引き継ぎしないで辞めたい!【結論:○○を利用すればOK】アイキャッチ

退職の悩み

引き継ぎしないで辞めたい!【結論:○○を利用すればOK】

 

・引き継ぎしないで辞めたいけど、そんなことできるかな?

・引き継ぎしないで辞めるリスクが怖い...

悩んでいる人

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事の内容

  • 引き継ぎしないで辞めたいけど本当に大丈夫?【3点解説】
  • 【超リスク】バックレ(無断欠勤)だと損害は大きい
  • 退職代行だと引き継ぎしなくていい理由

 

この記事を書いてる人

退職代行GOブログカード

 

Twitter(@taisyokudaikogo)を運営中

 

今回は『引き継ぎしないで辞めれるか』を解説。

 

結論、退職代行を利用すれば引き継ぎなしで辞めれます。

 

仕事を辞めるときに引き継ぎをしなければいけない空気がありますが、ぶっちゃけ辞める職場の引き継ぎしても自分にメリットがないので嫌がる人が多いですからね。

 

本記事の後半では、実績の高い退職代行業者も紹介してるので参考にしてみてくださいね。
ひかる

 

この記事を読めば、引き継ぎしないで辞めたいなら退職代行を利用するしかないことが分かりますよ。

 

それではさっそく本文に入っていきましょう。

 

【結論】引き継ぎしないで辞めたいなら退職代行を利用しよう

【結論】引き継ぎしないで辞めたいなら退職代行を利用しよう画像

 

冒頭でも伝えたとおり、引き継ぎしないで辞めたいのなら退職代行を利用しましょう。

 

退職代行を利用すれば即日退職も可能なので、退職日にお礼回りすることや引き継ぎをしないで辞めれるメリットがありますよ。

 

デメリットがあるとするなら、退職代行で辞めれば引き継ぎをされず業務に支障が出て職場の人が困ること。

 

なので良心的な心を持つ人は退職代行を利用せずに、上司に退職の意思を伝えて嫌々引き継ぎをして辞めるしか方法はありません。

 

世間では退職代行を悪質と見てる人が多いですが、退職することで上司から『強い引き止め』や『余計な引き継ぎ』を執拗にやらす方が悪質と理解しておきましょう。

 

退職することで上司からの圧力により消耗するくらいなら、退職代行を利用して綺麗サッパリ辞めた方がストレスかからなくていいですよ。

 

退職代行を利用することに罪悪感を感じる必要はないです。
ひかる

 

もし今からでも退職代行に依頼したいと考えてるのなら、下記の別記事を参考にして選んでみてください。

 

人気記事【失敗しない】退職代行のおすすめランキングを徹底比較【無料相談あり】

 

引き継ぎしないで辞めたいけど本当に大丈夫?【3点解説】

引き継ぎしないで辞めたいけど本当に大丈夫?【3点解説】画像

 

引き継ぎしないで辞めたいけど本当に大丈夫かは以下のとおり。

 

引き継ぎしないで辞めたいけど本当に大丈夫?【3点解説】

  1. 引き継ぎについて上司から相談される
  2. 損害賠償請求の可能性がある
  3. 退職金が減る

 

上から順番に解説していきます。

 

引き継ぎしないで辞めたいけど本当に大丈夫?【3点解説】①:引き継ぎについて上司から相談される

 

退職代行を利用せずに上司に退職の意思を伝えて辞めると、引き継ぎについて上司から相談されます。

 

具体的には『次のプロジェクトが終わるまで待ってくれないか?』や『引き継ぎを完全にして辞めてくれないか?』などの相談です。

 

場合によっては退職まで数ヶ月も待たされるので、すぐに転職したい人には損ですよね。

 

すぐに転職活動を始めて次のステップを踏みたい人は、すぐにでも仕事を辞めるため退職代行を利用しましょう。

 

引き継ぎしないで辞めたいけど本当に大丈夫?【3点解説】②:損害賠償請求の可能性がある

 

引き継ぎをせずに辞めることで以下のケースが起こりえます。

 

損害賠償請求のケース3点     

  • 引き継ぎをせずに辞めることで業務に支障が出た  

  • 人員不足でプロジェックトができなくなった  

  • 取引先から契約を解除された

 

引き継ぎをしないことで上記のようなケースが起こり、損害賠償請求がされることがあります。

 

しかし退職代行を利用すれば損賠賠償請求を避けて辞めれます。その詳細については本記事の後半に記載してるので最後までどうぞ。

 

>>退職代行の利用で損害賠償請求される?【可能性は"0"ではない】

 

引き継ぎしないで辞めたいけど本当に大丈夫?【3点解説】③:退職金が減る

 

引き継ぎをしないで辞めると、職場に不利益を生じさせたとして退職金が減る場合があります。

 

そのため一方的に退職し引き継ぎを拒否すると減額されることもあるので注意する必要があるということを覚えておきましょう。

 

退職金を減らされたくないのなら、きちんと引き継ぎをして辞めよう。
ひかる

 

【超リスク】バックレ(無断欠勤)だと損害は大きい

【超リスク】バックレ(無断欠勤)だと損害は大きい画像

 

バックレ(無断欠勤)をして引き継ぎから逃れようとしてませんか?

 

バックレ(無断欠勤)で自分は仕事を辞めたつもりでいても、実際は職場に退職届を提出していないので退職は成立してません。

 

職場からの連絡を無視し続けると懲戒解雇として命じられ、今後の転職に悪影響が出ますよ。

 

バックレ(無断欠勤)をすると引き継ぎせずに辞めれますが、そのぶんリスクが大きいことを知っておこう。
ひかる

 

引き継ぎしないで辞めたいなら『退職代行』

 

ぶっちゃけバックレ(無断欠勤)だとリスクが大きすぎます。

 

一方で退職代行を利用すればノーリスクで引き継ぎせずに辞めれるので、近年では人気爆発中のサービスとなっていますね。

 

詳細を知りたい方は次の見出しを確認してくださいね。

 

退職代行だと引き継ぎしなくていい理由

退職代行だと引き継ぎしなくていい理由画像

 

退職代行を利用すれば引き継ぎなしで辞めれます。

 

バックレ(無断欠勤)の場合は自分の判断で勝手に辞めてるのに対して、退職代行は業者が引き継ぎなしで辞めるように職場に交渉してる点が大きいです。

 

退職代行は、あなたの代わりに業者が職場に退職の意思を伝えてくれるので無断では辞めていません。

 

一方でバックレ(無断欠勤)は職場に退職の意思さえも伝えてないので、損害賠償や懲戒解雇のリスクが高いので絶対に止めましょう。

 

続きを知りたい方は『【退職代行 VS バックレ】どっちの方が安全に退職できる!?』の別記事をどうぞ。

 

本当に退職代行は引き継ぎなしで辞めれるの?

 

そもそもですが引き継ぎなしで辞めて損害が起きているのなら、誰も退職代行なんて利用しないですよね。

 

実際、引き継ぎしないで辞めたい人は近年では増加傾向にあるため、退職代行の需要が高まり利用者も増えています。

 

もし本当に怖いのなら退職代行を利用せずに、自分で上司に退職の意思を伝えて引き継ぎして辞めればいいだけ。

 

少なくとも退職代行を利用すれば引き継ぎなしで辞めれることは頭に入れておきましょう。
ひかる

 

実績がある退職代行業者に依頼しよう

実績がある退職代行業者に依頼しよう画像

 

『引き継ぎしないで辞めたいけど、どこの退職代行業者がいいか分からない...』と悩みますよね。

 

結論、『退職代行SARABA』に依頼しておけば安心です。

 

退職代行SARABAは何10社とある退職代行業者で最も評価が高く信頼性もあるので、依頼する人がダントツで多いですね。

 

どこにしようか迷ってるのなら『退職代行SARABA』で間違いありません。
ひかる

 

本記事で退職代行SARABAの詳細を解説していたら話が脱線するので、代わりに下記の別記事にまとめました。気になる方はどうぞ。

 

 

まとめ:引き継ぎしないで辞めたい人は世の中には多い

まとめ:引き継ぎしないで辞めたい人は世の中には多い画像

 

今回は『引き継ぎしないで辞めたい!【結論:○○を利用すればOK】』を解説しました。

 

結論、退職代行を利用すれば引き継ぎなしで辞めれます。

 

退職代行を利用すれば即日退職も可能なので、退職日にお礼回りすることや引き継ぎをしないで辞めれるメリットがありますよ。

 

実際に『引き継ぎしないで辞めたい...』と悩んでる人が多いので、近年では退職代行を利用する人が急増している背景がありますからね。

 

どこの退職代行に依頼しようか迷ったら、『退職代行SARABA』で間違いありません。
ひかる

 

最後に退職代行に関する詳細をもっと知りたい方は、下記のボタンから確認してみてください。

 

退職代行の記事一覧はコチラ

 

今回は以上です。

 

-退職の悩み
-