退職代行

退職代行を利用したら気まずい?【退職のパターン2点から徹底解説】

 

・退職代行を利用したら気まずい状況になるかな?

・自分で上司に退職の意思を伝えるのも気まずいしどうしよう...

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

・自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるパターン2点【かなり気まずい】

・退職代行を利用するパターン【気まずいを解消】

・【発表】気まずいを回避するなら退職代行を利用したほうがいい【3点解説】

 

この記事の信頼性

・20代男性の元社畜の低収入サラリーマン

・ブラック企業で働きストレスで退職を2回経験済み

・人間関係の劣悪さと毎日15時間労働の過労で、うつ病を発症

 

今回は『退職代行を利用したら気まずい状況になるか』を解説します。

 

退職代行を利用する・しないに関わらず、どちらにしろ気まずいのが現実です。

 

ただ、それでは答えにならないので結論どちらかを選択すると、退職代行を利用する方が気まずくならなくて済みますよ。

 

本記事では『自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるパターン』と『退職代行を利用するパターン』どちらの方が気まずいかを解説します。
ひかる

 

この記事を読めば、上司に退職の意思を伝えて辞めるより、退職代行を利用して辞める方がストレスが軽減されていいことが分かりますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】退職代行を利用する・しないに関わらずどちらにしろ気まずい【迷うなら退職代行】

 

冒頭でも伝えたとおり、退職代行を利用する・しないに関わらず、どちらにしろ気まずいのが現実です。

 

とはいえ、それでは答えにならないので結論どちらかを選択すると、退職代行を利用する方が気まずくならなくて済みますよ。

 

退職するにしても2パターンあって『自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるパターン』と『退職代行を利用するパターン』があります。

 

ほとんどの人は『自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるパターン』が多いですが、この辞め方だと数か月間は気まずい状態が続いてストレスを感じるので、あまりおすすめしません。

 

一方で『退職代行を利用するパターン』は最短で即日退職できるので、会社に行かなくなり人間関係の悩みもまったくないです。

 

正直言って、どちらも一長一短ありますが、退職代行の方がダラダラ過ごすことなく最短で転職活動に移れる点が大きいですね。

 

もっと詳細を知りたい方は次の見出しへどうぞ。
ひかる

 

関連記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

 

自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるパターン2点【かなり気まずい】

 

自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるパターンは以下のとおり。

 

自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるパターン2点

  1. 上司に退職の意思を伝えるのが気まずい
  2. 退職日までの人間関係が気まずい

 

上から順番に解説していきます。

 

自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるパターン①:上司に退職の意思を伝えるのが気まずい

 

上司に退職の意思を伝えるのが気まずい人が多いです。

 

具体的には以下のとおり。

 

  • 退職することで『ありえない』や『情けない』と言われる
  • 退職の引き止めをされる
  • 上司から怒られる

 

といったことで上司に退職の意思を伝えれない人が多いです。

 

特に上司から『ありえない』や『情けない』と飽きられてしまい、その後がかなり気まずくなります。

 

退職日まで気まずいと会社に行きずらいので心が疲れますよ。
ひかる

 

関連:入社したてのときが最も気まずい

 

何年か経ってから上司に退職の意思を伝えるなら、まだ気まずくないです。

 

ですが入社して間もない場合だと、気まずさが増して上司に退職の意思を伝えれないですよね。

 

新卒や試用期間の人が、すぐに退職すると伝えると『なぜ入社した?』という話になってしまい、周りの従業員から失笑されてしまいます。

 

解決策は、どうしても自分で退職を言い出せないなら、おもいきって退職代行を利用しましょう。

 

退職代行を利用すれば、周りの従業員と関わることなく辞めれるので気まずさを回避できますよ。
ひかる

 

 

自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるパターン②:退職日までの人間関係が気まずい

 

自分で上司に退職の意思を伝えれたとしても、退職日までの人間関係が気まずいです。

 

実際に私が過去に辞めた会社の話ですが、上司に退職の意思を伝えてから退職日まで、周りの反応や対応がひどくなりました。

 

従業員によっては、あなたのことを『クズ』や『卑怯』といった陰口も平気でコソコソ言われます。

 

そうなると心に傷がつきますし、自信をなくしてしまうので注意が必要です。

 

メンタルが弱い人こそ退職代行で辞めた方が、人間関係で気まずくならないし、陰口も聞かなくていいので検討してみましょう。

 

 

退職代行を利用するパターン【気まずいを解消】

 

退職代行を利用することによって、もう2度と前職の人間とは関わらなくなり、気まずい悩みも解消してくれます。

 

もし人間関係の気まずさに耐えられないのであれば、嫌な人間と接点を持たなければいい話なので、そういう面で見れば退職代行は圧倒的に気まずさを解消してくれるサービスですよ。

 

とはいえ退職代行を利用した後に、会社に迷惑がかかることと、引き継ぎなしで仕事を混乱させるところがデメリットです。

 

しかし会社に迷惑をかけたとしても違法なことはしていなく、自分に対するダメージは一切負わないので安心してください。

 

会社よりも自分優先で行動すれば人生は上手くいきます。
ひかる

 

 

【発表】気まずいを回避するなら退職代行を利用したほうがいい【3点解説】

 

気まずいを回避するなら退職代行を利用したほうがいいです。

 

理由は気まずい悩みをずっと抱えていては仕事に迷って疲れてしまうので、仮に退職代行がありえないとしても強行に出た方がいいから。

 

ぶっちゃけ本音を言うと、『退職代行=ありえない』は勝手に推測する悪いイメージであり、実際は正式なサービスとして退職したい人に絶大な人気を誇っています。

 

近年では利用者が急増しているのも、その要因の一つですね。
ひかる

 

次の見出しからは退職代行を利用しても安心な面を紹介していきます。

 

気まずいを回避するなら退職代行を利用したほうがいい3点

  1. 無料相談から始めれる
  2. 退職代行を利用しても転職に影響しない
  3. 労働組合が運営している退職代行業者なら安心

 

上から順番に解説していきます。

 

気まずいを回避するなら退職代行を利用したほうがいい①:無料相談から始めれる

 

退職代行を正式に利用するまえに、無料相談から始めれます。

 

無料相談では『疑問に思う点』などの質問無制限で、24時間365日いつでも対応してくれることもあり、あなたに寄り添ってくれますよ。

 

最近ではLINEで無料相談できるのでサクッと疑問に思う点を聞けますね。
ひかる

 

注意点としては無料相談できる退職代行業者が限られているところです。

 

とはいえ無料相談できる退職代行業者を『探すのがめんどくさい』や『時間がない』という人が多いのが現実です。

 

そこで下記に無料相談できる退職代行業者を紹介しているので、気になる方はチェックしてくださいね。

 

 

気まずいを回避するなら退職代行を利用したほうがいい②:退職代行を利用しても転職に影響しない

 

勘違いしてる人が多いですが、退職代行を利用したところで今後の転職には影響しません。

 

退職代行は強行して辞めてることもあり、そのぶん『何かリスクがあるんじゃないか?』と思う人が多いですが、リスクはないので理解しておきましょう。

 

ただ単に辞めさせて終わりではなく、退職代行業者も、あなたの今後のためにフォローしてくれますよ。
ひかる

 

転職には影響するかの詳細を知りたい方は以下の別記事をどうぞ。

 

 

気まずいを回避するなら退職代行を利用したほうがいい③:労働組合が運営している退職代行業者なら安心

 

ぶっちゃけ退職代行業者の中には、悪質な業者が多いのが現実としてあります。

 

もし何も分からず悪質な退職代行業者に依頼してしまうと、『退職失敗』や『入金して逃げられた』など実際に被害がありますからね。

 

近年、退職代行を利用する人は急増していますが、それに伴い悪質な業者も増えているのも事実です。
ひかる

 

悪質な業者から回避して、優良な退職代行業者を選びたいのであれば、『労働組合が運営している退職代行業者』に依頼すれば何も心配は入りません。

 

『労働組合が運営している退職代行業者』を簡単に説明すると、会社と『交渉』ができる点がかなり強いです。

 

詳細をもっと知りたい人は下記の別記事を参考にどうぞ。

 

 

退職代行を選ぶなら○○で安心!

 

退職代行を利用すれば人間関係が気まずくならなくて済みますよ。

 

ただ、その前に優良な退職代行業者が分からなければ、行動に移せませんよね。

 

結論、もし退職代行業者の選択で迷ってるなら『退職代行SARABA』を利用すれば安心です。

 

『退職代行SARABA』を簡単にまとめると以下のとおり。

 

  • 労働組合が運営してるので弁護士法違反の心配なし
  • 職歴関係なしで即日退職できる
  • 退職出来なかったら全額返金保証
  • 退職後に無料転職サポートあり
  • 今なら期間限定で無料特典2点が受け取れる

 

などサポートが厚いのが特徴です。

 

さらに24時間365日いつでも無料相談OKなので気軽に問い合わせてみましょう。

 

退職代行業者の選択は重要

 

退職代行を利用して失敗する可能性があるとしたら『実績が低い』ところに依頼してしまうことです。

 

というのも退職代行の実績が低いと『退職失敗』の可能性が出てきて、余計に話がややこしくなり会社側とトラブルになる恐れがあるから。

 

『安いから』や『何でもいい』と安易に考えて、退職代行業者に依頼すると後悔します。
ひかる

 

そんな退職失敗を回避するために実績高く、利用者が圧倒的に多い『退職代行SARABA』に依頼すれば問題なし。

 

『退職代行SARABA』を利用すれば、退職成功率ほぼ100%なのでリスクを抱えず安全に退職できますよ。

 

退職代行SARABAの詳細をもっと知りたい方は下記の別記事を参考にしてください。

 

人気記事退職代行SARABAのメリット・デメリットを徹底解説!【一番の特徴は無料相談】

人気記事退職代行SARABAの口コミ・評判を利用者が紹介!【デメリットはある?】

 

まとめ:退職代行を利用した方が気まずいは解消される

 

今回は『退職代行を利用したら気まずい?【退職のパターン2点から徹底解説】』を紹介しました。

 

退職代行を利用する・しないに関わらず、どちらにしろ気まずいのが現実です。

 

ただ、それでは答えにならないので結論どちらかを選択すると、退職代行を利用する方が気まずくならなくて済みますよ。

 

ほとんどの人は『自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるパターン』が多いですが、この辞め方だと数か月間は気まずい状態が続いてストレスを感じるので、あまりおすすめしません。

 

一方で『退職代行を利用するパターン』は最短で即日退職できるので、会社に行かなくなり人間関係の悩みもまったくないです。

 

正直言って、どちらも一長一短ありますが、退職代行の方がダラダラ過ごすことなく最短で転職活動に移れる点が大きいですね。

 

最後に下記の別記事には失敗しない退職代行業者を紹介してるので合わせて読んでみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行
-

© 2021 退職代行GO