退職代行

退職代行サービスを利用できない嫌悪感まとめ【14点を徹底解説】

 

・退職代行サービスに嫌悪感を抱いてるため利用できないよ...

・退職代行サービスの嫌悪感を取り除くにはどうしたらいいだろう?

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

・【大前提】退職代行サービスに嫌悪感を抱く必要は1ミリもない

・退職代行サービスを利用できない嫌悪感まとめ14点

・【完全伝授】退職代行サービスに抱いていた嫌悪感が解消されたらするべきこと

 

この記事の信頼性

・20代男性の元社畜の低収入サラリーマン

・ブラック企業で働きストレスで退職を2回経験済み

・人間関係の劣悪さと毎日15時間労働の過労で、うつ病を発症

 

今回は『退職代行サービスを利用できない嫌悪感まとめ』を紹介。

 

前提として、退職代行サービスに嫌悪感を1ミリも持つ必要がないということを本文で解説しますね。

 

退職代行サービスを利用できない嫌悪感は以下のとおり。

退職代行サービスを利用できない嫌悪感14点

項目が多いので、忙しい人は上記の気になった箇所をクリックすれば詳細まで飛べます。
ひかる

 

この記事を読めば、退職代行サービスに対して嫌悪感がなくなり、『退職代行を利用して辞めよう』という気持ちになれますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【大前提】退職代行サービスに嫌悪感を抱く必要は1ミリもない

 

大前提として、退職代行サービスに嫌悪感を抱く必要は1ミリもないです。

 

なぜなら退職代行サービスは正式なサービスであり、退職の手続きを自分でできない人の悩みを解決できるから。

 

たとえば最近ではUver Eatsが流行ってしますが、これも『買いにいくのがめんどくさい』悩みを解決してくれるので、言わば退職代行サービスと同じです。

 

近年、退職代行サービスの利用者増加で需要が高まり、メディア出演も果たしてるので信頼できるサービスで間違いありません。

 

仕事を辞めれずに我慢して『うつ病』になるくらいなら、早めに退職代行を利用してスッキリさせた方がいいですよ。
ひかる

 

退職できないのは会社のせい

 

よく会社の上司は辞めるときに以下のような発言をします。

 

  • 人手不足だから辞めないでほしい
  • あなたが辞めたら仕事が回らなくなる
  • 会社を辞めるなんて何も恩を返せていない

 

というような発言で仕事を辞める人を否定・引き留めしてきます。

 

ぶっちゃけ上記の発言は会社の責任であり、別にあなたの責任ではありません。

 

というのも『人手不足』や『仕事回らない』は会社の人事が人を集めれていない証拠なので、辞めていく人を悪者扱いにするのがおかしいから。

 

どうしても仕事辞めれないのであれば、堂々と退職代行を利用したらいいだけです。

 

辞めたいのに辞めさせてくれない状況は会社の責任のせいであり、退職代行を利用することに1ミリも嫌悪感を感じる必要はありません。

 

誰にでも仕事を辞める権利はあるので、辞めさせないようにする会社が100%おかしいですからね。
ひかる

 

退職代行を利用を考えているのなら以下の別記事を参考にどうぞ。

 

人気記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

 

退職代行サービスを利用できない嫌悪感まとめ①:クズと言われる

 

退職代行を利用して辞めると従業員から『クズ』と言われます。

 

なぜクズと言われるかというと、退職代行を利用して辞めるなんて社会人としてのマナーがないと思われるから。

 

日本では組織を大切にする習慣があるので、はみ出し者がいると、こっぴどく言われますからね。

 

退職代行はクズ?

 

退職代行は本当にクズなのでしょうか?

 

退職代行を利用するのにも原因があり『パワハラが怖い』や『辞めさせてくれない』といった会社の責任な理由もあるので、仕方ない面で退職代行を利用した可能性もあります。

 

なので私の感想ですが、実は会社に問題があったのに退職代行を利用した人の責任に押し付けるのはおかしいです。

 

とはいえ、人間の性格もあるので『クズ』と言われることは避けられません。

 

そんなときに退職代行を利用すれば、前職の人間とは関わることはなくなるので向こうで騒いでいたとしても聞くことすらありませんよ。

 

クズと言われるのは避けられないので、聞かないためにも退職代行を利用すべきです。
ひかる

 

退職代行はクズかに関しての詳細は『退職代行はクズではない理由3点を徹底解説【積極的に利用してOK】』の別記事を参考にどうぞ。

 

退職代行サービスを利用できない嫌悪感まとめ②:会社に迷惑がかかる

 

会社に迷惑がかかるため、そのことを思えば退職代行を利用できないと考える人は多いです。

 

結論、会社に対して良心的な心を持っているのなら、退職代行は利用せずに自分で上司に伝えて辞めた方がいいですよ。

 

退職代行を利用すれば、急に辞めることになるので少なからず会社は迷惑がかかりますからね。

 

私なら会社に迷惑がかかったとしても、自分を優先して退職代行を利用します。

 

理由は自分が会社で働くことが限界で『うつ病』ぽいなら、無理に仕事を続けても足を引っ張るだけだけだから。

 

何しろ『うつ病』が悪化すると働けなくなりますし、家族を養っていけなくなるので会社に迷惑をかけても自分を優先すべき。

 

会社とはお金だけの関係と思ってるなら、退職代行を利用するのは全然ありですよ。
ひかる

 

退職代行は迷惑かに関する詳細を知りたい方は以下の別記事をどうぞ。

 

>>退職代行は迷惑なサービスなのか?

 

退職代行サービスを利用できない嫌悪感まとめ③:卑怯者扱いされる

 

卑怯者扱いされるのが怖いため、変な嫌悪感を抱いてしまい退職代行を利用に遠ざかります。

 

確かにみんなしたくもない仕事を頑張ってこなしてるのに、退職代行を利用して辞めたら卑怯と言われても仕方ないです。

 

とはいえ退職代行は卑怯かもしれませんが、退職するための1つの手段と考えれば気が楽ではないですか?

 

卑怯と言えど、退職代行を利用することは悪いことではないので気にしなければ勝ちです。

 

むしろ会社を辞めたいのに辞めれずに無理に働いている人の方が惨めに思えます。

 

退職代行を利用して卑怯者扱いされたところで、もう前職の人たちの声さえ届かないので知らないことと一緒ですよ。

 

退職代行を利用を済ませてから、会社間で卑怯者呼ばわりされても本人はいないのでダメージ0です。
ひかる

 

退職代行は卑怯かに関する詳細は『退職代行は卑怯だと思われる理由を解説【退職の1つの手段でしかない】』の別記事を参考にどうぞ。

 

退職代行サービスを利用できない嫌悪感まとめ④:罪悪感がある

 

退職代行を利用したら罪悪感が残ると思っていませんか?

 

結論、人によりますが退職代行を利用したら罪悪感はありますが、数日も経てば罪悪感なんて気にしなくなります。

 

というのも退職代行を利用した日は会社に迷惑がかかり申し訳ない気持ちになりますが、人間というのは段々と忘れていく生き物なので数日経てば次のステップを踏めていますよ。

 

罪悪感が残りまくるのであれば、自分で会社の上司に退職を伝えて辞めたらいいだけの話です。

 

自分で会社の上司に退職を伝えることができないからこそ、罪悪感はあるけれど退職代行に依頼を考えてる人がほとんどですからね。

 

退職代行の利用で罪悪感を消し去りたいのなら、会社にあった不満や理不尽さを頭に浮かべ『あんな会社辞めて正解』と心で思っておけば気が楽ですよ(笑)

 

退職代行の罪悪感に関する詳細は以下の別記事を参考にどうぞ。

 

 

退職代行サービスを利用できない嫌悪感まとめ⑤:逃げたと思われる

 

退職代行を利用して辞めることで、逃げたと思われます。

 

もちろん逃げることは仕方ないことではありますが、退職代行を利用して逃げるプライドが許さない人が多いですよね。

 

結果、周りの人が自分のことを逃げた奴認定されることを嫌がって退職代行を利用できません。

 

気持ちは理解できますが、逃げないことでストレスを溜めることになるので、あまり良くないですよ。

 

仕事をしていて無理なものは無理なので、そのときは逃げたらOK。
ひかる

 

退職代行は逃げなのかの詳細を知りたい方は以下の別記事をどうぞ。

 

>>退職代行は逃げではない理由

 

退職代行サービスを利用できない嫌悪感まとめ⑥:ずるいと感じる

 

退職代行を利用して辞めることを『ずるい』と感じる人が多いです。

 

結論、退職代行は『ずるい』ことはなく、退職する1つの手段でしかないですよ。

 

退職代行が『ずるい』と強く思っているのなら、自分で会社の上司に退職の意思を伝えて辞めたらいいだけです。

 

たとえ退職代行が『ずるい』としても、悪いことをしているわけではないので気に障る必要はありません。

 

退職代行が『ずるい』に関する詳細は以下の別記事から続きをどうぞ。

 

 

退職代行サービスを利用できない嫌悪感まとめ⑦:情けない

 

退職代行を利用することに情けないと感じて、仕事で悩んでいませんか?

 

実際のところ退職代行を利用することに情けなくないと言えませんが、最も情けないのは仕事を辞めたいのに辞められないことです。

 

『辞めよっかな?でもどうしよ?』と悩んでる時間がもったいないし、仕事に集中できません。

 

本当に情けないのは仕事を辞めたいけど辞めれない人なので、退職代行を利用して辞めてる時点で情けないよりかは『頑張った』と称えるべきです。

 

退職代行は情けないかに関する詳細は『退職代行は情けないサービスなのか?【情けないは関係なし】』の別記事を参考にどうぞ

 

退職代行サービスを利用できない嫌悪感まとめ⑧:非常識かもしれない

 

退職代行は非常識という嫌悪感がありますが、実際は普通のことです。

 

何より退職代行サービスは正式なサービスであり、退職の手続きを自分でできない人の悩みを解決できるということを忘れてはいけません。

 

退職するとき本当に非常識なのは『バックレ』することです。

 

バックレすると懲戒解雇になるだけではなく、この先に転職もしにくく損するばかり。

 

退職代行が非常識というのは人のサジ加減によりますが、少なくとも私はバックレが非常識な行為であり退職代行を利用することは普通のことです。

 

退職代行が非常識か?バックレは?に関する詳細は以下の別記事を参考にどうぞ。

 

>>退職代行は非常識なサービスなのか?

 

退職代行サービスを利用できない嫌悪感まとめ⑨:恥ずかしい

 

退職代行を利用することを恥ずかしいことだと思っていませんか?

 

もし自分が今の仕事が限界であるなら退職代行が恥ずかしいとか言ってられません。

 

理由は退職代行を恥ずかしいから利用しないと意固地になると、自分が限界まで働いて倒れる未来しか見えないから。

 

もし自分が倒れてしまっては収入が途絶えて生活できなくなりますからね。

 

本当に恥ずかしいのは無理に働いて倒れる自分だと理解しておきましょう。
ひかる

 

退職代行は恥ずかしいに関する詳細は以下の別記事を参考にどうぞ。

 

 

退職代行サービスを利用できない嫌悪感まとめ⑩:ありえない

 

退職代行で辞めることをありえないと思っている人が多いです。

 

繰り返しになりますが、退職代行サービスはありえないのは嘘で退職する1つの手段と認識しましょう。

 

たとえば『上司と人間関係が上手くいってない』のなら、その上司と接点なく辞めれる退職代行が、あなたの味方になってくれますよ。

 

退職代行がありえないと思うプライド捨てるべき。
ひかる

 

退職代行がありえないに関する詳細は『退職代行はありえないサービスなのか?【本人の気持ち次第です】』の別記事を参考にどうぞ

 

退職代行サービスを利用できない嫌悪感まとめ⑪:人間関係が気まずい

 

退職代行を利用すると人間関係が気まずくなります。

 

たとえば退職代行を利用した本人と前職の従業員が会ってしまうと人間関係が気まずくなるみたいな感じです。

 

退職代行を利用する際に覚悟しておかないといけないのが、前職の従業員との人間関係は縁が切れやすいということ。

 

もちろん全員が全員、縁が切れるというわけではないですが、基本的に縁が切れると思っておいた方が気が楽です。

 

とはいえ『退職代行で辞める方法』と『上司に退職を伝えて普通に辞める方法』では、どちらにしても従業員と縁が切れやすいので、ぶっちゃけ同じ効果です。

 

今の会社の人間関係が気まずいのなら、退職代行を利用するのもアリです。
ひかる

 

>>退職代行を利用したら気まずい?

 

退職代行サービスを利用できない嫌悪感まとめ⑫:怪しい

 

退職代行を何となく怪しいと思ってる人は多いです。

 

というのも世間一般的には上司に退職の意思を伝えて辞めることが主流なため、退職代行のような変則的な辞め方はおかしいから。

 

よって退職代行を怪しいと錯覚して嫌悪感を抱きやすいです。

 

ぶっちゃけ言うと、退職代行が怪しいと感じるのは事実であります。

 

詳しくまとめると退職代行業者によれば怪しいとこも多く存在しており、依頼先をミスってしまうと詐欺られる可能性もありますね。

 

一方で真っ当な退職代行業者も存在してるので、そちらに依頼さえすれば退職失敗することもありませんよ。

 

退職代行が怪しいかの詳細を知りたい方は以下の別記事をどうぞ。

 

 

退職代行サービスを利用できない嫌悪感まとめ⑬:甘えている

 

退職代行を利用することで周りから『甘えている』と言われるのが嫌な人はいます。

 

昔は仕事を辞めるときは上司に退職を伝えるのが普通でしたが、近年では退職代行の需要が上がってきたため辞める選択肢が増えています。

 

なのに『退職代行は甘えている』と決めつけるのは、おかしいです。

 

たとえば40、50代の人が『ゆとり世代』と馬鹿にするのと同じ感覚ですね。
ひかる

 

退職代行が甘えかどうかは価値観で変わりますが、甘えではなく退職する1つの手段と見れば利用できるはずです。

 

退職代行が甘えかについて知りたい方は『退職代行は甘えなのか?【甘えではなく価値観が違うだけ】』の別記事を参考にどうぞ

 

退職代行サービスを利用できない嫌悪感まとめ⑭:やばいという先入観がある

 

退職代行を『やばい』かもと嫌悪感がある人は多いです。

 

繰り返しになりますが退職代行サービスは正式なサービスであり、退職の手続きを自分でできない人の悩みを解決できるので、やばくないです。

 

退職代行を『やばい』と感じている人は、自分勝手な先入観で決めつけてる人が、ほとんどですからね。

 

『やばい』と先入観で決めるのでなく、まず情報収集から始めましょう。
ひかる

 

詳細について知りたい方は下記の別記事を参考にどうぞ。

 

 

【完全伝授】退職代行サービスに抱いていた嫌悪感が解消されたらするべきこと

 

退職代行サービスに抱いていた嫌悪感が解消されたらするべきことは、実際に退職代行業者を選ぶことです。

 

退職代行業者を選ぶには以下のポイントをチェックしましょう。

退職代行業者を選ぶときのポイント8点

  1. 無料相談
  2. 即日退職
  3. 有給消化
  4. 成功率の高さ
  5. 全額返金保証付き
  6. 無料転職サポート付き
  7. 弁護士が在籍しているか
  8. 労働組合が運営しているか

以上のポイントを意識して退職代行を選べば失敗はありません。

 

関連記事

ポイント準備中

 

退職代行を選ぶなら○○で安心!

 

結論、もし退職代行業者の選択で迷ってるなら『退職代行SARABA』を利用すれば安心です。

 

『退職代行SARABA』を簡単にまとめると以下のとおり。

 

  • 労働組合が運営してるので弁護士法違反の心配なし
  • 職歴関係なしで即日退職できる
  • 退職出来なかったら全額返金保証
  • 退職後に無料転職サポートあり
  • 今なら期間限定で無料特典2点が受け取れる

 

などサポートが厚いのが特徴です。

 

さらに24時間365日いつでも無料相談OKなので気軽に問い合わせてみましょう。

 

退職代行業者の選択は重要

 

退職代行を利用して失敗する可能性があるとしたら『実績が低い』ところに依頼してしまうことです。

 

というのも退職代行の実績が低いと『退職失敗』の可能性が出てきて、余計に話がややこしくなり会社側とトラブルになる恐れがあるから。

 

『安いから』や『何でもいい』と安易に考えて、退職代行業者に依頼すると後悔します。
ひかる

 

そんな退職失敗を回避するために実績高く、利用者が圧倒的に多い『退職代行SARABA』に依頼すれば問題なし。

 

『退職代行SARABA』を利用すれば、退職成功率ほぼ100%なのでリスクを抱えず安全に退職できますよ。

 

退職代行SARABAの詳細をもっと知りたい方は下記の別記事を参考にしてください。

 

人気記事退職代行SARABAのメリット・デメリットを徹底解説!【一番の特徴は無料相談】

人気記事退職代行SARABAの口コミ・評判を利用者が紹介!【デメリットはある?】

 

まとめ:退職代行サービスを利用できない嫌悪感まとめ

 

今回は『退職代行サービスを利用できない嫌悪感まとめ【14点を徹底解説】』を解説しました。

 

退職代行を利用できない嫌悪感は以下のとおり。

退職代行サービスを利用できない嫌悪感14点

項目が多いので、忙しい人は上記の気になった箇所をクリックすれば詳細まで飛べます。
ひかる

 

大前提として、退職代行サービスに嫌悪感を抱く必要は1ミリもないです。

 

なぜなら退職代行サービスは正式なサービスであり、退職の手続きを自分でできない人の悩みを解決できるから。

 

少しでも退職代行に嫌悪感があるのなら、本サイトの記事を周遊して知識を蓄えていただければ幸いです。

 

最後に下記の別記事には失敗しない退職代行業者を紹介してるので合わせて読んでみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行
-

© 2021 退職代行GO Powered by AFFINGER5