【悲報】退職代行は恥ずかしいことなのか?【固定概念は捨てるべき】アイキャッチ

退職代行の疑問

【悲報】退職代行は恥ずかしいことなのか?【固定概念は捨てるべき】

 

・退職代行を利用することは恥ずかしいことなのかな?

・退職代行を利用したら社会的マナーがないと言われるのが恥ずかしい...

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 退職代行が恥ずかしいと思ってしまう心理3点
  • 【事実】退職代行を利用しないことが最も恥ずかしい理由3点
  • 退職代行が恥ずかしい固定概念は捨てよう【3点解説】

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は『退職代行は恥ずかしいことなのか』を解説します。

 

先に結論を言うと、退職代行を利用することは恥ずかしいことではありません。

 

退職代行を利用することより恥ずかしいことは、仕事を辞めたいのに辞めれずに愚痴や文句を言いながらダラダラ過ごすことが一番恥ずかしいです。

 

退職代行を利用してでも、仕事を辞めて次のステップを踏もうと行動することに恥ずかしさを持つ必要はないですね。

 

本記事の後半では、退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイントが分かるので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、退職代行を利用することに対して恥ずかしさは入らないことが分かり、むしろ利用せずにダラダラ過ごす人生は最も恥ずかしいことが知れますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】退職代行は利用することは恥ずかしくない

【結論】退職代行は利用することは恥ずかしくない画像

 

冒頭でも伝えたとおり、退職代行を利用することは恥ずかしいことではありません。

 

理由は退職代行は正式なサービスであり、退職できない人を救済することが目的なので、利用することの恥ずかしさなんて関係ないから。

 

何より1番恥ずかしいことは、退職したいのに退職もできずにダラダラと人生を過ごすことです。

 

もちろん退職代行については賛否両論ありますが、周りからどう思われようと、自分のしてることが正しいと思えば使い勝手がいいサービスですよ。

 

退職代行を恥ずかしいから利用しないより、恥ずかしいという固定概念は捨てて自分の人生のために行動する方が将来的に得します。

 

もし退職代行の利用を考えているのなら、下記の別記事を参考にして選んでくださいね。

 

関連記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

 

退職代行が恥ずかしいと思ってしまう心理3点

退職代行が恥ずかしいと思ってしまう心理3点画像

 

退職代行が恥ずかしいと思ってしまう心理は以下のとおり。

 

退職代行が恥ずかしいと思ってしまう心理3点

  1. 職場に迷惑をかけてしまう
  2. 周りから非常識と思われる
  3. 自分の力で辞められない惨めさ

 

上から順番に解説していきます。

 

退職代行が恥ずかしいと思ってしまう心理①:職場に迷惑をかけてしまう

 

職場に迷惑をかけてしまうので、社会人として退職代行を利用することは恥ずかしい気持ちになります。

 

なぜなら退職代行を利用することで『業者の力を使い、自分で上司に退職の意思を伝えることすらできないのか』と従業員から失笑されるから。

 

何より退職代行を利用した後の職場のことを考えれば、恥ずかしいを通り越して職場に迷惑をかけてしまったことを後悔するハメになります。

 

とはいえ職場には迷惑をかけたかもですが、退職代行を利用することは悪いことではないので自分に必要なことなら前向きに検討しましょう。

 

退職代行は迷惑かの詳細は『退職代行は迷惑なサービスなのかを解説【会社より自分を優先しよう】』の別記事を参考にどうぞ。

 

退職代行が恥ずかしいと思ってしまう心理②:周りから非常識と思われる

 

退職代行を利用すれば周りから『非常識な奴だな...』と非難され、自分が恥ずかしくなります。

 

というのも本来は自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるのが一般的なため、退職代行で辞めるのが受け入れられない人が多いから。

 

常識から脱線した辞め方をすると理解されにくく、非常識な奴と思われても仕方ありません。

 

とはいえ退職代行を利用する人も『上司が怖い...』や『辞めさせてくれない...』ので、退職代行を利用しないといけない苦渋の決断をする人も多いです。

 

『上司が怖い...』や『辞めさせてくれない』は職場側の責任なので、自分が悪いと責める必要はないですよ。
ひかる

 

全員が全員『退職代行を利用して職場を困らせてやろう!』と思ってるのでなく、何かしらの理由で仕方なく利用せざるを得ない人もいることを理解しましょう。

 

非常識の続きを読みたい方は下記よりどうぞ。

 

>>退職代行は非常識なサービスなのかを徹底解説【常識の範囲内です】

 

退職代行が恥ずかしいと思ってしまう心理③:自分の力で辞められない惨めさ

 

自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるのが一般的ですが、退職代行を利用してしか辞められない自分の惨めさに恥ずかしくなります。

 

とはいえ職場側が辞めたいのに辞めさせないように引き止めをする場合だってありますね。

 

仕事を辞めたいのに辞めさせないようにするのであれば、職場側がすべて悪いので、退職代行を利用することに惨めになる必要はありません。

 

労働者にも辞める権利はあるので、職場側の身勝手な行為で遮ろうとするのは悪質極まりないです。

 

たとえば職場側は『人手不足』という理由で引き止めをしてきますが、人手不足になるのは職場の人事が人を集めれてないから起きたミスなので、自分の責任ではなく職場側の責任ですからね。

 

どうしても辞めさせてもらえない環境で働いてるのなら、恥ずかしさなんて吹っ飛ばして退職代行を利用することが勇ましいですよ。

 

 

【事実】退職代行を利用しないことが最も恥ずかしい理由3点

【事実】退職代行を利用しないことが最も恥ずかしい理由3点画像

 

退職代行を利用しないことが最も恥ずかしい理由は以下のとおり。

 

退職代行を利用しないことが最も恥ずかしい理由3点

  1. ブラック企業で働いてる
  2. うつ病で倒れたら意味がない
  3. 正当なサービスで間違いない

 

上から順番に解説していきます。

 

【事実】退職代行を使わないことが最も恥ずかしい理由①:ブラック企業で働いてる

 

退職することもせずに、ブラック企業で嫌々働くことが最も恥ずかしいです。

 

なぜならブラック企業で働いても過労で倒れたり精神がおかしくなったりするので、働くメリットが特にないから。

 

何よりブラック企業で働いている人は、退職代行を利用して辞めていく人を、あたかも間違っているかのように文句や愚痴を言います。

 

ぶっちゃけ言うと、社会人にもなって文句や愚痴を言って否定することは最も恥ずかしい行為です。

 

ブラック企業で働き続けることが正義のように思えますが、悪質な環境で働かされてるのであれば話は別ですなので、サッと退職代行を利用しても大丈夫です。

 

本当に恥ずかしいのは退職代行を利用することではなく、ブラック企業で働いて文句や愚痴を言ってばかりの人ですね。
ひかる

 

ブラック企業の詳細は『退職代行の利用者はブラック企業勤めの人が多い原因3点を徹底解説』の別記事を参考にどうぞ。

 

【事実】退職代行を使わないことが最も恥ずかしい理由②:うつ病で倒れたら意味がない

 

退職代行を利用せずに、無理に働き続け、うつ病になって倒れてしまうことが最も恥ずかしいです。

 

倒れてしまっては周りの従業員に多大な迷惑をかけるし、今後の仕事にも『あの人、倒れたよね...』とマイナスのイメージを持たれます。

 

大切なのはうつ病で倒れるまえに、退職代行を利用してでも辞めること。

 

仮に過労死されると会社のイメージがガタ落ちするので、限界なら自分の人生のためにも辞めた方がいいです。
ひかる

 

身体・精神の辛さが限界突破すると、うつ病が悪化し働く気力が湧かなくなるので、その対策で退職代行を利用した方がいいのもあります。

 

無理に働くことは美学のように感じますが、倒れたら何も意味がないことを覚えておこう。

 

>>退職代行は『うつ病』になる前に利用すべき?【重症化する前に行動】

 

【事実】退職代行を使わないことが最も恥ずかしい理由③:正当なサービスで間違いない

 

よく『退職代行は恥ずかしいから利用したくない...』と言う人がいますが、退職代行は正当なサービスなので恥ずかしいも何もありません。

 

繰り返しになりますが、退職したいのに退職せずに嫌々働くことが、一番恥ずかしいことであることを覚えておくべきです。

 

近年では退職代行を利用して辞める人が急増していることもあり、退職代行は恥ずかしいという認識が薄まってきていますね。

 

関連:バックレは絶対にダメ

 

『退職代行は恥ずかしい...でも仕事辞めたい...』といった結果、バックレする人が多いです。

 

バックレをすると恥ずかしいで終わるではなく、懲戒解雇のリスクが高まって転職が難しくなり、この先の人生が苦しくなります。

 

一方で退職代行を利用すれば感じ方は人それぞれですが、恥ずかしいだけで終わるので転職に影響はしません。

 

バックレは転職に影響するリスクを生むので、退職代行で辞める方が長い人生のスパンで見たときに得しますよ。
ひかる

 

続きが気になる方は下記の別記事を参考にどうぞ。

 

 

退職代行が恥ずかしい固定概念は捨てよう【3点解説】

退職代行が恥ずかしい固定概念は捨てよう【3点解説】画像

 

退職代行が恥ずかしい固定概念は捨てた方が自分のためになります。

 

理由は退職の悩みをずっと抱えていては仕事に迷って疲れてしまうので、仮に退職代行を利用するのが恥ずかしいとしても強行に出た方がいいから。

 

ぶっちゃけ本音を言うと、『退職代行=恥ずかしい』は世間が勝手に決めた悪いイメージであり、実際は正式なサービスとして退職したい人に絶大な人気を誇っています。

 

近年では退職代行を利用する人が急増してるので、退職代行を求めてる人が多い証拠でもありますからね。
ひかる

 

次の見出しからは退職代行が恥ずかしい固定概念を捨てた方がいい3点を解説していきます。

 

退職代行が恥ずかしい固定概念は捨てよう3点

  1. 恥ずかしさは置いといて無料相談から始めよう
  2. 転職に影響しないから退職代行を利用しても大丈夫
  3. 退職せずに後悔するなら恥ずかしさは無視して仕事辞めよう

 

上から順番に解説していきます。

 

退職代行が恥ずかしい固定概念は捨てよう①:恥ずかしさは置いといて無料相談から始めよう

 

退職代行が恥ずかしいは置いといて、とりあえず無料相談で悩みを解消するところから始めましょう。

 

無料相談では『疑問に思う点』などの質問無制限で、24時間365日いつでも対応してくれることもあり、あなたに寄り添ってくれますよ。

 

最近ではLINEで無料相談できるのでサクッと疑問に思う点を聞けますね。
ひかる

 

注意点としては無料相談できる退職代行業者が限られているところです。

 

とはいえ無料相談できる退職代行業者を『探すのがめんどくさい』や『時間がない』という人が多いのが現実です。

 

そこで下記に無料相談できる退職代行業者を紹介しているので、気になる方はチェックしてくださいね。

 

>>退職代行を利用したいけど無料相談できる業者はどこ?【3社紹介】

 

退職代行が恥ずかしい固定概念は捨てよう②:転職に影響しないから退職代行を利用しても大丈夫

 

勘違いしてる人が多いですが、退職代行を利用したところで今後の転職には影響しません。

 

そのため退職代行を利用するのは恥ずかしいけど、転職に影響しないのなら利用を検討してみようかなと考える人は多いのではないでしょうか。

 

退職代行は強行して辞めてることもあり、そのぶん『何かリスクがあるんじゃないか?』と思う人が多いですが、リスクはないので理解しておきましょう。

 

ただ単に辞めさせて終わりではなく、退職代行業者も、あなたの今後のために『転職サポート』という特典を付けてくれてますよ。
ひかる

 

転職に影響するかの詳細を知りたい方は『退職代行は転職に影響するのか?【転職に影響するケース3点も紹介】』の別記事を参考にどうぞ。

 

退職代行が恥ずかしい固定概念は捨てよう③:退職せずに後悔するなら恥ずかしさは無視して仕事辞めよう

 

現在、働いている職場がブラック企業なら、この先は間違いなく働いていたことを後悔します。

 

というのも今は働いても大丈夫でも、何十年というスパンで見たとき絶対に、どこかで身体・精神の限界を迎え働けなくなるからです。

 

その限界を迎えたタイミングが4、50代なら転職の幅も狭まって、お先真っ暗になり後悔しても取り返しがつきません。

 

そのためブラック企業で働いているのなら早急に辞める必要があり、辞める手助けをする退職代行が力を発揮します。

 

もちろん退職代行を利用するのが恥ずかしいという気持ちは理解してますが、最優先すべきは恥ずかしさより自分の人生なので、恥ずかしさを無視してでも退職代行を利用することに意味があります。

 

ブラック企業で先が見えない中で働いて倒れても後悔するだけなので、後悔しないためにも退職代行を利用して、すぐに転職活動に繋げることが勝ちの道筋ですよ。

 

 

【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点

【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点画像

 

退職代行に依頼したい人は下記の項目を確認しましょう。

 

退職代行業者を依頼するときに見るポイント8点

  1. 無料相談
  2. 即日退職
  3. 有給消化
  4. 成功率の高さ
  5. 全額返金保証付き
  6. 無料転職サポート付き
  7. 弁護士が在籍しているか
  8. 労働組合が運営しているか

 

何となくで退職代行に依頼するのもOKですが、依頼先が悪質な退職代行業者だったときには、すでに手遅れの場合があるので注意が必要です。

 

優良な退職代行業者に依頼するためにも、上記のポイント8点を意識しつつ自分に合っている退職代行業者を探してみてくださいね。

 

特に確認しておくべきポイントは、『無料相談』ができる退職代行業者かどうかですよ。
ひかる

 

退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点の別記事を下記に用意したので参考にどうぞ。

 

 

【最重要】どこの退職代行業者にしようか迷ってるなら○○!

【最重要】どこの退職代行業者にしようか迷ってるなら○○!画像

 

退職代行に依頼したいけど『結局、どこの退職代行業者がいいの?』と思っていませんか?

 

結論、どこにしようか迷ってるなら『退職代行SARABA』を選べば間違いありません。

 

退職代行SARABAの詳細

  • 24時間365日いつでも無料相談ができる

  • 退職できなかった場合、全額返金保証

  • 労働組合なので会社と交渉が可能

  • 職歴関係なしで即日退職OK

  • 無料転職サポート付き

 

上記のとおり退職代行SARABAを利用するのなら申し分ないサポートの厚さで、あなたをフォローしてくれます。

 

退職後のことも考え『無料転職サポート』というアフターフォローも付いてるのが、退職代行界でNo.1である実績の秘訣ですね。
ひかる

 

さらに今、退職代行SARABAに依頼すると期間限定で2大特典が手に入るので、後から損しないために『LINEで無料相談』だけでも済ませておけば後悔しません。

 

もちろん退職代行SARABAに依頼するかは自由なので、最終的にあなたが後悔しない選択をお願いします。

 

>>【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順の記事を読む

 

 

まとめ:退職代行の恥ずかしい固定概念は捨てよう

まとめ:退職代行の恥ずかしい固定概念は捨てよう画像

 

今回は『【悲報】退職代行は恥ずかしいことなのか?【固定概念は捨てるべき】』を解説しました。

 

結論、退職代行を利用することは恥ずかしいことではありません。

 

理由は退職代行は正式なサービスであり、退職できない人を救済することが目的なので、利用することの恥ずかしさなんて関係ないから。

 

退職代行を恥ずかしいから利用しないより、恥ずかしいという固定概念は捨てて自分の人生のために行動する方が将来的に得しますよ。

 

実際に毎月大勢の人が退職代行に依頼していますからね。
ひかる

 

最後に下記の別記事には失敗しない退職代行業者を紹介してるので合わせて読んでみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行の疑問
-