退職代行は卑怯なサービスなのか?【退職する1つの手段でしかない】画像

退職代行の疑問

退職代行は卑怯なサービスなのか?【退職する1つの手段でしかない】

 

・退職代行を利用することは卑怯なのかな?

・退職代行を利用したいけど、卑怯な人に思われるのが嫌だから利用できない...

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 退職代行が卑怯だと思われる理由3点
  • 退職代行が卑怯だとしても利用するべき状況3点
  • 【重要】退職代行は卑怯ではなく退職する1つの手段でしかない【注意点あり】

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は『退職代行は卑怯なサービスなのか』を中心に解説していきます。

 

ぶっちゃけ言うと、退職代行は卑怯なサービスと思ってる人が多いです。

 

確かに退職代行は卑怯なサービスかもしれませんが、普通に退職する1つの手段でしかないですね。

 

本記事の後半では、退職代行に依頼するときに見るポイント8点を紹介しているので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、退職代行は卑怯なサービスではないことが知り、退職するための1つの手段だと分かりますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】退職代行は卑怯なサービスではない

【結論】退職代行は卑怯なサービスではない画像

 

冒頭でも伝えたとおり、退職代行は卑怯なサービスではありません。

 

理由は退職代行は正式なサービスであり、自分で退職することができない悩みを解決できるから。

 

とはいえ退職代行に対して卑怯という嫌悪感を持っている人は多いですよね。

 

ですが退職代行もUverEatsと同じで、自分ができない(したくない)ことを他人に任せるのと同じ原理です。

 

自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるパターンの他に、退職代行を利用して辞めるパターンもあるということを理解しておきましょう。

 

退職代行を退職するための1つの手段と見れるかが大切ですよ。
ひかる

 

退職代行業者をお探しの方は、気軽に下記の別記事を参考にどうぞ。

 

人気記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

 

退職代行が卑怯だと思われる理由3点

退職代行が卑怯だと思われる理由3点画像

 

退職代行が卑怯だと思われる理由は下記のとおり。

 

退職代行が卑怯だと思われる理由3点

  1.  逃げた人と思われる
  2.  常識がない人と思われる
  3.  精神的に弱い人と思われる

 

上から順番に解説していきます。

 

理由①:逃げた人と思われる

 

退職代行を利用した人で逃げることを卑怯と思われます。

 

というのも日本の社会では、良くも悪くも逃げる=卑怯という認識をされてるから。

 

結果的に退職代行を利用して辞めても、普通に上司に退職の意思を伝えて辞めても、どちらにしろ『あいつは卑怯』と思われることに変わりないです。

 

どちらの方法で辞めるかは任せますが、退職代行を利用した方が人間関係のストレスを感じずに辞めれていいですよ。

 

そもそも逃げることは悪いことだけ理解しておきましょう。
ひかる

 

退職代行が逃げなのかは『退職代行は逃げではない理由を徹底解説【周りの声は無視してOK】』の別記事を参考にしてください。

 

理由②:常識がない人と思われる

 

常識がない人は卑怯者と思われます。

 

理由は常識があれば、そもそも退職代行は利用せずに普通に退職するから。

 

結果的に『上司に退職を伝えることすらできない卑怯者』と思われるわけです。

 

ここで少し小言です

 

確かに常識がないのは問題ありますが、上司に退職を言うのが怖すぎたら退職を伝えることができないですよね。

 

そのため退職代行は上司に退職を伝えれないからという理由で利用する人も多いです。

 

常識がなくて卑怯者かもしれませんが、退職代行を利用する人は『上司の問題』や『体調不良』などの原因が多いので仕方ない面もあるということを理解しましょう。

 

退職代行を利用する人で全員が非常識ではないですよ。
ひかる

 

>>退職代行は非常識なサービスなのかを徹底解説【常識の範囲内です】

 


理由③:精神的に弱い人だと思われる

 

精神的に弱い人も卑怯者に思われます。

 

理由は精神的に弱い人は会社をすぐに辞めるので、合わせて卑怯という認識をされるから。

 

しかも精神が弱い人ほど退職代行のようなサービスを利用する傾向があるので、卑怯と思われる原因を招いています。

 

精神が弱い人ほど退職代行を利用してOK

 

精神が弱い人は性格の問題もあり、他人が突っ込む話ではありません。

 

精神が弱いのにも関わらず、無理に会社で働くのは身体が消耗して限界ですよね。

 

精神的にキツくなると、うつ病になる可能性が広がるので、精神が弱い人は退職代行を利用して事前に最悪の事態を防ぎましょう。

 

うつ病になれば今後の人生に支障が出てくるので、症状が悪化する前に休む決断が大切です。

 

 

退職代行が卑怯だとしても利用するべき状況3点

退職代行が卑怯だとしても利用するべき状況3点画像

 

退職代行は卑怯だとしても利用するべき状況は下記のとおり。

 

退職代行が卑怯だとしても利用するべき状況3点

  1.  上司からのパワハラがキツい
  2.  嫌がらせを受けている
  3.  ブラック企業で消耗

 

上から順番に解説していきます。

 

退職代行が卑怯だとしても利用するべき状況①:上司からのパワハラがキツい

 

上司からのパワハラがキツいときは退職代行を利用しましょう。

 

理由は状からパワハラをかけられていたら、自分にストレスが溜まりすぎて今後働けなく恐れもあるから。

 

上司からのパワハラ詳細

  • 暴力や暴言がひどい  

  • 仕事量が半端なく与えられる  

  • 残業や長時間労働を半強制的にやらされる   

 

上記のようなパワハラ上司とは縁を切りたいですよね。

 

無理な状況で働いても自分が損するだけなので、退職代行が卑怯とか関係なしに、自分の人生を最優先して気にせず退職代行を利用すればOK。

 

一番悪いのでは、あなたではなく、パワハラをしてくる上司に罪がありますからね。

 

パワハラに関する詳細は『退職代行はパワハラを受けてる人こそ利用すべき?【即日退職もあり】』の別記事を参考にお願いします。

 

退職代行が卑怯だとしても利用するべき状況②:嫌がらせを受けている

 

人間関係の嫌がらせを受けてる人は、卑怯とか関係なしにサッと退職代行を利用しましょう。

 

理由は人間関係の嫌がらせを受けてると、段々と自分に自信が持てなくなるので、回避するためにも辞めた方がいいから。

 

サラリーマンは短くて60歳ぐらいまで働かないといけません。

 

ということは、あなたが20代なら30年以上、人間関係の嫌がらせに耐えてると思いますか?

 

嫌がらせは若いころは攻撃的な嫌がらせですが、年齢を重ねると存在していない嫌がらせに変わります。
ひかる

 

私なら人間関係の嫌がらせを耐えるのを60歳まで我慢できません。

 

人間関係の嫌がらせは陰湿で粘着しているので、明日会社に行けば人間関係の嫌がらせがなくなってることは、ありえないので回避したいのなら仕事辞めるしかないですね。

 

退職を上司に伝えて退職日が決まっても、退職日まで人間関係の嫌がらせを受けて辛くなるので、退職代行を利用して速攻で縁を切ることもできますよ。

 

>>退職代行を利用すると嫌がらせはある?【軽い嫌がらせなので支障なし】

 

退職代行が卑怯だとしても利用するべき状況③:ブラック企業で消耗

 

ブラック企業で働いてるなら卑怯だとしても退職代行を利用すべきです。

 

理由はブラック企業は無茶な労働を従業員にさせてるので、退職代行を利用しても卑怯と言われる筋合いがないから。

 

ブラック企業の実態

  • 長時間労働&サービス残業  

  • 休日がまったくない  

  • 給料が少ない   

 

誰でも上記のような労働条件だと不満が溜まりますよね。

 

なのにも関わらず会社側から『退職代行は卑怯だ』なんてことは口が裂けても言ってはいけません。

 

退職代行を利用されたくないのであれば、まず会社の環境を良くして、従業員が働きたいと思える職場にすべきです。

 

実際に退職代行の利用者もブラック企業だからという理由が多いですからね。
ひかる

 

ブラック企業に関する詳細は以下の別記事を参考にどうぞ。

 

 

【重要】退職代行は卑怯ではなく退職する1つの手段でしかない【注意点あり】

【重要】退職代行は卑怯ではなく退職する1つの手段でしかない【注意点あり】画像

 

結論、退職代行は卑怯ではなく退職の1つの手段でしかありません。

 

というのも卑怯とはいえ、自分の身体が限界なら使わざるを得ない状況になるので退職代行を無理せずに利用した方が良いです。

 

退職代行が卑怯だとしても利用するべき状況3点

  1.  上司からのパワハラがキツい
  2.  嫌がらせを受けている
  3.  ブラック企業で消耗

 

上記のように身体・精神的に追い詰められた状況なのに、卑怯という理由で我慢していたら自分が壊れてしまいます。

 

退職代行は退職できない悩みを持っている人を救済できるので、退職する1つのサービスであると理解しておきましょう。

 

頑張るのも大切ですが、自分の身体と相談して、どうしようもないときは卑怯とか気にせず退職代行を利用すればOK。
ひかる

 

ここで注意点です

 

退職代行を利用すると言えど悪質な退職代行業者も多く存在しているので注意が必要です。

 

たとえば『退職代行業者はここでいっか!』のように安易に決めると、退職失敗などの被害が生まれます。

 

とはいえ退職代行に無知な人は『どの退職代行業者が良いか分からない』ですよね。

 

退職代行選びで迷っているのなら、下記の別記事の中から選択すれば失敗することはありません。

 

もちろん強制はしませんが、自分で納得のいく退職代行業者を見つけたのなら依頼を考えてみましょう。

 

関連記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

 

退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点

退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点画像

 

退職代行に依頼したい人は下記の項目を確認しましょう。

 

退職代行業者を依頼するときに見るポイント8点

  1. 無料相談
  2. 即日退職
  3. 有給消化
  4. 成功率の高さ
  5. 全額返金保証付き
  6. 無料転職サポート付き
  7. 弁護士が在籍しているか
  8. 労働組合が運営しているか

 

何となくで退職代行に依頼するのもOKですが、依頼先が悪質な退職代行業者だったときには、すでに手遅れの場合があるので注意が必要です。

 

優良な退職代行業者に依頼するためにも、上記のポイント8点を意識しつつ自分に合っている退職代行業者を探してみてくださいね。

 

特に確認しておくべきポイントは、『無料相談』ができる退職代行業者かどうかですよ。
ひかる

 

退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点の別記事を下記に用意したので参考にどうぞ。

 

 

どこの退職代行業者にしようか迷ってるなら○○!

どこの退職代行業者にしようか迷ってるなら○○!画像

 

退職代行に依頼したいけど『結局、どこの退職代行業者がいいの?』と思っていませんか?

 

結論、どこにしようか迷ってるなら『退職代行SARABA』を選べば間違いありません。

 

退職代行SARABAの詳細

  • 24時間365日いつでも無料相談ができる

  • 退職できなかった場合、全額返金保証

  • 労働組合なので会社と交渉が可能

  • 職歴関係なしで即日退職OK

  • 無料転職サポート付き

 

上記のとおり退職代行SARABAを利用するのなら申し分ないサポートの厚さで、あなたをフォローしてくれます。

 

退職後のことも考え『無料転職サポート』というアフターフォローも付いてるのが、退職代行界でNo.1である実績の秘訣ですね。
ひかる

 

さらに今、退職代行SARABAに依頼すると期間限定で2大特典が手に入るので、後から損しないために『LINEで無料相談』だけでも済ませておけば後悔しません。

 

もちろん退職代行SARABAに依頼するかは自由なので、最終的にあなたが後悔しない選択をお願いします。

 

>>【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順の記事を読む

 

 

まとめ:退職代行は卑怯なサービスなく退職する1つの手段でしかない

まとめ:退職代行は卑怯なサービスなく退職する1つの手段でしかない画像

 

今回は『退職代行は卑怯なサービスなのか?【退職する1つの手段でしかない】』を紹介しました。

 

結論、退職代行は卑怯なサービスなく退職する1つの手段でしかないです。

 

退職代行は確かに卑怯かもしれませんが、卑怯だからという理由で退職できないのが一番恥ずかしいことだと認識した方がいいですよ。

 

退職代行が卑怯だとしても利用するべき状況3点

  1.  上司からのパワハラがキツい
  2.  嫌がらせを受けている
  3.  ブラック企業で消耗

 

上記の状況だとしたら退職代行を卑怯だというプライドは捨てて、自分の将来のために退職する1つの手段として退職代行を堂々と利用しましょう。

 

おかしい環境の会社は多いので見切りをつけることが大切です。
ひかる

 

最後に下記の別記事には失敗しない退職代行業者を紹介してるので合わせて読んでみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行の疑問
-