仕事に行きたくない...朝に泣くのは超ヤバい!【仕事に行くな!】アイキャッチ

退職の悩み

仕事に行きたくない...朝に泣くのは超ヤバい!【仕事に行くな!】

 

・仕事に行きたくない...朝に泣くのはヤバいかな?

・どうしても仕事に行きたくないときには職場に行かなくていいかな?

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 仕事に行きたくない...朝に泣く原因3点
  • 仕事に行きたくない...朝に泣くほどの状態で仕事してはいけない理由3点
  • 仕事に行きたくない...朝に泣くほど辛いときの対処法3点

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は『仕事に行きたくない...朝に泣くのは超ヤバいか』を解説します。

 

先に結論を言うと、朝に泣くほど仕事に行きたくないのなら、もう行かなくていいです。

 

大人が普通に生きていたら泣くなんてありえないことなので、もし泣いているのであれば、あなたは精神的に追い込まれすぎていますね。

 

本記事の後半では、泣いてしまうほど追い込まれてるときの最終手段を記載してるので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、仕事行きたくない理由で泣くことは超ヤバいことなので仕事に行ってはいけないことが分かりますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【要注意】仕事に行きたくない...朝に泣くのは超ヤバい!【仕事に行くな!】

【要注意】仕事に行きたくない...朝に泣くのは超ヤバい!【仕事に行くな!】画像

 

ぶっちゃけ仕事に行きたくないと朝に泣くのは超ヤバいです。

 

なぜなら普通に生きていたら大人が泣くことなんてありえないことだから。

 

もちろん映画や結婚式で感動したから泣くのは分かります。ただ仕事が辛すぎて泣くのは異常ですね。

 

もし、あなたが仕事で思い悩んで泣いているのであれば、もう仕事なんか行かなくていいですよ。

 

無理に仕事を行ってしまうと限界突破して失踪したり、電車に飛び込みたい思考に変わる原因になってしまいます。

 

どうしても仕事が限界なら無理に行こうとせずに職場と距離を置くように心がけましょう。

 

無理に仕事に行きすぎてダメになってしまう前に自分で見切りをつけるのが大切です。
ひかる

 

仕事に行きたくない...朝に泣く原因3点

仕事に行きたくない...朝に泣く原因3点画像

 

仕事に行きたくない...朝に泣く原因は以下のとおり。

 

仕事に行きたくない...朝に泣く原因3点

  1. ブラック企業すぎる
  2. 職場の人間関係が悪質すぎる
  3. 仕事ができなさすぎて迷惑をかけてしまう

 

上から順番に解説していきます。

 

仕事に行きたくない...朝に泣く原因①:ブラック企業すぎる

 

仕事に行きたくない...朝に泣く原因は、ブラック企業すぎるからです。

 

というのもブラック企業で働いていたら身体への負荷がかかりすぎて体調不良になるから。

 

たとえばブラック企業だと人間関係も荒んでいる人が多いので、普通にストレスの発散からパワハラをする人がいます。

 

自分がパワハラされる対象となれば、仕事に行きたくない...と泣いてしまう原因にもなりますね。

 

ブラック企業に勤めても自分に得はないので、早く辞めるなりして逃げましょう。
ひかる

 

仕事に行きたくない...朝に泣く原因②:職場の人間関係が悪質すぎる

 

仕事に行きたくない...朝に泣く原因は、職場に人間関係が悪質すぎるです。

 

人間関係が冷めておりお互い喧嘩ばかりの職場もあるため、仕事する気力が失われる原因になります。

 

人間関係が悪質だと上司から無視されたり、仕事を与えない仕打ちをされるので精神的にキツくなりますね。

 

もし、あなたが悪質な仕打ちを受けて泣いてしまうのなら人は変えれないので、その職場から離れた方が自分のためかもしれません。

 

間違っても悪質な上司の更生を願うようなバカなことはしてはいけないですよ。

 

人間の性格は変えれないので悪質な性格なら一生悪質なままであり、更生をする努力をするより仕事を辞めて人間関係をリセットした方が早いですからね。

 

仕事に行きたくない...朝に泣く原因③:仕事ができなさすぎて迷惑をかけてしまう

 

仕事に行きたくない...朝に泣く原因は、仕事ができなさすぎて迷惑をかけてしまうことです。

 

仕事でミスをすると周りから溜息を吐かれ、その状況が耐えきれなくなり仕事に行きたくないと思うようになります。

 

私自身も過去に仕事が上手くいかなくて、上司から溜息を吐かれ人間関係が気まずくなりましたからね。

 

あなたが仕事ができなさすぎて迷惑をかけてしまうのなら、そもそも仕事が向いていない可能性が高いです。

 

向いていない仕事を永遠に繰り返しても成長はないので、仕事を変えるなりして上司に迷惑をかけないように努めるしかないですね。

 

仕事なんて世の中にはたくさんあるので、自分の合っている仕事を手探りで見つけましょう。
ひかる

 

仕事に行きたくない...朝に泣くほどの状態で仕事してはいけない理由3点

仕事に行きたくない...朝に泣くほどの状態で仕事してはいけない理由3点画像

 

仕事に行きたくない...朝に泣くほどの状態で仕事してはいけない理由は以下のとおり。

 

仕事に行きたくない...朝に泣くほどの状態で仕事してはいけない理由3点

  1. 症状が悪化する
  2. 仕事に集中できない
  3. 周りの人から良く思われない

 

上から順番に解説していきます。

 

仕事に行きたくない...朝に泣くほどの状態で仕事してはいけない理由①:症状が悪化する

 

仕事に行きたくないと朝に泣くということは、ほぼ間違いなく、うつ病っぽくなっています。

 

うつ病の一番の治療法は休むことなのに、仕事に行ってしまうと症状が悪化することくらい誰でも分かるはずです。

 

無理をして仕事に行くと本当に働けないようになるので、朝に泣いてるくらい辛いなら仕事なんて行ってはいけません。

 

もちろん仕事に行くことも大切ですが、本当に大切なのは自分の身体の心配ですからね。

 

仕事に行きたくない...朝に泣くほどの状態で仕事してはいけない理由②:仕事に集中できない

 

朝から泣くほど仕事で追い込まれてるのに、無理して職場に行ったところで仕事に集中できません。

 

仕事に集中していないと周りに迷惑をかける引き金にもなるので、迷惑をかけるくらいなら始めから仕事は休みましょう。

 

職業によりますが、仕事に集中していないと自分や周りに危険を及ぼすこともあるので大惨事になってからは取り返しがつきません。

 

仕事に集中できないは社会人としての致命傷なので、仕事に集中できるようになってから職場に行こう。

 

特に工場や運送業は集中していないと最悪の場合、相手に大ケガを負わすので危険です。
ひかる

 

仕事に行きたくない...朝に泣くほどの状態で仕事してはいけない理由③:周りの人から良く思われない

 

仕事に行きたくない...と朝から泣くほどのメンタルで職場に行っても周りから良く思われません。

 

なぜならメンタルがおかしいと仕事に真剣に取り組んでいないと勘違いされ、周りの人から良く思われないからです。

 

もちろん朝に泣いていても仕事ではシャキッとできる人もいますが、泣くくらいのメンタルの人は仕事でも暗く感じてしまいます。

 

よって仕事で暗くしていると周りから良く思われないので、人間関係で気まずくなって居心地が悪くなりますね。

 

暗いまま仕事をしても逆効果なので精神が疲弊しているなら、まずは病院で診てもらうことを最優先しよう。

 

【本心】仕事に行きたくない...朝に泣くのは気持ちが弱いからではない

【本心】仕事に行きたくない...朝に泣くのは気持ちが弱いからではない画像

 

仕事に行きたくない...朝に泣いてる自分を見て『なんで自分はこんなに気持ちが弱いんだ...』と責めてしまっていませんか?

 

結論を言うと、自分の気持ちが弱いのでなく今の仕事をしている環境が悪いだけです。

 

というのも仕事の環境が悪ければ徐々に働く気力を失われ、次第に気持ちも弱くなっていくから。

 

たとえば私の友人で気持ちが強い人がいましたが、ブラック企業の悪質な環境で働かせられ徐々に働く気力が失われたと言ってました。

 

友人はこのままではダメだと思い転職した結果、以前よりホワイトな職場に入社でき気持ちが落ち着いたそうです。

 

悪質な環境から変えるだけで気持ちは誰でも変わります。
ひかる

 

もし、仕事が嫌で朝に泣くようでしたら、あなたの気持ちが弱いのでなく悪質な職場が一番の原因です。

 

そのため、あなたの気持ちが弱ってるなら、職場を変えるなりして環境を変えればすぐに気持ちが楽になりますよ。

 

仕事に行きたくない...朝に泣くほど辛いときの対処法3点

仕事に行きたくない...朝に泣くほど辛いときの対処法3点画像

 

仕事に行きたくない...朝に泣くほど辛いときの対処法は以下のとおり。

 

仕事に行きたくない...朝に泣くほど辛いときの対処法3点

  1. 仕事を休む/休職する
  2. 心療内科がある病院で診てもらう
  3. 仕事を辞めることを本格的に考える

 

上から順番に解説していきます。

 

仕事に行きたくない...朝に泣くほど辛いときの対処法①:仕事を休む/休職する

 

仕事に行きたくないと朝に泣くほど辛いなら、仕事を休むか休職しましょう。

 

仕事が原因で泣いてしまうということは精神的に不安定な証拠なので、一度仕事から離れてゆっくり考えれば打開点が見つかります。

 

とりあえずは冷静になることも大切なので、休むか休職するか、どっちにしろ仕事は行かないようにしましょう。

 

私も過去に精神的に疲れた時期があって1か月ほど仕事から離れましたけど、その期間に色々見つめ直せたので、いい機会を貰ったと思っています。

 

辛いときこそ仕事という古い考えに頼らずに、辛いときは休むを選択できる人間になろう。
ひかる

 

仕事に行きたくない...朝に泣くほど辛いときの対処法②:心療内科がある病院で診てもらう

 

仕事に行きたくない...朝に泣くほど辛いなら、心療内科がある病院で診てもらおう。

 

というのも仕事が原因で泣くということは、うつ病で間違いないはずなので、病院から診断書を貰えば現実味を味わうことができるから。

 

たとえば病院に行かずに自分がうつ病ではないと言い聞かせれば、仕事に行くように身体が勝手に動きます。

 

一方で病院から診断書を貰えれば『あ、自分うつ病だっだんだ...』と現実味を味わい、仕事に行ってはいけないことが改めて分かりますからね。

 

それに診断書を貰えれば、職場に休職しなければいけない証拠を出せるので引き止められることもありません。

 

仕事に行きたくない...朝に泣くほど辛いときの対処法③:仕事を辞めることを本格的に考える

 

仕事に行きたくない...朝に泣くほど辛いなら、仕事を辞めることを本格的に考えましょう。

 

なぜなら普通に生きていたら大人が泣くことなんてありえなく、精神を追い込むような職場で働いてはいけないから。

 

ぶっちゃけ悪質な職場は労働者を駒としか見ていなく、使えなくなったら捨てられて終わるので責任を取ってくれません。

 

もし捨てられて終わりたくないのなら、回避するためにも退職は必須です。

 

仕事を続けることを正義だと思わないでください。ヤバい職場で働けば自分がダメになるのは目に見えてるので退職する勇気を持つのが大切ですよ。

 

身体が限界になるまで働いて倒れるより、倒れる前に辞めて次のステップを踏むのが重要。
ひかる

 

【最終手段】泣いてしまうほど追い込まれてるなら退職代行の利用を考えよう

【最終手段】泣いてしまうほど追い込まれてるなら退職代行の利用を考えよう画像

 

もし泣いてしまうほど追い込まれているのなら、退職代行を利用して速攻で辞めましょう。

 

というのも上司に退職の意思を伝えてから退職日まで数ヶ月かかることもあり、泣いてしまうほど精神がボロボロな人は気持ちが持たないから、退職代行を利用して速攻で辞めた方がいいから。

 

もちろん退職代行を利用せずに辞めるのが一番望ましいですが、精神的にキツいのに、わざわざ職場に行って引き継ぎなんてできないです。

 

退職代行の良い点は上司の判断関係なしに即日退職して、すぐに休息を取れるところ。

 

そのため泣いてしまうほど追い込まれてる人に、上司からの説得や嫌がらせを受けずに、すぐに辞めれるので余計なストレスを抱えなくていいですよ。

 

とはいえ本記事を読んでる、あなたは退職代行に詳しくないはずなので下記の別記事を読んで理解を深めてくださいね。

 

 

まとめ:仕事に行きたくない...朝に泣くのは超ヤバいから仕事に行くな!

まとめ:仕事に行きたくない...朝に泣くのは超ヤバいから仕事に行くな!画像

 

今回は『仕事に行きたくない...朝に泣くのは超ヤバい!【仕事に行くな!】』を解説しました。

 

結論、朝に泣くほど仕事に行きたくないのなら、もう行かなくていいです。

 

大人が泣くほど辛いということは精神の限界が来ている証拠なので、仕事なんか行かずに休息を取って回復しましょう。

 

無理に仕事に行きすぎてダメになってしまう前に自分で見切りをつけるのが大切ですね。

 

どうしても今後ずっと仕事に行きたくないのなら、辞めることも本格的に考えた方が吉です。

 

もし速攻で仕事を辞めて休息を取りたいなら、退職代行を利用すればいいだけですよ。
ひかる

 

最後に退職代行に関する詳細をもっと知りたい方は、下記のボタンから確認してみてください。

 

退職代行の記事一覧はコチラ

 

今回は以上です。

 

-退職の悩み
-