退職代行の労働組合を徹底解説【団体交渉権があると有利】アイキャッチ

退職代行の疑問

退職代行の労働組合を徹底解説【団体交渉権があると有利】

 

・退職代行の労働組合ってなんだろう?

・労働組合が運営している退職代行ではなく一般の退職代行業者じゃダメなのかな?

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 退職代行の労働組合を徹底解説【団体交渉権があると有利】
  • 労働組合の中で最も実績がある退職代行SARABAに依頼しておけば安心
  • 退職代行の労働組合で起きるデメリット・メリット

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は『退職代行の労働組合とはなにか』を解説します。

 

よく『退職代行はどこに依頼しても大丈夫!』なんて適当に考える人が多いですが、そんな考えでは後から後悔します。

 

というのも労働組合が運営している退職代行を利用するかどうかで、その後に退職失敗するかどうかの命運が変わるからです。

 

本記事の後半では、実績が最も高い労働組合が運営している退職代行業者を紹介してるので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、労働組合が運営している退職代行業者に依頼すれば退職失敗を回避することが分かりますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

退職代行の労働組合を徹底解説【団体交渉権があると有利】

退職代行の労働組合を徹底解説【団体交渉権があると有利】画像

 

労働組合が運営している退職代行業者の大きなポイントは『団体交渉権』があるかどうかです。

 

仮に労働組合に入っていない退職代行業者の場合であると以下のことは対応できません。

 

  • 退職日の調整
  • 有給消化の交渉
  • 未払いの給料や残業代などの金銭の請求

 

というのも労働組合に入っていない退職代行業者は退職の使者でしかなく、交渉ができないからです。

 

メモ

簡単に説明すると、労働組合に入っていない退職代行業者は退職の意思を伝えてくれるだけであって、会社側が『認めない』と言われたら何もできないということ。

 

その結果、退職失敗に終わって話がややこしくなるだけになります。

 

しかし労働組合が運営している退職代行業者は団体交渉権があるので、会社側が門前払いができなくなるので退職失敗しません。

 

交渉ができるだけで退職代行の成功率が何10倍も上がるので、迷ってるなら労働組合が運営している退職代行業者に依頼しよう。
ひかる

 

>>退職代行SARABAは労働組合が運営してる?【デメリットもある】

 

労働組合の中で最も実績がある退職代行SARABAに依頼しておけば安心

労働組合の中で最も実績がある退職代行SARABAに依頼しておけば安心画像

 

退職代行に依頼したいけど『結局、どこの退職代行業者がいいの?』と思っていませんか?

 

結論、どこにしようか迷ってるなら『退職代行SARABA』を選べば間違いありません。

 

退職代行SARABAの詳細

  • 24時間365日いつでも無料相談ができる

  • 退職できなかった場合、全額返金保証

  • 労働組合なので会社と交渉が可能

  • 職歴関係なしで即日退職OK

  • 無料転職サポート付き

 

上記のとおり退職代行SARABAを利用するのなら申し分ないサポートの厚さで、あなたをフォローしてくれます。

 

退職後のことも考え『無料転職サポート』というアフターフォローも付いてるのが、退職代行界でNo.1である実績の秘訣ですね。
ひかる

 

さらに今、退職代行SARABAに依頼すると期間限定で2大特典が手に入るので、後から損しないために『LINEで無料相談』だけでも済ませておけば後悔しません。

 

もちろん退職代行SARABAに依頼するかは自由なので、最終的にあなたが後悔しない選択をお願いします。

 

>>【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順の記事を読む

 

 

退職代行の労働組合で起きるデメリット

退職代行の労働組合で起きるデメリット画像

 

労働組合は団体交渉権がありますが、もちろんデメリットも存在します。

 

デメリットは、もし会社側から訴えられたときに弁護ができないところ。

 

当たり前ですが労働組合は弁護士ではないので、裁判の代理人ができません。

 

とはいえ、訴えられることはないので安心してください。

 

なぜなら裁判費用や時間のコストを考えたときに、会社側にデメリットしかないからです。

 

訴えられたときが怖いときの対策法

 

結論、訴えられるのが怖いなら弁護士が在籍している退職代行業者に相談すれば悩み解決です。

 

念には念を入れて対策することでリスクを最小限に抑えれますよ。

 

詳細を知りたい方は下記の別記事を参考にどうぞ。

 

 

退職代行の労働組合で起きるメリット

退職代行の労働組合で起きるメリット画像

 

労働組合のメリットは団体交渉権があることです。

 

その団体交渉権で何ができるかは以下のとおり。

 

  • 退職日の調整
  • 有給消化の交渉
  • 未払いの給料や残業代などの金銭の請求

 

上記の交渉は労働組合に入っていない一般の退職代行業者はできない行為なので、特に理由がなければ一般の退職代行業者には依頼するべきではないですね。

 

給料や残業代の請求ができると、本来は取り返せなかったお金を請求できるので、退職代行の料金が実質無料になりますよ。
ひかる

 

>>【労働組合VS一般の退職代行業者】どっちの業者に依頼するのが正解?

 

【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点

【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点画像

 

退職代行に依頼したい人は下記の項目を確認しましょう。

 

退職代行業者を依頼するときに見るポイント8点

  1. 無料相談
  2. 即日退職
  3. 有給消化
  4. 成功率の高さ
  5. 全額返金保証付き
  6. 無料転職サポート付き
  7. 弁護士が在籍しているか
  8. 労働組合が運営しているか

 

何となくで退職代行に依頼するのもOKですが、依頼先が悪質な退職代行業者だったときには、すでに手遅れの場合があるので注意が必要です。

 

優良な退職代行業者に依頼するためにも、上記のポイント8点を意識しつつ自分に合っている退職代行業者を探してみてくださいね。

 

特に確認しておくべきポイントは、『無料相談』ができる退職代行業者かどうかですよ。
ひかる

 

退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点の別記事を下記に用意したので参考にどうぞ。

 

 

まとめ:労働組合が運営している退職代行SARABAに依頼しておけば安心

まとめ:労働組合が運営している退職代行SARABAに依頼しておけば安心画像

 

今回は『退職代行の労働組合を徹底解説【団体交渉権があると有利】』を解説しました。

 

労働組合を知ってるか知らないかで、退職できるかどうかが全然変わるので、退職代行を利用したい人は頭に入れておこう。

 

なお労働組合が運営している退職代行業者だと、団体交渉権があるため『未払いの給料』や『有給消化の交渉』がありメリットしかありませんよ。

 

『退職代行SARABA』なら無料相談から始めれるので気になる方はどうぞ。
ひかる

 

最後に下記の別記事には失敗しない退職代行業者を紹介してるので合わせて読んでみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行の疑問
-