適応障害により即日退職できる?【即日退職できないパターンもある】アイキャッチ

退職の悩み

適応障害により即日退職できる?【即日退職できないパターンもある】

 

・適応障害により即日退職できるかな?

・即日退職できないパターンがあるとしたら、どんなときだろう?

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 適応障害により即日退職できる?
  • 適応障害になっても即日退職できないパターン2点
  • 適応障害が辛すぎて職場の上司と関わることすら嫌な人は...

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は『適応障害により即日退職できるか』を解説します。

 

『適応障害で仕事に行きたくないから即日退職できないかな?』と悩みますよね。

 

実際に適応障害になると精神的不安定でパニックになりがちなので、できるのであれば家で安静にしておくのがベストです。

 

本記事の後半では、無条件で即日退職できる方法を紹介してるので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、適応障害により即日退職したいときには○○を提出すれば退職を受け入れてくれるようになりますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

適応障害により即日退職できる?

適応障害により即日退職できる?画像

 

結論、適応障害により即日退職できます。

 

ただし即日退職できないパターンもあります。理由や詳細は後述してるので最後までお読みください。

 

どうしても適応障害で退職させてもらえないときは最終手段を使って辞めましょう。最終手段は本記事の後半に記述しています。

 

実際に適応障害になった人は最終手段を使ってる人が多いですよ。
ひかる

 

適応障害になった人の気持ちは?

 

適応障害になったら人と会うのが怖くなります。無気力になる感じですね。

 

よって『仕事を辞めたいと言えない...』や『退職日まで行きたくない...』と弱気になってしまうのが適応障害の特徴です。

 

適応障害の状態で退職させてもらえないのは辛すぎます。実際に私も、うつ病になって辛かったので気持ちは分かりますから。

 

もし『仕事を辞めたいと言えない...』や『退職日まで行きたくない...』で悩んでるなら下記の別記事を参考にしてください。

 

 

適応障害になっても即日退職できないパターン2点

適応障害になっても即日退職できないパターン2点画像

 

適応障害になっても即日退職できないパターンは以下のとおり。

 

適応障害になっても即日退職できないパターン2点

  1. 上司の性格が悪い
  2. 職場の都合により難しい

 

上から順番に解説していきます。

 

適応障害になっても即日退職できないパターン①:上司の性格が悪い

 

適応障害になっても即日退職できないパターンは、上司の性格が悪いです。

 

具体的には『適応障害に甘えるな!』と精神論を言う上司がいるので、結果的に即日退職どころか退職すらさせてもらえるか危ういですね。

 

あるいは相手が弱ってるのを知っていながら退職を無視をして衰弱させる悪質な上司もいます。

 

適応障害になった原因がパワハラなら即日退職しましょう。性格の悪い上司と働くだけ無駄ですからね。

 

続きの詳細は『パワハラが嫌で退職を即日に行える?【方法は1つだけです】』の別記事を参考にしてください。

 

適応障害になっても即日退職できないパターン②:職場の都合により難しい

 

適応障害になっても即日退職できないパターンは、職場の都合により難しいです。

 

職場の都合で即日退職できない理由3点     

  • 人手不足で辞めさせてくれない  

  • 引き継ぎをさせられる  

  • 上司の嫌がらせ

 

適応障害なので即日退職して、すぐに休息を取りたいところですが職場の都合で難しい場合があります。

 

従業員のためを思ってくれ即日退職させてくれるところもありますが、血も涙もない職場も多いので即日退職を拒否られますね。

 

ぶっちゃけ『人手不足』や『引き継ぎ』は職場の管理ができてない証拠です。あなたは何も悪くないとだけ理解しておきましょう。

 

もし『人手不足』や『引き継ぎ』で辞めさせてもらえないのなら、下記の別記事を熟読して考えを改めよう。

 

 

【必殺技】適応障害で退職ができないときにする解決法

【必殺技】適応障害で退職ができないときにする解決法画像

 

適応障害にも関わらず即日退職をさせてもらえないときは泣き寝入りするしかないように思いますよね。

 

いえ違います。あるものを提出さえすれば職場側は退職を認めざるを得ません。

 

結論、適応障害の診断書を提出しましょう。病院からの診断結果なので効果は抜群です。

 

適応障害だったとしても適応障害の境界線が分からないため、職場の上司は『本当に適応障害?仮病じゃないの?』と疑われます。

 

しかし適応障害の診断書があれば認めざるを得ないので必ず退職の方向へ進んでいますよ。

 

適応障害か怪しい人は近くの心療内科で診てもらい自分の病状を確認するようにしましょう。もし適応障害なら診断書は発行してくれます。

 

適応障害(体調不良)で欠勤して、そのまま退職もできるので、まずは自分の身体を安静にするところから始めましょう。

 

続きの詳細は『体調不良で欠勤してそのまま退職できる?【退職する方法は3点のみ】』の別記事を参考にしてください。

 

適応障害が辛すぎて職場の上司と関わることすら嫌な人は...

適応障害が辛すぎて職場の上司と関わることすら嫌な人は...画像

 

まずは下記に当てはまってないか確認してください。

 

  • 適応障害が辛すぎて職場に行く気力すらない...
  • 診断書を上司に見せて退職を伝えることすらできない...
  • 適応障害なのだから職場に行く必要はなく即日退職したい...

 

自分に当てはまっていない場合は、この段階で記事を閉じて貰って大丈夫です。

 

逆に自分に上記のような思いがあるのなら、今から超重要なことを特別に解説するので最後までどうぞ。

 

即日退職を最速に確実に行う方法

 

結論、退職代行を利用しましょう。

 

退職代行を利用すれば、上司や職場に邪魔されることなく最速に確実に即日退職できる優れものです。

 

自分で上司に診断書を提出して辞める場合だと、『せめて引き継ぎしてくれ!』や『人手不足だから待ってくれ!』と言われます。

 

適応障害なのにも関わらず仕事無理やりさせるほど最悪なことはないですよ。結局は自分たちの仕事しか考えていませんから。

 

職場の事情に合わせてばっかりだと適応障害がひどくなって自分に損しかありません。
ひかる

 

もし即日退職を最速で確実に行いたいなら、退職代行を利用しましょう。続きの詳細は下記の別記事よりどうぞ。

 

人気記事退職代行は即日退職することができる?【即日退職できる業者も紹介】

人気記事
退職代行は即日退職することができる?【即日退職できる業者も紹介】アイキャッチ
退職代行は即日退職することができる?【即日退職できる業者も紹介】

続きを見る

 

まとめ:適応障害が辛すぎて即日退職したい人は退職代行もアリ

まとめ:適応障害が辛すぎて即日退職したい人は退職代行もアリ画像

 

今回は『適応障害により即日退職できる?【即日退職できないパターンもある】』を解説しました。

 

適応障害で即日退職したいときは上司に診断書を提出して仕事を辞めましょう。

 

診断書を提出することで病気がはっきりするので、上司も認めざるを得ない状況になるメリットがあります。

 

とはいえ、それでも上司と接触することになります。適応障害なので人と無駄に関わってストレスを溜めたくないですよね。

 

そんなときは退職代行を利用しましょう。退職代行を利用すれば即日退職できます。

 

適応障害で早く休みたい人は退職代行が手っ取り早いです。
ひかる

 

どうするかは、あなたの判断に任せますが退職代行もアリということを頭に入れておきましょう。

 

最後に退職代行に関する詳細をもっと知りたい方は、下記のボタンから確認してみてください。

 

退職代行の記事一覧はコチラ

 

今回は以上です。

 

退職代行業者に依頼したいなら?

人気記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

人気記事
【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】アイキャッチ
【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

続きを見る

 

LINE登録を1分で完了させる?

人気記事【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順を徹底解説

人気記事
【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順を徹底解説アイキャッチ
【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順を徹底解説

続きを見る

 

-退職の悩み
-