退職代行は罪悪感を感じやすいサービス?【仕事が辛いなら別問題】アイキャッチ

退職代行 退職代行の疑問

退職代行は罪悪感を感じやすいサービス?【仕事が辛いなら別問題】

 

・退職代行は罪悪感を感じやすいサービスかな?

・仕事が辛いなら罪悪感を感じてでも退職代行を利用すべき?

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 退職代行に罪悪感を感じてしまう心理3点
  • 【注意点】罪悪感を感じるのが嫌なら退職代行を利用してはいけない
  • 退職代行に罪悪感を感じなくてもいい理由3点

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は『退職代行は罪悪感を感じやすいサービスか』を解説します。

 

先に結論を言うと、退職代行は罪悪感を感じやすいサービスです。

 

とはいえ、もし職場で人間関係が原因などで辛い状況なら罪悪感なんてものは無視して、自分優先のために退職代行を利用したほうがいいですね。

 

本記事の後半では、退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイントを紹介しているので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、退職代行は罪悪感を感じやすいサービスですが、精神的にも身体的にも限界なら罪悪感なんて気にしてはいけないことが分かりますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】退職代行は罪悪感を感じやすい【仕事が辛いなら別問題】

【結論】退職代行は罪悪感を感じやすい【仕事が辛いなら別問題】画像

 

冒頭でも伝えたとおり、退職代行は罪悪感を感じやすいサービスです。

 

なぜなら退職代行を利用すれば急に会社に行かないことになり、従業員の人たちに迷惑をかけることになるから。

 

結果的に会社に申し訳ない気持ちになってしまい罪悪感を感じてしまいます。

 

罪悪感はあっても仕事が辛いなら別問題

 

退職代行を利用することに罪悪感があっても、仕事が辛いなら別問題です。

 

というのも仕事が辛すぎて精神的にも身体的にも限界であるなら、この先ずっと仕事を続けるのは不可能なので自分に甘えて退職代行で辞めた方がいいから。

 

退職代行に罪悪感があるのは分かりますが、何より会社のことより最優先すべきことは自分の問題です。

 

あくまで会社との関係はお金との繋がりであり、従業員や会社の事情なんて2の次ですからね。

 

もし会社に対して恩を感じて迷惑をかけたくないのなら退職代行を利用するのは向いてません。
ひかる

 

『従業員からのパワハラ』や『ブラック企業すぎる』といった、おかしい労働環境なら、退職代行に罪悪感なんて感じる必要はないのでサッと辞めても大丈夫です。

 

関連記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

 

退職代行に罪悪感を感じてしまう心理3点

退職代行に罪悪感を感じてしまう心理3点画像

 

退職代行に罪悪感を感じてしまう心理は以下のとおり。

 

退職代行に罪悪感を感じてしまう心理3点

  1. 会社に迷惑をかける
  2. 非常識という認識がある
  3. 前職の従業員にクズや卑怯と思われる

 

上から順番に解説していきます。

 

退職代行に罪悪感を感じてしまう心理①:会社に迷惑をかける

 

退職代行を利用すると、会社に迷惑がかかってしまい罪悪感を感じます。

 

退職代行で急に辞められると、会社側が『人手不足の問題』や『仕事の引き継ぎの問題』で混乱するのが目に見えて分かるからです。

 

仕事を辞めれてスッキリはしますが、その反面で罪悪感も残ってるような感じですね。

 

退職代行を利用しても迷惑と思わない方がいい

 

退職代行で辞めると誰しも迷惑をかけたと感じて罪悪感が残ります。

 

とはいえ従業員が退職代行を利用するということは、会社側が従業員に対して粗末な対応をし迷惑をかけたからです。

 

たとえばブラック企業で長時間労働をさせられてたら体調も崩すし仕事を辞めたくなるので、自分の人生に迷惑なことをしてきていますよね。

 

会社側が退職代行を利用されたくなければ気持ちが良い職場づくりをしたらいいだけの話です。
ひかる

 

職場で自分にひどい仕打ちで迷惑をかけられてるのなら、退職代行で辞めて会社側に迷惑をかけてもお互い様なので罪悪感は感じる必要はありません。

 

退職代行は迷惑かの詳細は『退職代行は迷惑なサービスなのかを解説【会社より自分を優先しよう】』の別記事を参考にどうぞ。

 

退職代行に罪悪感を感じてしまう心理②:非常識という認識がある

 

退職代行を利用することは非常識という認識があるため罪悪感を感じやすいです。

 

世間的には上司に退職の意思を伝えて辞めることが一般常識であり、退職代行を利用して辞めることは非常識に思われても仕方ありません。

 

ですが退職代行は正式なサービスとして少しずつ世間では認知されつつあり、近年では退職代行で辞めたい人が急増しています。

 

私の意見ですが、本当に非常識なのは会社側だと考えています。

 

なぜなら『上司が怖くて退職言えない』や『人手不足を理由に辞めさせてもらえない』などの悩みは、自分のせいではなく上司や会社の経営の問題であり、自分勝手な理由で従業員を辞めさせない会社側の方が非常識だから。

 

会社側の自分勝手な都合によって辞めさせない方が非常識あり、そんな環境・状況で働いてる人の方は非常識ではなく悪くないので、堂々と退職代行を利用したらいいですよ。

 

>>退職代行は非常識なサービスなのかを徹底解説【常識の範囲内です】

 

退職代行に罪悪感を感じてしまう心理③:前職の従業員にクズや卑怯と思われる

 

退職代行を利用すると、前職の従業員から『クズ』や『卑怯』と思われるので自分が悪いんじゃないかと罪悪感を感じてしまいます。

 

というのも退職代行で辞めることで会社側に迷惑をかけ無責任と思われても仕方なく、辞めていった従業員に復讐したくなりなるから。

 

よって職場では変な噂が広がって陰口を言う人が普通にいます。

 

誹謗中傷を聞きたくないなら退職代行で辞めよう

 

上司に退職の意思を伝えて辞めると、退職日まで他の従業員から『クズ』や『卑怯』と直で言われたり、目に見えた態度に出るので落ち込みます。

 

一方で退職代行で辞めれば、もう他の従業員と会わなくていいので誹謗中傷を言ってたとしても聞かなくていいので無駄に落ち込みません。

 

『クズ』や『卑怯』と言われるとネガティブ思考になり退職代行で辞めることに罪悪感を感じるので、余計な人間関係はリセットするため周りの意見は無視して自分の未来のために退職代行を利用しましょう。

 

『クズ』や『卑怯』と自分が届かない範囲で言っていたとしても、聞かなければ、それは言っていないのと同じです。
ひかる

 

『クズ』や『卑怯』の関する別記事を読みたい人は下記からどうぞ。

 

 

【注意点】罪悪感を感じるのが嫌なら退職代行を利用してはいけない

【注意点】罪悪感を感じるのが嫌なら退職代行を利用してはいけない画像

 

罪悪感を感じるのが嫌なら退職代行を利用していけません。

 

理由は退職代行を利用して辞めることで罪悪感で胸が苦しくなり、今後の悪影響を及ぼすだけだから。

 

したがって退職代行を利用せずに、自分の上司に退職の意思を勇気を振り絞って伝える方法しかありません。

 

退職代行は会社を辞める最終手段であると理解した上で、本当に今、自分に必要かどうか判断しよう。
ひかる

 

退職代行を利用しても大丈夫な人は?

 

もちろん退職代行を利用しても大丈夫な人もいます。

 

退職代行を利用しても大丈夫な人     

  • 罪悪感なんて気にしない人    

  • 仕事が辛くて会社に行くことすらできない人    

  • 会社のことが大っ嫌いで前職と一切関わりたくない人   

  • 上司に退職の意思を伝えれない / 辞めさせてくれない人

 

以上に当てはまってる人は退職代行を利用しても、これからの人生で後悔することはありません。

 

何より退職代行を利用したくない常識人であっても、過労による疲れから頭がパニックになることもあるので、そういうときは罪悪感より退職代行で自分を優先する行動をした方がいいです。

 

誰でも過労による疲れで、うつ病に発展することも全然あり得る話なので無理せずにサッと退職代行を利用する決断も大切ですよ。

 

退職代行を利用したいと考えてるなら事前に無料相談から始めれるので、気になる方は検討してみてくださいね。

 

『LINEで無料相談』から始めれるのでサクッと始めれます。
ひかる

 

 

退職代行に罪悪感を感じなくてもいい理由3点

退職代行に罪悪感を感じなくてもいい理由3点画像

 

退職代行に罪悪感を感じなくていい理由は以下のとおり。

 

退職代行に罪悪感を感じなくていい理由3点

  1. 会社を辞めることは悪ではない
  2. 職場の環境が劣悪なら仕方ない
  3. 退職代行を利用しても転職に影響ない

 

上から順番に解説していきます。

 

退職代行に罪悪感を感じなくていい理由①:会社を辞めることは悪ではない

 

前提として仕事を辞めることは悪ではないので、罪悪感に浸る必要はありません。

 

理由は労働者には退職する権利があり、人それぞれ事情があって辞めるのに他人が騒ぎ出すのは、おかしいから。

 

たとえば仕事を辞めると以下のように思われます。

 

仕事を辞めるときの周りの反応3点     

  • 仕事から逃げた  

  • 根性がなくダメ人間  

  • 職場に恩がなく裏切った

 

日本では組織を大切にする傾向があるため、出ていく人を悪者扱いする人が多いです。

 

もちろん仕事を続けることは大切です。

 

ただ『会社に未来がない』や『身体・精神が限界』などの理由で仕方ない面もあるのに、周りの人が一方的に辞める人を悪者扱いするのは、おかしいですよね。

 

周りが否定してくるのを聞くと仕事続けても疲れるだけなので、自分が今、本当に退職代行を利用すべきかを考えましょう。

 

誰でも仕事を辞めたいことはあり、辞めることに罪悪感を感じていたら人生を楽しめませんからね。
ひかる

 

もし上司に退職の意思を伝えて辞めるパターンもありですが、なかなか辞めさせてもらえなく時間が無駄になるのが嫌な人は下記の別記事をどうぞ。

 

>>退職代行を利用して辞められないってある?【ほぼ100%辞めれる】

 

退職代行に罪悪感を感じなくていい理由②:職場の環境が劣悪なら仕方ない

 

職場の環境が劣悪なら、退職代行を利用することに罪悪感を感じる必要はありません。

 

なぜなら職場の環境が悪いと仕事をする気力が湧かなくなり、退職代行を利用してでも辞めたくなるから。

 

退職したくなる事例3点     

  • ブラック企業  

  • 上司からのパワハラ  

  • 人間関係の陰湿な嫌がらせ

 

1番ダメな行為は職場の環境が悪く、精神的にも身体的にも限界なのに無理に働き続けること。

 

もちろん働き続けることは大切ですが、倒れてしまったら何も意味がないので、限界が来る前に退職代行を利用してもいいことを頭に入れましょう。

 

退職することに罪悪感は少なからずありますが、仕事を続けて働けなくなった方が損害は大きいので、ときには退職代行で辞めることに甘えることも大切。
ひかる

 

 

退職代行に罪悪感を感じなくていい理由③:退職代行を利用しても転職に影響ない

 

退職の悩みを抱えてるなら退職代行を利用してもいいです。

 

『辞めたいけど上司に言えない』や『会社に引き留められる』などの悩みはあなたのせいではなく、職場の従業員や経営のせいなので退職代行で辞めることに罪悪感を感じる必要はありません。

 

実際に退職代行を利用する人は近年で急増しており、退職する手段に退職代行を利用するのも用いられてきています。

 

退職代行を利用しても転職に影響ないのも人気の理由の1つです。
ひかる

 

退職代行を利用しても転職に影響ない

 

とはいえ退職代行を利用したら『転職に悪影響ありそう...』と感じる人も多いですよね。

 

結論、退職代行を利用しても転職にまったく影響はありません。

 

退職代行は転職に影響するかの詳細は『退職代行は転職に影響するのか?【転職に影響するケース3点も紹介】』の別記事を参考にどうぞ。

 

【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点

【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点画像

 

退職代行に依頼したい人は下記の項目を確認しましょう。

 

退職代行業者を依頼するときに見るポイント8点

  1. 無料相談
  2. 即日退職
  3. 有給消化
  4. 成功率の高さ
  5. 全額返金保証付き
  6. 無料転職サポート付き
  7. 弁護士が在籍しているか
  8. 労働組合が運営しているか

 

何となくで退職代行に依頼するのもOKですが、依頼先が悪質な退職代行業者だったときには、すでに手遅れの場合があるので注意が必要です。

 

優良な退職代行業者に依頼するためにも、上記のポイント8点を意識しつつ自分に合っている退職代行業者を探してみてくださいね。

 

特に確認しておくべきポイントは、『無料相談』ができる退職代行業者かどうかですよ。
ひかる

 

退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点の別記事を下記に用意したので参考にどうぞ。

 

 

【最重要】どこの退職代行業者にしようか迷ってるなら○○!

【最重要】どこの退職代行業者にしようか迷ってるなら○○!画像

 

退職代行に依頼したいけど『結局、どこの退職代行業者がいいの?』と思っていませんか?

 

結論、どこにしようか迷ってるなら『退職代行SARABA』を選べば間違いありません。

 

退職代行SARABAの詳細

  • 24時間365日いつでも無料相談ができる

  • 退職できなかった場合、全額返金保証

  • 労働組合なので会社と交渉が可能

  • 職歴関係なしで即日退職OK

  • 無料転職サポート付き

 

上記のとおり退職代行SARABAを利用するのなら申し分ないサポートの厚さで、あなたをフォローしてくれます。

 

退職後のことも考え『無料転職サポート』というアフターフォローも付いてるのが、退職代行界でNo.1である実績の秘訣ですね。
ひかる

 

さらに今、退職代行SARABAに依頼すると期間限定で2大特典が手に入るので、後から損しないために『LINEで無料相談』だけでも済ませておけば後悔しません。

 

もちろん退職代行SARABAに依頼するかは自由なので、最終的にあなたが後悔しない選択をお願いします。

 

>>【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順の記事を読む

 

 

まとめ:罪悪感なんて気にせずに退職代行をどんどん使っていこう

まとめ:罪悪感なんて気にせずに退職代行をどんどん使っていこう画像

 

今回は『退職代行は罪悪感を感じやすいサービス?【仕事が辛いなら別問題】』を解説しました。

 

結論、退職代行は罪悪感を感じやすいサービスです。

 

とはいえ、もし職場で人間関係が原因などで辛い状況なら罪悪感なんてものは無視して、自分優先のために退職代行を利用したほうがいいですね。

 

なぜなら仕事が辛すぎて精神的にも身体的にも限界であるなら、この先ずっと仕事を続けるのは不可能なので自分に甘えて退職代行で辞めた方がいいから。

 

仕事が辛いなら別問題なので、罪悪感よりも自分の人生を優先しましょう。
ひかる

 

最後に下記の別記事には失敗しない退職代行業者を紹介してるので合わせて読んでみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行, 退職代行の疑問
-