化する

 

上司と合わないまま体調不良の状態で仕事を続けると、うつ病が悪化します。

 

当たり前ですが、合わない上司と関われば関わるだけ、うつ病は悪化するので悪化されたくないのであれば休息を取りましょう。

 

具体的には『休職』や『欠勤』がありますが、一時的な休息にしかならずに職場に復帰したら合わない上司と顔を合わさないといけません。

 

一方で、おもいきって退職する選択をすれば合わない上司と縁が切れるので、体調不良(うつ病)が治るスピードが著しく速いです。

 

仕事を続けるのは大切ですが、それよりも自分の体調を守るのが最優先すべき事項ですよ。
ひかる

 

上司と合わないまま体調不良で仕事を続けるリスク②:自分にスキルが身に付かない

 

上司と合わないまま仕事をしても自分にスキルは身に付かないです。

 

なぜなら上司と合わないと人付き合いから仕事で制限されることが多くなり、新しいことに挑戦する権利を与えてもらえなくなるから。

 

よって単純な仕事しか任せて貰えなくなり自分にスキルを身に付かせることは無いです。

 

人付き合いが悪いとプロジェクトメンバーにすら入れてくれないですよ。
ひかる

 

上司と合わないまま体調不良で仕事を続けるリスク③:時間だけが過ぎて転職しにくくなる

 

上司と合わないまま仕事を続けても、時間だけが過ぎて転職しにくくなるだけです。

 

よく『上司といつか仲良くなれるから頑張る!』と望みを信じている人がいますが、ぶっちゃけ時間の無駄でしかありません。

 

なぜなら上司に一度嫌われたら嫌いになった印象が頭に残るので、好かれることは無いと考えていいから。

 

たとえば外見が不潔そうなら、中身を知りたいと思いませんよね。

 

仕事も同じで一度嫌われたら、相手がどんな人か興味が湧かなくなり好かれることは一生ありません。

 

仕事を続けても上司と合わなければ一生合わないので、好かれることを信じて仕事をしているうちに時間が流れ転職がしにくい年代に突入していきますよ。

 

上司に嫌われたら好かれる努力をするより、サッと転職して転職先の上司に好かれるように努力しよう。
ひかる

 

上司と合わないときにする対処法3点

上司と合わないときにする対処法3点画像

 

上司と合わないときにする対処法は以下のとおり。

 

上司と合わないときにする対処法3点

  1. 上司との接触をしないようにする
  2. 他の上司と相談する
  3. 病院で診てもらう

 

上から順番に解説していきます。

 

上司と合わないときにする対処法①:上司との接触をしないようにする

 

上司と合わないときは余計な接触をしないようにしましょう。

 

当たり前のことですが、合わない上司と接触することでストレスを抱えるので体調不良に発展します。

 

体調不良になりたくないのであれば、上司と不要な接触を避けて存在しない人物として仕事をするようにしましょう。

 

合わない上司のことを思い浮かべるだけで不快な気持ちになるので、自分の頭から抹消するくらいの気持ちで大丈夫です。

 

嫌な人と接触しないことは、社会人として生きる術で間違いありません。
ひかる

 

上司と合わないときにする対処法②:他の上司と相談する

 

上司と合わないと悩んでるのなら、他の上司と相談しましょう。

 

仕事で悩んでるのなら誰かと相談するのは常識です。一人で抱え込んでいるとネガティブ思考になるので誰かに打ち明けよう。

 

合わない上司で悩んでるなら、他の上司に相談することで気持ちを汲み取ってくれて対処してくれるはずです。

 

もちろん親や友人に相談してもいいですが、合わない上司がどんな人か分からないため上辺の相談しかできません。

 

他の上司なら身近で見ていると思うので、的確なアドバイスをくれますよ。
ひかる

 

上司と合わないときにする対処法③:病院で診てもらう

 

上司と合わなくて体調不良になっているのなら、病院で診てもらうようにしよう。

 

もし上司が合わないことが原因で体調不良になったのなら、上司と関わることを避けるため『休職』するか『退職』を考えましょう。

 

生きていたら人間関係でトラブルになるのは普通なので、自分が悪いと抱え込む必要はありません。

 

ただ合わない上司と一緒に仕事しても癌でしかないので、避けるためにも『休職』するか『退職』を考えなければいけないです。

 

選択はあなたに任せますが、退職理由に人間関係の問題があるくらいなので、ほとんどの人は退職を選んでる人が多いのが実態ですね。

 

ちなみに私も上司と揉めたのが原因で、仕事を辞めた経歴があります(苦笑)
ひかる

 

【最善策】上司と合わないし体調不良が続くなら仕事辞めるのもアリ

【最善策】上司と合わないし体調不良が続くなら仕事辞めるのもアリ画像

 

上司と合わない理由で休職をする手段も全然アリです。

 

しかし休職をしたところで体調不良は治りますが、職場復帰したときに合わない上司と顔を合わせなければいけないので根本的な解決にはなっていないですよね。

 

そのため、おもいきって仕事辞める選択も入れておきましょう。

 

仕事を辞めることで合わない上司と一緒に仕事をする必要はなくなるので、体調不良が治り人間関係で悩む必要もなくなります。

 

たとえば給料が安い問題は副業や昇給、節約で何とか工面できますが、人との問題はどうしようもできません。

 

そのため仕事を辞めて新しい人間関係でスタートさせるためにも転職する必要があるということです。

 

上司と合わないことの最善策は『退職』ということを覚えておきましょう。
ひかる

 

どうしても上司に退職の意思を伝えにくいなら...

どうしても上司に退職の意思を伝えにくいなら...画像

 

『退職するのはいいけれど、合わない上司から退職日までに何か攻撃されないかな?』と思っていませんか。

 

合わない上司からしても嫌っているのは間違いないので、『どうせ辞めるなら最後にイジメておこ!』という考えをする大人が多いですからね。

 

結論、退職代行を利用して速攻で合わない上司から離れましょう。

 

職場によりますが退職する人を裏切り者扱いをして、退職日まで陰口や嫌がらせでサンドバックにする大人がいます。

 

そのため、わざわざ退職日まで職場に居続けるだけ損なので、退職代行で速攻で縁を切る方がいいですよ。

 

もちろん退職代行を利用せずに上司に退職の意思を伝えて辞めるのが正解ですが、上司との状況によれば退職代行する手段もあると頭にいれておきましょう。

 

退職の意思を伝えることで上司が激怒してパワハラや嫌がらせも全然あるので、そうなりたくないのなら退職代行で辞めてしまえばいいだけです。

 

何より退職することは悪いことではないので、退職で激怒する上司の方が狂っているので退職代行を利用することに罪悪感なんて感じる必要はありませんよ。

 

どうしても退職の意思を伝えれないと悩んでるなら、退職代行を利用して辞めよう。
ひかる

 

とはいえ本記事を読んでる、あなたは退職代行に詳しくないはずなので下記の別記事を読んで理解を深めてくださいね。

 

 

まとめ:上司と合わないせいで体調不良になるのなら退職が最適

まとめ:上司と合わないせいで体調不良になるのなら退職が最適画像

 

今回は『上司と合わないせいで体調不良になった【体調不良が続くなら○○!】』を解説しました。

 

上司と合わないせいで体調不良になる人が多いです。

 

対処法は色々ありますが、一番手っ取り早いのは退職することですね。

 

人は変えられないので合わない上司と一緒に仕事をして体調不良になるくらいなら、退職して合わない上司と縁を切れば悩み解決です。

 

もし上司に退職の意思を伝えることすらできないくらい辛いなら、退職代行を利用して辞めましょう。

 

実際に上司と会いたくない理由で退職代行を利用する人も多いですからね。
ひかる

 

最後に退職代行に関する詳細をもっと知りたい方は、下記のボタンから確認してみてください。

 

退職代行の記事一覧はコチラ

 

今回は以上です。

 

-退職の悩み
-