退職代行

退職代行は即日退職することが可能?【即日退職できる業者も紹介】

 

・退職代行は即日退職することが可能?

・即日退職できる退職代行業者でどこだろう?

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

・退職代行の即日退職について解説3点

・退職代行の即日退職について注意したいこと3点

・関連:退職代行で即日退職したいけど有給がない人は...

 

この記事の信頼性

・20代男性の元社畜の低収入サラリーマン

・ブラック企業で働きストレスで退職を2回経験済み

・人間関係の劣悪さと毎日15時間労働の過労で、うつ病を発症

 

今回は『退職代行は即日退職することは可能か』を解説します。

 

先に結論を言うと、退職代行を利用すれば即日退職することは可能です。

 

ただし業者選びをミスってしまうと、即日退職はおろか退職すら失敗してしまうので注意が必要です。

 

本記事の後半では、即日退職できる&実績が高い業者を紹介していますから、最後まで読んでくださいね。
ひかる

 

この記事を読めば、退職代行は即日退職できることが分かり、業者選びも失敗しないので安心して利用できますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】退職代行は即日退職することが可能です

 

冒頭でも伝えたとおり、退職代行は即日退職することが可能。

 

よく『会社辞めたいけど、来週ぐらいに退職することになるから、それまで我慢か...』と思う人は多いですよね。

 

実際は夜中に業者に連絡すれば、その当日の朝には退職できてるくらい対応が早いのが特徴です。

 

ただし入金を済ませてから実行してくれるので、早く辞めたい人はクレジットカードで落とせば問題なし。

 

クレジットカードだと手数料を省けますよ。
ひかる

 

即日退職できる業者は限られる

 

退職代行は即日退職が可能と言っても、業者によっては悪質なところも多いので注意が必要。

 

なかには即日退職できると言いながら、結果的に即日退職どころか退職失敗する業者も多いです。

 

とはいえ、あなたが退職代行を利用したことないなら、どこの業者が優良か判断はできませんよね。

 

そこで、あなたに向けて失敗しない退職代行業者を紹介している別記事を下記に用意しました。

 

下記の別記事を読めば、即日退職できる業者が分かり、業者選びも失敗しないので安心して利用できますよ。

 

人気記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

 

退職代行の即日退職について解説3点

 

退職代行の即日退職について解説は以下のとおり。

 

退職代行の即日退職について解説3点

  1. 2週間前に退職の意思を伝えれば即日退職できる
  2. 会社側は有給消化を拒めない
  3. 即日対応とは意味が違う

 

上から順番に解説していきます。

 

退職代行の即日退職について解説①:2週間前に退職の意思を伝えれば即日退職できる

 

正社員は民法627条に基づき、退職の意思を示してから2週間後に退職可能です。

 

仮に就業規則に『1か月前に退職の意思を示してから退職する』と記載していても、民法の方が拘束力が強いため、退職の意思を示してから2週間後に退職できます。

 

就業規則はあくまで社内のルールであり、法律ではないので会社のことは無視でOK
ひかる

 

よって退職代行業者が民法のやり方に沿って対応してくれるので、即日退社が可能になっています。

 

よくある疑問

 

『即日退社できると言ってるのに、民法の2週間後に退職すると意味が違っていない?』と疑問が浮かびますよね。

 

これには理由があって、たしかに退職の意思を示してから2週間後に退職ですが、事実上は2週間分の有給を使うので会社には行かなくていいということ。

 

簡単に言えば、会社に2週間だけ籍を置いてるだけの幽霊サラリーマンみたいな感じです。
ひかる

 

もちろん退職の意思を示してから2週間後に正式な退職をして完了。

 

自分がやることは退職代行業者に連絡して入金すれば、業者が2週間後の退職日までの手続きをすべてしてくれるので楽でいいですよ。

 

なお細かい点は業者によって若干変わるかもしれないので、業者のスタッフと無料相談だけでもしてみよう。

 

人気記事退職代行SARABAのメリット・デメリットを徹底解説!【一番の特徴は無料相談】

 

退職代行の即日退職について解説②:会社側は有給消化を断れない

 

退職代行で即日退職することは可能であり、それに伴って有給消化を使って辞めるのが基本です。

 

ただし退職代行を利用すれば、会社側が『有給消化を認めない』と言ってくる可能性があります。

 

有給に関しては労働者に与えられる権利なので、『有給消化を認めない』と言ってくる会社の方が悪いので気にせずに使えばいいです。

 

そもそも有給がない人もいるので、そんな人に関しては後述しています。
ひかる

 

一方で有給に関する例外があって、会社には時期変更権があります。

 

時季変更権とは、有給を利用することで事業に大きな損失を与えるときに、会社側が有給消化者に別の日を取得するように命じること。

 

しかし時季変更権を適用できるケースは非常に珍しいので、ほとんどの場合は普通に有給消化できます。

 

関連記事

有給消化準備中

 

退職代行の即日退職について解説③:即日対応とは意味が違う

 

退職代行業者の中には『即日対応』と『即日退社』の2つのパターンで書かれてる場合が多いです。

 

両者を簡単に説明すると以下のとおり。

 

  • 即日対応→依頼を受けたら、その日に対応する
  • 即日退社→即日に会社に行かなくていいように手配してくれる

 

というように即日対応は、あくまで利用者と対応するだけなので即日退社できません。

 

『即日対応』も即日で退社できると勘違いしてる人が多いので、改めて理解しておいてください。

 

退職代行の即日退職について注意したいこと3点

 

退職代行の即日退社について注意したいことは以下のとおり。

 

退職代行の即日退社について注意したいこと3点

  1. 会社の備品は郵送で返却
  2. 会社と揉める可能性がある
  3. 社宅や寮に住んでる人は退職日までに退去する

 

上から順番に解説していきます。

 

退職代行の即日退職について注意したいこと①:会社の貸与品は郵送で返却

 

突発的に退職代行を利用して即日退社したいと考える人も多いです。

 

とはいえ会社の備品はどうしたらいいと悩む人も多いですよね。

 

結論、退職代行を利用後に貸与品を郵送で返却したらOKです。

 

社員証、保険証や服などを速やかに返却すれば会社側に何も言われません。
ひかる

 

関連記事

荷物準備中

 

退職代行の即日退職について注意したいこと②:会社と揉める可能性がある

 

退職代行で即日退職すれば会社と揉める可能性があります。

 

会社と揉める内容は、ほとんどは『会社からの抗議や交渉』がほとんどです。

 

『戻ってきてくれない?』と優しく言うパターンもあれば、『迷惑すぎる』と抗議してくるパターンもあります。

 

揉めることを回避するため、業者が会社に『本人と関わらないでください』と釘を刺してくれるので、ほとんど会社から連絡はこないみたいです。

 

詳細をもっと知りたい方は下記の別記事を参考にどうぞ。

 

 

退職代行の即日退職について注意したいこと③:社宅や寮に住んでる人は退職日までに退去する

 

もし、あなたが社宅や寮に住んでるのなら退職日までに退去しましょう。

 

あたりまえですが住まいが会社管理であるのなら、会社を辞めることで利用できなくなります。

 

社宅や寮に関する別記事を下記に用意したので気になる方はどうぞ。

 

 

関連:退職代行で即日退職したいけど有給が残っていない人は...

 

『退職代行を利用して即日退職したいけど有給が残っていないから辞めれない...』という人も多いですよね。

 

結論、退職代行は有給の有無に関係なく利用できます。

 

もちろん有給があるに越したことはないので、有給が残っているのなら2週間分を使って退職しましょう。

 

では有給が残っていないのに、なぜ退職代行を利用して辞めれるかを簡単に解説すると以下のとおり。

 

有給が残っていないなら、一身上の都合による理由で2週間ぶんを欠勤扱いにすれば退職できるから。

 

ただし欠勤扱いにするやり方はデメリットもあるので注意が必要。

 

もし有給が残っていない人は下記の別記事を用意したので参考にどうぞ。

 

 

退職代行を選ぶなら○○で安心!

 

退職代行を利用すれば即日退職することは可能。

 

ただし業者選びをミスってしまうと、即日退職はおろか退職すら失敗してしまうので注意が必要です。

 

初めて退職代行を利用する人は、優良な業者が分からなければ行動に移せませんよね。

 

結論、もし退職代行業者の選択で迷ってるなら『退職代行SARABA』を利用すれば安心です。

 

『退職代行SARABA』を簡単にまとめると以下のとおり。

 

  • 労働組合が運営してるので弁護士法違反の心配なし
  • 職歴関係なしで即日退職できる
  • 退職出来なかったら全額返金保証
  • 退職後に無料転職サポートあり
  • 今なら期間限定で無料特典2点が受け取れる

 

などサポートが厚いのが特徴です。

 

さらに24時間365日いつでも無料相談OKなので気軽に問い合わせてみましょう。

 

退職代行業者の選択は重要

 

退職代行を利用して失敗する可能性があるとしたら『実績が低い』ところに依頼してしまうことです。

 

というのも退職代行の実績が低いと『退職失敗』の可能性が出てきて、余計に話がややこしくなり会社側とトラブルになる恐れがあるから。

 

『安いから』や『何でもいい』と安易に考えて、退職代行業者に依頼すると後悔します。
ひかる

 

そんな退職失敗を回避するために実績高く、利用者が圧倒的に多い『退職代行SARABA』に依頼すれば問題なし。

 

『退職代行SARABA』を利用すれば、退職成功率ほぼ100%なのでリスクを抱えず安全に退職できますよ。

 

退職代行SARABAの詳細をもっと知りたい方は下記の別記事を参考にしてください。

 

人気記事退職代行SARABAのメリット・デメリットを徹底解説!【一番の特徴は無料相談】

人気記事退職代行SARABAの口コミ・評判を利用者が紹介!【デメリットはある?】

 

まとめ:退職代行は即日退職することは可能

 

今回は『退職代行は即日退職することが可能?【即日退職できる業者も紹介】』を解説しました。

 

結論、退職代行は即日退職することは可能です。

 

ただし業者選びをミスってしまうと、即日退職はおろか退職すら失敗してしまうので注意が必要です。

 

そこで即日退職できて実績十分の『退職代行SARABA』を利用すれば安心。

 

『退職代行SARABA』は業界No.1の利用者数を誇っています。
ひかる

 

最後に『失敗しない退職代行業者』を下記に別記事として用意したので、気になる方は読んでみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行
-

© 2021 退職代行GO