退職で明日から行かない方法はある?【注意点も解説】アイキャッチ

退職の悩み

退職で明日から行かない方法はある?【注意点も解説】

 

・退職で明日から行かない方法ある?

 

・退職で明日から行かないと何も問題が起こりそう...

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 明日から行かないためにも退職代行が効果的な理由3点
  • 退職で明日から行かないことの注意点
  • 退職代行の利用に否定的になってはいけない

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は『退職で明日から行かない方法』を解説します。

 

先に結論を言うと、退職代行を利用すれば明日から行かなくてよくなります。他に方法はなく、この方法しかありません。

 

本記事の後半では、退職で明日から行かないことの注意点も解説してるので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、退職代行の利用に否定的になってはいけないことが分かりますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】退職代行を利用すれば明日から行かないでいい

【結論】退職代行を利用すれば明日から行かないでいい画像

 

結論、退職代行を利用しましょう。

 

自分で上司に退職の意思を伝えると退職日まで数ヶ月かかるので、退職日まで出勤しないといけません。

 

一方で退職代行を利用すれば即日退職できるので明日から仕事に行かなくてよくなりますよ。

 

もし明日から仕事に行きたくないなら退職代行一択です。
ひかる

 

退職代行の即日退職について知りたい人は下記の別記事を合わせてどうぞ。

 

人気記事退職代行は即日退職することができる?【即日退職できる業者も紹介】

人気記事
退職代行は即日退職することができる?【即日退職できる業者も紹介】アイキャッチ
退職代行は即日退職することができる?【即日退職できる業者も紹介】

続きを見る

 

目次に戻る

明日から行かないためにも退職代行が効果的な理由3点

明日から行かないためにも退職代行が効果的な理由3点画像

 

明日から行かないためにも退職代行が効果的な理由は以下のとおり。

 

明日から行かないためにも退職代行が効果的な理由3点

  1. 退職を引き止められない
  2. 有給消化して辞めれる
  3. 引き継ぎしなくていい

 

上から順番に解説していきます。

 

明日から行かないためにも退職代行が効果的な理由①:退職を引き止められない

 

明日から行かないためにも退職代行が効果的な理由は、退職を引き止められないです。

 

退職代行を利用すれば上司から退職を引き止められないので簡単に辞められるメリットがありますよ。

 

普通なら退職を引き止められるのでメンドクサイですよね。

 

退職代行は誰とも干渉せずに辞めれる代物なので、自分のタイミングでストレスなしで辞めましょう。

 

続きの詳細は『退職の引き止めがうざいと感じる事例3点を紹介【無視していい】』の別記事を合わせてどうぞ。

 

明日から行かないためにも退職代行が効果的な理由②:有給消化して辞めれる

 

明日から行かないためにも退職代行が効果的な理由は、有給消化して辞めれるです。

 

知らない人も多いですが、退職代行は有給消化しながら辞めれるので給料を回収しながら退職できます。

 

金欠で退職代行業者に依頼するのが無理な人も、有給消化して後から料金回収できるので依頼金に困りませんよ。

 

退職代行の有給に関して知りたい方は下記の別記事を合わせてどうぞ。

 

 

明日から行かないためにも退職代行が効果的な理由③:引き継ぎしなくていい

 

明日から行かないためにも退職代行が効果的な理由は、引き継ぎしなくていいです。

 

退職代行を利用すれば引き継ぎしなくていいので、余計な労力を使わなくていいですよ。

 

ぶっちゃけ退職する職場のことなんか何でもいい人が多いので引き継ぎはメンドクサイだけです。

 

何より退職と引き継ぎはセットと勘違いしてる人が多いですが、退職する際に引き継ぎは必須ではないので本来する必要はないんですね。

 

退職代行の引き継ぎについて詳細を知りたい方は下記の別記事を参考にしてください。

 

>>退職代行は引き継ぎなしで退職することはできる?【対処法3点解説】

 

目次に戻る

退職で明日から行かないことの注意点

退職で明日から行かないことの注意点画像

 

退職で明日から行かない方法として退職代行を紹介しました。

 

ただ『退職代行は何となく毛嫌いして利用したくない...』と考える人も多いでしょう。

 

少なくともバックレ(無断欠勤)はしてはいけません。なぜなら懲戒解雇のリスクが高まり今後の転職活動に悪影響を及ぼすから。

 

バックレはデメリットしかありません。一方で退職代行を利用しても転職に影響しないメリットがあり利用しやすいですよ。

 

退職代行を何となく気嫌いするのでなく、きちんとメリット・デメリットを理解した上で利用するか判断しましょう。

 

退職代行 VS バックレの別記事か下記の用意したので気になる方は合わせてどうぞ。

 

>>【退職代行 VS バックレ】どっちの方が安全に退職できる!?

 

目次に戻る

退職代行の利用に否定的になってはいけない

退職代行の利用に否定的になってはいけない画像

 

退職代行の利用に否定的になってはいけません。

 

というのも退職で明日から行かない方法は退職代行しかないから。退職代行を毛嫌いしてたら退職日で出勤しないといけないですよ。

 

明日から仕事に行かない方法として、退職代行の他にバックレ(無断欠勤)し続けることも可能ですがリスクしかないので止めたほうがいいです。

 

よく『退職代行を利用したら迷惑だ!非常識だ!』という人がいますが、どの口が言ってるの?と私は思います。

 

なぜなら仕事に明日から行きたくない...と思わせるほど労働環境に問題があるから。従業員をコキ使いまくれば、そりゃ退職代行を利用して辞めたくなりますね。

 

退職代行を利用されたくないのなら従業員が気持ちよく働ける環境にしたらいいだけですから。

 

退職代行を利用するのに否定的になる気持ちは吹っ飛ばして、気軽に利用しましょう。

 

実際に明日から仕事に行きたくない理由で退職代行を利用する人は年々増えてきていますよ。
ひかる

 

もし退職代行を利用したいと考えてるなら下記の別記事を参考にして理解を深めてください。

 

人気記事退職代行サービスに関する疑問26点を回答【誰も教えてくれない】

人気記事
退職代行サービスに関する疑問26点を回答【誰も教えてくれない】アイキャッチ
退職代行サービスに関する疑問26点を回答【誰も教えてくれない】

続きを見る

 

目次に戻る

まとめ:退職代行を利用すれば明日から行かないでいい

まとめ:退職代行を利用すれば明日から行かないでいい画像

 

今回は『退職で明日から行かない方法はある?【注意点も解説】』を解説しました。

 

先に結論を言うと、退職代行を利用すれば明日から行かないでいいです。

 

明日から行かないためにも退職代行が効果的な理由3点

  1. 退職を引き止められない
  2. 有給消化して辞めれる
  3. 引き継ぎしなくていい

 

少なくともバックレ(無断欠勤)はしてはいけません。なぜなら懲戒解雇のリスクが高まり今後の転職活動に悪影響を及ぼすから。

 

一方で退職代行を利用しても転職に影響しないメリットがあり利用しやすいですよ。

 

もし明日から仕事に行きたくないなら退職代行一択です。
ひかる

 

最後に退職代行に関する詳細をもっと知りたい方は、下記の別記事から確認してみてください。

 

退職代行業者に依頼したいなら?

人気記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

人気記事
【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】アイキャッチ
【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

続きを見る

 

退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイントとは?

人気記事【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8選

人気記事
【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8選

続きを見る

 

 1分でLINE登録を完了させる?

人気記事【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順を徹底解説

人気記事
【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順を徹底解説アイキャッチ
【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順を徹底解説

続きを見る

 

今回は以上です。

目次に戻る

-退職の悩み
-