体調不良で欠勤してそのまま退職できる?【退職する方法は3点のみ】アイキャッチ

退職の悩み

体調不良で欠勤してそのまま退職できる?【退職する方法は3点のみ】

 

・体調不良で欠勤してそのまま退職できるかな?

・体調不良で退職したいけどスムーズに仕事を辞める方法ってあるかな?

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 体調不良で欠勤してそのまま退職できる?
  • 体調不良で欠勤してそのまま退職する方法3点
  • 【注意点】体調不良で退職を考えたとしてもバックレ(無断欠勤)は避けよう

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は『体調不良で欠勤してそのまま退職できるか』を解説します。

 

先に結論を言うと、体調不良で欠勤してそのまま退職できます。

 

職場側も体調不良で欠勤している人を雇うほど優しくないし、戦力にならないのは目に見えてるので、すんなり退職させてくれますよ。

 

本記事の後半では、体調不良で欠勤してそのまま退職できる方法を紹介してるので最後までどうぞ。
ひかる

 

この記事を読めば、体調不良で欠勤してそのまま退職できる方法が分かり、誰でもできる簡単に辞めれる方法まで知れますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

体調不良で欠勤してそのまま退職できる?

体調不良で欠勤してそのまま退職できる?画像

 

冒頭でも伝えたとおり、体調不調で欠勤してそのまま退職できます。

 

正社員は雇用期間を定められていないので2週間前に退職の旨を伝えさえすれば退職可能です。

 

体調不良は誰でもなるので仕事より、まずは自分の身体を安静にするため優先順位を間違えないようにしよう。

 

診断書があればスムーズ

 

診断書があれば職場側も退職の意思を汲み取ってくれスムーズに進みます。

 

なぜなら診断書は医師が作る書類で説得力が高いから。病気を証明する書類であり職場側も断ることができません。

 

診断書がなくても退職はできますが、人によれば『本当に体調不良?仮病じゃないの?』と疑う上司がいるので診断書の効力は強いです。

 

うつ病になったとしても一般人では判断ができないので、体調不良ぽいなら必ず医者に診てもらうことをおすすめします。

 

うつ病や適応障害になった悩みの記事も下記に用意してるので気になる方はどうぞ。
ひかる

 

 

体調不良で欠勤してそのまま退職したら転職に不利になるか?【対処法あり】

体調不良で欠勤してそのまま退職したら転職に不利になるか?【対処法あり】画像

 

結論、体調不良で欠勤してそのまま退職したら転職に不利になります。

 

なぜなら退職後も体調不良により働けずに空白期間ができて、転職に不利になるから。

 

たとえば転職先の面接で『この退職後の空白期間は何してたんですか?』と聞かれて体調不良ですと答えれば印象が悪いですからね。

 

採用担当者によれば『採用しても、すぐ体調不良になりそう...』や『体調管理できない系の人なのかな...』とマイナスイメージしかありません。

 

空白期間があるからって落ち込む必要はない

 

採用担当者から空白期間を指摘されても転職に影響しない対処法があります。

 

その対処法は体調不良から得られたエピソードを話せば大丈夫です。体調不良はデメリットに感じますが、見方を変えればメリットになりますよ。

 

たとえば体調不良を通じて『セルフケアができるようになった』や『人との距離を掴めるようになった』などです。

 

空白期間で得られたエピソードを正直に伝えることで相手も共感しやすくなり、転職の不利さを払拭できるようになりますよ。

 

加えて今は完治していることをアピールしておけば完璧です。
ひかる

 

メモ

もちろん現時点で体調不良が完治していない場合もあります。そんなときは定期的に通院や検査が必要である旨を正直に伝えましょう。

 

転職後に体調を崩さないように!

 

転職後は仕事が慣れていないのでミスが多くなり気持ちが落ち着きません。よって体調不良が再発する可能性があります。

 

しかし仕事のミスは仕方ないと割り切って行動するしかありません。詳細は下記の別記事をどうぞ。

 

>>転職後にミスばかりするのは当たり前!【ハズレの転職先もある】

 

体調不良で欠勤してそのまま退職する方法3点

体調不良で欠勤してそのまま退職する方法3点画像

 

体調不良で欠勤してそのまま退職する方法は以下のとおり。

 

体調不良で欠勤してそのまま退職する方法3点

  1. 電話する
  2. 職場に行って伝える
  3. 退職代行を利用する

 

上から順番に解説していきます。

 

体調不良で欠勤してそのまま退職する方法①:電話する

 

体調不良で欠勤してそのまま退職する方法は、電話することです。

 

職場の上司と電話することで体調不良を理解をしてくれ、そのまま退職まで持っていけることもあります。

 

 電話するにしても弊害はある

 

電話するにしても精神的負担があります。

 

その精神的負担は『上司に甘えるなと説得される』や『体調不良で職場に行けないのに来いと言われる』などです。

 

たとえ退職が決まったとしても後味が悪い辞め方になり、上司からも文句を言われてストレスが溜まりますね。

 

電話で退職は職場の人に会わないのでいいので気持ちが楽ですが、余計な説得や無理な要求をされることがデメリットです。

 

体調不良のときに電話で退職はおすすめしません。
ひかる

 

退職の電話が怖い人は...

 

なにせ退職で電話するのが怖い人もいるはずです。なぜなら上司の反応が想像するだけで怖いから。

 

しかし退職の電話の怖さを解消する方法があります。詳細は下記の別記事をどうぞ。

 

 

体調不良で欠勤してそのまま退職する方法②:職場に行って伝える

 

体調不良で欠勤してそのまま退職する方法は、職場に行って伝えるです。

 

体調不良なのにも関わらず職場に行くのはハードルが高いです。職場に行くと上司に嫌がらせを受けて体調不良が悪化するかもしれないですからね。

 

ぶっちゃけ職場に行って伝えるなら電話の方が100倍マシです。

 

ただ退職するには職場に行かないといけないので、ひとつの方法として記載しておきます。

 

職場に行くのは精神的負担が大きいので止めておきましょう。
ひかる

 

続きの詳細は『上司と合わないせいで体調不良になった【体調不良が続くなら○○!】』の別記事を参考にしてください。

 

体調不良で欠勤してそのまま退職する方法③:退職代行を利用する

 

体調不良で欠勤してそのまま退職する方法は、退職代行を利用するです。

 

ぶっちゃけ体調不良で欠勤してそのまま退職する方法3点のなかで一番良いのが『退職代行を利用する』ですね。

 

退職代行を利用すれば職場の人と一切接点を持たずに退職できるので、余計なストレスを溜めることなく体調不良の完治をしやすいのがメリットです。

 

上司から退職についてガミガミ言われなくて気持ちが楽ですよ。
ひかる

 

実際に体調不良で職場に行けない人が『辞めたいけど電話するのも職場に行くのも嫌で仕方ない...』と抱え込み、仕方なく退職代行を利用する人が多いです。

 

どちらにしろ体調不良なのに職場に行くことで発作を起こして倒れることもあるので行くのは止めましょう。

 

ポイント

退職代行を利用すれば即日退職できるので、すぐに療養に専念できて無駄な時間を省けますよ。

 

もし退職代行を利用して即日退職したいなら下記の別記事を参考にしてくださいね。

 

>>退職代行は即日退職することができる?【即日退職できる業者も紹介】

 

【注意点】体調不良で退職を考えたとしてもバックレ(無断欠勤)は避けよう

【注意点】体調不良で退職を考えたとしてもバックレ(無断欠勤)は避けよう画像

 

注意点は、体調不良で退職を考えたとしてもバックレ(無断欠勤)は避けよう。

 

理由はバックレすると懲戒解雇になり転職が不利になるから。

 

バックレするくらいなら『退職代行』や『電話する&職場に行く』方法で退職する方が100倍良いですよ。

 

もちろん『退職代行』や『電話する&職場に行く』が嫌で自暴自棄になりバックレしてしまう気持ちも理解できます。

 

しかしバックレをしたら後々転職に影響に出て後悔することになるので絶対に避けよう。

 

バックレするくらいなら退職代行が良い

 

バックレも退職代行も突然退職する面では似ていますが、天と地のほどの格差があります。

 

バックレするくらいなら退職代行が良いという事実を下記の別記事にまとめてるので気になる方はどうぞ。

 

人気記事【退職代行 VS バックレ】どっちの方が安全に退職できる!?

人気記事
【退職代行 VS バックレ】どっちの方が安全に退職できる!?アイキャッチ
【退職代行 VS バックレ】どっちの方が安全に退職できる!?

続きを見る

 

まとめ:体調不良で欠勤してそのまま退職したいなら退職代行もアリ

まとめ:体調不良で欠勤してそのまま退職したいなら退職代行もアリ画像

 

今回は『体調不良で欠勤してそのまま退職できる?【退職する方法は3点のみ】』を解説しました。

 

体調不良で欠勤してそのまま退職する方法は下記のとおり。

 

体調不良で欠勤してそのまま退職する方法3点

  1. 電話する
  2. 職場に行って伝える
  3. 退職代行を利用する

 

上記の中でも退職代行を利用して辞める人は多いので、体調不良で職場に行けない人や電話したくない人は検討してみてください。

 

とはいえ、あなたが一番合っている方法で辞めるのが正解なので参考までに。
ひかる

 

最後に退職代行に関する詳細をもっと知りたい方は、下記のボタンから確認してみてください。

 

退職代行の記事一覧はコチラ

 

今回は以上です。

 

退職代行業者に依頼したいなら?

人気記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

人気記事
【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】アイキャッチ
【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

続きを見る

 

LINE登録を1分で完了させる?

人気記事【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順を徹底解説

人気記事
【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順を徹底解説アイキャッチ
【1分で完了】退職代行SARABAのLINE登録手順を徹底解説

続きを見る

 

-退職の悩み
-