退職代行は非常識なサービスなのかを徹底解説【常識の範囲内です】アイキャッチ

退職代行の疑問

退職代行は非常識なサービスなのかを徹底解説【常識の範囲内です】

 

・退職代行は非常識なサービスなのかな?

・退職代行を利用したことで非常識って周りから言われるのが怖い...

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 退職代行は非常識ではない理由3点
  • 【注意点】退職代行を利用したら非常識に思え罪悪感がある
  • 退職代行は非常識だとしても利用しよう【2点解説】

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は『退職代行は非常識なサービスなのか』を解説します。

 

先に結論を言うと、退職代行は非常識なサービスではなく退職する1つの手段でしかありません。

 

近年では退職代行を利用して辞める人が急増していることもあり、退職代行を非常識ではなく退職する1つの手段として見ている人が圧倒的に増えています。

 

本記事の後半では、退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイントが分かるので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、退職代行は非常識なサービスではないことが分かり、周りの意見に惑わされずに退職代行を利用することができますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】退職代行は非常識なサービスではない【常識の範囲内です】

【結論】退職代行は非常識なサービスではない【常識の範囲内です】画像

 

冒頭でも伝えたとおり、退職代行は非常識なサービスではありません。

 

よく『退職代行は非常識と思われるから使わない方がいいよ!』と言われますが、まったくそんなことはないです。

 

理由は退職代行は正式なサービスであり、退職できない人を救済することが目的なので、利用することに対して非常識なんて関係ないから。

 

退職代行は退職する1つの手段として見ることが大切です。
ひかる

 

もし退職代行を利用したいなら下記の別記事を参考に選んでくださいね。

 

関連記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

 

本当に非常識な行為とは...

 

退職代行は常識の範囲内の1つの手段です。

 

本当に非常識な行為は退職代行を利用せずにバックレ(無断欠勤)をすること。

 

バックレは職場に連絡もせずに急にいなくなるので、会社側が『事件に巻き込まれたかな?』と心配しパニックになります。

 

一方で退職代行は本人から直接ではないですが、退職代行業者を経由して会社側に代わりに退職の意思を伝えてるので無断欠勤ではなく常識の範囲内です。

 

もちろん退職代行については賛否両論ありますが、正式なサービスであるのは間違いないからこそ、近年では退職代行を利用する人が増加してるので求めてる人が多いのが現実。

 

バックレは非常識であり、退職代行を利用することは常識の範囲内です。
ひかる

 

『バックレ』に関する別記事を下記に用意したので、気になる方はどうぞ。

 

バックレに関する詳細は『【退職代行 VS バックレ】どっちの方が安全に退職できる!?』の別記事を参考にどうぞ。

 

退職代行は非常識ではない理由3点

退職代行は非常識ではない理由3点画像

 

退職代行は非常識ではない理由は以下のとおり。

 

退職代行は非常識ではない理由3点

  1. ブラック企業で働かせている
  2. 無理に働くとうつ病になる
  3. 人間関係の嫌がらせがある

 

上から順番に解説していきます。

 

退職代行は非常識ではない理由①:ブラック企業で働かせている

 

ブラック企業で働かせられてるのなら、退職代行を利用して辞めても非常識ではありません。

 

なぜならブラック企業で重労働をさせられたら誰でも怒って辞めたくなるし、退職代行を利用して『非常識だ!』と言われてもお互い様でしかないから。

 

非常識な労働をさせるのなら、非常識な辞め方をしても文句言えないですからね。
ひかる

 

それに退職代行を利用する人は、どんな人が多いかというとブラック企業で働いている人が多いです。

 

退職代行を利用されたくないなら、退職代行を利用されないホワイト企業にしたらいいだけの話ですからね。

 

ブラック企業について知りたい方は下記の別記事を参考にしてください。

 

>>退職代行の利用者はブラック企業勤めの人が多い原因3点を徹底解説

 

退職代行は非常識ではない理由②:無理に働くとうつ病になる

 

退職代行は非常識という意見も分かりますが、無理に働いて倒れるよりかは全然マシです。

 

理由は倒れてしまっては周りの従業員に多大な迷惑をかけるし、今後の仕事にも『あの人、倒れたよね...』とマイナスのイメージを持たれます。

 

大切なのは過労で倒れるまえに、退職代行を利用してでも辞めること。

 

仮に過労死されると会社のイメージがガタ落ちするので、限界なら自分の人生や会社のためにも辞めた方がいいです。
ひかる

 

身体・精神が限界突破すると、うつ病になって働く気力が湧かなくなるので、その対策として退職代行を利用した方がいいのもありますね。

 

 

退職代行は非常識ではない理由③:人間関係の嫌がらせがある

 

職場で人間関係の嫌がらせがあるなら、退職代行を利用して辞めても非常識とはなりません。

 

なぜなら人間関係の嫌がらせをしてくる従業員の方が非常識で悪いし、頻繁に嫌がらせを受けていたら辞めたくなるのは当たり前だから。

 

嫌がらせを我慢していると、うつ病になるリスクも高まるので回避するためにも辞めた方が無難です。

 

とはいえ上司に退職の意思を伝えると、退職日まで人間関係の嫌がらせが加速するだけなので、人間関係の嫌がらせを断ち切るためにも退職代行を利用する手段をもちましょう。

 

仮に退職代行が非常識だとしても、無理に働いて倒れてしまうよりは100倍マシなので、自分の人生を優先するためにも退職代行で辞める勇気を持つのが大切です。

 

嫌がらせで悩んでる人は『退職代行の利用で嫌がらせはある?【軽い嫌がらせなので支障なし】』の別記事を参考にどうぞ。

 

【注意点】退職代行を利用したら非常識に思え罪悪感がある

【注意点】退職代行を利用したら非常識に思え罪悪感がある画像

 

退職代行を利用することに対しての非常識に思え罪悪感は確かにあります。

 

というのも退職代行は非常識ではないと思っても、少なからず退職代行を利用することへの罪悪感は誰しもあるはずだから。

 

とはいえ多少の罪悪感を感じてるとしても、退職代行を利用した方が後々気分がスッキリしますよ。

 

退職しようかどうか迷ってばかりでは気分は晴れませんし、おもいきって退職代行を利用することで吹っ切れるからです。

 

何より『辞めたいのに辞めれない』状況で、閉鎖的な気分で働いても辛いだけなので、無理せず最終的には自分の判断で退職代行を利用するか決めましょう。

 

退職代行は罪悪感を感じやすいかを知りたい方は以下の別記事を参考にどうぞ。

 

>>退職代行は罪悪感を感じやすいサービス?【仕事が辛いなら別問題】

 

退職代行は非常識だとしても利用しよう【2点解説】

退職代行は非常識だとしても利用しよう【2点解説】画像

 

退職代行は非常識だとしても利用した方が自分のためになります。

 

理由は退職の悩みをずっと抱えていては仕事に迷って疲れてしまうので、仮に非常識だとしても強行して退職代行を利用した方がいいから。

 

ぶっちゃけ『退職代行=非常識』は勝手な世間が思う悪いイメージであり、実際は正式なサービスとして退職できずに悩んでる人に絶大な人気を誇っています。

 

近年では退職代行を利用してる人が急増しているのも、その要因の一つですね。
ひかる

 

次の見出しからは退職代行が非常識だとしても利用した方がいい2点を解説していきます。

 

退職代行が非常識だとしても利用しよう【2点解説】

  1. 転職に影響しない
  2. 身体・精神が限界なまま仕事しても後悔する

 

上から順番に解説していきます。

 

退職代行が非常識だとしても利用しよう①:転職に影響しない

 

勘違いしてる人が多いですが、退職代行を利用したところで今後の転職には影響しません。

 

退職代行は強行して辞めてることもあり、そのぶん『何かリスクがあるんじゃないか?』と思う人が多いですが、リスクはないので心配は入りません。

 

もちろん転職に影響するケースはありますが注意しておけば、まったく問題ありません。
ひかる

 

転職には影響するかの詳細は『退職代行は転職に影響するのか?【転職に影響するケース3点も紹介】』の別記事を参考にどうぞ。

 

退職代行が非常識だとしても利用しよう②:身体・精神が限界なまま仕事しても後悔する

 

ぶっちゃけ身体・精神が限界なまま仕事しても後悔します。

 

なぜなら仕事を続けても身体・精神が治ることはほとんどなく、むしろ悪化していくので本当に限界になったときには手遅れだから。

 

もちろん今の職場の環境が劣悪であり、これから改善の余地があるなら身体・精神が回復することは見込めます。

 

しかし、ほとんどの場合は変化することなく現状維持なので、徐々に身体の消耗・精神がすり減って限界を迎えることになりますね。

 

結果的に自分の身体・精神が限界突破して働けなくなり、後から『あのとき辞めておけば良かった...』と後悔するハメになります。

 

限界になったときには年齢も重ねているので転職するにも厳しいですからね。
ひかる

 

限界を迎えないためにも、無理だと思ったら早い段階で非常識は関係なしに退職代行を利用してサッと辞めることも大切です。

 

今が一番若いときであり転職するにも有利なので、身体・精神がおかしくなるような職場で働くことに見切りをつけ後悔しないようにしましょう。

 

退職代行は後悔するかの詳細は下記の別記事を参考にしてくださいね。

 

>>退職代行を利用すると後悔するか?【自分第一で考えるべき】

 

【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点

【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点画像

 

退職代行に依頼したい人は下記の項目を確認しましょう。

 

退職代行業者を依頼するときに見るポイント8点

  1. 無料相談
  2. 即日退職
  3. 有給消化
  4. 成功率の高さ
  5. 全額返金保証付き
  6. 無料転職サポート付き
  7. 弁護士が在籍しているか
  8. 労働組合が運営しているか

 

何となくで退職代行に依頼するのもOKですが、依頼先が悪質な退職代行業者だったときには、すでに手遅れの場合があるので注意が必要です。

 

優良な退職代行業者に依頼するためにも、上記のポイント8点を意識しつつ自分に合っている退職代行業者を探してみてくださいね。

 

特に確認しておくべきポイントは、『無料相談』ができる退職代行業者かどうかですよ。
ひかる

 

退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点の別記事を下記に用意したので参考にどうぞ。

 

 

【最重要】どこの退職代行業者にしようか迷ってるなら○○!

【最重要】どこの退職代行業者にしようか迷ってるなら○○!画像

 

退職代行に依頼したいけど『結局、どこの退職代行業者がいいの?』と思っていませんか?

 

結論、どこにしようか迷ってるなら『退職代行SARABA』を選べば間違いありません。

 

退職代行SARABAの詳細

  • 24時間365日いつでも無料相談ができる

  • 退職できなかった場合、全額返金保証

  • 労働組合なので会社と交渉が可能

  • 職歴関係なしで即日退職OK

  • 無料転職サポート付き

 

上記のとおり退職代行SARABAを利用するのなら申し分ないサポートの厚さで、あなたをフォローしてくれます。

 

退職後のことも考え『無料転職サポート』というアフターフォローも付いてるのが、退職代行界でNo.1である実績の秘訣ですね。
ひかる

 

さらに今、退職代行SARABAに依頼すると期間限定で2大特典が手に入るので、後から損しないために『LINEで無料相談』だけでも済ませておけば後悔しません。

 

もちろん退職代行SARABAに依頼するかは自由なので、最終的にあなたが後悔しない選択をお願いします。

 

>>【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順の記事を読む

 

 

まとめ:退職代行は非常識ではなく常識の範囲内です

まとめ:退職代行は非常識ではなく常識の範囲内です画像

 

今回は『退職代行は非常識なサービスなのかを徹底解説【常識の範囲内です】』を解説しました。

 

結論、退職代行は非常識なサービスではなく退職する1つの手段でしかありません。

 

ただし退職代行を非常識だと認識しすぎている人は、利用した後に後悔する可能性があるので注意しましょう。

 

とはいえ近年では退職代行を利用して辞める人が急増していることもあり、退職代行を非常識ではなく退職する1つの手段として見ている人が圧倒的に増えています。

 

特に『退職代行SARABA』の利用者は激増していますよ。
ひかる

 

最後に下記の別記事には失敗しない退職代行業者を紹介してるので合わせて読んでみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行の疑問
-