退職代行は『うつ病』になる前に利用すべき?【重症化する前に行動】アイキャッチ

退職代行の疑問

退職代行は『うつ病』になる前に利用すべき?【重症化する前に行動】

 

・退職代行は『うつ病』になる前に利用すべきかな?

・うつ病になってから退職代行を利用するのは遅いかどうか分からない...

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 『うつ病』になってしまう事例3点
  • 【注意点】『うつ病』になるまで頑張ることは大切ですが...
  • 退職代行は『うつ病』の味方3点

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は『退職代行は「うつ病」になる前に利用すべきか』を解説します。

 

先に結論から言うと、退職代行は『うつ病』になる前に利用した方がいいです。

 

なぜなら、うつ病になる前に退職代行を利用しないと精神が重症化したときには、仕事をする気力がなくなってしまい後から取り返しがつかなくなるから。

 

本記事の後半では、うつ病になる前に依頼したら間違いない退職代行業者を紹介してるので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、うつ病が重症化したときには手遅れであることを知り、早めに退職代行を利用した方が未来は明るいことが分かりますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】退職代行は『うつ病』が重症化する前に行動しよう

【結論】退職代行は『うつ病』が重症化する前に行動しよう画像

 

冒頭でも伝えたとおり、退職代行は『うつ病』になる前に利用した方がいいです。

 

なぜなら退職代行を利用しないと『うつ病』が重症化したときには、仕事をできないような身体・精神になってるので取り返しがつかなくなるから。

 

なお、うつ病になれば体調不良になり生活にも支障が出てきます。

 

世間的には、うつ病を甘く見がちですが、誰でもなりうることなので他人事のように振舞うことはやめましょう。

 

もちろん『うつ病』に現在の時点でなっていた場合も迷いなく退職代行を利用した方が自分のためですね。

 

退職代行を利用する人は『うつ病』になって、どうしようもなくなった人が使いがちですよ。
ひかる

 

人気記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

 

『うつ病』になってしまう事例3点

『うつ病』になってしまう事例3点画像

 

『うつ病』になってしまう事例は以下のとおり。

 

うつ病になってしまう事例3点

  1.  上司からのパワハラ
  2.  人間関係の陰湿な嫌がらせ
  3.  ブラック企業すぎて疲労が溜まる

 

上から順番に解説していきます。

 

『うつ病』になってしまう事例①:上司からのパワハラ

 

上司からのパワハラがキツいと『うつ病』になります。

 

理由は上司からのパワハラを受けるとストレスが溜まり、『もう、やってられない...』と自暴自棄になってしまうから。

 

世の中では上司のパワハラで悩んでる人が多く、それが原因で退職する人も少なくはありません。

 

私からの意見としては、上司からパワハラを受けていたらストレスが溜まり、うつ病にも繋がって良いことは一つもないので退職代行でサッとパワハラ上司から去った方がいいですよ。

 

上司の気晴らしのためにパワハラを受けていても、自分にはメリットがなく成長にも繋がりませんからね。

 

続きのパワハラに関する詳細は『退職代行はパワハラを受けてる人こそ利用すべき?【すぐに辞めよう】』の別記事を参考にどうぞ。

 

『うつ病』になってしまう事例②:人間関係の陰湿な嫌がらせ

 

うつ病になってしまう事例として『人間関係の陰湿な嫌がらせ』があります。

 

人間関係の陰湿な嫌がらせ詳細3点     

  • 同僚や上司から陰口を言われる  

  • 上司から仕事を与えてくれない  

  • 自分だけ存在を消されてるような扱いを受ける

 

人間関係の陰湿な嫌がらせは無視されたりして直接的な攻撃はありませんが、誰も構ってくれないので働いていたら段々と惨めになって、職場の空気に耐えられなくなり仕事を辞めたくなります。

 

私も過去に働いていた職場で嫌がらせを受けていましたが、気がおかしくなるくらい辛かったですからね。
ひかる

 

人間関係の陰湿な嫌がらせを受けていて上司に退職の意思を伝えると、さらに人間関係が気まずくなって退職日まで気持ちが持たないので退職代行でサッと辞めた方がいいですよ。

 

従業員は嫌がらせの対象人が退職すると分かると、追い打ちをかけてくるように人間関係の嫌がらせを加速させていきます。

 

なので人間関係の余計なストレスを抱えるくらいなら、退職代行を利用しサッと身を引いて転職活動を始めた方が自分のためになりますよ。

 

続きを知りたい方は下記の別記事を参考にしてください。

 

>>退職代行の利用で嫌がらせはある?【軽い嫌がらせなので支障なし】

 

『うつ病』になってしまう事例③:ブラック企業すぎて疲労が溜まる

 

ブラック企業すぎて疲労が溜まり体調不良を起こします。

 

というのもブラック企業は長時間労働&低賃金が基本なので、疲労が溜まりモチベーションも上がりにくく仕事が辛くなるから。

 

特に労働時間が長いというのはストレスが溜まって『うつ病』になってしまう理由の大半を占めています。

 

長時間労働&低賃金は会社の責任なので、そんな理由で『うつ病』になり働けなくなったら仕事をするのが馬鹿らしいです。

 

ブラック企業で働いても自分にメリットはなく、会社側に搾取されてるだけであることを理解しましょう。
ひかる

 

 

【注意点】『うつ病』になるまで頑張ることは大切ですが...

【注意点】『うつ病』になるまで頑張ることは大切ですが...画像

 

前提として仕事を頑張ることは大切です。

 

とはいえ仕事を頑張りすぎるがゆえ『うつ病』になってしまっては、今までの努力が水の泡になってしまいます。

 

私自身も過去の仕事で頑張りすぎるがゆえ、身体・精神が限界突破して働けなくなった従業員を何人も見てきて心苦しかったです。

 

日本の社会では仕事から逃げてはいけないことが美学と思われがちですが、実際は仕事を限界まで頑張ることは、ただの綺麗事ですからね。

 

働いている職場に対してすべてを注いでいるのなら頑張りすぎて倒れても本望ですが、ぶっちゃけ言うと、生活のために仕方なしに働いてる人がほとんどです。

 

なので働いている職場以外にも仕事はたくさんあるので、今の仕事に不満があるのなら、他の職場に転職するという手段も頭に入れておきましょう。

 

うつ病になるまで頑張ることは大切ですが、適度に抜かないと自分がダメになりますよ。
ひかる

 

もし『うつ病』になって仕事が限界であるなら、罪悪感や非常識という気持ちは押し殺して退職代行を利用も検討してみましょう。

 

 

退職代行は『うつ病』の味方3点

退職代行は『うつ病』の味方3点画像

 

退職代行は『うつ病』になった人の味方の詳細は以下のとおり。

 

退職代行は『うつ病』の味方3点

  1. 即日退職できる
  2. 引き継ぎをする必要がない
  3. 転職には影響しないから安心できる

 

上から順番に解説していきます。

 

退職代行は『うつ病』の味方①:即日退職できる

 

退職代行を利用すれば即日退職できます。

 

うつ病で『仕事に行けない...』や『上司と会いたくない...』といった悩みを、 退職代行を利用して即日退職をすれば解消されるので、退職代行はうつ病の味方です。

 

一方で退職代行ではなく、自分で上司に退職を伝えて辞める方法だと退職日までに数ヶ月かかることもあり、その間に『うつ病』が悪化する恐れがあります。

 

うつ病は簡単に治るものではなく仕事してたら逆効果でしかないので、退職代行の即日退職を利用して、すぐに休息を取るようにしましょう。

 

即日退職の詳細は『退職代行は即日退職することができる?【即日退職できる業者も紹介】』の別記事を参考にどうぞ。

 

退職代行は『うつ病』の味方②:引き継ぎをする必要がない

 

退職代行を利用すれば、仕事の引き継ぎをする必要はありません。

 

うつ病とは関連性がないように思えますが、自分で上司に退職の意思を伝えてから退職日まで引き継ぎをすると、仕事を継続的に行わないといけないので『うつ病』が悪化する原因を作ってしまうから。

 

引き継ぎのために『うつ病』を庇いながら仕事するのは正直辛いですよね。

 

繰り返しになりますが、うつ病を完治させるには休息を取ることが先決なので、仕事をすればするほど悪化すると思っておいてください。

 

なにせ引き継ぎを行わないということは、余計な時間を失わなくていいメリットもあります。
ひかる

 

退職代行を利用すれば引き継ぎをせずに辞めれて、すぐに休息に専念でき、うつ病の味方ですよ。

 

>>退職代行は引き継ぎなしで退職することはできる?【対処法3点解説】

 

退職代行は『うつ病』の味方③:転職には影響しないから安心できる

 

『うつ病だから退職代行を利用して辞めたいけど、転職に影響しそう...』といった理由で退職代行を利用できない人は多いです。

 

結論、退職代行を利用しても転職には影響しないので安心してください。

 

退職代行業者も良心的なサービスが多く、あなたの転職が不利になるようなやり方はしないので安心して利用できます。

 

退職代行は転職に影響しないという別記事を下記に用意したので、気になる方はどうぞ。

 

 

【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点

【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点画像

 

退職代行に依頼したい人は下記の項目を確認しましょう。

 

退職代行業者を依頼するときに見るポイント8点

  1. 無料相談
  2. 即日退職
  3. 有給消化
  4. 成功率の高さ
  5. 全額返金保証付き
  6. 無料転職サポート付き
  7. 弁護士が在籍しているか
  8. 労働組合が運営しているか

 

何となくで退職代行に依頼するのもOKですが、依頼先が悪質な退職代行業者だったときには、すでに手遅れの場合があるので注意が必要です。

 

優良な退職代行業者に依頼するためにも、上記のポイント8点を意識しつつ自分に合っている退職代行業者を探してみてくださいね。

 

特に確認しておくべきポイントは、『無料相談』ができる退職代行業者かどうかですよ。
ひかる

 

退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点の別記事を下記に用意したので参考にどうぞ。

 

 

【最重要】どこの退職代行業者にしようか迷ってるなら○○!

【最重要】どこの退職代行業者にしようか迷ってるなら○○!画像

 

退職代行に依頼したいけど『結局、どこの退職代行業者がいいの?』と思っていませんか?

 

結論、どこにしようか迷ってるなら『退職代行SARABA』を選べば間違いありません。

 

退職代行SARABAの詳細

  • 24時間365日いつでも無料相談ができる

  • 退職できなかった場合、全額返金保証

  • 労働組合なので会社と交渉が可能

  • 職歴関係なしで即日退職OK

  • 無料転職サポート付き

 

上記のとおり退職代行SARABAを利用するのなら申し分ないサポートの厚さで、あなたをフォローしてくれます。

 

退職後のことも考え『無料転職サポート』というアフターフォローも付いてるのが、退職代行界でNo.1である実績の秘訣ですね。
ひかる

 

さらに今、退職代行SARABAに依頼すると期間限定で2大特典が手に入るので、後から損しないために『LINEで無料相談』だけでも済ませておけば後悔しません。

 

もちろん退職代行SARABAに依頼するかは自由なので、最終的にあなたが後悔しない選択をお願いします。

 

>>【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順の記事を読む

 

 

まとめ:退職代行は『うつ病』が重症化する前に利用しよう

まとめ:退職代行は『うつ病』が重症化する前に利用しよう画像

 

今回は『退職代行は『うつ病』になる前に利用すべき?【重症化する前に行動】』を解説しました。

 

結論、退職代行は『うつ病』になる前に利用した方がいいです。

 

なぜなら、うつ病になる前に退職代行を利用しないと精神が重症化したときには、仕事をする気力がなくなってしまい後から取り返しがつかなくなるから。

 

もちろん『うつ病』に現在の時点でなっていた場合も迷いなく退職代行を利用した方が自分のためですね。

 

『退職代行SARABA』に依頼したら、うつ病の人でも丁寧な対応をしてくれますよ。
ひかる

 

最後に下記の別記事には失敗しない退職代行業者を紹介してるので合わせて読んでみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行の疑問
-