退職代行

【労働組合VS一般の退職代行業者】どっちの業者に依頼するのが正解?

 

・労働組合と一般の退職代行業者を比較して、どちらに依頼したら正解だろう?

・料金的に見れば一般の退職代行業者だけど実際はどうか分からない...

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

・退職代行SARABAと一般の退職代行業者の安全面、サポート内容面での比較

・退職代行SARABAと一般の退職代行業者の特徴

・退職代行SARABAと一般の退職代行業者がおすすめな人を解説

 

この記事の信頼性

・20代男性の元社畜の低収入サラリーマン

・ブラック企業で働きストレスで退職を2回経験済み

・人間関係の劣悪さと毎日15時間労働の過労で、うつ病を発症

 

今回は『【労働組合VS一般の退職代行業者】どっちの業者に依頼するのが正解か』を解説します。

 

先に結論を言うと、ほぼ100%の人は労働組合が運営している退職代行業者に依頼すべきです。

 

本当に少数の人は一般の退職代行業者に依頼してもいいですが、特別な理由がないのなら労働組合が運営している退職代行業者で決まりですね。

 

本記事の後半では、実際に労働組合が運営している退職代行業者を紹介してるので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、一般の退職代行業者より労働組合の方が優れていることが分かり、どちらに依頼すべきか悩む必要はありません。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【労働組合VS一般の退職代行業者】どっちの業者に依頼するのが正解?

 

冒頭でも伝えたとおり、ほぼ100%の人は労働組合が運営している退職代行業者に依頼すべきです。

 

理由は一般の退職代行業者は詐欺臭いところが多く存在しており、一般の退職代行業者に依頼しても退職失敗に終わるパターンが多いから。

 

一般の退職代行業者だと入金して逃げられる可能性だってあります。
ひかる

 

特別な理由がないかぎり、労働組合が運営している退職代行業者に依頼しておけば失敗はしません。

 

労働組合に軍配が上がったとしても...

 

労働組合VS一般の退職代行業者で労働組合が勝って軍配が上がったからといって、まだ終わりではありません。

 

確かに労働組合は優良ですが、弁護士に依頼する手段もあるということを頭に入れておきましょう。

 

 

【労働組合VS一般の退職代行業者】安全面での比較

 

実際に退職代行を利用したら『安全に退職できるのか?』『リスクはないのか?』と不安になりますよね。

 

不安を解消するためにも労働組合と一般の退職代行業者の安全面を、それぞれを比較していきます。

労働組合と一般の退職代行業者の安全面の比較

  1. 労働組合の安全面
  2. 一般の退職代行業者の安全面
  3. 安全面での比較結果

上から順番に解説していきます。

 

その①:労働組合の安全面

 

労働組合が運営している退職代行業者で安全な点は『会社と交渉できる』ところです。

 

具体的には以下のような交渉ができます。

 

  • 退職日の調整
  • 有給消化の交渉
  • 未払いの給料や残業代などの金銭の請求

 

上記の3点の交渉ができるのは『労働組合』と『弁護士』だけです。

 

仮に一般の退職代行業者が上記の交渉をしてしまうと弁護士法違反で話がややこしくなり、自分に被害が増すだけなので注意が必要。

 

実際に退職代行を利用する人も安全なことを理解してるため、労働組合に依頼する人が多いです。
ひかる

 

その②:一般の退職代行業者の安全面

 

一般の退職代行業者の実態は、包み隠したいことが多いため安全ではありません。

 

具体的には『弁護士資格がないけどバレずにしよう』など包み隠したいことが山ほどあるため、もし指摘されたら終わりといったようなことです。

 

一方で労働組合や弁護士は上記の悩みを抱えずに堂々とできるため、退職成功に導くことができますよ。

 

一般の退職代行業者の代表は個人である場合が多く、胡散臭さ満載です(笑)
ひかる

 

その③:安全面での比較結果

 

労働組合と一般の退職代行業者を安全面で比較した結果、圧倒的に労働組合に軍配が上がります。

 

安全度で表すなら『弁護士>労働組合>>>>>一般の退職代行業者』くらい差がありますね。

 

安全面も重要視してるのであれば、弁護士か労働組合に依頼すれば間違いありません。
ひかる

 

【労働組合VS一般の退職代行業者】料金での比較

 

自分の貯金の事情もあるので、なるべくお金はかけたくないのが本音ではないでしょうか。

 

労働組合と一般の退職代行業者の料金の比較は以下のとおり。

労働組合と一般の退職代行業者の料金の比較

  1. 労働組合の料金面
  2. 一般の退職代行業者の料金面
  3. 料金面での比較結果

上から順番に解説していきます。

 

その①:労働組合の料金面

 

まずはじめに退職代行の料金相場は『2.5万~5.5万円』になります。

 

そのなかで労働組合の料金は『2.5万~3万』になってるので安価です。

 

何より労働組合が運営している退職代行業者は『一律制』で設定していることが多いので、余計にお金を搾取されることはありません。

 

たとえば3万支払ったのなら、3万だけで退職代行を済ませられ追加料金はかからないということです。

 

追加料金(オプション代金)ないのは嬉しいですね。
ひかる

 

労働組合が運営している退職代行業者は安価なので気になる方は依頼を検討してみてください。

 

その②:一般の退職代行業者の料金面

 

一般の退職代行業者は料金が『1万~10万』と下限上限が激しいです。

 

かなり安く退職代行を済ませられたり、めちゃくちゃ高い場合だってあります。

 

重要なことは退職代行の料金相場は『2.5万~5.5万円』であるので、範囲から外れているのであれば何かしら闇を抱えてるので警戒しましょう。

 

全部が全部ひどいとは言い切れませんが、実際に『詐欺っぽい』ところは存在するので注意点として、ご理解お願います。

 

その③:料金での比較結果

 

労働組合と一般の退職代行業者を比較して、労働組合の方に軍配が上がります。

 

料金は安すぎても怪しいし、高すぎても詐欺っぽいので見極めが大切です。

 

料金で判断するポイントとして『2.5万~5.5万』が料金相場であるので、この範囲に入ってるかを確認しましょう。

 

【労働組合VS一般の退職代行業者】サポート内容での比較

 

料金だけではなくサポート内容が充実していないと、退職代行を利用したいと思いません。

 

労働組合と一般の退職代行業者のサポート内容の比較は以下のとおり。

労働組合と一般の退職代行業者のサポート内容の比較

  1. 労働組合のサポート内容面
  2. 一般の退職代行業者のサポート内容面
  3. サポート内容面での比較結果

上から順番に解説していきます。

 

その①:労働組合のサポート内容面

 

労働組合が運営している退職代行SARABAを例に出してみると以下のとおり。

 

  • 24時間365日いつでも無料相談できる(LINEで無料相談OK)
  • 即日退職が可能
  • 全額返金保証
  • 転職サポート

 

というように退職代行をする上でのサポートがギッシリ詰まっています。

 

特に退職後のことも考えて転職サポートもあるので、アフターフォローが充実していますね。

 

もちろん転職サポートは強制ではなく任意なので知っておいてください。
ひかる

 

労働組合はサポート内容が非常に優れているので利用者も年々増加しています。

 

その②:一般の退職代行業者のサポート内容面

 

一般の退職代行業者はサポート内容が労働組合と比較して不十分な場合が多いです。

 

  • 24時間365日いつでも無料相談できる(LINEで無料相談OK)
  • 即日退職が可能
  • 全額返金保証
  • 転職サポート

 

上記は労働組合のサポート内容ですが、一般の退職代行業者では当たり前のように上記のサポートが付いていません。

 

もし自分が退職代行を利用するとなれば『サポートが厚い退職代行業者』と『サポートが不十分な退職代行業者』どちらに依頼したいですか?

 

ほとんど前者と答えるはずです。わざわざ『サポートが不十分な退職代行業者』に依頼しませんからね。

 

一般の退職代行業者に温情があるのなら依頼すべきですが、特に理由がなければ迷わずに労働組合の方を選べばいいですよ。

 

その③:サポート内容での比較結果

 

労働組合と一般の退職代行業者を比較して、圧倒的に労働組合の方が優勢です。

 

どうせ依頼するのであればサポートが厚い方が、お得感があり、何より『全額返金保証』があれば安心感がありますからね。

 

私自身からしても迷わずに労働組合に依頼します。
ひかる

 

労働組合に関する特徴

 

労働組合は料金が安く内容も充実しているので、労働組合が運営している退職代行を利用する人が多いです。

 

特徴としてはサポート内容や料金、安全面を総合的に評価して、難点が特に見つからないところですね。

 

労働組合に関する情報を詳しく知りたい方は『退職代行の労働組合とは?【退職代行を利用したい人は頭に入れておこう】』の別記事を参考にどうぞ。

 

一般の退職代行業者に関する特徴

 

一般の退職代行業者はサポート内容や安全面を総合的に評価してイマイチです。

 

特徴としては料金の大小が大きいので、詐欺かどうかが検討がつきにくいところ。

 

一般の退職代行業者は利用者も少なくレビューも少ないので、依頼するハードルが高めです。

 

労働組合がおすすめな人

 

労働組合がおすすめな人は下記のとおり。

 

  • 安全に退職を望んでる人
  • 一律料金で安定を取りたい人
  • 一般の退職代行業者に依頼しようとしてた人

 

実際に半数以上の人は労働組合が運営している退職代行業者を利用しています。

 

もし一般の退職代行業者に依頼しようと考えていた人は、料金も安く内容も濃い労働組合に乗り換えた方が良いです。

 

理由は労働組合と一般の退職代行業者では、会社に交渉できる権利があるので雲泥の差があるからですね。

 

労働組合に関連する退職代行業者

 

労働組合に関連する退職代行業者で一番評価が高い『退職代行SARABA』が間違いありません。

 

他の退職代行業者より桁違いに評価が高いです。詳細は以下のとおり。

  • 労働組合が運営してるので弁護士法違反の心配なし
  • 職歴関係なしで即日退職できる
  • 退職出来なかったら全額返金保証
  • 退職後に無料転職サポートあり
  • 今なら期間限定で無料特典2点が受け取れる

退職代行SARABAについて詳細を知りたい人は下記の別記事を参考にどうぞ。

 

人気記事退職代行SARABAのメリット・デメリットを徹底解説!【一番の特徴は無料相談】

人気記事退職代行SARABAの口コミ・評判を利用者が紹介!【デメリットはある?】

 

一般の退職代行業者がおすすめな人

 

一般の退職代行業者がおすすめな人は以下のとおり。

 

  • 一般の退職代行業者に温情がある人
  • 詐欺られても構わない人

 

一般の退職代行業者はおすすめしないので、できるなら労働組合に乗り換えた方が賢いですよ。

 

料金が安い落とし穴

 

一般の退職代行業者に場合は料金が1万円の場合があります。

 

料金が1万円だと逆に安すぎて怖いので、一般の退職代行業者の依頼はおすすめしません。

 

あくまで退職代行の相場は『2.5万~5.5万』です。範囲外であるなら何か欠点や隠し事してるんじゃないかと警戒した方がいいです。

 

退職代行が安いに関しての別記事を下記に用意したので気になる方はどうぞ。

 

 

【労働組合VS一般の退職代行業者】の比較まとめ

 

今回は『【労働組合VS一般の退職代行業者】どっちの業者に依頼するのが正解?』を解説しました。

 

結論、圧倒的に労働組合に軍配が上がります。

 

理由は一般の退職代行業者は詐欺臭いところが多く存在しており、一般の退職代行業者に依頼しても退職失敗に終わるパターンが多いから。

 

特別な理由がないかぎり、労働組合の方に依頼しましょう。

 

もし『労働組合に依頼したいけど、どの業者が良いか分からない...』と考えてるのなら、『退職代行SARABA』に依頼しておけば失敗しません。

 

退職代行SARABAは安全面やサポート内容に優れてるため、利用者も業界TOPクラスに多いです。
ひかる

 

最後に下記に『退職代行SARABA』の別記事を用意したので参考にどうぞ。

 

今回は以上です。

 

 

-退職代行
-

© 2021 退職代行GO Powered by AFFINGER5