試用期間に辞めるのが気まずい...【試用期間中ほど大チャンス!】アイキャッチ

退職の悩み

試用期間に辞めるのが気まずい...【試用期間中ほど大チャンス!】

 

・試用期間に辞めるのが気まずいから辞めれない...

・試用期間中でも気まずくならずに辞めれる方法ってあるかな?

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 試用期間中に辞めるのが気まずいと感じる原因3点
  • 試用期間中に辞めるべき職場の特徴3点
  • 【必見】むしろ試用期間中に辞めた方がいい理由2点【大チャンス】

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は『試用期間に辞めるのが気まずいか』を解説します。

 

先に結論を言うと、試用期間中に辞める方が傷を背負わなくていいです。

 

試用期間中ということは正社員ではないので退職しやすいメリットがあり、退職を伝えればスムーズに辞めさせてくれます。

 

本記事の後半では、どうしても試用期間中に辞めるのが気まずい人向けの秘策を用意したので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、正社員登用されてから辞めるより、試用期間中に辞めた方が余計な傷を背負わなくていいことが分かりますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【前提】試用期間中でも辞めることに罪悪感を感じる必要はない

【前提】試用期間中でも辞めることに罪悪感を感じる必要はない画像

 

前提として、試用期間中でも辞めることに罪悪感を持つ必要はないです。

 

理由は、そもそも辞めることは全然悪いことでないし、辞めてはいけない法律なんて存在しないから。

 

とはいえ日本では辞めることに対して悪く見られるのは事実としてありますね。

 

仕事を辞めることで『職場を裏切った!』や『従業員に恩がない!』と普通に言う人がいるので、自分が辞めようとしても言われるのが嫌で辞めれない人が沢山います。

 

しかし辞めることは労働者の権利であるので、本来は辞めることに罪悪感なんて1ミリも感じる必要がないことを理解しましょう。

 

辞めるのは職場に対しての不満(ブラック企業など)が原因であるので、そもそもですが職場が辞めることの発端を作っていたりします。

 

働きやすい環境の職場であるなら辞める人なんていないですからね。
ひかる

 

周りから何か言ってきたら『職場が従業員を大切にしないだけなのに辞めて何が悪いの?』くらいの温度感で接すれば簡単に辞めれますよ。

 

もし、それでも試用期間中に辞めることが気まずいのであれば、本記事の後半に記載している秘策を実施すれば速攻辞めれるので心配は入りません。

 

試用期間中に辞めるのが気まずいと感じる原因3点

試用期間中に辞めるのが気まずいと感じる原因3点画像

 

試用期間中に辞めるのが気まずいと感じる原因は以下のとおり。

 

試用期間中に辞めるのが気まずいと感じる原因3点

  1. 働いた期間が短い
  2. お世話になった人に申し訳ない
  3. 上司から『なぜ入社した?』と怒られる

 

上から順番に解説していきます。

 

試用期間中に辞めるのが気まずいと感じる原因①:働いた期間が短い

 

試用期間中に辞めるのが気まずい原因は、働いた期間が短いことです。

 

というのも働いた期間が短いと周りから『早すぎる!』と思われ、人間関係が気まずくなるから。

 

それに働いた期間が短いのに辞める自分を客観視して情けなく思えます。

 

とはいえ試用期間で働く期間が短くても、辞めるのに期間は関係ないので自分が正しい行動をしてると言い聞かせましょう。
ひかる

 

試用期間中に辞めるのが気まずいと感じる原因②:お世話になった人に申し訳ない

 

少なくとも試用期間中に教育してもらった人はいるはずなので、お世話になった人に申し訳なく感じます。

 

お世話になった人としては『せっかく教育したのに辞められて時間が無駄だった!』と思われても仕方ありません。

 

もしお世話になった人と良質な人間関係を保ちたいのなら、試用期間中に辞めるのは避けましょう。

 

しかし辞めたい職場にダラダラいても時間の無駄なので、お世話になった人と見切り付けて辞めることも大切です。
ひかる

 

試用期間中に辞めるのが気まずいと感じる原因③:上司から『なぜ入社した?』と怒られる

 

試用期間中に辞めると、上司から『なぜ入社した?』と怒られて人間関係が気まずく感じてしまいます。

 

試用期間中に辞めることで上司の反応は様々ですが、少なくとも良く思ってはくれないのは確実です。

 

とはいえ仕事を辞めることは労働者の権利でもあるので、周りから批判されても特に気にする必要はないですね。

 

むしろ仕事を辞めたくするような劣悪な職場環境の方が悪いと開き直りましょう。
ひかる

 

試用期間中に辞めるべき職場の特徴3点

試用期間中に辞めるべき職場の特徴3点画像

 

試用期間中に辞めるべき職場の特徴は以下のとおり。

 

試用期間中に辞めるべき職場の特徴3点

  1. 入社前と条件が違う
  2. 職場の雰囲気が悪すぎる
  3. 教育をしてもらえず放置される

 

上から順番に解説していきます。

 

試用期間中に辞めるべき職場の特徴①:入社前と条件が違う

 

試用期間中に辞めるべき職場の特徴は、入社前と条件が違うです。たとえば以下のとおり。

 

入社前と条件が違う事例3点     

  • 給料が違う  

  • アットホームな職場ではない  

  • 完全週休2日制なはずなのに休みが少ない

 

というように職場側の人間は人を集めたくて普通に嘘をつきます。この場合は悪質なので、早い段階で仕事を辞めた方がいいですね。

 

なぜなら入社前と違った条件で働いていると騙された気分になってしまうので、この先いつか耐えられなくなる恐れがあるからです。

 

全部が全部、入社前と条件が違うことはないですが、なかには悪質な職場もあると理解しておきましょう。

 

試用期間中に辞めるべき職場の特徴②:職場の雰囲気が悪すぎる

 

試用期間中に辞めるべき職場の特徴は、職場の雰囲気が悪すぎることです。

 

というのも職場の雰囲気が悪いと働いていて楽しくないし、人間関係の嫌がらせも多発して気分が悪いから。

 

試用期間中の初めの頃は職場の雰囲気が分からないですが、数か月もすれば何となく察知がつきます。

 

もし嫌がらせが頻繁にあるような職場の場合、自分もいずれ標的にされる恐れがあり早い段階で辞めるべきですね。

 

嫌がらせをされると人間関係が気まずくなりますよ。
ひかる

 

試用期間中に辞めるべき職場の特徴③:教育をしてもらえず放置される

 

試用期間中に辞めるべき職場の特徴は、教育をしてもらえず放置されることです。

 

仕事で放置されることで何をしたらいいか分からなくなるので、自分の成長に繋がらないので損します。

 

特に試用期間中の場合だと初めてのことばかりで迷うので、業務を与えてくれないとなると肩身が狭くなりますよ。

 

よく『仕事は見て覚えるもの!』とかいう上司がいますが、本音は自分が教える労力を極力減らしたいだけですからね。

 

上司が全員悪質とは言いませんが、悪質な大人もいると覚えておきましょう。
ひかる

 

【必見】むしろ試用期間中に辞めた方がいい理由2点【大チャンス】

【必見】むしろ試用期間中に辞めた方がいい理由2点【大チャンス】画像

 

むしろ試用期間中に辞めた方がいい理由は以下のとおり。

 

【必見】むしろ試用期間中に辞めた方がいい理由2点【大チャンス】

  1. 未来のない職場で働いたら後悔する
  2. 正社員登用されてからでは辞めにくい

 

上から順番に解説していきます。

 

【必見】むしろ試用期間中に辞めた方がいい理由【大チャンス】①:未来のない職場で働いたら後悔する

 

むしろ試用期間中の時点で未来のない職場で働いているなら大チャンスです。

 

理由は未来のない職場でずっと働き続けても無駄な時間を過ごすだけなので、試用期間の時点で『この職場おかしい...』と気づけるだけラッキーだから。

 

たとえば以下のような職場で働きたいと思いますか?

 

未来のない職場の特徴3点     

  • 業績が下がっている  

  • 人間関係が悪質すぎる  

  • 教育するという概念がない

 

上記を試用期間の時点で気づけただけラッキーすぎます。

 

今は試用期間で仕事に支障がなかったとしても、この先、未来のない職場で働き続けて後悔するのは近いですからね。

 

仕事をするなら短期的に見るより、長期的に見て自分が将来ずっと働けそうか判断しましょう。
ひかる

 

【必見】むしろ試用期間中に辞めた方がいい理由【大チャンス】②:正社員登用されてからでは辞めにくい

 

試用期間が終わって正社員登用されてからでは仕事が辞めにくくなります。

 

なぜなら試用期間はあくまでアルバイトの延長線上なので辞めやすく、正社員になると職場の責任もつき辞めにくくなるから。

 

私の経験談ですが、学生時代にアルバイトをしていたときは退職を伝えたら速攻で辞めさせてくれました。

 

一方で社会人となり正社員として採用されると、他の上司から引き止めをされて大変でしたね(苦笑)。

 

もし、あなたが試用期間中であるなら、早い段階で辞めると伝えないと正社員になってからでは辞めにくくなり、さらに人間関係が気まずくなりますよ。

 

むしろ正社員ではなく試用期間中に辞めることが大チャンスです。
ひかる

 

【秘策】どうしても試用期間中に辞めるのが気まずいなら...

【秘策】どうしても試用期間中に辞めるのが気まずいなら...画像

 

試用期間中に辞めるといっても『上司の反応が怖くて言い出せない...』悩みを誰しも持っています。

 

結論、どうしても試用期間中に辞めるのが気まずいなら退職代行を利用して辞めましょう。

 

退職代行を利用することにより、上司から退職のことについて何も言われずに済むので、余計なストレスを抱えなくていいですよ。

 

もちろん試用期間中に自分で上司に退職の意思を伝えて辞めるのが理想。

 

しかし試用期間中に辞めるのが気まずいと悩んでるのなら、いつまで経っても辞めれないし時間の無駄です。

 

そこで退職代行を利用すれば時間を無駄にせず、ストレスもかからないまま辞めれるので秘策すぎます。

 

試用期間中は関係なしに労働者には退職する権利はあるので、退職代行を利用することに罪悪感なんて1ミリも感じる必要がないことを理解しておこう。

 

試用期間で辞めるのが気まずくて辞めれないのなら、退職代行でサッと辞めて次のステップに進もう。
ひかる

 

とはいえ本記事を読んでる、あなたは退職代行について詳しくないはずなので、下記の記事を参考にして検討してみてくださいね。

 

 

まとめ:試用期間に辞めるのが気まずい...【いや、大チャンスです】

まとめ:試用期間に辞めるのが気まずい...【いや、大チャンスです】画像

 

今回は『試用期間に辞めるのが気まずい...【試用期間中ほど大チャンス!】』を解説しました。

 

結論、試用期間中に辞める方が傷を背負わなくていいです。

 

正社員になってしまうと人間関係も深まり逆に辞めにくく気まずくなるので、試用期間に辞める方が人間関係が深まっていないぶんサラッと辞めれますよ。

 

したがって試用期間に未来のない職場と勘づいたのであれば、逆にラッキーなので辞める大チャンスだと思い退職を検討しましょう。

 

とはいえ、どうしても試用期間に辞めるのが気まずいのであれば、秘策である『退職代行』を利用して辞めればOK。

 

退職代行を利用すれば職場の人間と関わらずに辞めれるので、人間関係が気まずくならなくなり気持ちが楽になりますよ。

 

少なくとも退職するのは労働者の権利なので、罪悪感を1ミリも感じる必要はないことを理解しておこう。
ひかる

 

最後に退職代行に関する詳細をもっと知りたい方は、下記のボタンから確認してみてください。

 

退職代行の記事一覧はコチラ

 

今回は以上です。

 

-退職の悩み
-