退職代行

【最新版】退職代行を利用する人の職業別まとめ8選

 

・退職代行を利用する人の職業別を知って参考にしたい!

・自分の職業に当てはまってるか確認して、退職代行を利用しようか検討したいよ...

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

・退職代行を利用する人の職業別まとめ8選

 

この記事の信頼性

・20代男性の元社畜の低収入サラリーマン

・ブラック企業で働きストレスで退職を2回経験済み

・人間関係の劣悪さと毎日15時間労働の過労で、うつ病を発症

 

今回は『退職代行を利用する人の職業別まとめ8選』を解説します。

 

退職代行を利用する人の職業別を下記にまとめました。

退職代行を利用する人の職業別まとめ8選

※気になるポイントをクリックすると詳細箇所まで飛べます。

 

上記を確認して自分が働いてる職業と一致しましたか?参考にして退職代行を利用するか検討してくださいね。

 

なかでも退職代行SARABAを利用して辞める職業が多いです。
ひかる

 

この記事を読めば、退職代行を利用する人の職業が分かるので、自分と同じ悩みを持っていると共感を持てますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

退職代行を利用する人の職業別まとめ①:看護師

 

看護師は数ある職業のなかでもTOPクラスに退職する人が多いです。

 

看護師を辞める原因は以下のとおり。

 

  • 肉体労働になりがち
  • 時間帯問わずの長時間労働
  • 人手不足により仕事量が増える

 

上記の仕事でストレスが溜まってしまい、会社を辞める人が多いです。

 

実際問題、看護師が不足していることもあり、上司から『人手不足だから...』と辞めることを引き留められることもあります。

 

よって仕事を辞めたいのに辞められないことが理由で、退職代行を利用せざるを得ない状況になりがちです。

 

私の意見としても、仕事を辞めたいのに辞めさせてくれないは100%会社が悪いので、罪悪感に感じる必要はありません。

 

誰にでも退職する権利はありますからね。
ひかる

 

退職代行の看護師に関する詳細は『退職代行は看護師でも利用できるか?【利用した人の声も紹介】』の別記事をどうぞ。

 

退職代行を利用する人の職業別まとめ②:公務員

 

退職代行を利用する公務員は多いです。

 

というのも公務員は年功序列になっているため、どれだけ頑張ったところで給料が上がる見込みもないため単調になりがちだから。

 

よって公務員に仕事のやりがいを感じないため辞めてしまう人が多いです。

 

他には、どの仕事でも同じですが人間関係が合わないといった悩みがありますね。

 

そういった悩みから『もうこの人たちと会いたくない...』と強く感じてしまい退職代行を利用したい人が増えています。

 

一般企業とは違って公務員が退職代行を利用するのは少し手間がかかることが注意点です。詳細は以下の別記事を参考にどうぞ。

 

>>退職代行は公務員でも利用できる?

 

退職代行を利用する人の職業別まとめ③:自衛隊

 

自衛隊でも退職代行を利用できます。

 

ただし自衛隊は公務員であり、普通の一般企業と比べて規律が違うので、退職代行を利用して辞めにくいのが現実です。

 

よって自衛隊(公務員)は退職代行を依頼する業者を見極めないと退職失敗してしまいます。

 

自衛隊で働いている人は『弁護士が在籍している退職代行業者』に依頼しておけば問題ありませんよ。
ひかる

 

自衛隊に関する詳細を知りたい方は、下記の別記事を参考にどうぞ。

 

 

退職代行を利用する人の職業別まとめ④:保育士

 

保育士は仕事が過酷な割に、給料が低いので辞める人が多いです。

 

また保育士は女性が多い職場であり、人間関係で問題が発生しやすく陰湿なのも辞める原因の1つになっていますね。

 

人間関係が嫌になると『もう上司(同僚)会いたくもない...』と感じるようになり、退職代行を利用する人が増えます。

 

子供が好きであっても、上司(同僚)と上手くいかなければ続きませんからね。
ひかる

 

保育士に関する詳細は『退職代行を利用する保育士が多い原因3点を解説【仕事が過酷すぎる】』の別記事を参考にどうぞ。

 

退職代行を利用する人の職業別まとめ⑤:介護職

 

退職代行は介護職でも利用できます。

 

介護職は深刻な人手不足に陥ってるのが現実で、辞めようとしても人手不足が原因で引き留められることが多いです。

 

とはいえ自分の身体が限界であるなら辞めないと心身が持ちませんよね。

 

どうしても辞めたい場合は、退職代行を利用することで引き留められることなく消耗する心配もないので気が楽でいいですよ。

 

前提として『人手不足で辞めないで欲しい』と言われても、人手不足は会社側の人事の責任であり、辞める人の責任ではありません。

 

人手不足な環境で働かせる会社が悪いので、そもそもですが罪悪感に感じる必要はないということです。

 

介護職の仕事をしている人は下記の別記事から続きをどうぞ。

 

>>退職代行は介護職でも利用できる?

 

退職代行を利用する人の職業別まとめ⑥:飲食店

 

飲食店は立ち仕事であり、動き回ることも多いため疲れやすいです。

 

なんといっても飲食店は連休を取れることがまずなく、疲れを取りにくい職業であるため仕事を辞める人も増えています。

 

お客さんともトラブルになりやすくストレスも溜まりますしね。
ひかる

 

飲食店に関する詳細を知りたい方は下記の別記事をどうぞ。

 

 

退職代行を利用する人の職業別まとめ⑦:美容師

 

退職代行を利用して美容師を辞めれるので安心してください。

 

美容師は深刻な人手不足に陥ってるのが現実で、辞めようとしても人手不足が原因で引き留められることが多いです。

 

それに美容師は仕事の拘束時間が長く立ち仕事なこともあり、疲労が溜まりやすいので辞める人が多いのが現実。

 

あまり無理をすると、うつ病になるリスクも高まるため退職代行を使わざるを得ない状況になってしまいます。

 

ブラックな環境で働かす上司が悪いので、退職代行を利用することに対して罪悪感を感じる必要もなく、無理せずに積極的に退職代行を利用していきましょう。

 

美容師に関する詳細を知りたい方は『退職代行は美容師でも利用できる?【退職代行を使う人は多い】』の別記事を参考にどうぞ。

 

退職代行を利用する人の職業別まとめ⑧:工場

 

工場勤務の人でも問題なく退職代行を利用できます。

 

工場勤務は立ち仕事で肉体労働のパターンが多く、身体的負担が影響して工場を辞める人が多いのが現実です。

 

私自身も過去に工場勤務をしていましたが、人の入れ替えが激しく、真面な環境ではありませんでした。

 

体を壊しては働けなくなるので、無理せずに退職代行を利用しましょう。
ひかる

 

工場の詳細を知りたい人は下記の別記事を参考にどうぞ。

 

>>退職代行は工場勤務でも利用できるか?

 

まとめ:退職代行を利用する人の職業別まとめ8選

 

今回は『【最新版】退職代行を利用する人の職業別まとめ8選』を解説しました。

 

退職代行を利用する人の職業別を下記にまとめました。

退職代行を利用する人の職業別まとめ8選

※気になるポイントをクリックすると詳細箇所まで飛べます。

 

上記を確認して自分が働いてる職業と一致しましたか?参考にして退職代行を利用するか検討してくださいね。

 

なかでも退職代行SARABAを利用して辞める職業が多いです。
ひかる

 

最後に下記の別記事には失敗しない退職代行業者を紹介してるので合わせて読んでみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行
-

© 2021 退職代行GO Powered by AFFINGER5