退職で嫌がらせの仕返しがしたい!【個人だと流石に負けます】アイキャッチ

退職の悩み

退職で嫌がらせの仕返しがしたい!【個人だと流石に負けます】

 

・退職で嫌がらせの仕返しがしたいと思ってる...

・普段から嫌がらせを受けているから効果的な仕返しはないかな?

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 退職で嫌がらせの仕返しはしないほうがいい【気持ちは分かる】
  • 退職の仕返しでやってはいけないこと3点
  • 【裏ワザ】もし仕返しがしたいのなら退職代行を利用して辞めよう【3点解説】

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は『退職で嫌がらせの仕返しがしたい』を解説します。

 

ぶっちゃけ退職の嫌がらせはしない方が自分のためです。

 

もちろん気持ちは分かりますが、仕返しをすることで自分にも損害を被ることもあるので止めておいた方がいいですね。

 

本記事の後半では、仕返しができる唯一の手段を教えるので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、退職で嫌がらせの仕返しはしない方がいいですが、どうしても仕返ししたいなら方法は○○だけということが分かりますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

退職で嫌がらせの仕返しはしないほうがいい【気持ちは分かる】

退職で嫌がらせの仕返しはしないほうがいい【気持ちは分かる】画像

 

退職をする際に嫌がらせの仕返しをしたい気持ちも分かります。

 

仮に職場に仕返しをすると、職場から貴方に攻撃の仕返しをされることがあるので注意が必要です。

 

というのも個人VS企業では分が悪すぎるので喧嘩をしたところで勝ち目はないから。

 

もちろん家が大金持ちや勝てる勝算があるのなら話は別ですが、ほとんどの人は嫌がらせを軽くやり返すくらいの気持ちでいますよね。

 

自分では軽い気持ちであったとしても、企業側が激怒して裁判に持ち込まれたら人生が破滅します。

 

そのため仕返しをしたい気持ちはわかりますが、そこをグッと押さえて普通に退職した方が後々悲惨にならなくて済むので仕返しは止めましょう。

 

些細な嫌がらせの仕返しさえも大炎上を招く原因となりえます。

 

それでも、もし仕返しがしたいのなら、記事の後半に詳細があるので最後までどうぞ。
ひかる

 

退職の仕返しでやってはいけないこと3点

退職の仕返しでやってはいけないこと3点画像

 

退職の仕返しでやってはいけないことは以下のとおり。

 

退職の仕返しでやってはいけないこと3点

  1. バックレをして困らせる
  2. イジメてきた従業員を名指しにする
  3. 業務に支障が出るような嫌がらせをする

 

上から順番に解説していきます。

 

退職の仕返しでやってはいけないこと①:バックレをして困らせる

 

退職の仕返しでバックレ(無断欠勤)をして困らせてはいけません。

 

確かにバックレをすれば職場の人が混乱するので仕返しできてるように錯覚します。

 

ただバックレをすれば職場に仕返しはできていますが、自分にもリターンが返ってくると考えておいてください。

 

バックレをすると職場から悪質とみなされ『懲戒解雇』として処理されるリターンが振り下ろされます。

 

懲戒解雇になれば転職しにくくなるので、これからの人生ずっと生きにくくなると考えた方がいいですね。

 

バックレをするくらいなら『退職代行』を利用した方が100倍マシです。
ひかる

 

関連記事

【退職代行 VS バックレ】どっちの方が安全に退職できる!?

 

退職の仕返しでやってはいけないこと②:イジメてきた従業員を名指しにする

 

イジメてきた従業員を名指しにして困らせてはいけません。

 

なぜなら職場である程度の権力者を名指しにした場合は、周りの従業員は権力者の味方につくので、あなたの味方には誰もつかないから。

 

嫌がらせをされたことに同情してもらう作戦なのに、周りが『○○さんは、そんなことしてない!』と言われれば終わりですからね。

 

よって話が揉める原因になるので自分が疲れるだけになります。

 

強い方に味方をするのは当然なので、自分に権力がないうちは余計な主張はやめましょう。
ひかる

 

退職の仕返しでやってはいけないこと③:業務に支障が出るような嫌がらせをする

 

絶対に業務に支障が出るような嫌がらせは止めましょう。

 

理由は故意で業務に支障が出るような嫌がらせをすることで職場から訴えられる可能性があるから。

 

普通に退職するぶんには訴えられないので、ヤケクソになって業務を妨害するのだけは止めましょう。

 

故意で業務に支障をきたすと損害賠償請求されますよ。
ひかる

 

【裏ワザ】もし仕返しがしたいのなら退職代行を利用して辞めよう【3点解説】

【裏ワザ】もし仕返しがしたいのなら退職代行を利用して辞めよう【3点解説】画像

 

もし仕返しがしたいのなら退職代行を利用して辞めようは以下のとおり

 

【裏ワザ】もし仕返しがしたいのなら退職代行を利用して辞めよう【3点解説】

  1. 引き継ぎは不要
  2. 人手不足で困る
  3. 職場全体が混乱する

 

上から順番に解説していきます。

 

【裏ワザ】もし仕返しがしたいのなら退職代行を利用して辞めよう①:引き継ぎは不要

 

退職代行を利用すれば引き継ぎなしで辞めれます。

 

引き継ぎなしで仕事を辞めることで、職場が混乱するので仕返しをすることが可能です。

 

そもそもですが引き継ぎをしなければいけないルールはないので拒否してもいいんですよね。

 

ただ注意点としては、社内規定に引き継ぎをしなければいけない規定があるのなら拒否はできません。

 

ほとんどの職場は社内規定に引き継ぎの旨を記されていないので、退職代行を利用して気にせずに辞めた方がいいですよ。

 

『退職=引き継ぎ』となっていますが、相互関係はありません。
ひかる

 

 

【裏ワザ】もし仕返しがしたいのなら退職代行を利用して辞めよう②:人手不足で困る

 

退職代行を利用して辞めれば、職場の人手不足で困ります。

 

普通なら退職を伝えてから1か月後に退職日を迎えるので、それまでに人員確保するために動けます。ですが退職代行は急に辞めるので人手不足に困るハメになりますね。

 

大企業なら人が多いのでカバーできますが、中小企業だと人が足りていないぶん1人辞めるだけでも大打撃でしょう。

 

そもそも人手不足になっているのは職場の人事が悪いということを覚えておこう。
ひかる

 

【裏ワザ】もし仕返しがしたいのなら退職代行を利用して辞めよう③:職場全体が混乱する

 

退職代行を利用すれば職場全体が混乱します。

 

特に退職代行を利用されるのが初めての職場は、どう対応したらいいのか分からなく混乱するのは目に見えていますからね。

 

私が過去に勤めていた職場で退職代行を利用してた人がいましたが、職場がどう対応したらいいか分からなく1日中迷っていました。

 

引き継ぎや人手不足の問題以外にも怒りを覚えさせれるので仕返しするには退職代行は最強の手段ですよ。

 

退職代行で仕返ししても大丈夫な理由

退職代行で仕返ししても大丈夫な理由画像

 

退職代行で仕返ししても大丈夫です。

 

理由は『退職代行SARABA』様を例に出しますが、退職代行を利用して訴えられたことは1度もないと明言してるからです。

 

それに世の中には『仕事行きたくない...』『仕事を辞めさせてくれない...』から悩んでる人が大勢います。

 

そんな人がどうするかというと、退職代行を利用して辞める人が年々急増してる背景がありますね。

 

退職代行にマイナスのイメージを持っている人が多いですが、逆に上手く使いこなせれば、これ以上ない最強のサービスとなっていますよ。

 

職場に個人で攻撃するとリターンが返ってきて自分にも被害が被る可能性は大です。

 

一方で退職代行という業者とタッグを組めば、間接的に職場に仕返しができるので利用者が増えていますね。

 

職場が嫌いな人にとって、退職代行は最強の手段です。
ひかる

 

まとめ:退職で嫌がらせの仕返しをしたいなら退職代行を利用しよう

まとめ:退職で嫌がらせの仕返しをしたいなら退職代行を利用しよう画像

 

今回は『退職で嫌がらせの仕返しがしたい!【個人だと流石に負けます】』を解説しました。

 

ぶっちゃけ退職の嫌がらせはしない方が自分のためです。

 

とはいえ、どうしても退職で仕返しをしたいと考えてるのなら『退職代行』が最強の手段となっています。

 

個人で職場に仕返しをするのではなく、退職代行という業者とタッグを組めば間接的に職場に仕返しができますよ。

 

職場に一矢報いたいのなら、退職代行ほど強い手段は他にないですね。
ひかる

 

最後に退職代行に関する詳細をもっと知りたい方は、下記のボタンから確認してみてください。

 

退職代行の記事一覧はコチラ

 

今回は以上です。

 

-退職の悩み
-