退職代行は試用期間でも利用できる?【入社したばかりでも安心】アイキャッチ

退職代行の疑問

退職代行は試用期間でも利用できる?【入社したばかりでも安心】

 

・退職代行は試用期間でも利用できるかな?

・試用期間中だから仕事を辞めにくくて困ってる...

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 試用期間中だけど入社したばかりで辞めにくい悩み4点
  • 試用期間中に退職代行を利用して辞める前に考えるべきこと
  • 退職代行は試用期間中に利用するのが便利【入社したばかりでも安心】

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は『退職代行は試用期間でも利用できるか』を解説します。

 

先に結論を言うと、退職代行は試用期間でも利用できます。

 

試用期間中に自分で上司に退職の意思を伝えて辞めると『早すぎる』と怒られたりするので、それを回避するためにも退職代行を利用して辞めれば人間関係で消耗しなく楽でいいですよ。

 

本記事の後半では、試用期間中でも仕事を辞めれる退職代行業者を紹介してるので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、試用期間に退職代行を利用することで、『仕事を辞めにくい...』などの悩みを解消することができますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】退職代行は試用期間でも利用できます

【結論】退職代行は試用期間でも利用できます画像

 

冒頭でも伝えたとおり、退職代行は試用期間でも利用できます。

 

よく『退職代行は有給の有無で決まるから、試用期間の人は有給が無く対象外になる...』と思ってる人がいますが、それは間違いなので理解しておきましょう。

 

労働者であるなら、労働した期間に関わらず誰でも退職代行は利用できるので安心です。

 

試用期間中に退職代行を利用する人は多い

 

試用期間中に退職代行を利用する人は多いです。

 

なぜなら試用期間中に上司に退職の意思を伝えると『なぜ入社した?』など怒られたりすることから、人間性を問われるので退職日までの期間が気まずくなるから。

 

短期間で辞めると給料泥棒みたいな扱いを受けてしまう原因もあります。

 

結果的に自分で上司に退職の意思を伝えることができなくなり、病む負えなく退職代行に依頼する人が多いのが現実です。

 

実際に退職代行に依頼して辞めた方が人間関係に消耗しなくて済むので、試用期間の人に大人気であり、かなり使い勝手がいいサービスですよ。

 

自分で上司に退職を伝えて気まずくなるより、退職代行でサクッと辞めた方が時間も空いて、すぐに転職活動に取り掛かれます。
ひかる

 

人気記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

 

試用期間中だけど入社したばかりで辞めにくい悩み4点

試用期間中だけど入社したばかりで辞めにくい悩み4点画像

 

試用期間中だけど入社したばかりで辞めにくい悩みは以下のとおり。

 

試用期間中だけど入社したばかりで辞めにくい悩み4点

  1. 職場の雰囲気が違う
  2. パワハラをされる
  3. 就労条件が全然違う
  4. 職場に迷惑がかかる

 

上から順番に解説していきます。

 

試用期間中だけど入社したばかりで辞めにくい悩み①:職場の雰囲気が違う

 

入社したばかりだけど職場の雰囲気が思っていたのと違うことはよくあることです。

 

かといって職場の雰囲気が悪いけど試用期間中で入社したばかりもあり、辞めにくい悩みも抱えてる人は多いですよね。

 

あなたが職場の雰囲気が悪いと思っても、他の上司は『入社したばかりだから分からない』と言いますが、ぶっちゃけそれは嘘です。

 

『入社したばかりだから分からない』と上司が言う理由は、『この職場は雰囲気が悪いよ』と正直に言ってしまうと、試用期間中の人が真に受けて辞めてしまうから。

 

表向きでは『この職場良いよ!』と綺麗ごとを言いますが、本音では『試用期間に辞められたら面倒』というのが真実です。

 

したがって『この職場良いよ!』という悪魔のささやきに惑わされず、職場の雰囲気が悪いのを察知したのなら試用期間で完璧に正社員になる前に早めに退職を考えましょう。

 

一度正社員になってしまうと辞めようにも辞めにくくなるので、試用期間の雇用形態が正確に決める前に辞めた方が職場も自分も助かります。

 

正社員になってからだと今後の方針もあり会社側が混乱するので、できるなら試用期間中に退職代行の利用しましょう。
ひかる

 

試用期間中だけど入社したばかりで辞めにくい悩み②:パワハラをされる

 

入社したばかりで、いきなりパワハラを受けてると辞めたくなる悩みがありますよね。

 

そんなときに上司は『教育だから!』と言い逃れしようとしますが、そういう上司は働いた年数関係なしに攻撃してきます。

 

試用期間中で仕事を何も分からない状態なのに、弱い人にパワハラを平然と行い、新人に寄り添えることができない上司は最低です。

 

パワハラを受け続けてると段々とエスカレートしていくだけなので、退職代行を利用するか、どちらにしろ試用期間の辞めやすいうちにサッと去りましょう。

 

正社員登用されるとパワハラがひどくなるので、身体・精神が耐えられなくなる前に行動を考えましょう。
ひかる

 

パワハラに関する詳細は『退職代行はパワハラを受けてる人こそ利用すべき?【すぐに辞めよう】』の別記事を参考にしてください。

 

試用期間中だけど入社したばかりで辞めにくい悩み③:就労条件が全然違う

 

入社前に確認していた就労条件が、試用期間として入社したときと全然違うことはよくあることです。

 

就労条件が全然違った事例3点     

  • 残業代を支払ってもらえるはずなのに支払われない  

  • 週休2日制なのに週休1日になっている  

  • 仕事内容が全然違う

 

就労条件が違うことで自分が思い描いていた仕事と不一致なこともあり、モチベーションが低下して辞めたくなります。

 

かといって試用期間で入社したばかりなのに、仕事を辞めたいなんて上司に言えないですよね。

 

結論、入社前に確認していた就労条件と違うことは悪質であり、自分の思い描いていた仕事ができないのであれば思い切って辞めた方が良いです。

 

理由は就労条件が違ったということは、ブラック企業を隠すために、わざと求人票に良いように見せるために書き換える危ない職場だから。

 

試用期間中に辞めてしまうとブラック企業の人材は『甘えるな』と精神論を言い、余計に辞めにくくなるだけなので退職代行を利用してでも辞めましょう。

 

退職代行を利用することで、ブラック企業ならではの理不尽な要求を無視でき、人間関係のストレスを抱えなくて楽で良いですよ。

 

>>退職代行の利用者はブラック企業勤めの人が多い理由3点を徹底解説

 

試用期間中だけど入社したばかりで辞めにくい悩み④:職場に迷惑がかかる

 

試用期間中に退職したら『職場に迷惑かかるんじゃないか』と悩むので辞めにくいですよね。

 

結論を言うと、何年か経って辞めるよりも、試用期間のうちに辞める方が迷惑はかかりません。

 

なぜなら試用期間中は安い賃金で雇えたり、本格的な仕事もやらされないので特に経営の損失は少ないから。

 

経営的な損失は少ないですが、人間的な面では『非常識だね!』や『なぜ入社した?』と思われ迷惑をかけることになります。

 

しかし人間性を疑われたとしても、その職場を辞めてしまえば、今後関わらなくなるのでノーダメージです。

 

仮に数年経って辞めたとしたら今度は『今まで教育してきたのに恩がない』と言われて、結局いつ辞めるにしても迷惑はかかるので理解しておきましょう。

 

仕事を辞めることで職場の空気が悪くなり気まずさに耐えれない方は、退職代行を利用して辞め周りの迷惑かかるなんてのは無視しよう。

 

 

試用期間中に退職代行を利用して辞める前に考えるべきこと

試用期間中に退職代行を利用して辞める前に考えるべきこと画像

 

試用期間中に退職代行を利用して辞めるにしても、辞める前に考えることがあります。たとえば以下のとおりです。

 

退職代行を利用する前に考えるべきこと     

  • やりたい仕事がやれない→将来的にやりたい仕事ができそうかを確認  

  • 仕事が上手くできない→仕事が慣れればできそうかを確認  

  • 仕事が覚えられない→努力と継続でカバーできそうかを確認 

 

あくまで試用期間という名目なので、『あなたを本格的に今後雇っていけるか』を見ている期間でもあります。

 

多少は仕事ができなくとも、上記の3点の項目をチェックして改善できそうか確認しましょう。
ひかる

 

仕事を続けるべきか分からないときは...

 

試用期間中に仕事を続けていて『あ、この仕事は絶対できない...』と直感で判断できたのなら辞めるか考えるべきです。

 

早い段階で無理だから切り捨てることをできるかで、あなたの今後が変化するので、ときには辞める決断も必要。

 

もし『この仕事をしても将来が見えない...』のであれば、仕事を続ける意味も特にないので、退職代行を利用するなりして次の行動に繋げましょう。

 

では、なぜ退職代行を利用した方が良いかというと『数年続けないと分からないよ』と上司が引き止めをして、あなたの行動を邪魔してくるから。

 

上司は『入社してすぐに辞められたら面倒...』というのが本音であり、建前は『数年続けないと分からないよ』と長く仕事を続けるように仕向けてるだけです。

 

つまり試用期間中の人の人生を考えるわけではなく、自分たちが損をしたくないため『数年続けないと分からないよ』と悪魔のささやきをしてるだけ。

 

退職代行に依頼したいと考えてるのなら、無料相談から始めれる退職代行業者で、仕事の悩みや退職代行の疑問を相談してみましょう。

 

>>退職代行を利用したいけど無料相談できる業者はどこ?【3社紹介】

 

退職代行は試用期間中に利用するのが便利【入社したばかりでも安心】

退職代行は試用期間中に利用するのが便利【入社したばかりでも安心】画像

 

退職代行は試用期間中に利用するのが便利です。

 

なぜなら自分で上司に退職の意思を伝えると『なぜ入社した?』と怒られるので、退職代行を利用した方が人間関係が関係なく辞めれるので消耗せずに済むから。

 

試用期間中に上司に退職の意思を伝えることは、相当なメンタルの強さが必要です。

 

かといって退職を言い出せずに『無理にでも続けてみるか...』とはなりにくいですよね。

 

そんな状況を回避するには、退職代行を利用して辞めるしかありません。

 

退職代行を利用すれば、自分で上司に退職の意思を伝えなくていいので、人間関係に疲れずに辞めれて試用期間中で入社したばかりの人でも安心です。

 

実際に試用期間の間に退職を言い出しづらいことが理由で、沢山の人が退職代行を利用していますよ。
ひかる

 

人気記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

 

【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点

【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点画像

 

退職代行に依頼したい人は下記の項目を確認しましょう。

 

退職代行業者を依頼するときに見るポイント8点

  1. 無料相談
  2. 即日退職
  3. 有給消化
  4. 成功率の高さ
  5. 全額返金保証付き
  6. 無料転職サポート付き
  7. 弁護士が在籍しているか
  8. 労働組合が運営しているか

 

何となくで退職代行に依頼するのもOKですが、依頼先が悪質な退職代行業者だったときには、すでに手遅れの場合があるので注意が必要です。

 

優良な退職代行業者に依頼するためにも、上記のポイント8点を意識しつつ自分に合っている退職代行業者を探してみてくださいね。

 

特に確認しておくべきポイントは、『無料相談』ができる退職代行業者かどうかですよ。
ひかる

 

退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点の別記事を下記に用意したので参考にどうぞ。

 

 

【最重要】どこの退職代行業者にしようか迷ってるなら○○!

【最重要】どこの退職代行業者にしようか迷ってるなら○○!画像

 

退職代行に依頼したいけど『結局、どこの退職代行業者がいいの?』と思っていませんか?

 

結論、どこにしようか迷ってるなら『退職代行SARABA』を選べば間違いありません。

 

退職代行SARABAの詳細

  • 24時間365日いつでも無料相談ができる

  • 退職できなかった場合、全額返金保証

  • 労働組合なので会社と交渉が可能

  • 職歴関係なしで即日退職OK

  • 無料転職サポート付き

 

上記のとおり退職代行SARABAを利用するのなら申し分ないサポートの厚さで、あなたをフォローしてくれます。

 

退職後のことも考え『無料転職サポート』というアフターフォローも付いてるのが、退職代行界でNo.1である実績の秘訣ですね。
ひかる

 

さらに今、退職代行SARABAに依頼すると期間限定で2大特典が手に入るので、後から損しないために『LINEで無料相談』だけでも済ませておけば後悔しません。

 

もちろん退職代行SARABAに依頼するかは自由なので、最終的にあなたが後悔しない選択をお願いします。

 

>>【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順の記事を読む

 

 

まとめ:退職代行は試用期間中だからこそ利用しよう

まとめ:退職代行は試用期間中だからこそ利用しよう画像

 

今回は『退職代行は試用期間でも利用できる?【入社したばかりでも安心】』を解説しました。

 

結論、退職代行は試用期間でも利用できます。

 

試用期間中に自分で上司に退職の意思を伝えて辞めると『早すぎる』と怒られたりするので、それを回避するためにも退職代行を利用して辞めれば人間関係で消耗しなく楽でいいですよ。

 

自分で上司に退職を伝えて気まずくなるより、退職代行でサクッと辞めた方が時間も空いて、すぐに転職活動に取り掛かれます。

 

労働者であるなら、労働した期間に関わらず誰でも退職代行は利用できるので安心です。
ひかる

 

最後に下記の別記事には失敗しない退職代行業者を紹介してるので合わせて読んでみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行の疑問
-