退職代行は有給ないけど利用できる?【軽いデメリット3点も紹介】アイキャッチ

退職代行の疑問

退職代行は有給ないけど利用できる?【軽いデメリット3点も紹介】

 

・退職代行は有給ないけど利用できるかな?

・有給ないからって欠勤しても大丈夫かな?

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 有給の日数が2週間未満の場合の人【欠勤のデメリット3点を紹介】
  • 有給の日数が2週間分ある場合の人
  • 退職代行の有給に関するよくある疑問3点

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は『退職代行は有給ないけど利用できるか』を解説。

 

先に結論を言うと、有給の有無に関わらず、いつでも退職代行を利用できます。

 

ただし有給がない場合は軽いデメリットもあるので、退職代行を利用するときに注意しましょう。

 

本記事の後半では、有給がなくてもスムーズに対応してくれる退職代行業者を紹介してるので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、有給ない場合でも安心して退職代行を利用し退職できることがわかりますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】退職代行は有給ない場合でも利用できる

【結論】退職代行は有給ない場合でも利用できる画像

 

冒頭でも伝えたとおり、有給の有無に関わらず、いつでも退職代行を利用できます。

 

有給がなくても退職代行を利用できる理由は、退職代行業者が『退職日まで欠勤扱い』で処理してくれるので会社に行かなくていいから。

 

有給消化ではなく普通の欠勤なので、そのぶん軽いデメリットがあることを覚えておいてください。(詳細は後述)

 

有給ないから『自分で上司に退職の意思を伝えるの気が重いなぁ~』と思わなくていいので、退職代行で辞める手段もあるということを理解しておきましょう。

 

人気記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

 

有給の日数が2週間未満の場合【欠勤の軽いデメリット3点を紹介】

有給の日数が2週間未満の場合【欠勤の軽いデメリット3点を紹介】画像

 

有給の日数が2週間未満なら、退職代行業者が欠勤扱いの申請をしてくれるので会社に行かなくて大丈夫です。

 

とはいえ欠勤にも軽いデメリットがあります。それは以下のとおり。

 

有給がない人が欠勤する軽いデメリット3点

  1. 給料が発生しない
  2. 無断欠勤(バックレ)するとトラブルに発展する
  3. 以前から欠勤や無断欠勤を繰り返している場合は懲戒解雇の可能性がある

 

上から順番に解説していきます。

 

有給がない人が欠勤する軽いデメリット①:給料が発生しない

 

有給ではなく普通の欠勤なので給料は発生しないデメリットがあります。

 

とはいえ1番の目的は退職することなので、『人間関係の不満』や『会社の不満』などから解放される心地よさを考えれば、給料発生しないことくらい我慢できるはずです。

 

欠勤で給料が発生しなくても、退職金はもらえるので安心してください。
ひかる

 

有給がない人が欠勤する軽いデメリット②:無断欠勤(バックレ)するとトラブルに発展する

 

無断欠勤(バックレ)するとトラブルに発展します。

 

  • 欠勤→会社に休むことを伝えてるので会社が混乱しない
  • 無断欠勤(バックレ)→休む連絡もないので会社が混乱してトラブルに発展する

 

上記に記載している2つの欠勤の違いを理解しましょう。

 

退職代行を利用すれば退職代行業者が代わりに会社に『欠勤』すると伝えてくれるのでトラブルを招きません。

 

ですが『無断欠勤(バックレ)』は連絡なしで会社が混乱してしまい、最悪の場合、親や警察にも連絡が行きトラブルに発展します。

 

トラブルを招いてしまうと退職がスムーズに進まないので注意しましょう。
ひかる

 

退職代行(欠勤) VS バックレ(無断欠勤)

 

退職代行とバックレを比較して、どちらの方がいいか分かりませんよね。

 

私の考えでは退職代行の方が100%良いですよ。

 

続きの詳細は『【退職代行 VS バックレ】どっちの方が安全に退職できる!?』の別記事を参考にどうぞ。

 

有給がない人が欠勤する軽いデメリット③:以前から欠勤や無断欠勤を繰り返している場合は懲戒解雇の可能性がある

 

以前から欠勤や無断欠勤を繰り返していた場合は、会社の業務に支障していたことから『正当な解雇事由』になります。

 

どういうことかと言うと自分からの意思での退職ではなく、会社側からの懲戒解雇になります。

 

よって有給消化して退職するのではなく、会社からのクビにされるということ。
ひかる

 

会社側からクビにされると有給は応じないのはもちろん、退職金も受け取れない可能性があるので注意しましょう。

 

懲戒解雇に関する詳細は以下の別記事を合わせてどうぞ。

 

>>退職代行で懲戒解雇にされることはある?【簡単にはできない】

 

有給の日数が2週間分ある場合

有給の日数が2週間分ある場合画像

 

有給の日数が2週間分あるのなら、そのまま有給消化して辞めましょう。

 

メモ

完全に退職できるまでは最低でも2週間かかるため、2週間分の有給があるのなら、そのまま有給消化して退職日までいけます。

 

注意点があるとするなら、すべての退職代行業者が有給消化の対応してくれるとは限らないところです。

 

そのため事前に無料相談から始めれる退職代行業者に有給消化の対応できるか聞いてみれば詳細が分かります。

 

有給消化については『退職代行を利用しても有給消化はできる?【重要なのは○○!】』の別記事を参考にどうぞ。

 

退職代行の有給に関するよくある疑問3点

退職代行の有給に関するよくある疑問3点

 

よくある疑問は以下のとおり。

 

退職代行の有給に関するよくある疑問3点

  1. 有給なしでも即日退職できる?
  2. 有給ないため欠勤・無断欠勤しても法には触れない?
  3. 新卒入社したばかりで有給ないが退職代行は利用できる?

 

上から順番に解説していきます。

 

退職代行の有給に関するよくある疑問①:有給なしでも即日退職できる?

 

退職代行は有給なしでも即日退職できます。

 

正式な退職日は後日になりますが、即日から『有給・欠勤』扱いをして退職日まで休むので、今後は会社には行かなくていいです。

 

正式な退職日までは幽霊サラリーマンみたいな感じですね。
ひかる

 

続きは下記の別記事を読んでくださいね。

 

>>退職代行は即日退職することが可能?【即日退職できる業者も紹介】

 

退職代行の有給に関するよくある疑問②:有給ないため欠勤・無断欠勤しても法には触れない?

 

退職日を迎えるまで欠勤や無断欠勤しても法に触れることはありません。

 

というのも下記のとおり違約金や損害賠償は求めれないからです。

 

労働契約の不履行について違約金を定めたり、損害賠償額を予定する契約をしてはいけません。

引用元:賠償予定の禁止(第16条)

 

退職代行を利用したところでお金を請求されることはありません。
ひかる

 

欠勤の詳細は『退職代行を利用すると欠勤扱いになる?【無断欠勤との違いも解説】』の別記事を参考にどうぞ。

 

退職代行の有給に関するよくある疑問③:新卒入社したばかりで有給ないが退職代行は利用できる?

 

新卒入社してから、しばらくは契約社員状態になるため有給取得はできません。

 

ですが新卒であっても退職代行は利用できるので安心してください。

 

新卒の場合だと2週間ずっと『欠勤』扱いにすればOKなので何も問題ありません。

 

新卒こそ退職代行を利用した方が良い理由

 

誰しも新卒入社したときに『仕事辞めようかな?』と思ったことありますよね。

 

新卒や辞めたいと思う理由  

上司や同僚と人間関係がまったく上手くいかない  

イメージしてた会社と雰囲気が180度違う  

ブラック企業で辛い  

 

結論、新卒の人が上記のような理由で悩むのなら、この先、仕事続かないので早めに辞めた方がいいです。

 

というのも仕事辞めたいマインドでは続けらないし、後から辞めても転職先が絞られてくるので厳しくなるだけだから。

 

とはいえ新卒で仕事辞めたいけど『上司に怒られそう...』や『辞めるの早すぎて辞めにくい...』なら、退職代行を利用してサッと辞めた方がいいです。

 

余計な引き止めや引き継ぎがあり時間無駄にするのは痛いので、転職活動の視野を広げるためにも早めの行動で勝機が見えてきますからね。

 

入社したばかりで仕事辞めたいと考えてる人は下記の別記事を参考にどうぞ。

 

 

【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点

【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点

 

退職代行に依頼したい人は下記の項目を確認しましょう。

 

退職代行業者を依頼するときに見るポイント8点

  1. 無料相談
  2. 即日退職
  3. 有給消化
  4. 成功率の高さ
  5. 全額返金保証付き
  6. 無料転職サポート付き
  7. 弁護士が在籍しているか
  8. 労働組合が運営しているか

 

何となくで退職代行に依頼するのもOKですが、依頼先が悪質な退職代行業者だったときには、すでに手遅れの場合があるので注意が必要です。

 

優良な退職代行業者に依頼するためにも、上記のポイント8点を意識しつつ自分に合っている退職代行業者を探してみてくださいね。

 

特に確認しておくべきポイントは、『無料相談』ができる退職代行業者かどうかですよ。
ひかる

 

退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点の別記事を下記に用意したので参考にどうぞ。

 

 

【最重要】どこの退職代行業者にしようか迷ってるなら○○!

【最重要】どこの退職代行業者にしようか迷ってるなら○○!画像

 

退職代行に依頼したいけど『結局、どこの退職代行業者がいいの?』と思っていませんか?

 

結論、どこにしようか迷ってるなら『退職代行SARABA』を選べば間違いありません。

 

退職代行SARABAの詳細

  • 24時間365日いつでも無料相談ができる

  • 退職できなかった場合、全額返金保証

  • 労働組合なので会社と交渉が可能

  • 職歴関係なしで即日退職OK

  • 無料転職サポート付き

 

上記のとおり退職代行SARABAを利用するのなら申し分ないサポートの厚さで、あなたをフォローしてくれます。

 

退職後のことも考え『無料転職サポート』というアフターフォローも付いてるのが、退職代行界でNo.1である実績の秘訣ですね。
ひかる

 

さらに今、退職代行SARABAに依頼すると期間限定で2大特典が手に入るので、後から損しないために『LINEで無料相談』だけでも済ませておけば後悔しません。

 

もちろん退職代行SARABAに依頼するかは自由なので、最終的にあなたが後悔しない選択をお願いします。

 

>>【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順の記事を読む

 

 

まとめ:退職代行は有給なくても利用できる

まとめ:退職代行は有給なくても利用できる画像

 

今回は『退職代行は有給ないけど利用できる?【軽いデメリット3点も紹介】』を解説しました。

 

結論、有給の有無に関わらず、いつでも退職代行を利用できます。

 

有給がなくても退職代行を利用できる理由は、退職代行業者が『退職日まで欠勤扱い』で処理してくれるので会社に行かなくていいから。

 

要は有給ない場合は給料が出ない普通の欠勤として処理してくれるので、すぐにでも退職代行を利用できます。

 

有給が残っていたとしても、すべての退職代行業者が有給消化の対応はしてくれないところが注意点です。

 

そこで有給消化の対応をして実績が高い『退職代行SARABA』に依頼しておけば間違いありません。
ひかる

 

最後に下記の別記事には失敗しない退職代行業者を紹介してるので合わせて読んでみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行の疑問
-