退職代行を利用しても有給消化できる?【交渉できるかで判断しよう】画像

退職代行の疑問

退職代行を利用しても有給消化できる?【交渉できるかで判断しよう】

 

・退職代行を利用したら有給消化はできるかな?

・退職代行で有給消化したいけど、有給がない場合はどうしたらいいだろう?

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 有給消化したいなら交渉が可能な退職代行業者に依頼しよう
  • 【労働組合 VS 弁護士】どっちに依頼するべき?
  • 【最重要】どこの退職代行業者にしようか迷ってるなら○○!

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は『退職代行を利用しても有給消化はできるか』を解説します。

 

先に結論を言うと、退職代行を利用しても有給消化はできます。

 

ただし退職代行を利用して有給消化をしたいなら、有給消化に対応している退職代行業者に依頼しないと拒否されるので注意が必要です。

 

本記事の後半では、有給消化できる退職代行業者を紹介してるので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、有給消化できる退職代行業者を知れるので、間違って有給消化できない退職代行業者に依頼してしまうミスを防げますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】退職代行を利用しても有給消化はできる

【結論】退職代行を利用しても有給消化はできる画像

 

冒頭でも伝えてるとおり、退職代行を利用しても有給消化はできます。

 

なぜなら有給消化することは労働者の権利であり、会社側は有給消化を拒否することはできないから。

 

ただし、すべての退職代行業者が有給消化の対応をしてくれるわけではないので依頼先を間違えないようにしましょう。

 

有給消化が可能であり、実績が高く利用者も多い『退職代行SARABA』に依頼しておけば間違いありません。
ひかる

 

有給消化すれば退職代行業者に依頼する料金の元を取れる

 

よく『退職代行を利用したいけど退職代行に支払う金がない...』と悩んでいる人は多いです。

 

ですが退職代行を利用し有給消化をして辞めれば、退職代行業者に支払う料金の元が十分に取れ、あるいは残りの有給が多ければ黒字回収もできます。

 

料金の相場は2.5万~5.5万なので、目安として有給が3日~6日分があれば十分に元は取れるので安心してください。

 

退職代行と有給消化を組み合わせるだけで、退職代行業者に支払う予定だったはずの料金が実質無料になるカラクリです。
ひかる

 

とはいえ、これも有給消化できる退職代行業者に依頼したらの話であって、悪質な一般の退職代行業者に依頼してしまうと有給消化できないので注意が必要ですね。

 

もし初めて退職代行を利用するのであれば、優良な退職代行業者を判断できないので、私が代わりに厳選した実績の高い退職代行業者をまとめました。

 

詳細は下記の別記事に厳選した実績の高い退職代行業者をまとめたので、もし興味があればチェックしてくださいね。

 

人気記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

 

有給消化したいなら交渉が可能な退職代行業者に依頼しよう

有給消化したいなら交渉が可能な退職代行業者に依頼しよう画像

 

有給消化したいなら『交渉』が可能な退職代行業者に依頼しましょう。

 

というのも間違って一般の退職代行業者に依頼してしまうと、有給の交渉ができないため損します。

 

一般の退職代行業者は、あくまで退職の意向を会社に伝えるだけであって、有給の交渉は非弁行為で禁止されています。

 

一般の退職代行業者でも辞めれますが、実績も信頼性もないので依頼しない方がいいです。
ひかる

 

結論、下記のどちらかの退職代行業者に依頼すれば間違いありません。

 

有給消化の交渉が可能な退職代行業者2社

  1. 労働組合が運営している退職代行業者に依頼
  2. 弁護士が在籍している退職代行業者に依頼

 

上から順番に解説していきます。

 

有給消化の交渉が可能な退職代行業者①:労働組合が運営している退職代行業者に依頼

 

退職代行を利用して有給消化したいのなら、労働組合が運営している退職代行業者に依頼すれば安心です。

 

メモ

労働組合は『労働組合法』により労働者が利用者と対等な立場で交渉することが認められた組織。

 

労働組合が運営している退職代行業者ができる交渉まとめ     

  • 未払い給与の請求  

  • 有給消化の交渉  

  • 退職日の調整

 

以上の交渉ができるので、一般の退職代行業者より遥かに良いですよ。

 

デメリットがあるとしたら、裁判沙汰になったとしたら弁護士が在籍しているわけではないので裁判の請負人にはなれないところ。

 

とはいえ裁判沙汰になって損害賠償されることは滅多にないので、基本的には心配は入りませんよ。

 

理由は会社側も退職代行で辞めていった人を、深追いしたとこで時間とコスパの無駄なので、ほとんど訴えることはしてこないから。

 

続きの労働組合に関する詳細は『退職代行の労働組合とは?【退職代行を利用したい人は頭に入れておこう】』の別記事を参考にしてください。

 

有給消化の交渉が可能な退職代行業者②:弁護士が在籍している退職代行業者に依頼

 

退職代行を利用して有給消化したいのなら、弁護士が在籍している退職代行業者に依頼すれば安心です。

 

弁護士が在籍している退職代行業者ができる交渉     

損害賠償請求 / 裁判沙汰にされたときの対応  

未払い給与の請求  

有給消化の交渉

退職日の調整

 

基本的には労働組合が運営している退職代行業者と交渉は同じですが、1点違うところは『損害賠償請求 / 裁判沙汰にされたときの対応』です。

 

もし『退職代行を利用して損害賠償請求されるの嫌』と思うなら、弁護士が在籍している業者に依頼した方がいいですね。

 

とはいえ裁判沙汰になって損害賠償されることは滅多にないので、基本的には心配は入りませんよ。
ひかる

 

デメリットがあるとしたら、料金が弁護士が対応してくれることもあり、労働組合よりかは少し料金が割高になっている点です。

 

弁護士が在籍している退職代行業者は料金は少し割高として設定されますが、その代わり損害賠償請求 / 裁判沙汰にされたときの対応をしてくれるので心強いですよ。

 

『弁護士が在籍している退職代行業者』について詳細を知りたい方は、以下の別記事を参考にどうぞ。

 

 

【労働組合 VS 弁護士】どっちに依頼するべき?

【労働組合 VS 弁護士】どっちに依頼するべき?画像

 

結論、どっちか迷ったときは労働組合が運営している退職代行業者に依頼した方がいいです。

 

理由は労働組合だと損害賠償請求されても対応できないデメリットがありますが、ほとんどの職場は請求してこないので、値段が安くて実績が高い労働組合の方がメリットあるから。

 

もちろん損害賠償請求されたときのリスクを考えれば、弁護士が在籍している退職代行業者の方が有利です。

 

こればかりは、どちらを選択するかのサジ加減の問題もあるので、最終的な判断はあなたにお任せします。

 

どちらにしろ一般の退職代行業者は有給消化できず、退職失敗する可能性も高いのでおすすめしません。

 

退職代行を利用するなら『労働組合か弁護士』のどちらかに依頼しましょう。

 

詳細は『【労働組合VS弁護士】どっちがおすすめかを退職経験者が徹底比較』の別記事を参考にしてくださいね。

 

労働組合と弁護士に対応する退職代行業者を紹介

 

  • 労働組合→退職代行SARABA
  • 弁護士→弁護士法人みやび

 

上記のどちらの退職代行業者も実績が高くて失敗はしません。

 

どっちが迷ったのなら『利用者の多さ』や『実績の高さ』から労働組合が運営している『退職代行SARABA』がいいですね。
ひかる

 

退職代行SARABAと弁護士法人みやびの比較記事を読みたい人は下記よりどうぞ。

 

 

【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点

【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点画像

 

退職代行に依頼したい人は下記の項目を確認しましょう。

 

退職代行業者を依頼するときに見るポイント8点

  1. 無料相談
  2. 即日退職
  3. 有給消化
  4. 成功率の高さ
  5. 全額返金保証付き
  6. 無料転職サポート付き
  7. 弁護士が在籍しているか
  8. 労働組合が運営しているか

 

何となくで退職代行に依頼するのもOKですが、依頼先が悪質な退職代行業者だったときには、すでに手遅れの場合があるので注意が必要です。

 

優良な退職代行業者に依頼するためにも、上記のポイント8点を意識しつつ自分に合っている退職代行業者を探してみてくださいね。

 

特に確認しておくべきポイントは、『無料相談』ができる退職代行業者かどうかですよ。
ひかる

 

退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点の別記事を下記に用意したので参考にどうぞ。

 

 

【最重要】どこの退職代行業者にしようか迷ってるなら○○!

【最重要】どこの退職代行業者にしようか迷ってるなら○○!画像

 

退職代行に依頼したいけど『結局、どこの退職代行業者がいいの?』と思っていませんか?

 

結論、どこにしようか迷ってるなら『退職代行SARABA』を選べば間違いありません。

 

退職代行SARABAの詳細

  • 24時間365日いつでも無料相談ができる

  • 退職できなかった場合、全額返金保証

  • 労働組合なので会社と交渉が可能

  • 職歴関係なしで即日退職OK

  • 無料転職サポート付き

 

上記のとおり退職代行SARABAを利用するのなら申し分ないサポートの厚さで、あなたをフォローしてくれます。

 

退職後のことも考え『無料転職サポート』というアフターフォローも付いてるのが、退職代行界でNo.1である実績の秘訣ですね。
ひかる

 

さらに今、退職代行SARABAに依頼すると期間限定で2大特典が手に入るので、後から損しないために『LINEで無料相談』だけでも済ませておけば後悔しません。

 

もちろん退職代行SARABAに依頼するかは自由なので、最終的にあなたが後悔しない選択をお願いします。

 

>>【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順の記事を読む

 

 

関連:有給消化したいけど有給ない場合はどうする?

関連:有給消化したいけど有給ない場合はどうする?画像

 

退職代行を利用すれば有給消化できるので安心できます。

 

とはいえ有給ない場合は、『退職代行を利用できるのかな?』と悩む人が多いですよね。

 

結論、有給ない場合でも『欠勤扱い』として処理するので退職代行を利用できます。

 

有給ない場合には退職代行を利用するときに軽いデメリットが生じるので理解しておこう。

 

その詳細は『退職代行は有給ないけど利用できる?【軽いデメリット3点も紹介】』の別記事を参考にどうぞ。

 

まとめ:退職代行を利用しても有給消化はできる

まとめ:退職代行を利用しても有給消化はできる画像

 

今回は『退職代行を利用しても有給消化できる?【交渉できるかで判断しよう】』を解説しました。

 

結論、退職代行を利用しても有給消化はできます。

 

というのも有給消化することは労働者の権利であり、会社側は有給消化を拒否することはできないからです。。

 

ただし、すべての退職代行業者が有給消化の対応をしてくれるわけではないので依頼先を間違えないようにしましょう。

 

有給消化して辞めたいなら『労働組合』か『弁護士』の退職代行業者に依頼すれば確実です。
ひかる

 

最後に下記の別記事には失敗しない退職代行業者を紹介してるので合わせて読んでみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行の疑問
-