退職代行

新入社員こそ退職代行を利用した方がいい?【リスクは特にない!?】

 

・新入社員こそ退職代行を利用した方がいいかな?

・新入社員で退職代行を利用するリスクはある?

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

・新入社員が退職代行を利用する理由3点

・新入社員が退職代行を利用するリスク【特にない!?】

・新入社員こそ退職代行を利用しよう【3点解説】

 

この記事の信頼性

・20代男性の元社畜の低収入サラリーマン

・ブラック企業で働きストレスで退職を2回経験済み

・人間関係の劣悪さと毎日15時間労働の過労で、うつ病を発症

 

今回は『新入社員は退職代行を利用した方がいいか』を解説します。

 

先に結論を言うと、新入社員こそ退職代行を利用した方がいいです。

 

新入社員だと入社したばかりもあり、退職したいけど退職しにくい悩みも出てくるので、その解決として退職代行を利用すればすんなり辞められます。

 

本記事では新入社員が退職代行を利用する理由とリスクについて解説します。
ひかる

 

この記事を読めば、新入社員で退職代行を利用すれば人間関係の消耗を減らせ、退職代行を退職する1つ手段として活用できますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】新入社員こそ退職代行を利用した方がいい?

 

冒頭でも伝えたとおり、新入社員こそ退職代行を利用した方がいいです。

 

なぜなら新入社員だと入社したばかりもあり、退職したいけど退職しにくい悩みも出てくるので、その解決として退職代行を利用すればすんなり辞められるから。

 

入社したばかりなのに短期間で辞めると従業員から『早すぎじゃない?』と失笑されます。

 

たしかに早すぎかもしれませんが、あくまで自分が『この会社では働けない』と判断したことなので周りの従業員は無視してOK。

 

仮に自分で上司に退職の意思を伝えて辞める方法だと、周りの従業員から『引き留め』や『怒られる』可能性があって消耗します。

 

そこで退職代行を利用すれば『引き留め』や『怒られる』といった従業員同士のやりとりで消耗せずに辞めれますよ。

 

人気記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

 

新入社員が退職代行を利用する理由3点

 

新入社員が退職代行を利用する理由は以下のとおり。

 

新入社員が退職代行を利用する理由3点

  1. 就労条件が入社前と違った
  2. 人間関係の問題で疲れた
  3. 過労で身体が限界

 

上から順番に解説していきます。

 

理由①:就労条件が入社前と違った

 

入社前に確認していた就労条件が全然違うことはよくあることです。

 

たとえば以下のとおり。

 

  • 残業代を支払ってもらえるのに支払わない
  • 週休2日制なのに週休1日になっている
  • 仕事内容が全然違う

 

なんてことは、どこの会社でもあるあるです。

 

結果的に自分が思い描いていた仕事と不一致なこともあり、モチベーションが低下して辞めたくなります。

 

かといって入社したばかりの新入社員が上司に辞めたいなんて言えないですよね。
ひかる

 

結論、入社前に確認していた就労条件と違うことは悪質であり、自分の思い描いていた仕事ができないのであれば辞めた方が良いですね。

 

それに就労条件が違っていたということは、何か包み隠したいことがあるに違いないのでブラック企業の可能性がありますよ。

 

短期間で辞めてしまうとブラック企業の人材は『甘えるな』と精神論を言ってくるので、余計に辞めにくくなる状況になるだけなので退職代行を利用して辞めましょう。

 

 

理由②:人間関係の問題で疲れた

 

新入社員として入社し人間関係の問題で疲れることはよくあることです。

 

たとえば以下のとおり。

 

  • 日常的にパワハラまがいなことを受ける
  • 同僚や上司と上手くいかない
  • 陰湿な嫌がらせを受ける

 

上記のようになってしまう理由は良いスタートダッシュが切れなかったところ。

 

一番初めの印象が肝心であり、ここをミスってしまうとダメな新入社員としてのレッテルを張られて、この先に働きづらくなります。

 

もちろんダメなレッテルを貼られると、この先ずっと出世は難しいです。
ひかる

 

何より他の同僚と比較して自分はダメな存在と認識してしまい会社を辞めたくなります。

 

かといって会社を辞めるとしても上司に退職の意思を伝えることが気が重いですよね。

 

そんな理由から病む負えなく退職代行を利用する新入社員が多いです。

 

人間関係の問題はかなり複雑で『合わない』と思えば早いうちに辞めて転職する方が、かえって良かったパターンが多いですよ。

 

理由③:過労で身体が限界

 

新入社員として入社したけど、思ってたより仕事はハードな場合が多いです。

 

結果、過労で身体が限界になってしまう人が多いです。

 

身体が限界になるまで働き続けることは素晴らしいことに思えますが、限界突破して倒れてしまっては何も意味がありません。

 

倒れるまで仕事をしてしまうと、その後、うつ病になってしまいます。

 

新入社員で入社してこれからという時期に、早々から、うつ病になってしまうことはもったいないです。

 

なので本当に無理なら退職代行を利用してでも辞める方が今後のためになりますよ。

 

 

新入社員が退職代行を利用するリスク【特にない!?】

 

新入社員が退職代行を利用するリスクは正直言ってありません。

 

それでもリスクがあるとするなら、自分のキャリアに傷がつくことくらいです。

 

新入社員なのに関わらず短期間で辞めてるので、キャリアに傷があることを隠そうにも隠せれないですからね。

 

とはいえキャリアに傷がついたとしても、優良な退職代行なら『転職サポート』が付いておりアフターフォローが充実してるので安心できます。

 

新入社員が退職代行を利用してからのことも業者がしっかりサポートしてくれるので、辞めた後に心配しなくて大丈夫ですよ。

 

ただし『転職サポート』がない業者も多いのが現実です。

 

そこで記事の後半に『転職サポート』がある業者を紹介してるのでチェックしてみよう。
ひかる

 

よくある質問:親にバレるリスクはある?

 

人によりますが退職代行を利用したことを親にバレたくない人も多いです。

 

結論、親にバレずに退職することはできます。

 

なぜなら退職代行業者が退職予定の会社の人間に『親に連絡してはいけない』ことを伝えてくれるから。

 

ただし100%バレないと保証できるものでないということだけ理解しておきましょう。

 

詳細を述べると話が長くなってしまうので、代わりに下記に別記事を気になる方は読んでくださいね。

 

 

新入社員こそ退職代行を利用しよう【3点解説】

 

新入社員こそ退職代行を利用したほうがいいことは以下のとおり。

 

新入社員こそ退職代行を利用しよう【3点解説】

  1. 退職代行を利用しても転職に影響ないから安心できる
  2. 新入社員で退職代行を利用する人が多い
  3. 退職を言い出せない悩みを解消してくれる

 

上から順番に解説していきます。

 

①:退職代行を利用しても転職に影響ないから安心できる

 

『退職代行を利用したら転職に影響出そう...』と思ってる人が多いのが現実です。

 

結論、退職代行を利用しても新入社員どころか年数・職歴に関係なく、転職に影響しません。

 

ただし転職に影響しないと言っても、すべての退職代行業者に当てはまるわけではなく優良な業者に依頼したときに限ります。

 

というのも悪質な業者に依頼すると入金してから逃げられたり、退職失敗されて終わるパターンもあるからです。

 

業者の見極めで上手く退職できるかが決まりますよ。
ひかる

 

もっと詳しく知りたい方は『退職代行は転職に影響するのか?【注意点3点あり】』を参考にどうぞ。

 

記事の後半に『転職に影響しない優良な退職代行業者』が分かりますよ。

 

②:新入社員で退職代行を利用する人が多い

 

新入社員は退職代行を利用する人が多いです。

 

理由は繰り返しになりますが以下のとおり。

 

  • 就労条件が入社前と違った
  • 人間関係の問題で疲れた
  • 過労で身体が限界

 

ということが悩みで、なおかつ、新入社員で入社したばかりなのに辞めると言いずらいことが原因で退職代行を利用する人が多いです。

 

特に新卒の20代が桁違いに多いのが現実。

 

最近では30代や40代でも利用者が増えていますが、やはり20代の利用者がダントツで多いです。

 

新入社員や新卒で短期で辞めると気まずくなるので、仕方なく退職代行を利用する人が増えてます。
ひかる

 

 

③:退職を言い出せない悩みを解消してくれる

 

新入社員で『数か月しか経っていないけど辞めたい』けど、上司に退職を言い出せない悩みを抱える人が多いです。

 

結論、退職代行を利用すれば人間関係に左右されることなく辞めれます。

 

業者が代わりに退職の意思を伝えてくれるので、あなた自身が会社に関わることは一つもありませんよ。
ひかる

 

よくある出来事:バックレは止めよう

 

会社を辞めたいけど『上司に退職の意思を伝えれない』でも『退職代行は利用したくない』という人が多いです。

 

結果的にパニックになってしまい、バックレしてしまう選択をする人が急増しています。

 

結論、バックレは懲戒免職になるので今後の転職に不利です。

 

なので退職代行を利用して『自己都合退職』として取り扱ってもらいましょう。

 

退職代行を利用すれば転職に影響なく辞めれるので、そこまでキャリアに大きなキズを背負わなくていいですよ。

 

 

退職代行を選ぶなら○○で安心!

 

新入社員こそ退職代行を利用しましょう。

 

ただ、その前に優良な退職代行業者が分からなければ、行動に移せませんよね。

 

結論、もし退職代行業者の選択で迷ってるなら『退職代行SARABA』を利用すれば安心です。

 

『退職代行SARABA』を簡単にまとめると以下のとおり。

 

  • 労働組合が運営してるので弁護士法違反の心配なし
  • 職歴関係なしで即日退職できる
  • 退職出来なかったら全額返金保証
  • 退職後に無料転職サポートあり
  • 今なら期間限定で無料特典2点が受け取れる

 

などサポートが厚いのが特徴です。

 

さらに24時間365日いつでも無料相談OKなので気軽に問い合わせてみましょう。

 

退職代行業者の選択は重要

 

退職代行を利用して失敗する可能性があるとしたら『実績が低い』ところに依頼してしまうことです。

 

というのも退職代行の実績が低いと『退職失敗』の可能性が出てきて、余計に話がややこしくなり会社側とトラブルになる恐れがあるから。

 

『安いから』や『何でもいい』と安易に考えて、退職代行業者に依頼すると後悔します。
ひかる

 

そんな退職失敗を回避するために実績高く、利用者が圧倒的に多い『退職代行SARABA』に依頼すれば問題なし。

 

『退職代行SARABA』を利用すれば、退職成功率ほぼ100%なのでリスクを抱えず安全に退職できますよ。

 

退職代行SARABAの詳細をもっと知りたい方は下記の別記事を参考にしてください。

 

人気記事退職代行SARABAのメリット・デメリットを徹底解説!【一番の特徴は無料相談】

人気記事退職代行SARABAの口コミ・評判を利用者が紹介!【デメリットはある?】

 

まとめ:新入社員こそ退職代行を利用すれば仕事に悩まなくていい

 

今回は『新入社員こそ退職代行を利用した方がいい?【リスクは特にない!?】』を解説しました。

 

結論、新入社員こそ退職代行を利用すれば仕事に悩まなくていいです。

 

新入社員だと入社したばかりもあり、退職したいけど退職しにくい悩みも出てくるので、その解決として退職代行を利用すればすんなり辞められます。

 

新入社員にとって退職代行は退職するための1つの手段ということを覚えておこう。

 

退職代行を利用すれば『人間関係』や『怒られそう』といった悩みから簡単に解放されますよ。
ひかる

 

最後に下記の別記事には失敗しない退職代行業者を紹介してるので合わせて読んでみてくださいね。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行
-

© 2021 退職代行GO