退職を電話で伝えるのが怖いなら○○で解決!【無理せずに頼ろう】アイキャッチ

退職の悩み

退職の電話を伝えるのが怖いときの解決策を紹介【超簡単です】

 

・退職を電話で伝えるのが怖い...

 

・電話以外に退職を伝えれる方法ってないかな?

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 退職を電話で伝えるのが怖い理由3点
  • 退職を電話で伝えるなら昼休憩前後がおすすめ
  • 【絶対NG】退職の電話が怖いからってバックレはダメ

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は退職を電話で伝えるのが怖いときの解決策を紹介を解説します。

 

ぶっちゃけ退職を電話で伝えたいけれど相手の反応が怖くて言い出しにくいですよね。

 

実際に退職の意思を電話で伝えるべきかどうかを悩んでる人が世の中には多いのが現実です。

 

本記事の後半では、退職を電話で伝えるのが怖いときの解決策を紹介するので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、退職を電話で伝えるのが怖いなら別の方法で退職を伝えればいいだけと分かりますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

退職を電話で伝えるのが怖い理由3点

退職を電話で伝えるのが怖い理由3点画像

 

退職を電話で伝えるのが怖い理由は以下のとおり。

 

退職を電話で伝えるのが怖い理由3点

  1. 上司に怒られそう
  2. 周りの反応が怖い
  3. 職場に来させられる

 

上から順番に解説していきます。

 

退職を電話で伝えるのが怖い理由①:上司に怒られそう

 

退職を電話で伝えるのが怖い理由は、上司に怒られるかもしれないということ。

 

本来は退職の意思は上司に直接会って伝えるべきであり、電話で伝えるのは望ましくないのが本音です。

 

とはいえ直接上司に会いたくないくらい嫌なら、電話でも仕方ないので上司に怒られてもいいと開き直るしかないですね。

 

状況によりますが、電話で退職を伝えることで上司が逆上することもあるので注意しましょう。

 

パワハラにより体調を崩すことも少なからずありますからね。
ひかる

 

続きの詳細は下記の別記事を参考にしてください。

 

 

退職を電話で伝えるのが怖い理由②:周りの反応が怖い

 

退職を電話で伝えることで、周りの反応が怖くなります。

 

なぜなら退職を電話で伝えることで周りが『常識がなさすぎる...』と失笑やバカにされたりするから。

 

よって仕事を辞めたいと怖くて言えない状況になりますね。

 

とはいえ仕事を辞めないことには何も始まらないので行動あるのみです。

 

続きの詳細は『仕事を辞めたいと言えないのを怖いと感じる理由5点を徹底解説』を参考にしてください。

 

退職を電話で伝えるのが怖い理由③:職場に来させられる

 

退職を電話で伝えるのが怖い理由は、職場に来させられるということ。

 

というのも退職を電話で伝えられたところで話が発展しないので、とりあえず職場に来いと言われるから

 

職場に行きたくないから退職を電話で伝えたのに、職場に来させられると考えたら電話の意味がありません。

 

私も退職を伝えた後は退職日まで行きたくありませんでしたね。
ひかる

 

続きの詳細を知りたい方は下記の別記事を参考にどうぞ。

 

>>【退職の挨拶に行きたくない!】私が退職の挨拶で失敗したことを紹介

>>退職日まで行きたくない理由とは?【無理に行く必要はなし!】

 

目次に戻る

退職を電話で伝えるなら昼休憩前後がおすすめ

退職を電話で伝えるなら昼休憩前後がおすすめ画像

 

退職を電話で伝えるなら昼休憩前後がおすすめです。

 

理由は昼休憩前後だと気持ちがリセットしているので、電話をかけたとしても迷惑ではないから。

 

少なくとも下記の時間帯は避けるようにしましょう。

 

  • 始業時間ごろ→ミーティングなどで忙しい
  • 終業時間ごろ→帰るムードになっており、電話することでムードを壊して機嫌を損ねる

 

退職の電話を入れるのであれば昼休憩前後が一番迷惑がかからないので、電話をかけるのであれば昼休憩前後を狙おう。

 

職種によって就労時間は違いますが、合間の大きな休憩前後がいいですね。
ひかる

 

目次に戻る

【絶対NG】退職の電話が怖いからってバックレはダメ

【絶対NG】退職の電話が怖いからってバックレはダメ画像

 

退職の電話をするのが怖いからってバックレ(無断欠勤)をしようとしてませんか?

 

バックレだけは絶対NGです。なぜなら懲戒解雇や損害賠償のリスクが少なからずあるから。

 

もちろん退職の電話が怖くてできない気持ちは理解してます。ただバックレをすることで今後の人生が生きにくくなりリスク高いです。

 

バックレするくらいなら退職の電話をする方が100倍マシ。それくらいバックレはNGですね。

 

バックレの方が楽でいいかもですが、長期的に見れば必ず損します。
ひかる

 

 よくある質問:バックレすると職場の人が家に来る?

 

結論、バックレすると職場の人が家に来ることもあります。

 

なぜなら急に職場に来なく連絡も取れないので事件に巻き込まれたかと思って家に来るから。

 

ひどい場合だと警察も巻き込む恐れがあります。警察まで巻き込んだらメンドクサイのでバックレだけはしないようにしましょう。

 

もちろんバックレして職場の人が家に来るかどうかは人によりますが、どちらにしろ大ごとになるので迷惑かけることになりますね。

 

続きの詳細は『会社をバックレると職場の人が家に来る?【いつか泣きます】』の別記事からどうぞ。

 

電話、バックレ両方したくないなら...

 

『退職の電話したくない!でもバックレもしたくない!』と考えて退職できないですよね。

 

では次の見出しにある解決策を実践してみましょう。実際に行動に移してる人が多いですよ。

 

目次に戻る

どうしても退職を電話で伝えるのが怖いなら退職代行で解決!【超簡単】

どうしても退職を電話で伝えるのが怖いなら○○で解決!【無理せずに頼ろう】画像

 

どうしても退職を電話で伝えるのが怖いときってありますよね。

 

結論、退職代行を利用しましょう。電話やバックレと違って手間もかからないので超簡単に利用できますよ。

 

実際に退職を電話で伝えるのが怖い理由で、退職代行を利用して辞める人が急増しています。

 

もちろん退職代行を利用するくらいなら、電話で退職の意思を伝えた方がいいと考える人も多いはず。

 

しかし電話で退職を伝えると相手の対応によってはストレスを溜めてしまうので、うつ病っぽくなってる人にとって火に油を注ぐようなものです。

 

退職の電話で怖い思いをしてストレスを溜めるくらいなら、退職代行を利用して職場の人と何も接触せずに辞めた方が気持ちが楽になりますよ。

 

退職代行を嫌煙する人は多いですが、上手く使いこなせれば自分の身さえも守れる最強のサービスなので無理せずに頼りましょう。

 

あなたは怖い思いをして退職の電話するか、退職代行でサッとストレスなしに辞めるか、どちらがいいですか?
ひかる

 

退職代行の理解を深めたい人は下記の別記事を参考にして利用するか検討してみてくださいね。

 

人気記事退職代行サービスに関する疑問26点を回答【誰も教えてくれない】

人気記事
退職代行サービスに関する疑問26点を回答【誰も教えてくれない】アイキャッチ
退職代行サービスに関する疑問26点を回答【誰も教えてくれない】

続きを見る

 

目次に戻る

まとめ:退職を電話で伝えるのが怖いなら『退職代行』で解決!

まとめ:退職を電話で伝えるのが怖いなら『退職代行』で解決!画像

 

今回は『退職の電話を伝えるのが怖いときの解決策を紹介【超簡単です】』を解説しました。

 

退職を電話で伝えるのが怖いのは十分に理解しています。

 

どうしても退職を電話で伝えるのが怖いのであれば、退職代行を利用して辞めるのも一つの手段です。

 

無理に電話をしてストレスを溜めるくらいなら、退職代行で職場の人と接点を持たずに辞めた方が気持ちが楽でいいですよ。

 

退職代行の利用は超簡単に済ませるので、利用者に人気が高い要因となっています。
ひかる

 

最後に退職代行に関する詳細をもっと知りたい方は、下記の別記事から確認してみてください。

 

退職代行業者に依頼したいなら?

人気記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

人気記事
【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】アイキャッチ
【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

続きを見る

 

退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイントとは?

人気記事【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8選

人気記事
【保存版】退職代行に依頼したい人が確認しておくべきポイント8選

続きを見る

 

 1分でLINE登録を完了させる?

人気記事【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順を徹底解説

人気記事
【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順を徹底解説アイキャッチ
【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順を徹底解説

続きを見る

 

今回は以上です。

目次に戻る

-退職の悩み
-