退職代行

退職代行で後払いができる業者3社を紹介【後払いより○○!】

 

・退職代行で後払いができる業者ってあるのかな?

・退職代行を利用したいけど、お金の持ち合わせがなくて困ってる...

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

・退職代行で後払いできる支払方法2点

・後払いできる退職代行業者3社を紹介

・【本音】退職代行の後払いって本当にするべき?

 

この記事の信頼性

・20代男性の元社畜の低収入サラリーマン

・ブラック企業で働きストレスで退職を2回経験済み

・人間関係の劣悪さと毎日15時間労働の過労で、うつ病を発症

 

今回は『退職代行で後払いができる業者3社』を解説します。

 

後払いといっても支払い方法によって若干認識が異なるので、最後まで注意して見ていきましょう。

 

記事の後半では『退職代行は本当に後払いにするべきか』に関する本音を記載してるので、最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、後払いに対応している業者3社が分かるので、自分で業者を探さなくてもいいですよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】後払いできる退職代行業者3社を紹介

 

先に結論ですが、下記に後払いできる退職代行業者3社を紹介しています。

 

  • 退職代行Jobs
  • 男の退職代行(男性専用)
  • わたしNEXT(女性専用)

 

他にも10社以上の後払いができる退職代行業者がありますが、全部紹介していたら『結局何が良いか分からない...』ようになるので3社に厳選しました。

 

上記の3社は後払いに対応している業者で、なおかつ実績や評判が高いので選んでおいて損はありません。

 

男性専用や女性専用もあるのでチェックしてみてくださいね。
ひかる

 

>>後払いできる退職代行業者3社をすぐに見たい人はコチラ

 

退職代行で後払いできる支払方法2点

 

退職代行の支払い方法は、おもに『クレジットカード決済』か『銀行振込』が主流です。

 

そのため、後払いや分割払いを推奨している業者が少ないのが実態です。
ひかる

 

とはいえ『後払いじゃないと退職代行を利用できない』と悩む人が多いですよね。

 

そんな人のために後払いを何とかできる方法があります。以下のとおりです。

 

退職代行で後払いできる支払方法2点

  1. paidy後払い
  2. クレジットカードで分割払い

 

上から順番に解説していきます。

 

退職代行で後払いできる支払方法①:paidy後払い

 

メモ

paidyとは、メールアドレスと電話番号さえあれば、翌月の銀行振り込みやコンビニ決済できるサービスです。

 

なので仮にクレジットカードを持っていなかったとしても問題ありません。

 

ただしpaidy後払いはすべての退職代行業者に利用できないので、その都度、自分でpaidyが使えるか確認する必要があります。

 

とはいえ『paidyが使える業者を探すのがめんどくさい』と思っては、せっかく退職代行を利用したいのに不便ですよね。

 

そんな人のためにpaidyが使える業者を下記のリンクよりまとめてるので、気になる方はどうぞ。
ひかる

 

>>paidy後払いできる退職代行業者3社をすぐに見たい人はコチラ

 

退職代行で後払いできる支払方法②:クレジットカードの分割払い

 

後払いとは少しニュアンスが違いますが、分割払いで支払いを遅らせることができます。

 

退職代行業者の利用料金の決済が完了したら、クレジットカード会社に連絡して分割払いに変更することが可能です。

 

ただしクレジットカード会社によって、分割払いができない可能性もあるので事前に確認しとかないところが注意点。

 

分割払いの詳細を知りたい方は下記の別記事を参考にどうぞ。

 

 

後払いできる退職代行業者3社を紹介

 

後払いできる退職代行業者は以下のとおり。

 

後払いできる退職代行業者3社

  1. 退職代行Jobs
  2. 男の退職代行(男性専用)
  3. わたしNEXT(女性専用)

 

上から順番に解説していきます。

 

後払いできる退職代行業者①:退職代行Jobs

 

paidy後払いができる。

 

弁護士が在籍しているのでバックが強い

 

関連記事

退職代行Jobs準備中

 

後払いできる退職代行業者②:男の退職代行(男性専用)

 

paidy後払いができる。

 

③の『わたしNEXT』と同業者。

 

労働組合が運営している。

 

関連記事

準備中男の退職代行

 

後払いできる退職代行業者③:わたしNEXT(女性専用)

 

paidy後払いができる。

 

②の『男の退職代行』と同業者。

 

労働組合が運営している。

 

関連記事

準備中わたしNEXT

 

【しらなきゃ損】後払いできる退職代行を選ぶなら労働組合一択

 

後払いできる退職代行業者は複数存在しますが、ぶっちゃけ退職代行を選ぶなら労働組合一択です。

 

労働組合がいい理由は、会社と交渉できるため有給消化の対応をしてもらえるから。

 

その結果、お金がなかったとしても有給消化して、ある程度まとまった金額を回収することができます。

 

有給消化して辞めることで、実質、退職代行の料金がタダになりますよ。
ひかる

 

メモ

労働組合が運営していない一般の退職代行業者は、会社との交渉が弁護士法違反のため有給消化ができない決まりになっています。

 

労働組合が運営している退職代行業者を知りたい人は、下記の別記事を参考にどうぞ。

 

 

【本音】退職代行の後払いって本当にするべき?

 

退職代行で後払いを希望する人の多くは以下のように考えています。

 

  • 先払いしてしまうと逃げられる可能性がある
  • 退職失敗されたら返金してくれないかも
  • 詐欺の可能性があるから

 

というようなことが怖いため、後払いを選択する人が多いのが現実。

 

結論を言うと、退職代行はむしろ後払いの方が危険です。

 

一方で先払いを選択させる退職代行業者の方が実績や知名度が高い傾向があります。

 

というのも後払いとは違って先払いの方が良いのは、それだけ退職成功させる自信の表れがあり、実際に数字で結果を残しているから。

 

たとえば先払いの退職代行業者は以下のとおり。

 

  • 即日退職OK
  • 退職成功率100%と公式が宣言
  • 仮に退職失敗しても全額返金保証付き

 

というように先払いは、それだけ『退職成功させますよ』という自信があって宣言しています。

 

一方で後払いは『仮に退職失敗しても大丈夫なように保険とっておこ...』と弱気で、結果的に退職失敗してるところも多いです。

 

後払いより先払いの方が退職代行業者の実績や評判が高い傾向がありますからね。
ひかる

 

本来の目的を見失わないように

 

あなたの本来の目的はなんですか?後払いにして、お金をギリギリまで支払いたくないのですか?

 

いえ、本来の目的は退職を成功させたいはずです。

 

  • 後払いで実績が不十分な業者に依頼して、退職失敗してしまう
  • 先払いで実績や評判が高い業者に依頼して、確実に退職すること

 

どちらがいいと言われれば、ほとんどが後者なはずです。

 

生活がギリギリといっても退職代行に100万払うというわけではなく、たった数万円で退職できます。

 

数万円も、もちろん高いですがバイトさえすれば、すぐに返せる金額です。

 

労働組合が運営している退職代行業者に依頼すれば、有給消化も可能であり、まとまったお金を回収できます。
ひかる

 

最後に結論ですが、余程の理由があれば後払いでも大丈夫ですが、基本的には先払いの退職代行業者を選択し確実に退職しましょう。

 

先払い対応ができて実績&評判が抜群な業者を知りたい方は下記に別記事からどうぞ。

 

人気記事退職代行SARABAのメリット・デメリットを徹底解説!【一番の特徴は無料相談】

人気記事退職代行SARABAの口コミ・評判を利用者が紹介!【デメリットはある?】

 

まとめ:退職代行で後払いができる業者3社を紹介

 

今回は『退職代行で後払いができる業者3社を紹介【後払いより○○!】』を解説しました。

 

退職代行で後払いができる業者3社を以下に再度まとめました。

 

後払いできる退職代行業者3社

  1. 退職代行Jobs
  2. 男の退職代行(男性専用)
  3. わたしNEXT(女性専用)

 

他にも10社以上の後払いができる退職代行業者がありますが、全部紹介していたら『結局何が良いか分からない...』ようになるので3社に厳選しました。

 

上記の3社は後払いに対応している業者で、なおかつ実績や評判が高いので選んでおいて損はありません。

 

男性専用や女性専用もあるのでチェックしてみてくださいね。
ひかる

 

最後に下記の別記事には失敗しない退職代行業者を紹介してるので合わせて読んでみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行
-

© 2021 退職代行GO