退職代行

退職代行を利用したら荷物はどうするべき?【郵送で大丈夫!?】

 

・退職代行を利用したら荷物はどうするべきかな?

・自宅に会社の荷物があるけど、どうやって返せばいいか分からない...

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

・退職代行を利用したときに荷物で悩むパターン3点

・【注意点】退職代行を利用する際に荷物は絶対に返そう【トラブル回避】

・細かいやり取りは業者によって違うので無料相談で聞いてみよう

 

この記事の信頼性

・20代男性の元社畜の低収入サラリーマン

・ブラック企業で働きストレスで退職を2回経験済み

・人間関係の劣悪さと毎日15時間労働の過労で、うつ病を発症

 

今回は『退職代行を利用したら荷物はどうするべきか』を解説します。

 

先に結論を言うと、退職代行を利用するなら荷物は郵送でやり取りすることになります。

 

なので実際に会社に行って荷物を返却しなくてもいいので、無駄なコミュニケーションを取らなくていいです。

 

基本は郵送でOKですが、詳細は自分が依頼する業者に無料相談できるので問い合わせてみましょう。
ひかる

 

この記事を読めば、荷物のやり取りは郵送でいいことが分かり、会社と無駄に関わらなくていいのでストレスを減らせますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】退職代行を利用の際に荷物は郵送で大丈夫

 

冒頭でも伝えたとおり、退職代行を利用するなら荷物は郵送でやりとりすることになります。

 

よって会社に行って荷物を返却しなくてもいいので、無駄なコミュニケーションを取らなくていいですね。

 

ただし自分が依頼する退職代行業者によっては、郵送じゃない場合も少なからずあるので注意が必要です。

 

とはいえ、ほとんどが郵送で済ませるので気にしなくても大丈夫。
ひかる

 

どうしても気になる方は、利用前に無料相談できる退職代行業者も存在するのでチェックしてみましょう。

 

人気記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

 

退職代行を利用したときに荷物で悩むパターン3点

 

退職代行を利用したときに荷物で悩むパターンは以下のとおり。

 

退職代行を利用したときに荷物で悩むパターン3点

  1. 会社の荷物(貸与物)が自宅にある場合
  2. 会社に自分の荷物を置いてる場合
  3.  寮や社宅に住んでる場合(おまけ)

 

上から順番に解説していきます。

 

パターン①:会社の荷物(貸与物)が自宅にある場合

 

会社の荷物(貸与物)が自宅にある場合は、退職代行を利用後に郵送で会社へ返却しましょう。

 

具体的な荷物(貸与物)は以下のとおり。

 

  • 健康保険証
  • 社員証や名刺
  • 制服(作業服)
  • 会社の書類やデータ

 

郵送の手続きがめんどくさいですが、そのぶん嫌な会社をすぐに辞めれると考えれば得すぎますよ。

 

 

健康保険証は忘れがちなので覚えておこう。
ひかる

 

パターン②:会社に自分の荷物が置いてる場合

 

退職代行を利用したいけど会社に自分の大切な荷物が置いている場合があります。

 

そういうときは業者に頼んで、会社にその荷物を送り返してくれないか交渉しましょう。

 

また会社からも退職するにあたって下記の荷物(書類)などが届きます。

 

  • 退職証明書
  • 源泉微収票
  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳

 

などが送られてくるので、そのついでに他の荷物もお願いしてみよう。

 

とはいえ『荷物の送り返しては頼みにくい...』なら、退職代行を利用する前に自分の荷物は、あらかじめ持ち帰っておけば安心です。

 

もちろん強制ではなく余裕があればの話なので、あくまで退職することを優先しよう。
ひかる

 

パターン③:寮や社宅に住んでいる場合(おまけ)

 

おまけですが、寮や社宅に住んでいた場合は、当たり前ですが会社の所有物なので出ていかないといけません。

 

しかし『寮や社宅に住んでる場合は退職代行は利用できる?』と疑問がありますよね。

 

自分の生活品の荷物を回収するのにも、退寮の手続きが必要ですからね。
ひかる

 

結論を言うと、寮や社宅に住んでいても退職代行を利用できます。

 

理由や詳細を知りたい方は下記の別記事を参考にどうぞ。

 

 

【注意点】退職代行を利用する際に荷物は絶対に返そう【トラブル回避】

 

退職代行を利用するときに『こんな会社2度と関わらない...』と感情的になる人が多いです。

 

その結果、荷物を返却しないという対応を取ってしまいます。

 

結論、退職代行を利用するなら絶対に荷物は返却しましょう。

 

なぜなら、あくまで会社の荷物(貸与品)であるので、返却しない選択肢をとると窃盗罪などのトラブルを招くことになるから。

 

もし、どういった荷物を返却したらいいか分からないなら、依頼した退職代行業者と相談してみたら解決します。

 

荷物は郵送でOKなので、どちらにしろ会社の人と直で会って関わることはないので安心してください。
ひかる

 

よくある質問:郵送は自腹で払わないといけないの?

 

よくある質問で郵送するとしたら自腹で払わないといけないの?と聞かれます。

 

結論、郵送は自腹で払わないといけません。

 

あくまで退職代行は荷物の返却の指示はしてくれますが、荷物(貸与品)をまとめたり、郵送の手続きはすべて自分です。

 

郵送の費用を出したくない...なら

 

少額ですが、手持ちのお金が少なく自腹で出したくない...と悩む人がいます。

 

そういう人は自分で会社に行って荷物を返却すれば費用はかからなくていいですよ。

 

とはいえ『退職代行で辞めたのに会社に行くのはちょっと...』というなら、有給消化したお金から捻出しましょう。

 

もし有給が残っているなら、有給を全消化すれば、ある程度まとまったお金は手に入ります。

 

有給は労働者の権利なので使わないという変なプライドは持つ必要はありません。
ひかる

 

有給に関することで気になるなら、下記の別記事を参考にどうぞ。

 

 

細かいやり取りは業者によって違うので無料相談で聞いてみよう

 

ほとんどの場合は荷物は郵送でやり取りしますが、細かいやり取りは必ず退職代行業者と相談しましょう。

 

なぜなら退職代行業者によっては荷物を返却するタイミングや指示が若干違うからです。

 

自分の判断で勝手に進めてしまうと、業者も混乱するので指示を受けてから行動しよう。
ひかる

 

何か不明な点があるなら、近年の退職代行業者は利用確定前に無料相談ができます。

 

無料相談は24時間365日いつでも対応可能であり、相談形態もLINEを取り入れてる業者が多くサクッと無料相談できますよ。

 

無料相談から始めれる退職代行業者を知りたい人は、下記の別記事を用意したので合わせて読んでみてくださいね。

 

 

退職代行を選ぶなら○○で安心!

 

ここまで読んでいたら分かるとおり、荷物は郵送でやり取りするので会社とは直接関わりません。

 

ただ、その前に荷物を郵送でやり取りする際に、きちんとした対応が取れる業者が分からなければ不安ですよね。

 

結論、もし退職代行業者の選択で迷ってるなら『退職代行SARABA』を利用すれば安心です。

 

『退職代行SARABA』を簡単にまとめると以下のとおり。

 

  • 労働組合が運営してるので弁護士法違反の心配なし
  • 職歴関係なしで即日退職できる
  • 退職出来なかったら全額返金保証
  • 退職後に無料転職サポートあり
  • 今なら期間限定で無料特典2点が受け取れる

 

などサポートが厚いのが特徴です。

 

さらに24時間365日いつでも無料相談OKなので気軽に問い合わせてみましょう。

 

退職代行業者の選択は重要

 

退職代行を利用して失敗する可能性があるとしたら『実績が低い』ところに依頼してしまうことです。

 

というのも退職代行の実績が低いと『退職失敗』の可能性が出てきて、余計に話がややこしくなり会社側とトラブルになる恐れがあるから。

 

『安いから』や『何でもいい』と安易に考えて、退職代行業者に依頼すると後悔します。
ひかる

 

そんな退職失敗を回避するために実績高く、利用者が圧倒的に多い『退職代行SARABA』に依頼すれば問題なし。

 

『退職代行SARABA』を利用すれば、退職成功率ほぼ100%なのでリスクを抱えず安全に退職できますよ。

 

退職代行SARABAの詳細をもっと知りたい方は下記の別記事を参考にしてください。

 

人気記事退職代行SARABAのメリット・デメリットを徹底解説!【一番の特徴は無料相談】

人気記事退職代行SARABAの口コミ・評判を利用者が紹介!【デメリットはある?】

 

まとめ:退職代行を利用の際の荷物は郵送でやり取りする

 

今回は『退職代行を利用したら荷物はどうするべき?【郵送で大丈夫!?】』を解説しました。

 

結論、退職代行を利用するなら荷物は郵送でやり取りします。

 

ただし細かい荷物のやり取りは業者によって、荷物を返却するタイミングや指示が異なるので、必ず業者の人と相談した上で行動するようにしましょう。

 

どうしても不明な点があるのなら、利用前に業者と無料相談できるので、そこで聞いたら完璧です。
ひかる

 

最後に下記の別記事には失敗しない退職代行業者を紹介してるので合わせて読んでみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行
-

© 2021 退職代行GO