退職で嫌がらせの仕返しがしたい!【個人だと流石に負けます】アイキャッチ

退職の悩み

退職で嫌がらせの仕返しがしたい!【個人だと流石に負けます】

 

・退職で嫌がらせの仕返しがしたいと思ってる...

 

・普段から嫌がらせを受けているから効果的な仕返しはないかな?

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 退職の仕返しでやってはいけないこと3点
  • 【裏ワザ】もし仕返しがしたいのなら退職代行を利用して辞めよう【3点解説】
  • 退職代行で嫌がらせの仕返ししても大丈夫な理由を紹介

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は退職で嫌がらせの仕返しがしたいを解説します。

 

ぶっちゃけ退職で嫌がらせの仕返しはしない方が自分のためです。

 

もちろん仕返ししたい気持ちは分かりますが、仕返しをすることで自分にも損害を被ることもあるので止めておいた方がいいですね。

 

本記事の後半では、退職で嫌がらせの仕返しができる唯一の手段を教えるので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、退職で嫌がらせの仕返しはしない方がいいですが、どうしても仕返ししたいなら方法は○○だけということが分かりますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

退職で嫌がらせの仕返しはしないほうがいい【個人だと流石に負けます】

退職で嫌がらせの仕返しはしないほうがいい【気持ちは分かる】画像

 

退職をする際に嫌がらせの仕返しをしたい気持ちは分かります。

 

仮に職場に嫌がらせの仕返しをすると、職場から貴方に攻撃の仕返しをされることがあるので注意が必要です。

 

というのも個人VS企業では分が悪すぎるので喧嘩をしたところで勝ち目はないから。

 

もちろん家が大金持ちや勝てる勝算があるのなら話は別ですが、ほとんどの人は嫌がらせを軽くやり返すくらいの気持ちでいますよね。

 

自分では軽い気持ちであったとしても、企業側が激怒して裁判に持ち込まれたら人生が破滅します。

 

そのため退職で嫌がらせの仕返しをしたい気持ちはわかりますが、そこをグッと押さえて普通に退職した方が後々悲惨にならなくて済むので仕返しは止めましょう。

 

些細な嫌がらせの仕返しさえも大炎上を招く原因となりえます。

 

それでも、もし仕返しがしたいのなら、記事の後半に詳細があるので最後までどうぞ。
ひかる

 

目次に戻る

退職の仕返しでやってはいけないこと3点

退職の仕返しでやってはいけないこと3点画像

 

退職の仕返しでやってはいけないことは以下のとおり。

 

退職の仕返しでやってはいけないこと3点

  1. バックレをして困らせる
  2. イジメてきた従業員を名指しにする
  3. 業務に支障が出るような嫌がらせをする

 

上から順番に解説していきます。

 

退職の仕返しでやってはいけないこと①:バックレをして困らせる

 

退職の仕返しでバックレ(無断欠勤)をして困らせてはいけません。

 

確かにバックレをすれば職場の人が混乱するので『ざまぁ見ろ!』と仕返しできてるように感じます。

 

ただバックレをすれば職場に仕返しはできていますが、自分にも悪いリターンが返ってくると考えておいてください。

 

バックレをすると職場から悪質とみなされ『懲戒解雇』として処理される悪いリターンがあるからです。

 

懲戒解雇になれば今後ずっと転職しにくくなるので、これから人生詰んだといっていいでしょう。

 

 関連:バックレをすれば会社の人が家にくる?

 

バックレをすれば高確率で職場の人が家に来ます。あるいは鬼電されるでしょう。

 

ぶっちゃけメンドクサイのでバックレすると自分に被害は大きいです。

 

続きの詳細は『会社をバックレると職場の人が家に来る?【いつか泣きます】』の別記事を参考にしてください。

 

退職の仕返しでやってはいけないこと②:イジメてきた従業員を名指しにする

 

イジメてきた従業員を名指しにして困らせてはいけません。

 

なぜならイジメてきた従業員を名指しにした場合、『いやいや君の○○が気に食わないからだ!』と退職する方を悪者扱いするから。

 

もし気に食わなければ圧力(パワハラ)で退職する人を黙らせようとする悪い上司は存在するので注意しましょう。

 

イジメてきた従業員を名指しにすると、それだけ自分にもリターンが返ってきますよ。
ひかる

 

パワハラについて詳細を知りたい方は下記の別記事をご覧ください。

 

 

退職の仕返しでやってはいけないこと③:業務に支障が出るような嫌がらせをする

 

絶対に業務に支障が出るような嫌がらせは止めましょう。

 

理由は故意で業務に支障が出るような嫌がらせをすることで職場から訴えられる可能性があるから。

 

普通に退職するぶんには訴えられないので、ヤケクソになって業務を妨害するのだけは止めましょう。

 

故意で業務に支障をきたすと損害賠償請求されますよ。
ひかる

 

目次に戻る

【裏ワザ】もし仕返しがしたいのなら退職代行を利用して辞めよう【3点解説】

【裏ワザ】もし仕返しがしたいのなら退職代行を利用して辞めよう【3点解説】画像

 

もし仕返しがしたいのなら退職代行を利用して辞めようは以下のとおり

 

【裏ワザ】もし仕返しがしたいのなら退職代行を利用して辞めよう【3点解説】

  1. 引き継ぎは不要
  2. 人手不足で困る
  3. 嫌がらせを我慢するよりマシ

 

上から順番に解説していきます。

 

【裏ワザ】もし仕返しがしたいのなら退職代行を利用して辞めよう①:引き継ぎは不要

 

退職代行を利用すれば引き継ぎなしで辞めれます。

 

引き継ぎなしで仕事を辞めることで、職場が混乱するので間接的に退職で嫌がらせの仕返しをすることが可能です。

 

そもそもですが絶対に引き継ぎをしなければいけないルールはないので引き継ぎを拒否してもいいんですよね。

 

ただ注意点としては、社内規定に引き継ぎをしなければいけない規定があるのなら拒否はできないです。

 

しかし、ほとんどの職場は社内規定に引き継ぎの旨を記載されていないので、退職代行を利用しても何も害はありません。

 

引き継ぎに関する詳細を知りたい方は下記の別記事をご覧ください。

 

 

【裏ワザ】もし仕返しがしたいのなら退職代行を利用して辞めよう②:人手不足で困る

 

退職代行を利用して急に辞めれば、職場の人手不足で困ります。

 

普通なら退職を伝えてから1か月後に退職日を迎えるので、期日までに人員確保するため動けます。ですが退職代行は急に辞めるので職場によれば人手不足に困りますね。

 

大企業なら従業員が多いのでカバーできますが、中小企業だと人が足りていないぶん1人辞めるだけでも大打撃でしょう。

 

そもそもですが人手不足になるのは人事が悪いです。人を集めれていない証拠ですからね。
ひかる

 

続きの詳細は『仕事を辞めさせてくれない理由が人手不足なときの対処法を徹底解説』の別記事を参考にしてください。

 

【裏ワザ】もし仕返しがしたいのなら退職代行を利用して辞めよう③:嫌がらせを我慢するよりマシ

 

よく従業員からの嫌がらせを耐えて頑張ろうとする人がいます。

 

ぶっちゃけ嫌がらせを耐えるのは絶対にNGです。今は耐えれたとしても年単位で長期的に見れば絶対メンタル崩壊していますから。

 

日本では良くも悪くも耐えるのが美学となっていますが、それは精神論でしかないです。うつ病で働けなくなったら意味ないですからね。

 

嫌がらせを耐えるより、サッと転職して次のステップを踏む方が効率的です。
ひかる

 

嫌がらせを跳ね返そう

 

職場で嫌がらせを受けてるのなら、退職代行を利用して嫌がらせを跳ね返しましょう。

 

退職代行を利用すれば日頃の嫌がらせを跳ね返せれるので、『やってやったぞ!』とストレス解消できますよ。

 

続きの詳細は下記の別記事をご覧ください。

 

>>退職代行の利用で嫌がらせはある?【軽い嫌がらせなので支障なし】

 

目次に戻る

退職代行で嫌がらせの仕返ししても大丈夫な理由を紹介

退職代行で仕返ししても大丈夫な理由画像

 

退職代行で嫌がらせの仕返しをして大丈夫です。

 

なぜなら『退職代行SARABA』を例に出しますが、退職代行を利用して訴えられたことは1度もないと明言してるからです。

 

なぜ訴えられないかと言うと、職場からしたらコスパが悪いから。職場の人も暇ではないので退職代行で辞めた人のことを深追いする時間はありません。

 

退職代行SARABAは実績もあるので依頼して失敗することはないですね。
ひかる

 

退職代行SARABAの詳細は『退職代行SARABAユニオンの詳細まとめ8選【すべて分かる】』の別記事をご覧ください。

 

世の中は悲惨なので...

 

世の中は悲惨です。なぜなら職場で嫌がらせを受けたりして『仕事に行きたくない...』と思える社会だから。

 

ほとんどの人が嫌がらせを受けても耐えなければいけません。ただ近年では嫌な人間から速攻で逃げれる退職代行が充実しています。

 

嫌がらせに耐えられなく見返してやりたい気持ちから、退職代行を利用する人は年々急増しているのが実態です。

 

もし退職代行で嫌がらせの仕返しをと考えてる人は下記の別記事を読んで理解を深めてください。

 

人気記事退職代行サービスに関する疑問26点を回答【誰も教えてくれない】

人気記事
退職代行サービスに関する疑問26点を回答【誰も教えてくれない】アイキャッチ
退職代行サービスに関する疑問26点を回答【誰も教えてくれない】

続きを見る

 

目次に戻る

まとめ:退職で嫌がらせの仕返しをしたいなら退職代行を利用しよう

まとめ:退職で嫌がらせの仕返しをしたいなら退職代行を利用しよう画像

 

今回は『退職で嫌がらせの仕返しがしたい!【個人だと流石に負けます】』を解説しました。

 

ぶっちゃけ退職で嫌がらせの仕返しはしない方が自分のためです。

 

とはいえ、どうしても退職で仕返しをしたいと考えてるのなら『退職代行』が最強の手段となっています。

 

個人で職場に嫌がらせの仕返しをするのではなく、退職代行業者とタッグを組めば間接的に職場に嫌がらせの仕返しができますよ。

 

職場に一矢報いたいのなら、退職代行ほど強い手段は他にないですね。
ひかる

 

最後に退職代行に関する詳細をもっと知りたい方は、下記の別記事から確認してみてください。

 

退職代行業者に依頼したいなら?

人気記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

人気記事
【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】アイキャッチ
【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

続きを見る

 

退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイントとは?

人気記事【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8選

人気記事
【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8選

続きを見る

 

 1分でLINE登録を完了させる?

人気記事【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順を徹底解説

人気記事
【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順を徹底解説アイキャッチ
【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順を徹底解説

続きを見る

 

今回は以上です。

目次に戻る

-退職の悩み
-