退職代行

退職代行は罪悪感を感じやすいサービス?【辛いなら使ってOK】

 

・退職代行は罪悪感を感じやすいサービスかな?

・仕事が辛いなら罪悪感を感じてでも利用すべき?

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

・退職代行に罪悪感を感じてしまう心理3点

・【注意点】退職代行に罪悪感を感じやすいなら利用すべきではない

・退職代行に罪悪感を感じなくてもいい3点

 

この記事の信頼性

・20代男性の元社畜の低収入サラリーマン

・ブラック企業で働きストレスで退職を2回経験済み

・人間関係の劣悪さと毎日15時間労働の過労で、うつ病を発症

 

今回は『退職代行は罪悪感を感じやすいサービスか』を解説します。

 

先に結論を言うと退職代行は罪悪感を感じやすいサービスです。

 

とはいえ会社で辛い状況なら罪悪感なんてものは無視してでも、退職代行を利用したほうがいいですよ。

 

この記事では罪悪感を感じてしまう心理を中心に解説していきます。
ひかる

 

この記事を読めば、退職代行は罪悪感を感じやすいサービスですが、本当に辛いなら罪悪感は気にしてはいけないことが分かりますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】退職代行は罪悪感を感じやすいサービスです【辛いなら使ってOK】

 

冒頭でも伝えたとおり、退職代行は罪悪感を感じやすいサービスです。

 

理由は急に会社に行かなくなると従業員はパニックになり、会社側に大迷惑だから。

 

結果的に会社に申し訳ない気持ちになってしまい罪悪感を感じてしまいます。

 

とはいえ、それでも『会社に行きたくない』や『人間関係が無理』みたいになる人が多いです。

 

仕事で追い込まれて辛い人は、『退職代行は罪悪感あるから...』なんてものは気にせずに、退職代行を利用して大丈夫です。

 

仕事で追い込まれて辛いのに無理して会社に行けば、症状がさらに悪化して働けなくなる怒れがありますからね。

 

確かに罪悪感は感じますが、自分のことを第一と考えれば、退職代行は使い勝手がいいサービスですよ。
ひかる

 

関連記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

 

退職代行に罪悪感を感じてしまう心理3点

 

退職代行に罪悪感を感じてしまう心理は以下のとおり。

 

退職代行に罪悪感を感じてしまう心理3点

  1. 会社に迷惑をかけるから
  2. 退職後に後悔するかもしれないから
  3. 前職の従業員にクズや卑怯と思われるから

 

上から順番に解説していきます。

 

退職代行に罪悪感を感じてしまう心理①:会社に迷惑をかけるから

 

退職代行を利用すると、会社に迷惑がかかってしまい罪悪感を感じます。

 

退職代行で急に辞められると『人手不足の問題』や『業務の引き継ぎの問題』で混乱するのが目に見えて分かるからです。

 

辞めれてスッキリはしますが、その反面で罪悪感も残ってるような感じですね。

 

会社に迷惑と言っても...

 

確かに退職代行で辞めると罪悪感を感じます。

 

とはいえ会社側に迷惑なだけで終わるのでしょうか。

 

たとえば会社側が従業員に対して雑な対応をしていたら、誰でも会社を辞めたくなりますよね。

 

『退職代行は迷惑だから使うな』というのであれば、会社側が真っ当な環境を作ればいいだけの話。
ひかる

 

そんな退職代行が迷惑なサービスなのかを知りたい人は下記の別記事を参考にどうぞ。

 

 

退職代行に罪悪感を感じてしまう心理②:退職後に後悔するかもしれないから

 

退職代行を利用したら罪悪感を感じてしまう人が多いです。

 

その結果、退職代行を利用したことに罪悪感を感じて後悔してしまうハメになります。

 

かといって退職代行を利用後に『また会社に戻りたい』と言っても無理な話ですから後悔しか残りません。

 

では『退職代行を利用して後悔する人はどんな特徴があるのか』を下記の別記事で解説してるので、気になる方はどうぞ。

 

 

退職代行に罪悪感を感じてしまう心理③:前職の従業員にクズや卑怯と思われるから

 

退職代行を利用すると大なり小なり会社に迷惑をかけることになりますよね。

 

結果的に、前職の従業員が自分のことを『クズ』や『卑怯』と思われ、陰口を言います。

 

会社に迷惑をかけた上で前職の人から陰口を言われれば罪悪感しか残りません。

 

たとえば自分が行ってるプロジェクトがあるのに、翌日に退職代行で辞めたら従業員から文句を言われますよね。

 

とはいえ退職代行は正式なサービスなので『クズ』や『卑怯』と言われる筋合いはありません。
ひかる

 

『クズ』や『卑怯』と言われることに関する別記事を、下記に用意したので、気になる方はどうぞ。

 

 

【注意点】退職代行に罪悪感を感じやすいなら利用してはいけない

 

退職代行に罪悪感を感じやすいのであれば利用するべきではないです。

 

というのも本来は上司に自分で退職の意思を伝えて会社を辞めるのが普通だから。

 

退職代行を利用すると急に会社からいなくなるため、会社全体が混乱します。

 

その結果、真面目な人ほど退職代行を利用したときには罪悪感を感じやすくなりますよ。

 

退職代行は会社を辞める最終手段と思っておきましょう。
ひかる

 

退職代行を利用しても大丈夫な人は?

 

退職代行を利用しても大丈夫な人は以下のとおり。

 

  • 罪悪感なんて気にしない人
  • 働くことが辛くて会社に行くことすらできない人
  • 会社のことが大っ嫌いで前職と一切関わりたくない人
  • 上司に退職の意思を伝えれない/辞めさせてくれない人

 

以上のような人は退職代行を利用しても、これからの人生、上手いことやっていけます。

 

たとえ常識人であっても身体が限界であるなら退職代行を利用して休めましょう。

 

そうしないと限界を超えて、うつ病にかかってしまい、働けなくなる恐れがありますからね。

 

退職代行に罪悪感を感じなくてもいい3点【利用しない理由はない】

 

『退職代行に罪悪感を感じなくていい』は以下のとおり。

 

退職代行に罪悪感を感じなくていい3点

  1. 会社を辞めることは悪ではない
  2. 会社の環境が悪いなら仕方ない
  3. 退職代行を利用しても転職に影響ない

 

上から順番に解説していきます。

 

退職代行に罪悪感を感じなくてもいい①:会社を辞めることは悪ではない

 

前提として会社を辞めることは悪ではないので、退職代行を利用することに罪悪感を感じる必要はありません。

 

というのも日本の社会は『辞める=悪』と捉えがちですが、そんなことを言えばキリがありません。

 

なので『仕事が辛い』や『会社と合わない』なら、どんどん退職と転職を繰り返せばOKです。

 

何かに挑戦したければ何かを切り捨てなければ前に進めませんよ。
ひかる

 

退職代行を利用すると会社に迷惑をかけてしまうので罪悪感を感じますが、それは仕方ないことです。

 

たとえば『仕事が辛くて会社行けない』なら、病む負えなく退職代行を利用しないといけません。

 

一番大切なことは『会社に迷惑かけて罪悪感があるから退職代行を使えない』というプライドは投げ捨てること。

 

自分のことを優先すれば罪悪感なんて気にせずに退職代行を利用できるはずですよ。

 

退職代行を利用して辞めても悪ではなく普通のことです。
ひかる

 

退職代行に罪悪感を感じなくてもいい②:会社の環境が悪いなら仕方ない

 

会社の環境が悪いなら退職代行に罪悪感を感じなくて大丈夫です。

 

理由は会社の環境が悪いと従業員を大切に扱ってないので、退職代行で辞めても会社側は文句は言えないから。

 

たとえば以下の会社の環境だと、どう思いますか?

 

  • 長時間労働
  • 低賃金&残業代なし
  • 人間関係が劣悪すぎる(嫌がらせ多いなど)

 

以上のような会社だと従業員を悪条件で働かせてますよね。

 

従業員も怒ってしまい退職代行を利用してサッと消えたくなります。

 

会社に悪条件で働かされてるなら、退職代行を利用しても罪悪感なんて感じる必要がないですよ。

 

会社側が退職代行を利用されたくないなら、従業員が気持ちよく働ける会社にすればいいだけの話です。
ひかる

 

退職代行に罪悪感を感じなくてもいい③:退職代行を利用しても転職に影響ない

 

退職するのであれば前職の罪悪感なんて忘れるべきです。

 

理由は済んだ話を掘り返しても何も始まらないので、次に進むことを考えるべきだから。

 

たとえば前職の人から『戻ってきてくれないか?』と連絡くるかもしれないが、時間が無駄なのでフル無視でOKです。

 

退職代行を利用しても転職に影響ない

 

退職後に次に進むことと言えば『転職』です。

 

『退職代行を利用したら転職に影響あるかも...』と思いますが、実際は何も影響ありません。

 

なので退職代行の罪悪感に浸ってる時間があるのなら、次の転職に備えた方がいいですよ。

 

詳細については下記の別記事を用意したので、そちらをどうぞ。

 

 

退職代行を選ぶなら○○で安心!

 

退職代行を利用しても罪悪感を感じる必要がありませんので、どんどん利用すればOKです。

 

ただ、その前に優良な退職代行業者が分からなければ、行動に移せませんよね。

 

結論、もし退職代行業者の選択で迷ってるなら『退職代行SARABA』を利用すれば安心です。

 

『退職代行SARABA』を簡単にまとめると以下のとおり。

 

  • 労働組合が運営してるので弁護士法違反の心配なし
  • 職歴関係なしで即日退社できる
  • 退職出来なかったら全額返金保証
  • 退職後に無料転職サポートあり
  • 今なら期間限定で無料特典2点が受け取れる

 

などサポートが厚いのが特徴です。

 

さらに24時間365日いつでも無料相談OKなので気軽に問い合わせてみましょう。

 

退職代行業者の選択は重要

 

退職代行を利用して失敗する可能性があるとしたら『実績が低い』ところに依頼してしまうことです。

 

というのも退職代行の実績が低いと『退職失敗』の可能性が出てきて、余計に話がややこしくなり会社側とトラブルになる恐れがあるから。

 

『安いから』や『何でもいい』と安易に考えて、退職代行業者に依頼すると後悔します。
ひかる

 

そんな退職失敗を回避するために実績高く、利用者が圧倒的に多い『退職代行SARABA』に依頼すれば問題なし。

 

『退職代行SARABA』を利用すれば、退職成功率ほぼ100%なのでリスクを抱えず安全に退職できますよ。

 

退職代行SARABAの詳細をもっと知りたい方は下記の別記事を参考にしてください。

 

人気記事退職代行SARABAのメリット・デメリットを徹底解説!【一番の特徴は無料相談】

人気記事退職代行SARABAの口コミ・評判を利用者が紹介!【デメリットはある?】

 

まとめ:罪悪感は気にせずに退職代行をどんどん使っていこう

 

今回は『退職代行は罪悪感を感じやすいサービス?【辛いなら使ってOK】』を解説しました。

 

結論、退職代行は罪悪感を感じやすいサービスです。

 

とはいえ会社で辛い状況なら罪悪感なんてものは無視してでも、退職代行を利用したほうがいいですよ。

 

仕事で追い込まれて辛いのに無理して会社に行けば、症状がさらに悪化して働けなくなる怒れがありますからね。

 

一番大切なことは『会社に迷惑かけて罪悪感があるから退職代行を使えない』というプライドは投げ捨てることです。

 

自分に合っている立ち回りをすれば安心ですよ。
ひかる

 

最後に『失敗しない退職代行業者』を下記に別記事として用意したので、気になる方は読んでみてくださいね。

 

 

-退職代行
-

© 2021 退職代行GO