【退職代行 VS バックレ】どっちの方が安全に退職できる!?アイキャッチ

退職代行の疑問

【退職代行 VS バックレ】どっちの方が安全に退職できる!?

 

・退職代行とバックレってどっちの方が安全に退職できる?

・それぞれのデメリット・メリットを知りたい

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 退職代行のデメリット・メリット
  • バックレのデメリット・メリット
  • バックレより退職代行を利用した方が今後の人生を考えれば明るい

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は『退職代行とバックレどっちの方が安全に退職できるか』を解説。

 

先に結論を言うと、バックレより退職代行の方が安全に退職できます。

 

バックレは懲戒解雇のリスクがあり、今後の転職に悪影響を及ぼし人生苦労するだけなので、退職代行の方が安全です。

 

本記事の後半では、安全に退職できる退職代行業者まで紹介してるので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、バックレより退職代行の方が100倍良いことが分かり、転職にも影響しないことが知れますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】バックレより退職代行の方が安全に退職できる

【結論】バックレより退職代行の方が安全に退職できる画像

 

冒頭でも伝えているとおり、バックレより退職代行の方が安全に退職できます。

 

というのも退職代行とバックレの大きな違いは『きちんと退職の意思を伝えているか』で、今後が大きく変わるからです。

 

たとえばバックレだと急に本人が出勤しなくなるため、会社側が『何か事件に巻き込まれた?』と混乱してしまいます。

 

本人がいないと会社側は正式な退職手続きをできないので、病む負えなくクビ(懲戒解雇)として処理するしかありません。

 

バックレをするとクビ(懲戒解雇)として扱われるため、今後の転職に影響して働きづらくなるのでリスクしかないです。

 

一方で退職代行を利用すれば、本人と会社間で退職の手続きはしませんが、代わりに退職代行業者が会社と退職の手続きを遂行してくれます。

 

退職代行を利用すると『自己都合退職』と伝えてくれるので、退職後に不利な状況で転職活動はしなくていいです。
ひかる

 

よって将来のことを考えれば、安全に退職できる『退職代行』で辞めた方が自分のためですよ。

 

人気記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

 

退職代行のデメリット・メリット

退職代行のデメリット・メリット画像

 

退職代行のデメリット・メリットを紹介します。

 

特に退職代行のデメリットについては包み隠さずに紹介するので参考までにどうぞ。

 

では先にデメリットから解説していきます。

 

①:退職代行のデメリット

 

退職代行のデメリットは以下のとおり。

 

  • お金がかかる
  • 手続きが少しめんどくさい

 

お金がかかる

 

あくまで退職代行は代行サービスなので、お金がかかるのがデメリットです。

 

料金の相場は退職代行業者によって異なりますが、2.5~5.5万までの範囲だということを理解しておきましょう。

 

とはいえ『お金かかるから退職代行を利用しにくい...』と思っていませんか?

 

対処法として、退職代行を利用すれば有給消化しながら退職できるので、そこでお金を回収できます。

 

相場が2.5~5.5万なので、残りの有給が3~6日あれば元を取れ、それ以上の有給が残っていれば黒字ですよ。
ひかる

 

それに有給消化は労働者の権利なので、恥ずかしがらずに堂々と使っても周りから文句を言われる筋合いはないです。

 

有給消化の詳細は『退職代行を利用しても有給消化はできる?【重要なのは○○!】』を参考にどうぞ。

 

手続きが少しめんどくさい

 

退職代行を利用すると手続きが少しめんどくさいと感じます。

 

とはいいつつ、退職代行業者のヒヤリングに答えるだけなので、会議みたいな堅苦しいものではなく言われたとおりに遂行すればいいだけなので楽ですよ。

 

一方で上司に退職の意思を伝えて辞める方法だと、引き止められたり引き継ぎをしないといけないので、どちらにしろめんどくさいです。

 

退職代行を利用すれば引き止め・引き継ぎを省いて退職できるので、むしろ退職代行を利用する方がめんどくさくないですよ。

 

さらに『退職代行SARABA』では気軽にLINEで無料相談を行うことができ、簡単な手続きで自分に負荷をかけずに退職できるので下記の記事も合わせてどうぞ。

 

>>【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順を徹底解説

 

②:退職代行のメリット

 

退職代行のメリットは以下のとおり。

 

  • 転職に影響しない
  • 引き継ぎなしで退職できる

 

転職に影響しない

 

退職代行を利用したら『転職に影響して今後の仕事決まるか分からない...』と思っていませんか?

 

結論として退職代行を利用しても転職に影響しません。

 

というのも退職代行業者が退職理由を『一身上の都合により退職』と処理してくれ、自己都合退職になるので転職には影響しないということ。

 

転職に影響するかの詳細は『退職代行は転職に影響するのか?【転職に影響するケース3点も紹介】』の別記事を参考にどうぞ。

 

引き継ぎなしで退職できる

 

退職代行を利用すれば引き継ぎなしで退職できます。

 

『なぜ辞める仕事先の未来を見据えて引継ぎしないといけない?』と考えなくていいのでストレスが溜まりません。

 

それに引き継ぎを完璧にこなしてから退職させられる可能性もあるので、延長させられて知らぬ間に半年とか働かされます。

 

退職代行を利用すれば、本来は引き継ぎしなければいけなかった時間を自分の時間に充てれるので、転職活動や旅行に時間を使えますよ。

 

退職代行の引き継ぎに関する詳細は下記の別記事を参考にお読みください。

 

 

バックレのデメリット・メリット

バックレのデメリット・メリット画像

 

バックレのデメリット・メリットを紹介します。

 

特にバックレのデメリットについては包み隠さずに紹介するので参考までにどうぞ。

 

先にデメリットから順番に解説していきます。

 

①:バックレのデメリット

 

バックレのデメリットは以下のとおり。

 

  • 懲戒解雇になる
  • 親に電話が行く
  • 荷物のやり取りが難しくなる

 

懲戒解雇になる

 

バックレのデメリットは会社側から懲戒解雇として処理される可能性があること。

 

懲戒解雇で何がヤバいかと言うと、転職に影響が出て、この先ずっと働きにくくなります。

 

なぜなら懲戒解雇は会社に損害を与えて辞めたと思われ、転職先で採用しても『迷惑かかるかも...』と悪いイメージがあるから。

 

なのでバックレではなく退職代行を利用して懲戒解雇を回避しましょう。

 

>>退職代行で懲戒解雇にされることはある?【簡単にはできない】

 

親に電話が行く

 

バックレをすると会社側が安否確認のため、親に電話が行きます。

 

というのも連絡が繋がらないと会社側が『事件に巻き込まれた?』と心配するので、安否はどうか親に電話で聞きたいからです。

 

最悪の場合、警察も巻き込む恐れがあるので色んな人に迷惑かけることになりますよ。

 

親に電話されるかの詳細は『退職代行を利用すると親に電話をされる?【会社の判断によります】』の別記事を参考にどうぞ。

 

荷物のやり取りが難しくなる

 

バックレすると荷物のやり取りが難しくなります。

 

理由はバックレで辞めることになれば『会社に置いてる自分の荷物』や『離職票などの書類』を問い合わせないといけないので気が引けるから。

 

もし会社に行って荷物を引き取らないといけないときに従業員と顔合わせは気まずいですよね。

 

バックレをして荷物のやり取りが難しくなりたくないのなら、退職代行を利用して辞めれば回避できますよ。

 

 

②:バックレのメリット

 

バックレのメリットは『お金がかからない』ところです。

 

退職代行に依頼すると料金がかかりますが、バックレだと、その料金を浮かせることができます。

 

とはいえバックレでお金はかからないですが、懲戒解雇などのデメリットが伴うので転職に影響が出るので注意しましょう。

 

お金をかけて退職代行を利用すればいいではない

 

お金をかけずに辞めれるのがバックレのメリットですが、懲戒解雇のデメリットもあります。

 

懲戒解雇のデメリットを回避したいため、料金が安い退職代行業者に依頼したらOKというわけでもないことを覚えておきましょう。

 

料金が安い退職代行は悪質なパターンがあるので、安易に依頼したら取り返しがつかないことに発展するので注意が必要です。

 

退職代行業者の料金が安ければ何かしら弊害があることを知っておこう。
ひかる

 

詳細は『退職代行は安い業者を利用するべき?【安価よりも実績で判断しよう】』の別記事を参考にどうぞ。

 

バックレより退職代行を利用した方が今後の人生を考えれば明るい

バックレより退職代行を利用した方が今後の人生を考えれば明るい

 

バックレより退職代行を利用した方が今後の人生を考えれば明るいです。

 

一番の要因は、退職代行を利用したその後に転職活動がスムーズに進む点が大きいですね。

 

一方でバックレだと懲戒解雇のなる場合もあり、転職活動に不利になってしまいます。

 

退職代行とバックレ、どちらもメリット・デメリットがあるので、最終的には自分に合う方を選べば大丈夫です。

 

ただ退職代行に何十万とかかるのであれば気が引けますが、たった料金が数万円なので最悪バイトして、すぐに稼げる金額なので退職代行の方が今後の人生のためになりますよ。

 

懲戒解雇は一生消えないレッテルですが、お金がなければ最悪バイトで何とかなります。
ひかる

 

退職代行のその後を知りたい方は下記の別記事を参考にお読みください。

 

 

【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点

【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点画像

 

退職代行に依頼したい人は下記の項目を確認しましょう。

 

退職代行業者を依頼するときに見るポイント8点

  1. 無料相談
  2. 即日退職
  3. 有給消化
  4. 成功率の高さ
  5. 全額返金保証付き
  6. 無料転職サポート付き
  7. 弁護士が在籍しているか
  8. 労働組合が運営しているか

 

何となくで退職代行に依頼するのもOKですが、依頼先が悪質な退職代行業者だったときには、すでに手遅れの場合があるので注意が必要です。

 

優良な退職代行業者に依頼するためにも、上記のポイント8点を意識しつつ自分に合っている退職代行業者を探してみてくださいね。

 

特に確認しておくべきポイントは、『無料相談』ができる退職代行業者かどうかですよ。
ひかる

 

退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点の別記事を下記に用意したので参考にどうぞ。

 

 

【最重要】どこの退職代行業者にしようか迷ってるなら○○!

【最重要】どこの退職代行業者にしようか迷ってるなら○○!画像

 

退職代行に依頼したいけど『結局、どこの退職代行業者がいいの?』と思っていませんか?

 

結論、どこにしようか迷ってるなら『退職代行SARABA』を選べば間違いありません。

 

退職代行SARABAの詳細

  • 24時間365日いつでも無料相談ができる

  • 退職できなかった場合、全額返金保証

  • 労働組合なので会社と交渉が可能

  • 職歴関係なしで即日退職OK

  • 無料転職サポート付き

 

上記のとおり退職代行SARABAを利用するのなら申し分ないサポートの厚さで、あなたをフォローしてくれます。

 

退職後のことも考え『無料転職サポート』というアフターフォローも付いてるのが、退職代行界でNo.1である実績の秘訣ですね。
ひかる

 

さらに今、退職代行SARABAに依頼すると期間限定で2大特典が手に入るので、後から損しないために『LINEで無料相談』だけでも済ませておけば後悔しません。

 

もちろん退職代行SARABAに依頼するかは自由なので、最終的にあなたが後悔しない選択をお願いします。

 

>>【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順の記事を読む

 

 

まとめ:バックレより退職代行の方が安全に退職できる

まとめ:バックレより退職代行の方が安全に退職できる画像

 

今回は『【退職代行 VS バックレ】どっちの方が安全に退職できる!?』を紹介しました。

 

結論、バックレより退職代行の方が安全に退職できます。

 

というのもバックレは懲戒解雇のリスクがあり、今後の転職に悪影響を及ぼし人生苦労するだけなので、退職代行の方が安全だから。

 

退職代行を利用するには料金が発生しますが、そのぶん安全に退職できるし転職に影響ないので、将来を見据えると退職代行の方が100倍良いです。

 

数万円ケチって将来が真っ暗になるくらいなら、自己投資として数万円を退職代行に支払いさえすれば、この先は明るいですよ。
ひかる

 

最後に下記の別記事には失敗しない退職代行業者を紹介してるので合わせて読んでみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行の疑問
-