退職代行を利用したら気まずい?【退職のパターン2点から徹底解説】アイキャッチ

退職代行の疑問

退職代行を利用したら気まずい?【退職のパターン2点から徹底解説】

 

・退職代行を利用したら人間関係が気まずい状況になるかな?

・自分で上司に退職の意思を伝えるのが気まずいしどうしよう...

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるパターン2点【かなり気まずい】
  • 退職代行を利用するパターン【気まずいを解消】
  • 気まずいを回避するなら退職代行を利用したほうがいい理由3点

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は『退職代行を利用したら気まずい状況になるか』を解説。

 

先に結論を言うと、退職代行を利用する・しないに関わらず、どちらにしろ人間関係が気まずくなります。

 

とはいえ、それでは答えにならないので、どちらかを選択するなら退職代行を利用する方が人間関係が気まずくならなくて済みますよ。

 

退職代行を利用すれば、職場の従業員と一切触れることなく辞めれる点が大きいです。
ひかる

 

この記事を読めば、上司に退職の意思を伝えて従業員と揉めるより、退職代行を利用して辞める方が人間関係のストレスが軽減されて気持ちが楽になりますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】退職代行を利用する・しないに関わらずどちらにしろ気まずい【迷うなら退職代行】

【結論】退職代行を利用する・しないに関わらずどちらにしろ気まずい【迷うなら退職代行】画像

 

冒頭でも伝えたとおり、退職代行を利用する・しないに関わらず、どちらにしろ人間関係が気まずいのが現実です。

 

とはいえ、それでは答えにならないので結論どちらかを選択すると、退職代行を利用する方が人間関係が気まずくならなくて済みますよ。

 

退職するにしても2パターンあって『自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるパターン』と『退職代行を利用するパターン』があります。

 

ほとんどの人は『自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるパターン』が多いですが、この辞め方だと数か月間は気まずい状態が続いてストレスを感じるので、あまりおすすめしません。

 

一方で『退職代行を利用するパターン』は最短で即日退職できるので、職場に行かなくなり人間関係の悩みもまったくないです。

 

正直言って、どちらも一長一短ありますが、退職代行の方がダラダラ過ごすことなく最短で転職活動に移れる点が大きいですね。

 

人間関係が気まずくならないのが退職代行の強みです。
ひかる

 

関連記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

 

自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるパターン2点【かなり気まずい】

自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるパターン2点【かなり気まずい】画像

 

自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるパターンは以下のとおり。

 

自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるパターン2点

  1. 上司に退職の意思を伝えるのが気まずい
  2. 退職日までの人間関係が気まずい

 

上から順番に解説していきます。

 

自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるパターン①:上司に退職の意思を伝えるのが気まずい

 

上司に退職の意思を伝えるのが気まずく感じる人は多いです。

 

上司に退職の意思を伝えるのが気まずいきっかけ     

  • 退職することで『ありえない』や『情けない』と言われる  

  • 退職の引き止めをされる  

  • 上司から怒られる

 

といったことで上司に退職の意思を伝えれない・伝えにくい人が多いです。

 

特に上司から『ありえない』や『情けない』と飽きられてしまい、その後がかなり気まずくなります。

 

退職日まで人間関係が気まずいと仕事しづらいので心が疲れますよ。
ひかる

 

関連:入社したてのときが最も気まずい

 

何年か経ってから上司に退職の意思を伝えるなら、まだお互い信頼性もあり気まずくないです。

 

ですが入社して間もない場合だと、人間関係の気まずさが増して上司に退職の意思を伝えれないですよね。

 

というのも新卒や試用期間の人が、すぐに退職すると伝えると『なぜ入社した?』という話になってしまい、周りの従業員から失笑されてしまうから。

 

解決策は、どうしても自分で退職を言い出せないなら、おもいきって退職代行を利用しましょう。

 

退職代行を利用すれば、周りの従業員と関わることなく辞めれるので、人間関係の気まずさを回避でき余計なストレスを抱えなくて済みますよ。

 

 

自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるパターン②:退職日までの人間関係が気まずい

 

自分で上司に退職の意思を伝えれたとしても、退職の意思を伝えてから退職日までの人間関係が気まずいです。

 

実際に私が過去に辞めた会社の話ですが、上司に退職の意思を伝えてから退職日まで、周りの従業員の反応が冷たく対応がひどくなりました。

 

日本では組織を大切にする習慣があるため、仕事を辞める人を良く思わない大人が多い結果、反応や対応がひどくなりがちです。

 

メンタルが弱い人こそ退職代行で辞めた方が、人間関係で気まずくならないし、他の従業員の嫌がらせもされないので検討してみましょう。

 

人間関係の嫌がらせを我慢するくらいなら、意味のない人間関係は切り捨てて退職代行を利用した方が次に繋がります。
ひかる

 

嫌がらせの詳細は『退職代行の利用で嫌がらせはある?【軽い嫌がらせなので支障なし】』の別記事を参考にどうぞ。

 

退職代行を利用するパターン【気まずいを解消】

退職代行を利用するパターン【気まずいを解消】画像

 

退職代行を利用することによって、もう2度と前職の人間とは関わらなくなり、人間関係の気まずい悩みも解消してくれます。

 

もし人間関係の気まずさに耐えられないのであれば、嫌な人間と接点を持たなければいい話なので、そういう面で見れば退職代行は圧倒的にコスパ良く気まずさを解消してくれるサービスです。

 

とはいえ退職代行を利用した後に引き継ぎなしで辞めるため、職場に迷惑がかかってしまうことがデメリットですね。

 

しかし職場に迷惑をかけたとしても違法なことはしていなく、自分に対するダメージは一切負わないので安心してください。

 

世の中では職場側が労働者に対して、ひどい扱いをしていることがほとんどなので退職代行を利用されて当然です。
ひかる

 

退職代行を利用することに1ミリも罪悪感や非常識と感じる必要はありませんよ。

 

 

気まずいを回避するなら退職代行を利用したほうがいい理由3点

気まずいを回避するなら退職代行を利用したほうがいい理由3点画像

 

人間関係の気まずいを回避するなら退職代行を利用したほうがいいです。

 

理由は気まずい悩みをずっと抱えていては仕事に迷って疲れてしまうので、仮に退職代行がありえないとしても強行に出た方がいいから。

 

ぶっちゃけ本音を言うと、『退職代行=ありえない』は勝手に世間が感じている悪いイメージであり、実際は正式なサービスとして退職したい人に絶大な人気を誇っています。

 

近年では退職代行を利用する人が急増してるので、退職代行を求めてる人が多い証拠でもありますからね。
ひかる

 

次の見出しからは退職代行を利用しても安心な面を紹介していきます。

 

気まずいを回避するなら退職代行を利用したほうがいい理由3点

  1. 無料相談から始めれる
  2. 人間関係に悩まなくていい
  3. 退職代行を利用したところで転職に影響しない

 

上から順番に解説していきます。

 

気まずいを回避するなら退職代行を利用したほうがいい理由①:無料相談から始めれる

 

退職代行は気まずいかは置いといて、とりあえず無料相談で悩みを解消するところから始めましょう。

 

無料相談では『疑問に思う点』などの質問無制限で、24時間365日いつでも対応してくれることもあり、あなたに寄り添ってくれますよ。

 

最近ではLINEで無料相談できるのでサクッと疑問に思う点を聞けますね。
ひかる

 

注意点としては無料相談できる退職代行業者が限られているところです。

 

とはいえ無料相談できる退職代行業者を『探すのがめんどくさい』『時間がない』という人が多いのが現実です。

 

そこで下記に無料相談できる退職代行業者を紹介しているので、気になる方はチェックしてくださいね。

 

>>退職代行を利用したいけど無料相談できる業者はどこ?【3社紹介】

 

気まずいを回避するなら退職代行を利用したほうがいい理由②:人間関係に悩まなくていい

 

繰り返しになりますが、退職代行を利用すれば人間関係に悩む必要はありません。

 

自分で上司に退職の意思を伝えることで、引き止めや嫌がらせを受けて人間関係が気まずくなるのが嫌だから、退職代行を利用する人が多い傾向にありますからね。

 

退職代行を利用すれば職場に迷惑というデメリットはありますが、それ以上に人間関係に気まずくならないし、『有給消化』や『引き継ぎなし』で辞めれるメリットが沢山あります。

 

職場に迷惑というデメリットも重労働をかせられてるのなら、辞められて当然なのでデメリットというデメリットではないですね。

 

『有給消化』や『引き継ぎなし』の詳細を知りたい方は下記の別記事を参考に読んでください。

 

 

気まずいを回避するなら退職代行を利用したほうがいい理由③:退職代行を利用しても転職に影響しない

 

『人間関係が気まずいから退職代行を利用したいけど、転職に影響が出たら嫌だな...』と思ってる人は多いのではないでしょうか。

 

勘違いしてる人が多いですが、退職代行を利用したところで今後の転職には影響しません。

 

退職代行は強行して辞めてることもあり、そのぶん『何かリスクがあるんじゃないか?』と思う人が多いですが、リスクはないので理解しておきましょう。

 

ただ単に辞めさせて終わりではなく、退職代行業者も、あなたの今後のために『転職サポート』という特典を付けてくれてますよ。
ひかる

 

転職に影響するかの詳細を知りたい方は『退職代行は転職に影響するのか?【転職に影響するケース3点も紹介】』の別記事を参考にどうぞ。

 

【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点

【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点画像

 

退職代行に依頼したい人は下記の項目を確認しましょう。

 

退職代行業者を依頼するときに見るポイント8点

  1. 無料相談
  2. 即日退職
  3. 有給消化
  4. 成功率の高さ
  5. 全額返金保証付き
  6. 無料転職サポート付き
  7. 弁護士が在籍しているか
  8. 労働組合が運営しているか

 

何となくで退職代行に依頼するのもOKですが、依頼先が悪質な退職代行業者だったときには、すでに手遅れの場合があるので注意が必要です。

 

優良な退職代行業者に依頼するためにも、上記のポイント8点を意識しつつ自分に合っている退職代行業者を探してみてくださいね。

 

特に確認しておくべきポイントは、『無料相談』ができる退職代行業者かどうかですよ。
ひかる

 

退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点の別記事を下記に用意したので参考にどうぞ。

 

 

【最重要】どこの退職代行業者にしようか迷ってるなら○○!

【最重要】どこの退職代行業者にしようか迷ってるなら○○!画像

 

退職代行に依頼したいけど『結局、どこの退職代行業者がいいの?』と思っていませんか?

 

結論、どこにしようか迷ってるなら『退職代行SARABA』を選べば間違いありません。

 

退職代行SARABAの詳細

  • 24時間365日いつでも無料相談ができる

  • 退職できなかった場合、全額返金保証

  • 労働組合なので会社と交渉が可能

  • 職歴関係なしで即日退職OK

  • 無料転職サポート付き

 

上記のとおり退職代行SARABAを利用するのなら申し分ないサポートの厚さで、あなたをフォローしてくれます。

 

退職後のことも考え『無料転職サポート』というアフターフォローも付いてるのが、退職代行界でNo.1である実績の秘訣ですね。
ひかる

 

さらに今、退職代行SARABAに依頼すると期間限定で2大特典が手に入るので、後から損しないために『LINEで無料相談』だけでも済ませておけば後悔しません。

 

もちろん退職代行SARABAに依頼するかは自由なので、最終的にあなたが後悔しない選択をお願いします。

 

>>【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順の記事を読む

 

 

まとめ:退職代行を利用した方が気まずいは解消される

まとめ:退職代行を利用した方が気まずいは解消される画像

 

今回は『退職代行を利用したら気まずい?【退職のパターン2点から徹底解説】』を紹介しました。

 

結論、退職代行を利用する・しないに関わらず、どちらにしろ人間関係が気まずくなります。

 

とはいえ、それでは答えにならないので結論どちらかを選択すると、退職代行を利用する方が人間関係が気まずくならなくて済みますよ。

 

ほとんどの人は『自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるパターン』が多いですが、この辞め方だと数か月間は気まずい状態が続いてストレスを感じるので、あまりおすすめしません。

 

一方で『退職代行を利用するパターン』は最短で即日退職できるので、職場に行かなくなり人間関係の悩みもまったくないです。

 

即日退職すれば、退職日までの人間関係が気まずくならないのが退職代行の強みです。
ひかる

 

最後に下記の別記事には失敗しない退職代行業者を紹介してるので合わせて読んでみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行の疑問
-