退職代行を利用したら転職先に知られる?【知られるケースも解説】アイキャッチ

退職代行の疑問

退職代行を利用したら転職先に知られる?【知られるケースも解説】

 

・退職代行を利用しても転職先に知られないかな?

・退職代行って転職に影響するのかな?

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 退職代行を利用しても転職先に知られない理由3点
  • 退職代行を利用して転職先に知られるケース3点
  • 退職代行を利用して転職先に知られないようにする対処法3点

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は『退職代行を利用しても転職先には知られないか』を解説します。

 

先に結論を言うと、退職代行を利用しても転職先には知られません。

 

とは言っても、ほとんどの場合は転職先には知られませんが、トラブルにより100%知られない保証はできないので理解しておきましょう。

 

本記事の後半では、転職先に知られにくい退職代行業者を紹介してるので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、退職代行を利用しても転職先には知られないことが分かり、今から気軽に退職代行を利用できますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

退職代行を利用しても転職先に知られない理由3点

退職代行を利用しても転職先に知られない理由3点画像

 

退職代行を利用しても転職先に知られない理由は下記のとおり。

 

退職代行を利用しても転職先に知られない理由3点

  1. 退職代行業者の配慮と仕組みがある
  2. すべてLINEで完結する
  3. 自己都合退職になる

 

上から順番に解説していきます。

 

退職代行を利用しても転職先に知られない理由①:退職代行業者の配慮と仕組みがある

 

退職代行を利用しても転職先に知られない理由は、退職代行業者の配慮と仕組みがあるからです。

 

退職代行を利用すると、下記のように会社とのやり取りは全て退職代行業者が仲介に入って進んでいきます。

 

退職代行業者の役割図解

 

退職代行業者と会社のやり取り  

  • 退職日の決定  

  • 書類などの送付  

  • 会社への有給などの交渉   

 

以上のように本来は当人がやらなければいけないことを全て退職代行業者が代理で行ってくれます。

 

自分が退職の手続きをしたくない(できない)なら、退職代行業者に任せることでストレスをかけずに辞めることができますよ。

 

退職代行を利用しても転職先に知られない理由②:すべてLINEで完結する

 

退職代行を利用しても転職先に知られない理由は、業者とのやり取りは、すべてLINEで完結するからです。

 

LINEで退職代行に依頼することで転職先に知られることなく辞めれることが人気の秘訣ですね。

 

というのも仮に前職の従業員に転職先のことを喋ってしまうと変な噂を流される可能性があります。

 

その反面で退職代行業者は信頼できるので余計な情報を流されるといったミスはありません。

 

退職代行SARABAならLINEで無料相談できるので、空き時間にサクッと登録だけでも済ませれば忘れませんよ。
ひかる

 

退職代行SARABAのLINE登録手順は『【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順を徹底解説』の別記事を参考にどうぞ。

 

退職代行を利用しても転職先に知られない理由③:自己都合退職になる

 

退職代行を利用しても転職先に知られない理由は、自己都合退職になるからです。

 

退職代行を利用すると退職理由に『退職代行を利用して辞めた』ことを書かれるから転職先に知られると思う人が多いですよね?

 

実際は退職代行業者が退職理由を『一身上の都合により退職』と処理してくれ、自己都合退職になるので転職先には知られません。

 

自己都合退職にすれば普通に退職したと同じ扱いなので転職に影響しませんよ。
ひかる

 

退職代行を利用せずにバックレする?

 

気をつけて欲しいのが『退職代行を利用したくない』でも『会社にも行きたくない』と考えた結果、我慢できずにバックレをする人がいます。

 

結論、バックレするくらいなら退職代行を利用した方が100倍良いです。

 

なぜならバックレをすると懲戒退職と処理される可能性が高く、今後の転職活動に悪影響しかないから。

 

下記にバックレに関する別記事を用意したので、気になる方は読んでみてください。

 

 

退職代行を利用して転職先に知られるケース3点

退職代行を利用して転職先に知られるケース3点画像

 

退職代行を利用して転職先に知られるケースは以下のとおり。

 

退職代行を利用して転職先に知られるケース3点

  1. 従業員からの復讐
  2. 面接で質問される
  3. 前職と転職先が繋がっている

 

上から順番に解説していきます。

 

退職代行を利用して転職先に知られるケース①:従業員からの復讐

 

退職代行を利用して転職先に知られるケース①は、従業員からの復讐です。

 

従業員から復讐を受ける理由は、退職代行を利用して無責任な辞め方に腹を立て、従業員が復讐したい気持ちになるから。

 

従業員から復讐される詳細3点  

転職先に退職代行を利用したとチクられる  

頻繁にイタズラ電話をかけてくる  

暴行や暴言を言われる  

 

上記のような復讐をしてくる場合があります。

 

実際のところ復讐をしてくる従業員は、ほとんどいないので気に留める必要もありません。

 

とはいえ復讐したい人が"0"ではないことだけ理解しましょう。
ひかる

 

退職代行の復讐に関する詳細は『退職代行を利用したら復讐される?【復讐する方法3点も徹底解説】』の別記事を参考にどうぞ。

 

退職代行を利用して転職先に知られるケース②:面接で質問される

 

面接で退職代行を利用して辞めたことを話してしまうと、転職先の従業員から敬遠されてしまう恐れがあります。

 

対処法としては面接で100%聞かれる退職した理由では『人間関係が限界だった』などと言い換えて話しましょう。

 

面接官も『どうやって辞めた?』までは聞いてきませんので安心してください。

 

退職代行を利用して辞めたと言うと、ほとんど不合格になると考えておいてくださいね。
ひかる

 

退職代行を利用して転職先に知られるケース③:前職と転職先が繋がっている

 

前職の人と転職先の人が繋がっていることで、退職代行を利用したことをチクられ、転職先に入社した後に悪影響が広まる恐れがあります。

 

ぶっちゃけ前職と転職先の人が繋がってたは対応のしようがないのが現実です。

 

そのため退職代行を利用して変な目で見られたくないなら、転職先を異業種にして回避するか、遠くの町に転職しましょう。

 

退職代行を利用して転職先に知られないようにする対処法3点

退職代行を利用して転職先に知られないようにする対処法3点画像

 

退職代行を利用して転職先に知られないようにする対処法は以下のとおり。

 

退職代行を利用して転職先に知られないようにする対処法3点

  1. 自分から転職先を言わないようにする
  2. 前職の人とは関わらないようにする
  3. 退職代行業者の人に念を押す

 

上から順番に解説していきます。

 

退職代行を利用して転職先に知られないようにする対処法①:自分から転職先を言わないようにする

 

退職代行を利用してから前職の従業員には転職先は言わないようにしましょう。

 

なぜなら前職の従業員に転職先を言ってしまうと噂が広がって最悪の場合、転職先にも伝わる可能性があるからです。

 

特にSNSなどを利用して気軽に『○○株式会社に入社決定した~』と、呟くことでバレる恐れがあるので注意しよう。

 

仮に転職先を言ったとしても、ほとんど影響はないと思いますが、言わないことに越したことはありません。

 

退職代行を利用して転職先に知られないようにする対処法②:前職の人とは関わらないようにする

 

退職代行を利用してから前職の人とは関わらないようにしましょう。

 

前職の人と関わりすぎてしまうと温情で、ついつい転職先の詳細を話してしまう恐れがあるからです。

 

噂話をすぐにバラす人も多いので、前職で噂が広がれば収拾がつかなくなります。

 

とはいえ絶対に切れぬ縁もあるので、関わる相手を見極めることが何より大切です。

 

退職代行を利用して転職先に知られないようにする対処法③:退職代行業者の人に念を押す

 

退職代行業者に会社側に伝わるように『本人と親に電話して来ないでほしい』と念を押して言っておきましょう。

 

念には念を入れることで前職と完全に絶縁することが可能になりますので、転職先に知られるキッカケはありません。

 

退職代行業者もプロなので、会社側にキッチリ伝えてくれます。

 

少し注意点ですが...

 

退職代行の公式も伝えていますが、本当に稀に『本人と親に電話して来ないでほしい』と会社側に伝えたのに、会社から電話が来ることもあります。

 

というのも『本人と親に電話して来ないでほしい』と伝えたとしても強制力はないからです。

 

とはいえ、ほとんど会社は理解して電話をして来ないので安心してください。

 

もし電話が来ることが嫌な人は着信拒否にして退職すればOK。
ひかる

 

関連記事

退職代行を利用すると親に電話をされる?【会社の判断によります】

退職代行を使った後に会社から電話が来る?【対処法2点あり】

 

【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点

【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点画像

 

退職代行に依頼したい人は下記の項目を確認しましょう。

 

退職代行業者を依頼するときに見るポイント8点

  1. 無料相談
  2. 即日退職
  3. 有給消化
  4. 成功率の高さ
  5. 全額返金保証付き
  6. 無料転職サポート付き
  7. 弁護士が在籍しているか
  8. 労働組合が運営しているか

 

何となくで退職代行に依頼するのもOKですが、依頼先が悪質な退職代行業者だったときには、すでに手遅れの場合があるので注意が必要です。

 

優良な退職代行業者に依頼するためにも、上記のポイント8点を意識しつつ自分に合っている退職代行業者を探してみてくださいね。

 

特に確認しておくべきポイントは、『無料相談』ができる退職代行業者かどうかですよ。
ひかる

 

退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8点の別記事を下記に用意したので参考にどうぞ。

 

 

【最重要】どこの退職代行業者にしようか迷ってるなら○○!

【最重要】どこの退職代行業者にしようか迷ってるなら○○!画像

 

退職代行に依頼したいけど『結局、どこの退職代行業者がいいの?』と思っていませんか?

 

結論、どこにしようか迷ってるなら『退職代行SARABA』を選べば間違いありません。

 

退職代行SARABAの詳細

  • 24時間365日いつでも無料相談ができる

  • 退職できなかった場合、全額返金保証

  • 労働組合なので会社と交渉が可能

  • 職歴関係なしで即日退職OK

  • 無料転職サポート付き

 

上記のとおり退職代行SARABAを利用するのなら申し分ないサポートの厚さで、あなたをフォローしてくれます。

 

退職後のことも考え『無料転職サポート』というアフターフォローも付いてるのが、退職代行界でNo.1である実績の秘訣ですね。
ひかる

 

さらに今、退職代行SARABAに依頼すると期間限定で2大特典が手に入るので、後から損しないために『LINEで無料相談』だけでも済ませておけば後悔しません。

 

もちろん退職代行SARABAに依頼するかは自由なので、最終的にあなたが後悔しない選択をお願いします。

 

>>【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順の記事を読む

 

 

おまけ:退職代行を利用すれば転職に影響はあるのか?

おまけ:退職代行を利用すれば転職に影響はあるのか?画像

 

結論、退職代行を利用しても転職に影響はありません。

 

なぜなら退職代行業者が退職理由を『一身上の都合により退職』と処理してくれ、自己都合退職になるので転職先には知られないから。

 

転職先に知られないので転職に影響されるはずがなく、退職後も安心して転職活動をできますよ。

 

近年では退職代行に無料転職サポートも付いてるので、気になる方は利用してくださいね。
ひかる

 

詳細は『退職代行は転職に影響するのか?【注意点3点あり】』の別記事を参考にどうぞ

 

まとめ:退職代行を利用しても転職先には知られない

まとめ:退職代行を利用しても転職先には知られない画像

 

今回は『退職代行を利用したら転職先に知られる?【知られるケースも解説】』を紹介しました。

 

結論、退職代行を利用しても転職先には知られません。

 

とは言っても、ほとんどの場合は転職先には知られませんが、トラブルにより100%知られない保証はできないので理解しておきましょう。

 

自分から余計なことをしない限り、転職先に知られることはなく転職にも影響しないので退職代行を利用しても被害はありませんよ。

 

実績&認知度が高い『退職代行SARABA』に依頼しておけば間違いないです。
ひかる

 

最後に下記の別記事には失敗しない退職代行業者を紹介してるので合わせて読んでみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行の疑問
-