退職代行

退職代行は試用期間でも利用できる?【入社したばかりでも安心】

 

・退職代行は試用期間でも利用できるかな?

・試用期間中だから辞めにくくて困ってる...

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

・試用期間中だけど入社したばかりで辞めにくい悩み4点

・試用期間中に退職代行を利用して辞める前に考えるべきこと

・退職代行は試用期間中に利用するのが便利【入社したばかりでも安心】

 

この記事の信頼性

・20代男性の元社畜の低収入サラリーマン

・ブラック企業で働きストレスで退職を2回経験済み

・人間関係の劣悪さと毎日15時間労働の過労で、うつ病を発症

 

今回は『退職代行は試用期間でも利用できるか』を解説します。

 

先に結論を言うと、退職代行は試用期間でも利用できます。

 

試用期間中に自分で上司に伝えて辞めると『早すぎる』と怒られたりするので、それを回避するためにも退職代行を利用して辞めれば人間関係の干渉がないので楽でいいですよ。

 

本記事では試用期間ならではの悩み4点を解説していきます。
ひかる

 

この記事を読めば、試用期間に退職代行を利用すれば、人間関係で消耗しなくていいですよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】退職代行は試用期間でも利用できます

 

冒頭でも伝えたとおり、退職代行は試用期間でも利用できます。

 

よく『退職代行は有給の有無で決まるから、試用期間の人は対象外になる』思ってる人がいますが、それは間違いなので理解しておきましょう。

 

労働者であるなら、労働した期間に関わらず誰でも退職代行は利用できるので安心です。

 

試用期間中に退職代行を利用する人は多い

 

試用期間中に退職代行を利用する人は多いです。

 

なぜなら試用期間中に上司に退職の意思を伝えると『なぜ入社した?』など言われることで、人間性を問われて退職日までの期間が気まずいから。

 

短期間で辞めると給料泥棒みたいな扱いを受けてしまいますからね。
ひかる

 

結果的に自分で退職の意思を伝えることができなくなり、病む負えなく退職代行に依頼する人が多いです。

 

現に退職代行に依頼した方が人間関係に消耗しなくて済むので、実はかなり使い勝手がいいサービスですよ。

 

人気記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

 

試用期間中だけど入社したばかりで辞めにくい悩み4点

 

試用期間中だけど入社したばかりもあり、辞めたいけど辞めにくいですよね。

 

もし辞めるとなると他の従業員から下記のように思われます。

 

  • 『辞めるの早いね』と失笑される
  • 上司から『なぜ入社した?』と怒られる
  • 他の従業員から非常識な人と思われ気まずい

 

結果、上記のことを考えれば自分で上司に退職の意思を伝えることは難しいです。

 

そんな試用期間ならではの退職したい悩みを下記にまとめました。

 

試用期間中だけど入社したばかりで辞めにくい悩み4点

  1. 職場の雰囲気が違う
  2. パワハラがひどい
  3. 就労条件が全然違う
  4. 会社に迷惑がかかる

 

上から順番に解説していきます。

 

悩み①:職場の雰囲気が違う

 

入社したけど職場の雰囲気が思っていたのと違うことはよくあることです。

 

あなたが職場の雰囲気が悪いと思っても、他の上司は『入社したばかりだから分からない』と言いますが、ぶっちゃけそれは嘘です。

 

『入社したばかりだから分からない』と上司が言う理由は、『この職場は雰囲気が悪いよ』と正直に言ってしまうと、新入社員が真に受けて辞めてしまうから。

 

本音と建前は全然違いますからね。
ひかる

 

結果的に、もし職場の雰囲気が悪いと感じたなら、あなたの直感が正解です。

 

仮に上司に『職場の雰囲気が悪いから辞めたい』と言っても、決まり文句の『入社したばかりだから分からないだろ』と言われて相手にしてもらえません。

 

そこで退職代行を利用すれば、上司と関わらず辞めれるので余計なことで悩まずに済みますね。

 

悩み②:パワハラがひどい

 

入社したばかりで、いきなりパワハラを受けてると辞めたくなる悩みがありますよね。

 

そのときに上司は『教育だから』と言い逃れしようとしますが、そういう上司は年数関係なしに攻撃してきます。

 

試用期間で何も分からない状態なのに、パワハラを平然と行い、新人に寄り添えることができない上司は最低です。

 

そんな上司に退職の意思を伝えたところで『弱いな』と馬鹿にされるだけですからね。

 

パワハラを受け続けてると段々とエスカレートしていくだけなので、退職代行を利用するか、どちらにしろ試用期間のうちにサッと辞めましょう。

 

 

悩み③:就労条件が全然違う

 

試用期間中に入社前に確認していた就労条件が全然違うことはよくあることです。

 

たとえば以下のとおり。

 

  • 残業代を支払ってもらえるのに支払わない
  • 週休2日制なのに週休1日になっている
  • 仕事内容が全然違う

 

なんてことは、どこの会社でもあるあるです。

 

結果的に自分が思い描いていた仕事と不一致なこともあり、モチベーションが低下して辞めたくなります。

 

かといって試用期間で入社したばかりなのに辞めたいなんて言えないですよね。
ひかる

 

結論、入社前に確認していた就労条件と違うことは悪質であり、自分の思い描いていた仕事ができないのであれば辞めた方が良いですね。

 

それに就労条件が違っていたということは、何か包み隠したいことがあるに違いないのでブラック企業の可能性がありますよ。

 

短期間で辞めてしまうとブラック企業の人材は『甘えるな』と精神論を言ってくるので、余計に辞めにくくなるだけなので退職代行を利用してでも辞めましょう。

 

 

悩み④:会社に迷惑がかかる

 

試用期間に辞めることで『会社に迷惑かかるんじゃないか』と悩む人は多いです。

 

結論を言うと、何年か経って辞めるよりも、試用期間のうちに辞める方が迷惑はかかりません。

 

なぜなら試用期間中は安い賃金で雇えたり、本格的な仕事もやらされないので特に経営の損失は少ないから。

 

ただし経営的な損失は少ないですが、人間的な面では『非常識だね』や『なぜ入社した?』と迷惑をかけます。

 

とはいえ人間性を疑われたとしても辞めてしまえば、今後関わらなくなるのでノーダメージです。

 

仮に数年経って辞めたとしたら今度は『今まで教育してきたのに恩がない』と言われて、結局は、いつ辞めるにしても迷惑はかかるので理解しておきましょう。

 

強いて言うなら試用期間の方が、経営の損失が少ないので迷惑は最小限に留めれますよ。
ひかる

 

 

試用期間中に退職代行を利用して辞める前に考えるべきこと

 

試用期間中に退職代行を利用して辞めるにしても、辞める前に考えることがあります。

 

たとえば以下のとおりです。

 

  • やりたい仕事がやれない→将来的にやりたい仕事ができそうかを確認
  • 仕事が上手くできない→慣れればできそうかを確認
  • 仕事が覚えられない→努力と継続でカバーできそうかを確認

 

あくまで試用期間という名目なので、『あなたを本格的に雇っていけるか』を見ている期間でもあります。

 

試用期間中に『仕事ができない』や『やりたい仕事ができない』は当たり前のことです。
ひかる

 

ただし試用期間中に仕事を続けていて『あ、この仕事は絶対できない』というのは直感で判断できます。

 

そこで早めに無理だから切り捨てることをできるかで、あなたの今後が変化するので、そういう勇気も必要です。

 

もし『この仕事をしても将来が見えない』のであれば、居続ける意味も特にないので退職代行を利用するなりして次の行動に繋げましょう。

 

退職代行を利用した方が良い理由は、『数年続けないと分からない』と上司が引き留めをして、あなたの行動を遮ってくるから。

 

上司の引き留めも、あなたのことを理解してるわけでもなく『数年続けてたら慣れるだろ』と低い温度感で適当に言ってるだけなので、気に留める必要はありません。

 

最終的に退職代行を利用して、試用期間に辞めるかは、あなたの判断で決めましょう。

 

退職代行は試用期間中に利用するのが便利【入社したばかりでも安心】

 

退職代行は試用期間中に利用するのが便利です。

 

なぜなら自分で上司に退職の意思を伝えると『なぜ入社した?』と詰められるので、退職代行を利用した方が人間性を問われることなく辞めれるので消耗せずに済むから。

 

試用期間中に上司に退職の意思を伝えることは、相当なメンタルの強さが必要です。

 

かといって退職せずに『無理にでも続けてみる』ことが大切と言われればそうではありません。

 

そんな状況を回避するには、退職代行を利用して辞めれば余計なことで悩まなくて済みます。

 

退職代行を利用すれば、自分で上司に退職の意思を伝えなくていいので、気落ちせずに辞めれて入社したばかりの『新卒』や『新入社員』でも安心ですよ。

 

実際に試用期間中に退職を言い出しづらいことが理由で、沢山の人が退職代行を利用しています。
ひかる

 

 

退職代行を選ぶなら○○で安心!

 

退職代行は試用期間でも利用することができ、入社したばかりの人に大人気です。

 

ただ、その前に優良な退職代行業者が分からなければ、行動に移せませんよね。

 

結論、もし退職代行業者の選択で迷ってるなら『退職代行SARABA』を利用すれば安心です。

 

『退職代行SARABA』を簡単にまとめると以下のとおり。

 

  • 労働組合が運営してるので弁護士法違反の心配なし
  • 職歴関係なしで即日退職できる
  • 退職出来なかったら全額返金保証
  • 退職後に無料転職サポートあり
  • 今なら期間限定で無料特典2点が受け取れる

 

などサポートが厚いのが特徴です。

 

さらに24時間365日いつでも無料相談OKなので気軽に問い合わせてみましょう。

 

退職代行業者の選択は重要

 

退職代行を利用して失敗する可能性があるとしたら『実績が低い』ところに依頼してしまうことです。

 

というのも退職代行の実績が低いと『退職失敗』の可能性が出てきて、余計に話がややこしくなり会社側とトラブルになる恐れがあるから。

 

『安いから』や『何でもいい』と安易に考えて、退職代行業者に依頼すると後悔します。
ひかる

 

そんな退職失敗を回避するために実績高く、利用者が圧倒的に多い『退職代行SARABA』に依頼すれば問題なし。

 

『退職代行SARABA』を利用すれば、退職成功率ほぼ100%なのでリスクを抱えず安全に退職できますよ。

 

退職代行SARABAの詳細をもっと知りたい方は下記の別記事を参考にしてください。

 

人気記事退職代行SARABAのメリット・デメリットを徹底解説!【一番の特徴は無料相談】

人気記事退職代行SARABAの口コミ・評判を利用者が紹介!【デメリットはある?】

 

まとめ:退職代行は試用期間中だからこそ利用しよう

 

今回は『退職代行は試用期間でも利用できる?【入社したばかりでも安心】』を解説しました。

 

結論、退職代行は試用期間中だからこそ利用しよう。

 

なぜなら自分で上司に退職の意思を伝えると『なぜ入社した?』と詰められるので、退職代行を利用した方が人間性を問われることなく辞めれるので消耗せずに済むから。

 

退職代行は退職する1つの手段なので、入社したばかりの人も退職代行を利用して辞めることを頭に入れておこう。
ひかる

 

最後に下記の別記事には失敗しない退職代行業者を紹介してるので合わせて読んでみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行
-

© 2021 退職代行GO