退職代行

退職代行は社宅や寮に住んでいても使える?【パターン別に4点紹介】

 

・退職代行は社宅や寮に住んでいても利用できる?

・退職代行で社宅や寮から引き払うプランがあるの?

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

・社宅や寮に住んでる人をパターン別に4点紹介

・退職代行を利用してから社宅や寮に住みずらい人は○○!

・退職代行業者を選ぶなら○○!

 

この記事の信頼性

・20代男性の元社畜の低収入サラリーマン

・ブラック企業で働きストレスで退職を2回経験済み

・人間関係の劣悪さと毎日15時間労働の過労で、うつ病を発症

 

今回は『退職代行は社宅や寮に住んでいても利用できる?』を紹介します。

 

社宅や寮に住んでる場合は退職代行を利用できないのかな?と疑問に思う人が多いです。

 

そこで、この記事では社宅や寮に住んでる人をパターン別に紹介していきます。
ひかる

 

この記事を読めば、社宅や寮に住んでも退職代行が利用できるorできないが分かり、その後に安心して退職代行を利用できます。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】退職代行は社宅や寮に住んでいても利用できます

 

先に結論を言うと、退職代行は社宅や寮に住んでいても利用できます。

 

当たり前のことですが、社宅や寮は会社の所有物でもあるので、退職するなら退去は必ずしないといけません。

 

ただし社宅や寮を引き払うようなプランはついてないので、自分で引っ越し業者に依頼するなどして対応しましょう。

 

この詳細につきましては次の見出しから解説してます。
ひかる

 

結論だけ知れれば、それでOKな人は『【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】』の別記事を参考にしてください。

 

退職代行を利用したい人で社宅や寮に住んでる人をパターン別に4点紹介

 

社宅や寮に住んでる人をパターン別に下記にまとめました。

 

社宅や寮に住んでる人をパターン別に4点紹介

  1. 即日退職したいけど有休がない
  2. 即日退職でなくてもいいが有休がない
  3. 即日退職したいし有休がある
  4. 即日退職でなくてもいいが有休がある

 

上から順番に解説していきます。

 

社宅や寮に住んでる人のパターン①:即日退職したいけど有休がない

 

すぐにでも退職代行を利用して辞めたい人のパターンです。

 

ただし有休休暇がないので、退去日までの期間が短く、次の住居が決まってないなら心配ですよね。

 

なので退職代行を利用するのを、次の住居が決まるまで我慢する必要があります。

 

それか退職代行業者に『次の住居が決まっていない』と無料相談だけでもしてみましょう。

 

そうすれば退職代行業者が『次の住居が決まってないから、退去日を遅らせてほしい』と会社に連絡してくれますよ。
ひかる

 

社宅や寮に住んでる人のパターン②:即日退職でなくてもいいが有休がない

 

『まだまだ働ける余力が残ってる』人は次の行動を決めておく必要があります。

 

具体的には以下のとおり。

 

  • 次の転職先を決めておく(想像しておく)
  • すぐに退去してもいいように、次の住居を決めておく
  • 今後の計画を練る

 

以上のことを考えておきましょう。

 

特に住む場所の問題は必須項目です。

 

新しくマンションに住みなおすにしても、1か月ほどかかる場合があるので、事前に次に住む場所を決めておきましょう。

 

社宅や寮に住んでる人のパターン③:即日退職したいし有休がある

 

即日退職するにしても有休があるなら、かなり楽です。

 

理由は有休を利用して次の住む場所を決める時間が空くから。

 

有休を利用して退去日を伸ばせるので時間を有効的に利用しよう。
ひかる

 

社宅や寮に住んでる人のパターン④:即日退職でなくてもいいが有休がある

 

即日退職でなくてもいいから有休があるなら、かなり楽です。

 

この場合は優先的に次の住居を探しましょう。

 

時間に焦らずに住居を探せるので、自分のタイミングでいつでも退職代行を利用することができます。

 

退職代行を利用した時点で住居を決まってることが多いので気楽に進めますね。
ひかる

 

とはいえ、『退職代行は本当に有休を使えるの?』と疑問を抱く人も多いですよね。

 

そんな人は下記に関連記事を用意したので、気になる方はそちらをどうぞ。

 

関連記事>>準備中

 

退職代行を利用するときに必ず社宅や寮に住んでることを伝えよう

 

退職代行を利用するときに退職代行業者に『社宅や寮に住んでる』ことを伝えよう。

 

理由は『社宅や寮に住んでる』を伝えることで退職代行業者からアドバイスをもらえるから

 

ただし社宅や寮を引き払うようなプランはついてないので、自分で引っ越し業者に依頼するなどして対応しましょう。

 

どんなに細かいことでもいいので、事前に聞いておけば、やり取りがスムーズですよ。
ひかる

 

退去日は事前に聞こう

 

退去日は事前に聞いておかないと、『明日に退去しなければいけないの?』となりかねません。

 

もちろん自分で会社に聞くのではなく、退職代行業者が仲介してくれるので、『退去日』も知りたいと言えば安心です。

 

もし『すぐ出てけ』と言われたら...

 

退職代行を利用することで会社側が逆上することもあるでしょう。

 

そうなれば『すぐに出てけ』と無茶を吹っかけてくる可能性もあります。

 

しかし、その要望に応じる必要は一切ないので安心してください。

 

理由は真っ当な会社なら社宅規定に退職期間が2週間以内までという猶予期間があるからです。

 

退職代行を利用する前に事前に自分でもチェックしてみましょう。
ひかる

 

なので『退職日』と『退去日』の2つを知ることが大切です。

 

退職代行を利用してから社宅や寮に住みずらい人は○○?

 

とはいえ退職代行を利用したのに社宅や寮に住んでると以下のように考えます。

 

  • 社宅や寮に従業員が同じように住んでいたら気まずい
  • 退去するときに従業員にバッタリ会うのが嫌
  • 社宅や寮は会社の所有物でもあるので家に来るかも

 

といって退職日までの猶予期間があったとしても気まずいですよね。

 

結論、退職代行を利用前に退去を済ませておけば気まずくなりません。

 

退職代行を利用する前に『引っ越ししたい』と会社に伝えれば、ほとんどの場合は了承してくれます。

 

引っ越しを済ませてから、すぐに退職代行を利用すれば気まずい思いはなくせます。

 

どちらにしろ社宅や寮から引っ越ししなければいけないので、退職代行を利用する前に済ませておけば安心です。

 

退職代行業者は選ぶなら○○!

 

社宅や寮に住んでいても退職代行は利用できるので安心してください。

 

ただ、どの退職代行業者が良いのか分からなければ、行動に移せませんよね。

 

結論、もし退職代行業者の選択で迷ってるなら『退職代行SARABA』を利用すれば安心です。

 

退職代行SARABAを簡単にまとめると以下のとおり。

 

  • 労働組合が運営してるので弁護士法違反の心配なし
  • 職歴関係なしで即日退社できる
  • 退職出来なかったら全額返金保証
  • 退職後に無料転職サポートあり
  • 今なら期間限定で無料特典が受け取れる

 

などサポートが厚いのが特徴です。

 

さらに24時間365日いつでも無料相談OKなので気軽に問い合わせてみましょう。

 

退職代行業者の選択は重要

 

退職代行業者の選択をミスってしまうと後悔します。

 

それは『実績低い』業者に依頼してしまうこと。

 

実績が低いと『退職できず失敗』の可能性が出てきて、余計に話がややこしくなる怒れがあるからです。

 

それを回避するために実績高く、利用者が圧倒的にが多い『退職代行SARABA』に依頼すれば問題なし。

 

『退職代行SARABA』を利用すればスムーズに退職できるので、社宅や寮に住んでいても安心です。

 

退職代行SARABAの詳細をもっと知りたい方は下記の別記事を参考にしてください。

 

人気記事退職代行SARABAのメリット・デメリットを徹底解説!【一番の特徴は無料相談】

人気記事退職代行SARABAの口コミ・評判を利用者が紹介!【デメリットはある?】

 

まとめ:退職代行を利用するのには社宅や寮は関係なし

 

今回は『退職代行は社宅や寮に住んでいても使える?【パターン別に4点紹介】』を解説しました。

 

結論、退職代行は社宅や寮に住んでいても利用できます。

 

ただし社宅や寮を引き払うのを手伝うプランはついてないので、自分で引っ越し業者に依頼するなどして対応しましょう。

 

あくまで退職代行なので引っ越しの手伝いはしてくれません
ひかる

 

退職代行を利用するなら事前に下記ことを聞けば安心です。

 

  • 社宅や寮に住んでることを伝える
  • 退去日と退職日の確認してもらう

 

以上のことを退職代行業者に伝えればスムーズに進行しますよ。

 

最後に退職代行を利用したいけど、どこの業者が優良がわかりませんよね。

 

そこで失敗しない退職代行業者を下記に別記事として用意したので、気になる方は読んでみてください。
ひかる

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行
-

© 2021 退職代行GO