退職代行

新卒が辞めたいと言えないのは当たり前!【無理する必要なし】

 

・新卒が辞めたいと言えないけど、どうしたらいい?

・新卒で働いた期間が短いのに辞めると言えば怒られそう...

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

・新卒が辞めたいと言えない理由5点

・【注意点】新卒が絶対にしてはいけないこと2点

・新卒が辞めたいと言えないときの対処法3点

 

この記事の信頼性

・20代男性の元社畜の低収入サラリーマン

・ブラック企業で働きストレスで退職を2回経験済み

・人間関係の劣悪さと毎日15時間労働の過労で、うつ病を発症

 

今回は『新卒が辞めたいと言えないのは当たり前か』を解説します。

 

先に結論を言うと、新卒が辞めたいと言えないのは当たり前です。

 

というのも働いた期間が短いのなら『なんで入社した?』と上司から言われるのが頭をよぎり、新卒が辞めたいと言えないのは、みんな一緒だから。

 

本記事の後半では、新卒が絶対にしてはいけないこと2点を解説しているので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、新卒が辞めたいと言えないときには、本文に記載している対処法3点を試せばいいことがわかりますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【大前提】新卒が辞めたいと言えないのは当たり前!【無理する必要なし】

 

大前提ですが、新卒が辞めたいと言えないのは当たり前です。

 

なぜなら働いた期間が短いのなら『なんで入社した?』と上司から言われるのが頭をよぎり、新卒が辞めたいと言えないのは、みんな一緒だから。

 

バイトなら簡単に辞めれますが、正社員の立場なら会社の中核を担うため自分の都合で辞めにくいですからね。

 

解決策はコレだけ

 

新卒で辞めたいと言えないのであれば、退職代行を利用してサッと辞めましょう。

 

もちろん自分で上司に退職を伝えて辞めるのが望ましいですが、『上司に怒られそう』や『人間関係が上手くいかない』といった悩みがあるのなら退職代行が最適です。

 

退職代行を利用すれば、会社の人間関係を気にすることもなく、『辞めるの早くない?』といった心無い言葉を聞かなくていいので気が楽ですよ。

 

無理して上司に退職を伝える必要はなく、スムーズに辞めれるので新卒に退職代行は大人気です。
ひかる

 

退職代行に興味がある方は以下の別記事を参考にどうぞ。

 

人気記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

 

新卒が辞めたいと言えない理由5点

 

新卒が辞めたいと言えない理由は以下のとおり。

新卒が辞めたいと言えない理由5点

  1. 上司が怖い
  2. 会社に迷惑がかかる
  3. 退職日までの人間関係が気まずい
  4. 退職後のことを考えれば怖くなる
  5. 新入社員なのにすぐ辞めることに罪悪感がある

上から順番に解説していきます。

 

理由①:上司が怖い

 

上司が怖ければ辞めたいと言えないです。

 

たとえば以下のとおり。

 

  • パワハラ受けている
  • 人間関係が上手くいっていない
  • 謎の威圧感があって言い出しにくい

 

上司と人間関係が上手くいっていないは、今後の仕事人生に不利益を生んで損するだけなので退職するのも全然アリ。

 

上司と新卒が接するときは優しく迎え入れて欲しいですね。
ひかる

 

理由②:会社に迷惑がかかる

 

『新卒入社したのに、すぐ辞めたら会社に迷惑かかる...』といった理由から、仕事辞めたいと言えない悩みを抱えていませんか?

 

ぶっちゃけ、すぐに辞めたら確かに会社に迷惑ですが、自分の人生なので辞めることは仕方ないことだと割り切りましょう。

 

もし会社に迷惑かかるのが嫌で辞めたいと言えないなら、会社を続けたらいいだけの話です。

 

どうしても辞めたいと言えないのなら、後述してる対処法3点をチェックしよう。
ひかる

 

理由③:退職日までの人間関係が気まずい

 

辞めたいことを伝えれるけど、辞めたあとの人間関係が気まずくて嫌な人もいますよね。

 

日本では組織を大切にするので、辞めるという行為をすると裏切者扱いされて人間関係が気まずくなります。

 

実際に退職日までは数か月かかることもあるので、その間に気まずい人間関係に耐えられない人もいますからね。

 

人間関係の気まずさを最小限に抑えたいのなら、気づかれないくらいに年休や欠勤を交互に使っていきましょう。

 

効果は薄いので変わらないかもですが、後述している対処法3点を検討するのもアリです。
ひかる

 

理由④:退職後のことを考えれば怖くなる

 

新卒で辞めたいけれど、退職後のことを考えれば怖くなって言えないです。

 

確かに退職後に明確な設計がなければ、無職になって終わりみたいなパターンになりますからね。

 

退職後のことが怖いなら、本業と同時進行で転職活動を始めれば無職になるリスクを和らげます。

 

私自身も過去に勤めてた会社を辞めそうになったときに、同時進行で転職活動を始めて辞めても大丈夫な状況にしましたよ。

 

転職先さえ決めれれば、会社辞めても大丈夫な決心がつきます。
ひかる

 

理由⑤:新入社員なのにすぐ辞めることに罪悪感がある

 

新入社員なのに、すぐ辞めてしまうことに罪悪感を感じて辞めたいと言えない人が多いです。

 

なぜなら、すぐに仕事辞めたら『なぜ入社した?』と上司とトラブルになるのが怖いので、辞めたいと言えないから。

 

経験談ですが、私が過去に勤めてた会社の従業員が2週間で正社員を辞めたいと言い出して、上司とトラブルになっていましたからね。

 

私の意見は新入社員であろうとすぐに辞めてOKです。

 

理由は、入社した会社が微妙なのにダラダラ居続けても無駄でしかないし、すぐに辞める早い目の行動で逆に感心するから。

 

無理なら無理と早い段階で決めた方が、時間を失わなくて済み転職もすぐに取り掛かれるのでいいですよ。

 

辞めたいと言えないことで自分の人生を崩してるのと同じです。
ひかる

 

【注意点】新卒が絶対にしてはいけないこと2点

 

新卒が絶対にしてはいけないことは以下のとおり。

新卒が絶対にしてはいけないこと2点

  1. バックレをする
  2. 無計画のまま辞める

上から順番に解説していきます。

 

注意点①:バックレをする

 

新卒で辞めたいと言えないからって自暴自棄になりバックレをしない方がいいです。

 

理由はバックレをしてしまうと懲戒解雇の処分になるので、今後、転職がしにくくなって自分で自分の首を絞めることになるから。

 

懲戒解雇になってしまうとキャリアに傷をつくので、その後、正社員として生きていくのは難しいです。

 

ぶっちゃけバックレをするくらいなら退職代行を利用した方が100倍マシですよ。

 

退職代行VSバックレに関する詳細は『【退職代行とバックレ】どっちの方が安全に退職できる!?』の別記事を参考にどうぞ

 

注意点②:無計画のまま辞める

 

仮に辞めたいと言えて退職が決まったとしても、今後が無計画なら辞めたいと言えないままの方がいいです。

 

なぜなら無計画で辞めて成功できるほど簡単な世の中ではないから。

 

私なら3か月後に辞める決意をして、その期間に本業と同時進行で転職活動を始めますね。

 

めんどくさいですが今後の人生を豊かにすると考えれば全然できます。
ひかる

 

退職代行に転職サポートがある?

 

近年の退職代行では、退職の手続きを代行してくれるだけでなく、その後に転職サポートも手伝ってくれます。

 

注意点として、転職サポートができる退職代行業者は限られているところ。

 

また転職サポートを利用しても追加料金は入らないので、転職活動を自分でできない人は検討してみましょう。
ひかる

 

退職代行の転職サポートに関する詳細を知りたい方は以下の別記事を参考にどうぞ。

 

 

新卒が辞めたいと言えないときの対処法3点

 

新卒が辞めたいと言えないときの対処法は以下のとおり。

新卒が辞めたいと言えないときの対処法3点

  1. 事前に他の上司に伝えておく
  2. 退職したい空気感を出す
  3. 退職代行に依頼する

上から順番に解説していきます。

 

対処法①:事前に他の上司に伝えておく

 

『仕事を辞めたい』と言うのではなく、事前に他の上司に『仕事辞めるかも...』と話を切り出しましょう。

 

そうすることで仕事を辞めることについて話さないといけない状況を作ることが目的です。

 

新卒なら上司も気軽に相談に乗ってくれるので、意外と打ち明けてみたら楽になりますよ。

 

どうしても無理なら同僚でも全然アリです。
ひかる

 

対処法②:退職したい空気感を出す

 

新卒で辞めたいと言えないのであれば、周りから『辞めたいの?』と空気感で気づかれるようにしましょう。

 

具体的には明らか仕事が辛そうみたいな雰囲気を作って、向こう側から『大丈夫?』と聞かれ『実は...』と答える方法です。

 

少しずる賢いやり方ですが、どうしても辞めたいと言えないのであれば有効的な手段の1つですよ。

 

難しいなら遅刻を繰り返すなどで疲れてるアピールもアリ。
ひかる

 

対処法③:退職代行に依頼する

 

新卒で辞めたいと言えない悩みのなかで、対処法①②が難しいのであれば、堂々と退職代行に依頼して辞めましょう。

 

もちろん自分で上司に退職を伝えて辞めるのが望ましいですが、『上司が怖い』や『人間関係が上手くいかない』といった悩みがあるのなら退職代行が最適です。

 

退職代行を利用すれば、会社の人間関係を気にすることもなく、『辞めるの早くない?』といった心無い言葉を聞かなくていいので気が楽ですよ。

 

もし退職代行を利用に罪悪感があるのなら、自分で退職を上司に伝える方法しかないので自力で頑張るしかありません。

 

新卒で辞めたいと言えない悩みを解消したいなら、実質、退職代行の一択ですね。
ひかる

 

退職代行業者を探したいのなら以下の別記事を参考にどうぞ。

 

人気記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

 

退職代行に依頼するときのポイント紹介

 

新卒で辞めたいと言えない人が退職代行業者を選ぶには以下のポイントをチェックしましょう。

退職代行業者を選ぶときのポイント8点

  1. 無料相談
  2. 即日退職
  3. 有給消化
  4. 成功率の高さ
  5. 全額返金保証付き
  6. 無料転職サポート付き
  7. 弁護士が在籍しているか
  8. 労働組合が運営しているか

以上のポイントを意識して退職代行を選べば失敗はありません。

 

関連記事

ポイント準備中

 

まとめ:新卒が辞めたいと言えないのは当たり前!

 

今回は『新卒が辞めたいと言えないのは当たり前!【無理する必要なし】』を解説しました。

 

結論、新卒が辞めたいと言えないのは当たり前です。

 

というのも働いた期間が短いのなら『なんで入社した?』と上司から言われるのが頭をよぎり、新卒が辞めたいと言えないのは、みんな一緒だから。

 

新卒が辞めたいと言えないのであれば以下の対処法3点をしましょう。

新卒が辞めたいと言えないときの対処法3点

  1. 事前に他の上司に伝えておく
  2. 退職したい空気感を出す
  3. 退職代行に依頼する

どうしても新卒で辞めたいと言えないなら、退職代行を利用して辞めたいと代行で言わせたらいいです。

 

無理に上司に辞めたいと言わないことが、自分にストレスをかけずに済むので、そのなかで退職代行が最も良い手段ですよ。

 

実際にみんな辞めたいと言えない悩みを抱えてる人が多いので、退職代行に依頼する人が急増しています。
ひかる

 

最後に下記の別記事には失敗しない退職代行業者を紹介してるので合わせて読んでみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行

© 2021 退職代行GO Powered by AFFINGER5