退職代行

退職代行は『ずるい』って本当?【利用するならプライドは捨てよう】

 

・退職代行は『ずるい』って聞くけど本当かな?

・退職代行は『ずるい』って言われるから利用しにくい...

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

・退職代行が『ずるい』というのは捨てるべき理由3点

・退職代行を『ずるい』という理由で利用しないリスク2点

・退職代行を『ずるい』から利用できないプライドは捨てよう

 

この記事の信頼性

・20代男性の元社畜の低収入サラリーマン

・ブラック企業で働きストレスで退職を2回経験済み

・人間関係の劣悪さと毎日15時間労働の過労で、うつ病を発症

 

今回は『退職代行は『ずるい』は本当か』について解説します。

 

先に結論を言うと、退職代行はずるくないです。

 

というのも退職代行はあくまで退職の1つの手段でしかなく、周りから『ずるい』と言われる筋合いはないから。

 

この記事を読めば、退職代行を『ずるい』から利用できないというプライドを捨てることがポイントなことが分かります。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】退職代行は『ずるい』というプライドは捨てるべき

 

冒頭でも伝えましたが、退職代行はずるくないです。

 

というのも退職代行はあくまで退職の1つの手段でしかなく、周りから『ずるい』と言われる筋合いはないから。

 

仮に『会社に行くのが辛い』や『身体が限界』なのに、退職代行は『ずるいから』というのが頭に入っていると利用できないですよね。

 

結果的に無理にでも仕事を続けストレスが溜まり、最悪の場合、命を落とす可能性があります。

 

そうならないためにも、退職代行は『ずるい』から利用できないというプライドは捨て、退職代行を利用してでも辞めることが先決です。

 

退職代行を利用すると、即日から身体を休めれますよ。
ひかる

 

人気記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

 

退職代行が『ずるい』というのは捨てるべき理由3点

 

退職代行が『ずるい』というのは捨てるべき理由は以下のとおり。

 

退職代行が『ずるい』というのは捨てるべき理由3点

  1. 退職代行は正当なサービス
  2. 代行業者は山ほどある
  3. 退職する1つの手段でしかない

 

上から順番に解説していきます。

 

理由①:退職代行は正当なサービス

 

退職代行は『ずるい』を捨てるべき理由①は『正当なサービス』だからです。

 

理由は退職代行というビジネスモデルがあって、それを求める人がいるからこそサービスが成り立っているから。

 

退職代行に需要がなければサービスとして成り立ちませんからね。
ひかる

 

退職代行はお金という対価を払い、業者が退職の手続きを代行してくれるだけです。

 

それに『会社に行きたくない』や『上司に退職伝えたら怒られそう』などの悩みを解決してくれる優良なサービスですよ。

 

とはいえ、世間的に仕事で悩んでる人の気持ちを理解できない人が多いのが現実です。

 

退職代行は正当なサービスなので周りの『ずるい』という声は無視してOKですよ。
ひかる

 

理由②:代行業者は山ほどある

 

世の中には代行業者は山ほどあります。

 

たとえば以下のとおり。

 

  • 介護代行
  • 運転代行(タクシー運転手など)
  • Uber eats(配達代行)

 

というように特に世間は気に留めていませんが、普通に代行業者を利用しています。

 

上記の代行業者を利用しても『ずるい』と騒ぐ人は誰もいませんよね。

 

理由はやりたくないことをお金を払う対価として、代わりにやってもらってるからです。

 

同じように退職代行も『退職できない人がお金を払う対価として、業者が代わりに退職の手続きをしてもらえる』のでお互いの契約で成り立っています。

 

なので退職代行を『ずるい』とか言われても、あくまで代行業者の1つに過ぎないので、周りの声は気にする必要はありませんよ。

 

自分がしたくないことは、お金を払う対価として、他人(他社)に代行してもらうのは普通です。
ひかる

 

理由③:退職する1つの手段でしかない

 

退職代行は退職する1つの手段でしかないです。

 

たしかに退職するには、自分で上司に退職の意思を伝えて会社を辞めるのが常識かもしれません。

 

とはいえ『上司が怖い』や『辞めさせてくれない』というようなことがある以上、退職代行を使うしか方法はないです。

 

なので会社を辞めれない人は、退職代行を退職することの1つの手段として利用しましょう。

 

今の時代は、無理に自分から退職の意思を、会社に告げて辞める必要はないですよ。
ひかる

 

退職代行を『ずるい』という理由で利用しないリスク2点

 

退職代行を『ずるい』という理由で利用しないリスクは以下のとおり。

 

退職代行を『ずるい』という理由で利用しないリスク2点

  1. 身体が限界になってからでは遅い
  2. ダラダラ過ごしても時間の無駄

 

上から順番に解説していきます。

 

リスク①:身体が限界になってからでは遅い

 

退職代行を『ずるい』という理由で利用しないリスクは、身体が限界になってからでは遅いということ。

 

というのも身体が限界にきつつあるのに、退職代行を『ずるい』という理由から無理に働き続けると倒れてしまう恐れがあるから。

 

たとえば、よく正義感から身体が限界であっても働き続ける人が多いですが、無理に働き負荷をかけすぎて倒れてしまい働けなくなる人が多いです。

 

よって、働けなくなると、うつ病になるリスクも高まります。

 

回避方法は簡単で退職代行を『ずるい』という先入観をなくして、自分に正直になること。

 

自分に正直になるには、身体に限界を感じたら、限界突破する前に退職代行でギブアップして身体を休めましょう。

 

身体が限界突破する前に会社を辞めて身体を休め、元気な状態で転職活動を再開した方が結果的に上手く行きますよ。
ひかる

 

関連記事

うつ病準備中

 

リスク②:ダラダラ過ごしても時間の無駄

 

ダラダラ過ごしても時間の無駄でしかないです。

 

理由は退職代行は『ずるい』から利用せずに働き続け、辞めたいけど辞めれない状態で働くほど時間の無駄なものはないから。

 

具体的なダラダラ過ごしても時間の無駄なことは以下のとおり。

 

  • 適当に仕事をしがちになる
  • 仕事に楽しみや面白さがまったく無くなる
  • スキルを習得する気力が湧かないので給料が上がることはない

 

上記のようなモチベーションになると、もし会社が倒産して転職活動しなければいけないことになっても、どこも転職決まりませんよ。

 

なのでダラダラと過ごすくらいなら、将来への投資と考えて、退職代行を利用してサッと転職活動に移りましょう。

 

たしかに退職代行は『ずるい』かもしれませんが、ダラダラと過ごすよりかはマシなので、『ずるい』気持ちは投げ捨ててでも行動すれば将来は明るいです。

 

『ずるい』から退職代行を利用できないというプライドは捨てよう。
ひかる

 

退職代行を『ずるい』から利用できないというプライドは捨てよう

 

退職代行を『ずるい』から利用できないというプライドは捨てよう。

 

というのも『ずるい』プライドを捨てることで、限界がきたら退職代行を利用して辞めていいという選択肢が増えるから。

 

逆に『ずるい』プライドが先行してしまうと、無理に働き続けるので限界がきて働けなくなる恐れがあります。

 

『ずるい』プライドを捨ててでも、自分の人生を優先した方がいいですよ。
ひかる

 

『ずるい』から利用できないプライドは捨てる詳細は以下のとおり。

 

退職代行を『ずるい』から利用できないというプライドは捨てよう3点

  1. 会社の環境が悪いなら仕方ない
  2. 周りの人の意見は無視しよう
  3. 会社を辞めることは悪ではない

 

上から順番に解説していきます。

 

退職代行を『ずるい』から利用できないというプライドは捨てよう①:会社の環境が悪いなら仕方ない

 

会社の環境が悪いなら、退職代行を利用していいです。

 

理由は環境が悪いと働く気が湧かなくなり、退職代行を利用してでも辞めたくなるから。

 

たとえば会社の環境が悪いというのは以下のとおり。

 

  • 長時間労働
  • 低賃金なのに重労働
  • 上司からの圧力(パワハラや無理なノルマ)

 

一番ダメなことは、会社の環境が悪く、身体が限界なのに無理に働いてしまうこと。

 

働き続けることは大切ですが、倒れてしまったら何も意味がないので逃げましょう。
ひかる

 

何より会社の環境が悪いなら『ずるい』とかは関係なしに、会社の方が100%悪いです。

 

会社の環境が悪いところで働いてる人を、退職代行を利用すれば救えるサービスなので、『ずるい』から利用できないなんて考える必要ないですよ。

 

とはいえ『でも退職代行で辞めるのも『ずるい』よな...』と罪悪感や迷惑と感じるなら、以下の別記事を一度読んでみてくださいね。

 

 

退職代行を『ずるい』から利用できないというプライドは捨てよう②:周りの人の意見は無視しよう

 

周りの人は退職代行を利用することに対して『ずるい』と感じる人は多いですが、ぶっちゃけ無視してOKです。

 

理由は退職代行は『退職するための1つの手段』&『正当なサービス』なので、退職代行は『ずるい』というイメージだけで言う、周りの意見は聞く必要ないから。

 

『ずるい』といっても法律破ったわけでもないので、とやかく言われる筋合いはないです。

 

なので周りの意見は無視して、サッと退職代行を利用して大丈夫ですよ。
ひかる

 

とはいえ退職代行を利用すれば、周りから『クズ』や『卑怯』という心無い言葉を言われるので注意が必要です。

 

『クズ』や『卑怯』に関する別記事を下記に用意したので、気になる方は読んでみてくださいね。

 

 

退職代行を『ずるい』から利用できないというプライドは捨てよう③:会社を辞めることは悪ではない

 

前提として会社を辞めることは悪ではないです。

 

理由は人それぞれ事情があって会社を辞めるわけで、他人があれこれ言うことはないから。

 

たとえば会社を辞めると以下のように思われます。

 

  • 会社から逃げた
  • まったく根性がない
  • 会社を裏切った

 

なんてことを従業員から思われます。

 

確かに会社を続けることは大切です。

 

ただ『会社に未来がない』や『身体が限界』など理由があり仕方ない面もあるのに、周りの人が一方的に悪者扱いするのは、おかしいですよね。

 

そういう人を『ずるい』と吊るし上げられるので、退職代行を利用する側が使いにくくなります。

 

解決策は、会社を辞めることは悪ではないので気にしてはいけないこと。

 

退職代行を利用すれば、即日から会社に行かなくて済むので、前職の従業員から誹謗中傷を受けなくて済みますよ。

 

退職代行を選ぶなら○○で安心!

 

退職代行はあくまで退職の1つの手段でしかなく、周りから『ずるい』と言われる筋合いはありません。

 

何より退職代行を『ずるい』から利用できないというプライドを捨てることがポイントですよ。

 

ただ、その前に優良な退職代行業者が分からなければ、行動に移せませんよね。

 

結論、もし退職代行業者の選択で迷ってるなら『退職代行SARABA』を利用すれば安心です。

 

『退職代行SARABA』を簡単にまとめると以下のとおり。

 

  • 労働組合が運営してるので弁護士法違反の心配なし
  • 職歴関係なしで即日退社できる
  • 退職出来なかったら全額返金保証
  • 退職後に無料転職サポートあり
  • 今なら期間限定で無料特典2点が受け取れる

 

などサポートが厚いのが特徴です。

 

さらに24時間365日いつでも無料相談OKなので気軽に問い合わせてみましょう。

 

退職代行業者の選択は重要

 

退職代行を利用して失敗する可能性があるとしたら『実績が低い』ところに依頼してしまうことです。

 

というのも退職代行の実績が低いと『退職失敗』の可能性が出てきて、余計に話がややこしくなり会社側とトラブルになる恐れがあるから。

 

『安いから』や『何でもいい』と安易に考えて、退職代行業者に依頼すると後悔します。
ひかる

 

そんな退職失敗を回避するために実績高く、利用者が圧倒的に多い『退職代行SARABA』に依頼すれば問題なし。

 

『退職代行SARABA』を利用すれば、退職成功率ほぼ100%なのでリスクを抱えず安全に退職できますよ。

 

退職代行SARABAの詳細をもっと知りたい方は下記の別記事を参考にしてください。

 

人気記事退職代行SARABAのメリット・デメリットを徹底解説!【一番の特徴は無料相談】

人気記事退職代行SARABAの口コミ・評判を利用者が紹介!【デメリットはある?】

 

まとめ:退職代行を『ずるい』から利用できないプライドを捨てるべき

 

今回は『退職代行は『ずるい』って本当?【利用するならプライドは捨てよう】』を解説しました。

 

結論、退職代行はずるくないです。

 

というのも退職代行はあくまで退職の1つの手段でしかなく、周りから『ずるい』と言われる筋合いはないから。

 

何より退職代行を『ずるい』から利用できないプライドを捨てるべきです。詳細は以下のとおり。

 

退職代行を『ずるい』から利用できないというプライドは捨てよう3点

  1. 会社の環境が悪いなら仕方ない
  2. 周りの人の意見は無視しよう
  3. 会社を辞めることは悪ではない

 

『ずるい』プライドを捨ててでも、自分の人生を優先した方がいいですよ。
ひかる

 

最後に『失敗しない退職代行業者』を下記に別記事として用意したので、気になる方は読んでみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行
-

© 2021 退職代行GO