新卒は退職を言いづらい?【退職が言いづらいときに取る秘策を紹介】アイキャッチ

退職の悩み

新卒は退職を言いづらい?【退職が言いづらいときに取る秘策を紹介】

 

・新卒で退職を言いづらいから悩んでる...

・退職したいけど退職を言いづらいときには何をしたらいいだろうか?

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 新卒が退職を言いづらい理由3点
  • 新卒が上司に退職の意思を言うとどうなる?【3点解説】
  • 新卒が退職を言いづらいときの対処法3点

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は『新卒は退職を言いづらいか』を解説します。

 

先に結論を言うと、新卒は退職を言いづらくて当たり前です。

 

新卒入社で働き始めたばかりなのに急に退職すると伝えたら、相手の反応が怖いのはよく分かります。

 

本記事の後半では、新卒で退職を言いづらい悩みを解消できる秘策を教えるので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、新卒で退職を言いづらい人は上司に退職の意思を伝えなくても辞めれる方法が分かりますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】新卒が退職を言いづらいのは当たり前!

【結論】新卒が退職を言いづらいのは当たり前!画像

 

冒頭でも伝えたとおり、新卒が退職を言いづらいのは当たり前です。

 

なぜなら入社したばかりにも関わらず、すぐに退職するとなると上司から怒られること間違いなしだから。

 

学生時代にするバイトなら簡単に退職できますが、正社員になると職場も大きな戦力として見てるので退職を伝えると上司から詰められます。

 

私も正社員になってから退職を伝えたとき、かなり上司から詰められた嫌な思い出がありますね(苦笑)
ひかる

 

日本では辞めるという行為に良い印象は持たれないので、もし辞めるのであれば何かしら周りから心無いことを言われる覚悟は持ちましょう。

 

対処法として新卒が退職を言いづらいのであれば、簡単に退職できる秘策があるので最後までどうぞ。

 

新卒が退職を言いづらい理由3点

新卒が退職を言いづらい理由3点画像

 

新卒が退職を言いづらい理由は以下のとおり。

 

新卒が退職を言いづらい理由3点

  1. 働いた期間が短い
  2. 人間関係が気まずい
  3. 退職後のことを考えれば怖い

 

上から順番に解説していきます。

 

新卒が退職を言いづらい理由①:働いた期間が短い

 

新卒が退職を言いづらい理由は、働いた期間が短いからです。

 

というのも働いた期間が短いと『いくら何でも早すぎない?』と人間性を疑われるので、退職を言いづらくなってしまいます。

 

すぐに辞めると周りの従業員から笑われたり、舐めてるとも思われても仕方ありません。

 

とはいえ本当に辞めたい人は周りの声は無視できるので、気にするということは職場に未練があるということになります。
ひかる

 

新卒が退職を言いづらい理由②:人間関係が気まずい

 

新卒が退職を言いづらい理由は、人間関係が気まずいことです。

 

というのも新卒が退職を上司に伝えると、早すぎるがゆえ『仕事を舐めてる』と思われ退職日まで人間関係が気まずくなってしまうから。

 

あるいは退職を伝えれはするけど、その後の周りの人間関係が複雑になりたくないと思う人も多いです。

 

誰でも円満退職にしたいのが本音なので、円満退職にならなかったときのことを考えれば怖いですね。
ひかる

 

新卒が退職を言いづらい理由③:退職後のことを考えれば怖い

 

新卒が退職を言いづらい理由は、退職後のことを考えれば怖いです。

 

退職するのはいいけど、その後に仕事が見つからなかった場合は無職になって収入が途絶えるので怖くなります。

 

退職してから『前の職場に勤めておけば良かった!』と後悔しても遅いですからね。

 

しかし新卒が退職したとしても、若さを武器にすれば転職活動しても成功しやすいですよ。
ひかる

 

新卒が上司に退職の意思を言うとどうなる?【3点解説】

新卒が上司に退職の意思を言うとどうなる?【3点解説】画像

 

新卒が上司に退職の意思を言うとどうなるか?は以下のとおり。

 

新卒が上司に退職の意思を言うとどうなる?【3点解説】

  1. 引き止められる
  2. 上司から怒られる
  3. 周りからバカにされる

 

上から順番に解説していきます。

 

新卒が上司に退職の意思を言うとどうなる?①:引き止められる

 

新卒が上司に退職の意思を言うと、引き止められます。

 

引き止められる理由3点     

  • 人手不足で仕事が回らない  

  • 優秀な人材で手放したくない  

  • 仕事辞めることを悪だと思い込んでいる

 

一人辞めてしまうと辞めた人の分を周りでカバーしないといけないので、周りからしたら迷惑です。

 

自分たちが苦労したくないがため、辞めさせないように引き止めをする上司がいるので注意が必要。

 

労働者にも退職する権利はあるので、退職を引き止めようとする上司は悪質すぎると覚えておきましょう。

 

よく『人手不足で仕事が回らないから...』と引き止めをする上司がいますが、人手不足にしたのは職場の人事が人を集めれてない証拠です。

 

人手不足の責任を一人の新卒のせいにしないでほしいですね。

 

ちなみに私も過去の職場を辞めるときに執拗に引き止められましたね(苦笑)
ひかる

 

新卒が上司に退職の意思を言うとどうなる?②:上司から怒られる

 

新卒が上司に退職の意思を言うと、上司から怒られます。

 

ぶっちゃけ退職するだけで怒られるは理不尽極まりないです。繰り返しになりますが、労働者にも退職する権利はありますからね。

 

とはいいつつ人間も色んな性格の人がいるので、理不尽にキレる大人もかなりいます。

 

もし新卒の人で上司に怒られるのが嫌で退職を言いづらい悩みを持っているのなら、後述している対処法をすれば速攻で辞めれますよ。

 

新卒が上司に退職の意思を言うとどうなる?③:周りからバカにされる

 

新卒が上司に退職の意思を言うと、周りからバカにされます。

 

理由は新卒で入社してばかりなのに辞めるのが早すぎて『根性ないな!』とバカにされるから。

 

バカにされても『こんな職場に何年も続けるなんてヤバいですね!』くらいの気持ちで跳ね返しましょう。

 

上司は自分たちが何年間も働いていることを誇りに思っているだけで、中身が薄い人ばかりです。

 

年数でしかマウントを取れない大人も多いですからね。
ひかる

 

バカにされるくらい強い意志を持ってさえすれば、周りの声なんて聞こえないので無視しよう。

 

新卒が退職を言いづらいときの対処法3点

新卒が退職を言いづらいときの対処法3点画像

 

新卒が退職を言いづらいときの対処法は以下のとおり。

 

新卒が退職を言いづらいときの対処法3点

  1. 引き止められない理由を用意しておく
  2. 病院の診断書を提出する
  3. 可能な限り休む

 

上から順番に解説していきます。

 

新卒が退職を言いづらいときの対処法①:引き止められない理由を用意しておく

 

引き止められない理由を用意しておくと、少なくとも退職で引き止められて嫌な気持ちになる心配はないです。

 

もちろん新卒が退職を言いづらいのは分かっています。それでも頑張って退職を伝えた後に相手から引き止めをしてきたときの対処法ですね。

 

そもそもですが上司に退職を言えないことで悩んでるのなら、あまり効果は発揮されません。

 

少しでも心のケアをしたい人は引き止められない退職理由を用意しておきましょう。

 

親関連の退職理由だと引き止められないので、おすすめです。
ひかる

 

新卒が退職を言いづらいときの対処法②:病院の診断書を提出する

 

新卒が退職を言いづらいときの対処法は、病院の診断書を提出することです。

 

病院で精神に異常をきたしていると判断された場合、嫌でも上司に退職を伝えなければいけない気持ちになるので効果抜群です。

 

それに診断書を提出すれば上司から引き止められる心配もないので、余計なストレスを抱えなくても大丈夫ですよ。

 

当たり前ですが病気じゃないと診断書は発行されないので、すべての人が使える対処法ではないと理解しておきましょう。

 

ちなみに私は精神がおかしかったので病院で診断書を書いてもらいました。
ひかる

 

新卒が退職を言いづらいときの対処法③:可能な限り休む

 

新卒が退職を言いづらいのなら、可能な限り休むようにしましょう。

 

可能な限り休めば『仕事辞めるの?』と周りから声をかけてくれるので、自分も『実は...○○で...』みたいに持っていけます。

 

有給を絡めながら休めば収入に困ることもありませんよ。

 

精神的に消耗してるのであれば、仕事なんか行かずに治療に専念するため休みましょう。
ひかる

 

【最終手段】どうしても新卒が退職を言いづらいときに取る秘策

【最終手段】どうしても新卒が退職を言いづらいときに取る秘策画像

 

結論、どうしても新卒が退職を言いづらいなら『退職代行』を利用して辞めましょう。

 

退職代行を利用することで上司に退職の意思を伝える必要性がなくなり、怒られる心配もなく簡単に辞めれますよ。

 

もちろん退職代行については賛否両論ありますが、私的には退職代行を利用していいと考えています。

 

理由は労働者にも退職する権利はあるし、そもそも退職代行を利用される職場に問題があるとしか考えられないから。

 

普通なら上司に退職の意思を伝えて辞めます。ですが退職代行を利用しようとする気持ちになるということは、ぶっちゃけ職場がヤバいからです。

 

新卒の場合だと上司から『働いた期間が短い!』や『なぜ入社した?』と詰められることも多いので、退職代行を利用すれば心無いことを言われずに回避できますよ。

 

新卒が退職を言う努力をするより、退職代行を利用して退職を言わずに辞める方法もあると覚えておきましょう。
ひかる

 

とはいえ本記事を読んでる、あなたは退職代行について詳しくないはずなので下記の別記事を参考にして情報を仕入れてみてくださいね。

 

 

まとめ:新卒で退職が言いづらいのなら退職代行に頼ろう

まとめ:新卒で退職が言いづらいのなら退職代行に頼ろう画像

 

今回は『新卒は退職を言いづらい?【退職が言いづらいときに取る秘策を紹介】』を解説しました。

 

もし新卒で退職を言いづらい悩みを抱えてるのなら、退職代行に頼れば余計な心配は入りません。

 

もちろん『病院の診断書を書いてもらう』や『可能な限り休む』でも対処はできますが、イマイチ効果が薄いので、どっちかと言えばおすすめしません。

 

一方で退職代行を利用すれば上司に退職の意思を伝える必要性がなくなり、怒られる心配もなく簡単に辞めれますよ。

 

新卒で退職を言う努力をするより、退職を上司に言わずして辞める方法もあるということを知っておきましょう。

 

退職代行は退職する秘策なので、どうしても退職を言いづらい人は検討してみてくださいね。
ひかる

 

最後に退職代行に関する詳細をもっと知りたい方は、下記のボタンから確認してみてください。

 

退職代行の記事一覧はコチラ

 

今回は以上です。

 

-退職の悩み
-