退職代行

【これで完璧】退職代行を利用する人の雇用形態別まとめ

 

・退職代行を利用する人の雇用形態ってどうなっている?

・正社員以外にも退職代行って利用できるのかな?

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

・退職代行を利用する人の雇用形態別まとめ

 

この記事の信頼性

・20代男性の元社畜の低収入サラリーマン

・ブラック企業で働きストレスで退職を2回経験済み

・人間関係の劣悪さと毎日15時間労働の過労で、うつ病を発症

 

今回は『退職代行を利用する人の雇用形態別まとめ』を解説します。

 

退職代行を利用する人の雇用形態を下記にまとめました。

退職代行を利用する人の雇用形態別まとめ

※気になるポイントをクリックすると詳細箇所まで飛べます。

 

上記を確認して自分の雇用形態と一致しましたか?参考にしてみて退職代行を利用するか検討してくださいね。

 

なお本記事の後半では、雇用形態に関するよくある質問もまとめてるので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、退職代行を利用する人の雇用形態が分かるので、自分と同じ悩みを持っていると共感を持てますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

退職代行を利用する人の雇用形態別まとめ①:アルバイト

 

アルバイトを退職代行を利用して辞めたい理由は以下のとおり。

 

  •  短期間で辞めたいけど上司の反応が怖い
  •  長期間働いたせいで逆に辞めにくく困ってる
  •  アルバイト辞めるとなると人間関係が怖くて辞められない

 

特に人間関係で白い目で見られるのが怖く、退職代行を利用するか悩んでる人は多いです。

 

もちろんアルバイトでも退職代行を利用できるので心配いりませんよ。
ひかる

 

アルバイトで退職代行の利用を考えてる人は『退職代行はアルバイトでも利用できる?【気難しく考える必要はない】』の別記事をどうぞ。

 

退職代行を利用する人の雇用形態別まとめ②:派遣社員

 

退職代行は派遣社員でも利用できます。

 

ただし派遣社員は2パターンの契約内容により、退職代行のステップが少し異なるので注意が必要です。

 

2パターンのどちらかで退職代行の依頼先が変わりますよ。
ひかる

 

派遣社員に関する詳細を知りたい方は、下記の別記事を参考にどうぞ。

 

>>退職代行は派遣社員でも利用できる?

 

退職代行を利用する人の雇用形態別まとめ③:契約社員

 

ぶっちゃけ契約社員は退職代行を利用しにくいです。

 

理由は契約社員は契約期間が設けられており、一方的な行動で辞めにくいため退職代行も利用しにくいということになっているから。

 

もし、あなたが契約社員であるなら雇用契約書に契約期間の記載があるはずです。

 

原則的に契約期間は仕事をしないといけないため、一方的な行動で退職することはできません。

 

もちろん契約期間を過ぎた場合は、退職代行を利用できるので安心してください。
ひかる

 

とはいえ『契約社員を今すぐ辞めたい...けど退職代行を利用して辞める望みが絶たれた....』と思ってる人は多いのではないでしょうか。

 

続きは下記の別記事を読んで答えを知ってください。

 

 

退職代行を利用する人の雇用形態別まとめ④:パート

 

退職代行はパートでも利用できます。

 

パートは正社員とは違って雇用形態の荷の重さが軽いので、退職代行を利用したとしても会社側の従業員は『あ、そうなんだ...』程度の温度感でいるのが普通です。

 

すなわち、そんなに気難しく『深追いしてくるかも...』と考える必要はないので気軽に退職代行を利用したらOK。

 

あくまでパートなので辞められたら『また補充すればいっか』と思ってる従業員が大半ですからね。
ひかる

 

パートに関する詳細を知りたい方は『>>退職代行はパートでも利用できるか?』の別記事を参考にどうぞ。

 

まとめ:退職代行を利用する人の雇用形態別まとめ

 

今回は『【これで完璧】退職代行を利用する人の雇用形態別まとめ』を解説しました。

 

退職代行を利用する人の雇用形態を下記にまとめました。

退職代行を利用する人の雇用形態別まとめ

※気になるポイントをクリックすると詳細箇所まで飛べます。

 

上記を確認して自分の雇用形態と一致しましたか?参考にしてみて退職代行を利用するか検討してくださいね。

 

最後に下記の別記事には失敗しない退職代行業者を紹介してるので合わせて読んでみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行
-

© 2021 退職代行GO Powered by AFFINGER5