社会人3年目で仕事できないと悩んでる...【早い段階で行動】アイキャッチ

退職の悩み

社会人3年目で仕事できないと悩んでる...【早い段階で行動】

 

・社会人3年目で仕事ができないと悩んでる...

・仕事できないから辞めたいけど、3年は早いから辞めにくい...

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 社会人3年目で仕事できないと悩んでしまう原因3点
  • 仕事できないのに職場に居続けるリスク3点
  • 【本音】社会人3年目で仕事できないのは、あなたのせいじゃない

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は『社会人3年目で仕事できないと悩んでる』を解説します。

 

社会人3年目なのに仕事できないと周りから白い目で見られて肩身が狭いですよね。

 

ぶっちゃけ社会人3年目ぐらいで誰でも仕事できないと悩むので、『自分はなんてダメなんだ...』と疲弊する必要はありません。

 

本記事の後半では、社会人3年目で仕事できないと悩むなら考え直した方がいいことを解説しているので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、社会人3年目だからこそ仕事辞めることも検討した方が得策ということが分かりますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

社会人3年目は仕事できないと誰でも悩む時期になる

社会人3年目は仕事できないと誰でも悩む時期になる画像

 

冒頭でも伝えたとおり、社会人3年目は仕事ができないと誰でも悩みます。

 

理由は3年仕事を続けることで自分の将来像が分かってくる時期なので、仕事を辞めるべきかどうかの岐路で悩み出すからです。

 

実際に私も仕事続けて3年目で同僚との差が目に見えて分かったので勝手に比較して落胆してました(苦笑)

 

だからといって悩みを抱え込んでいても何も変わらないので、自分が今の仕事を続けるべきかどうかを決めた方がいいです。

 

3年以上、仕事を続けることで辞めようにも辞めれない状況になりうるので、3年という節目で一度区切りをつけるべきか考えましょう。

 

社会では3年続けないと分からないという言葉があるくらいなので、3年目は人生を変えるにはベストタイミングであることは間違いありません。

 

早い段階で仕事を辞めることで引きずらなくて良くなりますよ。
ひかる

 

社会人3年目で仕事できないと悩んでしまう原因3点

社会人3年目で仕事できないと悩んでしまう原因3点画像

 

社会人3年目で仕事できないと悩んでしまう原因は以下のとおり。

 

社会人3年目で仕事できないと悩んでしまう原因3点

  1. 同期と差がついてるのが分かる
  2. 職場の業績状況が見えてくる
  3. 上司がハズレだったと悔やむ

 

上から順番に解説していきます。

 

社会人3年目で仕事できないと悩んでしまう原因①:同期と差がついてるのが分かる

 

社会人3年目で仕事できないと悩んでしまう原因は、同期の差がついてるのが分かるからです。

 

丁度3年目を節目に同期と仕事での格差が生まれ出して、育てる社員と見捨てられる社員に振り分けられます。

 

自分が見捨てられる社員に入ったら扱いがひどくなり、同期と差がありえないくらい広がっていきますね。

 

社会人3年目の時点で見捨てられる社員の方に入ってしまったら徐々に腐っていき、仕事できないと迷走してしまう原因となってしまいます。

 

仕事は出世争いが激しいため、見捨てられる社員側に入っても社会の特性上で仕方ない面もあります。
ひかる

 

社会人3年目で仕事できないと悩んでしまう原因②:職場の業績状況が見えてくる

 

社会人3年目で仕事できないと悩んでしまう原因は、職場の業績状況が見えてくるからです。

 

たとえ仕事できないと悩んでいたとしても職場の業績が良好であれば、何となく仕事に居続けても最低限の保証はしてくれます。

 

一方で社会人3年目で仕事できない&職場の業績が悪化してるなら、ダブルパンチを食らうので、さらに悩んでしまう原因になりますね。

 

職場の業績が悪化することで職場環境が悪くなり、従業員が成長できる投資ができず、仕事を学ぶ術がなくなるので注意が必要です。

 

仕事できない原因は職場環境が悪いからというのもあります。
ひかる

 

社会人3年目で仕事できないと悩んでしまう原因③:上司がハズレだったと悔やむ

 

社会人3年目で仕事できないと悩んでしまう原因は、上司がハズレだったと悔やむことです。

 

というのも上司がハズレだった場合、ちゃんとした教育を受けさせてくれないため3年目になっても仕事ができない原因を生んでしまうから。

 

上司がハズレだった場合でも『3年間で何も学んでいないのか!』と言われれば、泣き寝入りするしかないですよね。

 

ぶっちゃけ仕事できないのは自分のせいではなく、上司の指導や環境が原因があることが多いです。

 

上司が馬鹿なら部下も馬鹿にならざるを得ないので、関わる人で人生を左右されやすいのが現実。
ひかる

 

仕事できないのに職場に居続けるリスク3点

仕事できないのに職場に居続けるリスク3点画像

 

仕事できないのに職場に居続けるリスクは以下のとおり。

 

仕事できないのに職場に居続けるリスク3点

  1. 職場での扱いがひどくなる
  2. 部下に抜かれて肩身が狭くなる
  3. 年数が経てば責任が重くなるばかり

 

上から順番に解説していきます。

 

仕事できないのに職場に居続けるリスク①:職場での扱いがひどくなる

 

仕事できない人が職場に居続けると扱いがひどくなります。

 

なぜなら仕事できないと足を引っ張る原因となり、わざと仕事を与えないように仕向けたりして扱いがひどくなるから。

 

一緒に働いている人からしても仕事できない人と一緒に仕事することで、余計な労働をしなくてはならなくなり迷惑ですからね。

 

自分は真面目に仕事してたとしても扱いがひどくなれば、職場に居づらくなるし、リストラ候補にされますよ。

 

どうしても職場に居づらいのなら仕事辞めるなりして対応しよう。
ひかる

 

仕事できないのに職場に居続けるリスク②:部下に抜かれて肩身が狭くなる

 

仕事できないのに職場に居続けると、部下に抜けれて肩身が狭くなります。

 

というのも仕事できないと出世することはできないので、優秀な部下が現れれば何年後かに抜けれて肩身が狭くなりますね。

 

年功序列の職場もありますが、ほとんどの職場は優秀な人が出世するので年齢は関係ありません。

 

部下に抜けれても平気なマインドの人は大丈夫ですが、大半の人は悔しいと感じるはずです。

 

部下に指示してた側が、いつのまにか指示される側になっていたことなんて普通なので仕事できないことは致命傷ですよ。

 

仕事できないのに職場に居続けるリスク③:年数が経てば責任が重くなるばかり

 

仕事できないのに職場に居続けると、責任が重くなるばかりです。

 

社会人として3年も働けば部下に教育する立場となるので、仕事できないくせに責任だけが重くなります。

 

新人の頃はミスをして許されますが、3年も超えてくると凡ミスは許されなくなりますね。

 

10年目とかベテラン域に達してくると、すべての責任を負わなければいけない立場になるので仕事できないことは恐ろしいです。

 

【本音】社会人3年目で仕事できないのは、あなたのせいじゃない

【本音】社会人3年目で仕事できないのは、あなたのせいじゃない画像

 

ぶっちゃけ社会人3年目で仕事できないのは、あなたのせいじゃありません。

 

理由は職場の風習や関わる上司によって成長が伸びなくなり、社会人3年目になっても全然仕事できないポンコツに育てられるから。

 

仕事ができない原因3点     

  • 上司が仕事教えてくれない  

  • 職場の風習で自分で学ばなければいけない  

  • 仕事が忙しすぎて教育に与える時間すらない

 

もちろん、すべての職場が上記のような体制ではありません。

 

ですが教育を疎かにして放置される職場は実際にあるので、自分がそんな職場で働いていないか再確認しましょう。

 

実際に私が過去に勤めてた職場で上司から何も教育を受けずに3年間放置された経験がありますからね。

 

上司からしても新人に仕事を教えたところで給料が上がるわけではなく、教えるだけ無駄と分かってるので面倒なことはしたくないのが本音だと思います(苦笑)

 

あなたが社会人3年目になっても仕事できないのは自分の実力不足ではなく、周りの環境や上司に恵まれていないだけの可能性も十分にあります。

 

いくら才能があっても上の者や環境に潰される人は多いですからね。
ひかる

 

もし周りの環境や上司に恵まれていないと感じるなら、そんな職場で働くのは辞めて他の職場に移った方が人生が好転しますよ。

 

社会人3年目だからこそ仕事は辞めた方がいい理由【早い段階で行動】

社会人3年目だからこそ仕事は辞めた方がいい理由【早い段階で行動】画像

 

結論、社会人3年目だからこそ仕事は早い段階で辞めた方がいいです。

 

なぜなら社会人3年目だと、まだまだ余裕で転職できる年代なので仕事辞めたとしても新しい職場は、すぐに見つかるから。

 

逆に社会人3年目だけど『もうちょっと頑張る...』とズルズル引き延ばすと、反って『何年も続けたから仕事辞めるのはもったいない...』という感情になります。

 

社会人3年目くらいが仕事辞めるにはベストタイミングなので、今の仕事に将来性を感じないのなら早い段階で損切りした方が得ですよ。

 

実際に3年目を境に退職する人は多いですからね。
ひかる

 

社会人3年目で仕事できない理由で辞めにくいと感じてるなら...

社会人3年目で仕事できない理由で辞めにくいと感じてるなら...画像

 

社会人3年目で仕事できない理由で辞めようとしても、周りからは早いと言われます。

 

というのも職場には何十年と仕事を続けてる人がいるので、その何十年と比較したら明らか3年は早いと言われ引き止められるから。

 

それに仕事できない理由で辞めたいけど上司からは『まだまだ経験が足りないだけだろ!』と言われ跳ね返されて終わりです。

 

よって上司の引き止めがキツくて仕事を辞めたいけど辞めれずに続けなければいけない人が多いのが現実ですね。

 

結論、退職代行を利用して辞めましょう。引き止められずに仕事をすぐに辞めれる最強の手段です。

 

もちろん退職代行で辞めるのは賛否両論ありますが、私は退職代行を利用することに賛成ですね。

 

なぜなら仕事できないから辞めるのは自分の判断にあるのにも関わらず、他人が『経験不足だ!』と決めつけて引き止めるのは悪質だから。

 

仕事ができずに他の職場で頑張りたい意思があるのに、上司の自分勝手な理由で退職を遮る行為は悪質なので、退職代行を利用することに1ミリも罪悪感は感じる必要はありませんよ。

 

それに3年目ぐらいが一番転職しやすい時期であり、上司から引き止められる時間が無駄なので1秒足りとも無駄にしてはいけません。

 

上司から引き止められることで転職先を他のライバルにとられるリスクがありますよ。
ひかる

 

とはいえ本記事を読んでる、あなたは退職代行に詳しくないはずなので下記の別記事を読んで理解を深めてくださいね。

 

 

まとめ:社会人3年目で仕事できないのは周りの影響が大きい

まとめ:社会人3年目で仕事できないのは周りの影響が大きい画像

 

今回は『社会人3年目で仕事できないと悩んでる...【早い段階で行動】』を解説しました。

 

社会人3年目で仕事できないのは自分の実力不足だと思っていませんか。

 

ここだけの話、社会人3年目で仕事できないのは周りの影響もあるということを覚えておきましょう。

 

たとえば『上司が仕事教えてくれない...』や『仕事が忙しすぎて教育する時間がない...』のであれば、3年経とうが10年経とうが仕事できないままです。

 

もちろん自分の実力不足もありますが、すべて自分の責任にするのではなく、他者が原因で仕事できないと責めることも大切。

 

どちらにしろ仕事できないことに変わりないので、社会人3年目という節目で退職も考えてみてはいかがでしょうか。

 

もし上司から退職を引き止められるようであれば、退職代行を利用して辞めるのもアリです。
ひかる

 

最後に退職代行に関する詳細をもっと知りたい方は、下記のボタンから確認してみてください。

 

退職代行の記事一覧はコチラ

 

今回は以上です。

 

-退職の悩み
-